北京BEJ48チームE上海巡回公演メンバーインタビュー映像と「魂の歌姫」サンサン(蘇杉杉)の『普通DISCO』

SNH48の中国ツイッター(新浪微博)公式アカウントが、北京BEJ48チームEの上海星夢劇院巡回公演2017/05/06~07から、握手会でのメンバーインタビュー映像を公開していたので、ご紹介。

BGMはBEJ48チームE全曲オリジナル公演『ティアラ・ファンタジー(奇幻加冕礼)』の最後の曲『光芒』。今回の巡回公演はこの公演を上演した。

インタビュー部分の登場順に、メンバー名は以下のとおり。

ライチ(李梓 Lǐ Zǐ( リー・ツー) あだ名: ライチ BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 2000/08/30四川省内江市生まれ
 
)。北京BEJ48チームEのエース。
サンサン(蘇杉杉 Sū Shān Shān( スー・シャンシャン) あだ名: サンサン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1997/03/23湖北省生まれ
 
)。ライチ(李梓 Lǐ Zǐ( リー・ツー) あだ名: ライチ BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 2000/08/30四川省内江市生まれ
 
)との公式カップリング(笑)。
李想 Lǐ Xiǎng( リー・シャン) BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1994/02/05北京生まれ
 
(リー・シャン)。チームEキャプテン。
シャオシュー(劉勝男 Liú Shèng Nán( リョウ・シェンナン) あだ名: シャオシュー BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1997/09/09湖北省生まれ
 
)。チームE副キャプテン。
まゆりん(馬玉靈 Mǎ Yù Líng( マー・ユーリン) あだ名: まゆりん BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1999/10/06四川省簡陽市生まれ
 
)。
まーちゅう(鄭一凡 Zhèng Yī Fán( チャン・イーファン) あだ名: まーちゅう BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 2001/05/09北京生まれ
 
)。
シャオシン(頊凘煬 Xù Sī Yáng( シュー・スーヤン) あだ名: シャオシン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 2000/03/22内モンゴル フフホト生まれ
 
)。巡回公演のオンライン生放送を見ながら上海SNH48チームSIIトマト(呂一 Lǚ Yī( リュー・イー) あだ名: トマト SNH48 Team SII
 SNH48 7期生
 1997/06/27重慶生まれ
 
)が「可愛すぎ!可愛すぎる!」とツイートで叫んでいた(笑)。ちなみにシャオシン(頊凘煬 Xù Sī Yáng( シュー・スーヤン) あだ名: シャオシン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 2000/03/22内モンゴル フフホト生まれ
 
)は2000年生まれ、トマトは1997年生まれ。
陳倩楠 Chén Qiàn Nán( チェン・チェンナン) BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1998/03/19天津市塘沽区生まれ
 
(チェン・チェンナン)。相変わらず男前。
プディング(李媛媛 Lǐ Yuán Yuán( リー・イェンイェン) あだ名: プディング BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1994/07/01福建省生まれ
 
)。相変わらずの赤ちゃん声。
シェリー(羅雪麗 Luó Xuě Lì( ルオ・シュエリー) あだ名: シェリー BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 2000/06/06貴州省貴陽市生まれ
 
)。
シャオペイ(馮思佳 Féng Sī Jiā( フォン・スーチャー) あだ名: ふーこちゃん BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1998/01/03浙江省嘉興市生まれ
 
)。
ビビアン(李娜 Lǐ Nà( リー・ナー) あだ名: ビビアン BEJ48 Team E
 BEJ48 1期生
 05/01山東省生まれ
 
)。彼女は北京BEJ48一期生。
KONA(張笑盈 Zhāng Xiào Yíng( チャン・シャオイン) あだ名: KONA BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1995/08/21四川省達州市生まれ
 
)。
シャオレンレン(陳姣荷 Chén Jiāo Hé( チェン・チャオホー) あだ名: シャオレンレン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1995/04/20北京生まれ
 
)。
ムーイー(楊一帆 Yáng Yī Fān( ヤン・イーファン) あだ名: ムーイー BEJ48 Team E
 BEJ48 1期生
 1997/05/17新疆生まれ
 
)。彼女は北京BEJ48一期生。

北京BEJ48一期生と書いた以外のメンバーは、全員上海SNH48六期生からの移籍組。なので、北京BEJ48に移籍するまでは上海の生活センターで生活し、上海でレッスンしていた。

ただ、上海SNH48星夢劇院の舞台に立つことはなく、先輩たちの公演を客席から見たことがあるだけ。

今回の巡回公演で、SNH48六期生たちは久しぶりに上海の劇場に戻ってきて、しかも自分たちの全曲オリジナル公演『ティアラ・ファンタジー(奇幻加冕礼)』を上演。

北京からファンが大勢劇場に詰めかけていたようだが、さすがにMC(曲の間のおしゃべりのコーナー)では地元北京の劇場よりも反応は薄かったようだ。

2日目のMCで中国ボカロ曲『普通DISCO』のダンスのところではそれなりに盛り上がったらしい。上海の調性室のスタッフが、その場で音源を準備して流して、ライチ(李梓 Lǐ Zǐ( リー・ツー) あだ名: ライチ BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 2000/08/30四川省内江市生まれ
 
)とサンサン(蘇杉杉 Sū Shān Shān( スー・シャンシャン) あだ名: サンサン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1997/03/23湖北省生まれ
 
)がダンス。

最近の中国語のネットスラングで、こういう、あえてあまり上手くない気まずいダンスをすることを「尬舞(ガンウー)」という。

この2人のダンスのポイント(笑)は、サンサン(蘇杉杉 Sū Shān Shān( スー・シャンシャン) あだ名: サンサン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1997/03/23湖北省生まれ
 
)の歌がヘタクソなこと。彼女の歌がヘタクソなのは、北京BEJ48チームEのMCの定番ネタで、どんな話題でもヘタクソな歌を歌い始めて場をぶち壊す、破壊力のある音痴。

(ところで筆者はこの『普通DISCO』をクリス・リー(李宇春)の曲だとばかり思っていたのだが、逆で、クリス・リーがこの曲をカバーしていたとは、中国ボカロもここまで来ましたか、と感慨深い)

SNH48楽曲とDirty Loops、北京BEJ48楽曲にDubstepループ素材、広州GNZ48楽曲の歌詞が同人曲と似ているなどなど(汗)

SNH48グループもこれだけ立て続けに新公演を制作していると、さすがに息切れもするだろう、ということで、全曲オリジナル公演からパクりかもしれない楽曲をご紹介。

ちょっとヒドい記事で申し訳ない。

まず上海SNH48チームXの全曲オリジナル公演『オンリーワン(無可替代)』が、Dirty Loops ‘Hit Me’とそっくりな件。これは、とある現地ファンがDirty Loopsをよく聴いていて、実は分かっていたらしい。

Dirty Loops ‘Hit Me’

上海SNH48チームX オリジナル公演『ドリーム・フラッグ(夢想的旗幟)』より『オンリーワン(無可替代)』

次にこれも現地ファンの指摘。北京BEJ48チームE 全曲オリジナル公演『ティアラ・ファンタジー(奇幻加冕礼)』の最初の曲『騎士序曲』のイントロが、じつはネットで販売しているループ素材だった件。

これはもともと販売している素材なので、パクりとは言えないけれど、じつは元ネタがちゃんとありました、ということ。

↓Dubstepの素材パック。ちょうど3分00秒から『騎士序曲』が使っている素材が登場する。

↓北京BEJ48チームE オリジナル公演『ティアラ・ファンタジー(奇幻加冕礼)』より『騎士序曲』

ただ、このループ素材の利用くらいでは、『ティアラ・ファンタジー(奇幻加冕礼)』公演の値打ちは全く下がらない。とにかくこの公演の楽曲や演出、テーマ性などは、過去のSNH48姉妹グループの全曲オリジナル公演の中でも、とびぬけて素晴らしいと思う。

最後に、2017/03/24初日を迎えたばかりの、広州GNZ48チームNIII全曲オリジナル公演『第一人称』の14曲目『あなたのために(為了你)』の歌詞が、同人ミュージシャンの『只為与你想見』の歌詞とそっくりらしい。

じつは今回の広州GNZ48チームNIII全曲オリジナル公演『第一人称』は、現地ファンの間で楽曲はまあまあ合格点だが、歌詞がヒドいという評価らしい。

歌詞の良し悪しは、さすがに中国語ネイティブでないと分からないが、初日のオンライン生放送の弾幕コメントを見ていても、相当数のツッコミが入っていたので、たぶんじっさいにヒドいんだろう。

以上、こういうこともこのブログで記事にするのは、運営に少しでも良い作品を作ってほしいから。

現地ファンもこの手のことで、ガンガン運営にツッコミを入れて、運営も「育成系」で成長していくという感じ。

たとえば瀋陽SHY48の衣装部にしても、現地ファンからそうとうツッコミが入ったので、その成果がチームSIII、チームHIIIの制服スタイルの新しい衣装だと思う。

SNH48グループ5つ目の全曲オリジナル公演『ティアラ・ファンタジー(奇幻加冕礼)』に好き勝手コメントしてみる

北京BEJ48チームEの全曲オリジナル新公演『ティアラ・ファンタジー(奇幻加冕礼)』。

SNH48グループのオリジナル公演でベストかもしれないこの公演の各曲について、例によって好き勝手コメントさせて頂きます。

要するに非常に細かいところまで考え抜かれて作られている、ということが伝わればいいいです(汗)。

↓一曲ごとにバラした再生リストはこちら。

ただし2曲目と3曲めは切れ目なく歌われるので、一本の動画にしてある。

以下のコメントで特にコード進行の記述に誤りがあれば、是非指摘して下さい。基本的な進行は正しく聴き取れていると思うのですが、テンションコードや分数コード部分は自身がありません。

01. 騎士序曲

この公演のPR映像に入っていなかったが、イントロの最初がピアノになっている。まさに「序曲」といった雰囲気。Aマイナー。

ピアノの分散和音はFmaj7⇒Em7。徐々に電子音のメロディーが重なり、レーザー光線の演出で一曲目から鳥肌が立ってしまう。
続きを読む…

北京BEJ48チームE初の全曲オリジナル新公演『奇幻加冕礼(ティアラ・ファンタジー)』PR映像公開

北京BEJ48チームE初の全曲オリジナル新公演『奇幻加冕礼(ティアラ・ファンタジー)』のプロモーション映像が公開された。

(ところでBEJ48運営には『奇幻加冕礼』の公式英訳をそろそろ出してほしい。ずっと筆者のダサダサの日本語訳のままはイヤなので)

新たに音源も一曲、このプロモーション映像のBGMとして公開されている。一曲目の『騎士序曲』だろうか?

エレクトロポップ。PR映像ではあまり音質が良くないけれど、正規の音源をヘッドホンで聴けばかなり面白い音作りになっていそうな予感。

PR映像で少し意外だったのは、サンサン(蘇杉杉 Sū Shān Shān( スー・シャンシャン) あだ名: サンサン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1997/03/23湖北省生まれ
 
)の扱いが控えめだったことと、まゆりん(馬玉靈 Mǎ Yù Líng( マー・ユーリン) あだ名: まゆりん BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1999/10/06四川省簡陽市生まれ
 
)が最後に勝利して戴冠する西洋の騎士で扱いが大きいこと。

戴冠する役の李想 Lǐ Xiǎng( リー・シャン) BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1994/02/05北京生まれ
 
(リー・シャン)の納得感はあるし、ライチ(李梓 Lǐ Zǐ( リー・ツー) あだ名: ライチ BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 2000/08/30四川省内江市生まれ
 
)がプリンセス役なのはものすごく妥当だけれど。

北京BEJ48運営が攻めてるなぁと思ったのは、陳倩楠 Chén Qiàn Nán( チェン・チェンナン) BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1998/03/19天津市塘沽区生まれ
 
(チェン・チェンナン)が持っている刀が、明らかに日本刀である点。

上海SNH48二期生チームNIIの雨ちゃん(徐言雨 Xú Yán Yǔ( シュー・イェンユー) あだ名: 雨(あめ)ちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 生まれ
 
)が辞めさせられるのを覚悟で、和装に日本刀の大島優子バージョン『愛しさのアクセル』を踊ったあの緊張感はどこへ?いつから日本刀解禁になったのだろう。

PR映像の最後のカーテンコールのBGMは、koshin(胡臻)さんの名曲『光芒』。

また、同公演からもう一曲『アトランティスの記憶』の音源が公開された。

ついに金管楽器の生音が来た!間奏のサキソフォンのアドリブは、打ち込みではなくたぶん生音。

楽曲全体としては、Bメロでリズムが変わり、ツーコーラス目のAメロのくり返しがなくなっていて、最後のサビのリフレインは半音上がり、MIXがとっても打ちやすい典型的なアイドル曲。

歌詞の中で「アトランティス」というキーワードの入り方がカッコイイし、サビがメジャーコードで始まってマイナーで終わるのもカッコイイ。

やっぱりSNH48グループの楽曲クオリティーは完全に安定している。2016/12/24(土)の初日、全体がどういう曲構成、ダンスになっているのか楽しみ。

北京BEJ48チームE全曲オリジナル新公演、koshinさん作曲『光芒』が名曲すぎて泣ける

SNH48のクリスマス・新年オリジナルシングルと、北京BEJ48チームE全曲オリジナル新公演から2曲の音源が公開されたのでまとめておく。

SNH48クリスマス・新年オリジナルシングル『Happy Wonder World』2016/12/12公開

北京BEJ48チームE 全曲オリジナル新公演『奇幻加冕礼(ティアラ・ファンタジー)』表題曲
作曲:koshin(胡臻) 作詞:左放

北京BEJ48チームE『光芒』 全曲オリジナル新公演『奇幻加冕礼(ティアラ・ファンタジー)』より
作曲:koshin(胡臻) 作詞:夏寧

ここからは筆者の勝手な感想。

『Happy Wonder World』

SNH48『Happy Wonder World』は、クリスマス曲らしいシャッフルのリズムで、決して悪い曲ではないけれど、以前からSNH48グループの楽曲で最大の問題、ブラスが生ではないのが編曲だけが残念。

『光芒』

一度聴いて分かるけれど、『光芒』が異常に良い曲だと思ったら、やっぱりkoshin(胡臻)さんの作曲。

koshinさんは日本で活動していたとき2008年エイベックス・ワールドオーディションでアーティスト・グランプリを受賞した作曲家。今は中国で活動中。

またSNH48グループに一つ名曲ができてしまった!と思わせるくらい良い曲『光芒』。

続きを読む…