広州GNZ48チームNIII『僕の太陽』千秋楽でSNH48グループの脱AKB48公演がほぼ完了

広州GNZ48チームNIIIの『僕の太陽』公演がついに2017/03/18(土)千秋楽を迎えた。

↓4時間におよんだ千秋楽公演はこちら。

これでAKB48お下がり公演を上演しているチームは、SNH48グループからなくなった。

正確に言うと、上海SNH48チームHIIだけが、同チームが過去に上演した『青春パーティー』『手をつなぎながら』『アイドルの夜明け』の3公演プラス『今度こそエクスタシー』のベスト公演を行っている。

ただ、2017/04/08には同チームHIIも全曲オリジナル公演『Beautiful World』を開始するので、SNH48グループ全チームがSNH48運営制作のオリジナル公演になる。

上海SNH48
チームSII 全曲オリジナル公演『心の旅程』
チームNII 全曲オリジナル公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』
チームHII 全曲オリジナル公演『Beauriful World』(2017/04/08初日)
チームX 全曲オリジナル公演『ドリーム・フラッグ(夢想的旗幟)』
チームXII 全曲オリジナル公演『コードXII』

北京BEJ48
チームB 全曲オリジナル公演『心の旅程』(上海SNH48チームSIIお下がり)
チームE 全曲オリジナル公演『ティアラ・ファンタジー(奇幻加冕礼)』
チームJ 全曲オリジナル公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』(上海SNH48チームNIIお下がり)

広州GNZ48
チームG 全曲オリジナル公演『心の旅程』(上海SNH48チームSIIお下がり)
チームNIII 全曲オリジナル公演『第一人称』(2017/03/24初日)
チームZ 全曲オリジナル公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』(上海SNH48チームNIIお下がり)

瀋陽SHY48
チームSIII 全曲オリジナル公演『心の旅程』(上海SNH48チームSIIお下がり)
チームHIII 全曲オリジナル公演『ドリーム・フラッグ(夢想的旗幟)』(上海SNH48チームXお下がり)

SNH48グループにとっては、いよいよ新しい段階の始まり。

大やけどで入院中のSNH48エンジェル(唐安琪)チームNIIベスト公演千秋楽で久しぶりのツイート

昨夜2016/07/16(土)、上海SNH48チームNIIのベスト公演『18の輝く瞬間』が千秋楽を迎え、来週2016/07/22(金)からいよいよチームNIIとして初の全曲オリジナル公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』初日を迎える。

その『18の輝く瞬間』千秋楽について、大やけどで上海市長海病院に入院中のチームNIIエンジェル(唐安琪 Táng Ān Qí タン・アンチー あだ名: エンジェル SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/07湖北省生まれ
)が久しぶりに中国ツイッター(新浪微博)でツイートしていた。


SNH48エンジェル(唐安琪 Táng Ān Qí タン・アンチー あだ名: エンジェル SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/07湖北省生まれ
「今日オンライン生放送で千秋楽を聴き終わって みんなに会いたくなった いちばんすてきなNIIはto be continued、」

お母さんに代わりに入力してもらったツイートだと思われるが、ポイントは「見終わって(看完了)」ではなく、「聴き終わって(听完了)」になっているところ。

ふつうタブレットやスマホでSNH48劇場公演のオンライン生放送を見れば「見終わって」と書くはずなので、まぶたの皮膚を移植した後、まだその包帯がとれていないと思われる。

そして『to be continued』はSNH48チームNIIが中国語版を上演したAKB48 TeamK 5th Stage『逆上がり』の最後の曲。

このエンジェル(唐安琪 Táng Ān Qí タン・アンチー あだ名: エンジェル SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/07湖北省生まれ
)のツイートの最後が「。」ではなくて「、」になっているところが2つめのポイント。終止符ではなく、チームNIIはまだまだ続く(to be continued)という意味。

チームNIIメンバーもコメント欄で激励している。

「待ってるよ」
「会いたい、待ってる!」
「小姐姐(訳注:唐安琪 Táng Ān Qí タン・アンチー あだ名: エンジェル SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/07湖北省生まれ
の現地のあだ名)がんばれ 帰ってくるまで待ってる」
「リアルに会いたい!『ニセ酒パーティー』(訳注:新公演『僕らだけのパーティー』の現地のあだ名。PR映像でシャオシャオ(何曉玉 Hé Xiǎo Yù ホー・シャオユー あだ名: シャオシャオ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/10/31湖北省生まれ
)があやしい緑色の液体を調合して、ななし(馮薪朵 Féng Xīn Duǒ フォン・シントゥオ あだ名: ななし SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/01/24遼寧省大連市生まれ
)に飲ませていることから)でもずっと帰りを待ってる」
「もう!早く寝なさい」
「私たち帰りを待ってるよ」

そして広州GNZ48のメンバーもコメントを寄せている。
「千秋楽おめでとうございます!安琪先輩!帰りを待ってます!」
「先輩はやく良くなって下さい」

この短いツイートが、2460回リツートされ、3129のコメントが付き、7117の「いいね!」が付いているところに、SNH48のファン地盤が確実に広がっていることがあらわれている。

AKB48運営は、純粋にビジネス上の理由で、上海SNH48、北京BEJ48、広州GNZ48をバッサリ切って、それで一企業として存在価値を認められると思っているのだろうか?

SNH48チームX四期生『最終ベルが鳴る』2015/10/24千秋楽、次は『逆上がり』らしい

すでにSNH48公式サイトのチケット販売ページを見るとわかるけれど、四期生チームXのデビュー公演で、チームSIIのお下がり公演『最終ベルが鳴る』が、2015/10/24(土)15:00(日本時間)の回で千秋楽(最終日)となる。

もちろん『最終ベルが鳴る』公演自体はAKB48チームK 4th Stageの中国語版のお下がり。

それにしてもチームX『最終ベルが鳴る』公演の『おしべとめしべと夜の蝶々』は、最後まで定番カップルが成立せず、盛り上がりにも欠け、ちょっと残念だった。

全員曲の振付がチームNIIよりも、はるかにぴったりとそろっているのは、さすが後発組と感動したけれど、舞台上のパフォーマンスで強烈な印象を残す突出したメンバーが出てこない感じ。

CoCo(邵雪聰 Shào Xuě Cōng シャオ・シュエツォン あだ名: CoCo(ココ) SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1996/08/28河北省石家庄市生まれ
)や炭酸(張丹三 Zhāng Dān Sān チャン・ダンサン あだ名: 炭酸 SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1995/04/28湖北省武漢市生まれ
)、スイスイ(楊冰怡 Yáng Bīng Yí ヤン・ビンイー あだ名: スイスイ(水水) SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 2000/07/26海南省生まれ
)、まるこ(楊韞玉 Yáng Yùn Yù ヤン・ユンユー あだ名: まるこ SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1995/09/15貴州省生まれ
)人気が高いのは分かるし、例えば炭酸(張丹三 Zhāng Dān Sān チャン・ダンサン あだ名: 炭酸 SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1995/04/28湖北省武漢市生まれ
)が中国ツイッター(新浪微博)で「いいね!」をクリックしている曲名を、新浪微博アプリで一つひとつ追ってみると、やっぱり彼女のセンスの良さは飛び抜けていることが分かる。

でもそれが『最終ベルが鳴る』のパフォーマンスでは、なかなか見えてこなかった気がする。あくまで筆者の個人的な感想ですが。

さて、四期生チームXは次もどうやらSNH48のお下がりで『逆上がり』公演をやるとのウワサ。『逆上がり』中国語版はチームNII二期生の公演だった。

中国の検索ポータル最大手「百度」の掲示板サービス「貼吧」のSNH48掲示板で、ソロ曲『虫のバラード』はチームX四期生の誰が歌うののか?というスレッドが立っていて、スレ主は炭酸(張丹三 Zhāng Dān Sān チャン・ダンサン あだ名: 炭酸 SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1995/04/28湖北省武漢市生まれ
)と予想しているようだった。

『逆上がり』公演は『エンドロール』や『わがままな流れ星』『抱きしめられたら』など、誰が歌うんだろうといろいろ想像したくなるユニット曲が多い。

さて、チームXの新公演が『逆上がり』になるというウワサは本当なんだろうか?もし本当だとしたら、ユニット曲でいよいよ個性を発揮してくれるメンバーが出てくるのだろうか?