上海SNH48グループが第四回総選挙結果をいろいろなところへ広告出稿

上海SNH48グループ第四回総選挙後も、運営会社は各方面で総選挙の結果をPRしているようだ。

北京BEJ48運営会社は、北京市の孫沙橋にある京信大廈という高層ビルの超大型LEDに、第四回総選挙結果の広告を出したようだ。

↓東三環北路という道路から見ると、道路がカーブしているところなので、真正面に見えるらしい。

そして北京BEJ48が各種ネットニュースに大量にチームBいーしゃん(段藝璇 Duàn Yì Xuán( ドァン・イーシェン) あだ名: いーしゃん BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1995/08/19湖南省生まれ
)の記事を出稿している。

いずれもいーしゃん(段藝璇 Duàn Yì Xuán( ドァン・イーシェン) あだ名: いーしゃん BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1995/08/19湖南省生まれ
)が姉妹グループの中で最高ランクを取り、「分団之光」、つまり姉妹グループにとって希望の光になる存在だという内容の記事。

運営がまとめた画像がものすごく縦長なので、リンクだけ貼っておく。

北京BEJ48が各メディアに出稿した記事一覧

運営のツイートでは「ネットで熱い議論を呼び起こし、メディアが争って報道した」とあるが、じっさいにはすべて運営会社が広告宣伝費をかけて出稿した記事だ。

先日、SNH48第四回総選挙のアドトラックが秋葉原や渋谷を走っていた件もそうだが、ちょっとそれは広告宣伝費のムダづかいじゃないの?というものが出てくると、現地ファンからは「メンバーの給料をちょっとは増やしてやれよ」というツッコミが入る。

広州GNZ48運営は地元広州の地下鉄に、第四回総選挙全体の結果広告の他、GNZ48のTOP7メンバーの広告も出している。

上海SNH48運営は、総選挙開始前と同様、中国中央電視台CCTVの移動メディア「巴士在線」経由で、全国各地のバスに結果の広告を出稿している。

↓こちらは液晶画面の下に、「成都商報」の人民解放軍成立90周年の習近平主席閲兵式の記事が貼り付けてあるので、たぶん四川省・成都のバス。成都にはまだSNH48姉妹グループはない。

以上のように、さまざまな場所に第四回総選挙の結果を、広告や広告記事として出稿している。

ネットメディアのエンタメ記事なら、「エンタメ記事を読もう」と思ってページを開く人たちにターゲットが絞られているので、一定の効果はあるだろう。

ただ、公共交通や街頭広告のように、ターゲットが絞られておらず、通りすがりの不特定多数の人の目に触れるだけの広告はほとんど意味が無く、広告宣伝費のムダづかいではないかと思う。

北京BEJ48の第四回総選挙成績と「48系」解説記事が北京日刊紙『新京報』エンタメ欄に

SNH48総選挙が終わった後、上海SNH48やそのメンバーがメディアに取り上げられることはよくある。

今回も第3位のテテちゃん(黃婷婷 Huáng Tíng Tíng( フアン・ティンティン) あだ名: テテちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/08江蘇省南京市生まれ
)がニュースサイト「鳳凰網」の若者向けページ「青年チャンネル」2017/08/01 09:55:49の記事に取り上げられた。

ただ、今回は姉妹グループも躍進ということで、北京BEJ48メンバーが地元北京の日刊紙『新京報』エンタメ欄で取り上げられた。

せっかくなので全文日本語試訳する。

『SNH48年度総決選、BEJ48は6人立て続けに入選』 2017/07/31 02:30


いーしゃん(段藝璇 Duàn Yì Xuán( ドァン・イーシェン) あだ名: いーしゃん BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1995/08/19湖南省生まれ

去年:第43位、今年:第13位


サンサン(蘇杉杉 Sū Shān Shān( スー・シャンシャン) あだ名: サンサン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1997/03/23湖北省生まれ

去年:未入選、今年:第21位


パオツ(胡曉慧 Hú Xiǎo Huì( フー・シャオフェイ) あだ名: パオツ BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1998/07/26河南省生まれ

去年:未入選、今年:第34位

2017/07/29夜、「我心翱翔」SNH48グループ第四回アイドル年度人気総決選が幕を下ろした。上海SNH48は52名がTOP66に入選するという最終成績で絶対的な優勢を占め、安定の第一位となった。中でも鞠婧禕 Jū Jìng Yī( チュー・チンイー) あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
李藝彤 Lǐ Yì Tóng( リー・イートン) あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
黃婷婷 Huáng Tíng Tíng( フアン・ティンティン) あだ名: テテちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/08江蘇省南京市生まれ
は再び「御三家」を保持した。

しかしそれ以上に触れる価値があるのは、段藝璇 Duàn Yì Xuán( ドァン・イーシェン) あだ名: いーしゃん BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1995/08/19湖南省生まれ
を代表とする北京BEJ48が今年立て続けに6人が入選し、メンバーの最高順位が第13位まで登りつめたことだ。

これほど高速の進歩はSNH48に対する姉妹グループBEJ48の実力があなどれず、「48」の育成系地域グループのコンセプトが一定の反復性を持っていることを証明している。

BEJ48について知っておくべきこと

一部メンバーは上海SNH48から移籍。

「48」系アイドル文化をご理解でない多くのみなさんは、BEJ48の名前を聞いたばかりのとき、大多数が「SNH48」のパクリグループが市場に現れたと思ってしまった。しかし実際はそうではない。

BEJ48とSNH48はじつは絲芭伝媒の参加にある2つの地域性のある姉妹グループだ。SNHは名前を「Shanghai」のつづりを縮めたもので、ほとんどの時間を上海で活動している。

そしてBEJ48は名前を「Beijing」から取っており、活動地域を北京とし、北京地域の広範な「48系」ファンにサービスを提供している。

BEJ48のここまでの発展は、結成からすでに1年3か月を経て、チームB、チームE、チームJの3チームを集結、合計57名のメンバーからなる。

その中で去年結成された4月チームBとEのメンバーは、全員上海SNH48の五期生、六期生から来ている。彼女たちは自分の個人的な状況で自ら北京に来るか、上海にとどまるかを選んだ。

その後10月に、BEJ48一期生がチームJを結成し、B、E、Jの3チームの正式な結成が完了した。平均年齢は17歳、最年少メンバーはたったの14歳だ。

地域性のあるグループで各地のファンを満足させている

BEJ48とSNH48の運営形式は似通っている。例えば、BEJ48は朝陽区悠唐広場に自分の劇場を持っており、BEJ48星夢劇院という名称だ。通常は、毎週金曜日と週末の夜に1チームが1公演を行う。ただしBEJ48は同時に北京ならではの、より地域に密着した改造を行っている。

地域性のあるグループの結成と、「48系」のアイドル文化の性質は無関係ではない。「会いにいけるアイドル」として、劇場は48系のタレントとファンの交流を保つ最も基本的なチャンネルとなっている。

SNH48が好きなファンは上海にある300人収容の星夢劇院に集い、毎週SNH48の異なるチームがこの劇場で行う2時間続く4回のミニコンサートを行う。チケットは高額ではなく、80元からVIPの168元まである。

しかしこのような「一対一での交流」方式の問題は、SNH48のカバー範囲は浙江省一帯までで、北寄り、そして南寄りのファンはお金をかけて上海までコンサートを見に来る必要がある。

そのため北京BEJ48、広州GNZ48、瀋陽SHY48の成立が、全国各地のファンのプレッシャーをやわらげ、しかもそれぞれの地域でより大きなファン群を発展させている。

グループのプレッシャーを背負って

22歳浙江省出身の段藝璇 Duàn Yì Xuán( ドァン・イーシェン) あだ名: いーしゃん BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1995/08/19湖南省生まれ
は南方娘の標準的な顔立ちだが、話し出すと何と流暢な標準語だ。「たぶん知らないうちにそうなったんでしょう」と彼女は言う。

BEJ48の一部メンバーは北京出身で、劇場ファンも北方出身者が主なので、見聞きするうちどうしても自然と身につくのだろう。「湖南省に帰るとときどき、”あなた北の方の生まれ?”って聞かれることさえあるんです」

去年、段藝璇 Duàn Yì Xuán( ドァン・イーシェン) あだ名: いーしゃん BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1995/08/19湖南省生まれ
は正式にSNH48からBEJ48に移籍し、「それからもう1年4か月と3日になります」。当時、SNH48五期生として彼女は上海ですでに正式にデビューしていたが、最終的に自分が「快適に過ごせる地区」を離れ、自ら北京に来て一からやり直すことを選んだ。

「でも北京の劇場は新しいので、最初は毎日不安でした。もしここの人たちが誰も私を好きにならなくて、誰も見に来てくれなかったらどうしようって」。

しかしますます多くのファンが彼女のために北京の悠唐広場に「駐在」するようになり、彼女は今回の選択に感謝するようになった。「じつは最初、母は私に広州を選ばせたかったんです。実家からも近いですし。でも私は自分の退路から離れようと北の方へやって来ました」

今では、BEJ48がますます人気が出るにつれて、チームBキャプテンである段藝璇 Duàn Yì Xuán( ドァン・イーシェン) あだ名: いーしゃん BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1995/08/19湖南省生まれ
は一年に数回しか実家に帰れない。「実家に帰ると両親は私をかわいがってくれます。でも北京で必死に頑張っているからこそ、私自身、自分が本当にすごい人になれると気づきました」

総決選の前、段藝璇 Duàn Yì Xuán( ドァン・イーシェン) あだ名: いーしゃん BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1995/08/19湖南省生まれ
が記者に語ったことは、TOP16に入ること以外、自分にはさらに大きな目標がある。「私はいま決して段藝璇 Duàn Yì Xuán( ドァン・イーシェン) あだ名: いーしゃん BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1995/08/19湖南省生まれ
だけを代表しているのではなく、BEJ48を代表しています。なのでグループといっしょにもっと高いランクに到達したいです」

このダークホースは少しぼんやりさん

去年の未入選から、今年は第21位に降臨し、かつて「4万年の美女」と評された蘇杉杉 Sū Shān Shān( スー・シャンシャン) あだ名: サンサン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1997/03/23湖北省生まれ
はBEJ48のダークホースと言える。BEJ48に入った理由の話になると、蘇杉杉 Sū Shān Shān( スー・シャンシャン) あだ名: サンサン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1997/03/23湖北省生まれ
は一つは北京に親戚がいてお互いに面倒を見られるから、それから「大雪を見たいから」と言った。

入団前、この湖北省出身の少女は単純なヲタク女子だった。毎日ゲームをして、天文学や物理学についておしゃべりして、BEJ48に入った理由さえぼんやりしていた。

「合格したら何をするかも考えてなかったんです。みんなが入ったから私も入りました」。入団後、彼女も劇場と学校の2箇所を行ったり来たりするだけで、彼女に代わってファンがいろいろなことに心を砕いた。

一度彼女は武漢から北京に行く飛行機に間に合わず、ぼーっとしていた彼女は出かけるときに財布を忘れて帰りのチケットが買えなかった。「でもツイートし終えたら、ファンの方がネットで高速鉄道のチケットを買って下さって、それで私に”いまキャンセルしたから、すぐ買って!”って。あのときはほんとに感動しました」。

蘇杉杉 Sū Shān Shān( スー・シャンシャン) あだ名: サンサン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1997/03/23湖北省生まれ
は今のところBEJ48で人気が上昇しているが、段藝璇 Duàn Yì Xuán( ドァン・イーシェン) あだ名: いーしゃん BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1995/08/19湖南省生まれ
が背負っているグループのプレッシャーに比べると、蘇杉杉 Sū Shān Shān( スー・シャンシャン) あだ名: サンサン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1997/03/23湖北省生まれ
の考え方は理科系の考え方だ。「私は心配しすぎないようにしてます。目標はTOP32、出たとこ勝負です。やっぱりBEJ48がいい成績をとって欲しいです」

”かわいい後輩”としてすでに成長

胡曉慧 Hú Xiǎo Huì( フー・シャオフェイ) あだ名: パオツ BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1998/07/26河南省生まれ
は子供の頃から北京で過ごし、高校の学業が多忙で、北京に滞在するおとは難しく、上海と往復していた。そのため北京のグループが出来た後、すぐBEJ48に入った。

他のメンバーたちが新しい劇場のことを心配していたのに比べて、胡曉慧 Hú Xiǎo Huì( フー・シャオフェイ) あだ名: パオツ BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1998/07/26河南省生まれ
はとてもリラックスしていた。「以前北の方のファンがたくさん私たちを見に来ていて、いつも飛行機で上海まで来てくれていました。でも今は北京に劇場ができたので、もうたくさんお金をかけて遠くまで来る必要がありません。それって良いことですよね」

胡曉慧 Hú Xiǎo Huì( フー・シャオフェイ) あだ名: パオツ BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1998/07/26河南省生まれ
はデビューしたときまだ16歳で、SNH48でもっとも年下のメンバーだった。以前彼女が話をするときはいつもとても臆病な様子で、「だって上海では何をするにも先輩が助けてくれましたから」。しかしデビュー2年の今、彼女はBEJ48にもう”かわいい後輩”が出来た。「BEJ48では何をするにしても必ず私がまずお手本を示す必要があります。公演や競争はもちろん、私は必ずベストを尽くさないといけません」

上海SNH48第四回総選挙:北京BEJ48、広州GNZ48、瀋陽SHY48のTOP16を見る

SNH48グループ第四回総選挙結果、各姉妹グループのTOP16について。

どの姉妹グループも、おそらく66位未満で圏外のメンバーの票数はあまり差がないと思われる。

まず北京BEJ48。

中間発表と票数は倍以上違うが、圏内メンバーはシャオシュー(劉勝男 Liú Shèng Nán( リョウ・シェンナン) あだ名: シャオシュー BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1997/09/09湖北省生まれ
)が落ちただけで安定の6人。そのシャオシュー(劉勝男 Liú Shèng Nán( リョウ・シェンナン) あだ名: シャオシュー BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1997/09/09湖北省生まれ
)も北京BEJ48では7位で、順位は安定している。

去年圏内だったシャンバオ(孫姍 Sūn Shān( スン・シャン) あだ名: シャンバオ BEJ48 Team B
 SNH48 6期生
 1999/02/11浙江省寧波市生まれ
)がやや不調だが、チームB、チームEのバランスはとれている。

ライチ(李梓 Lǐ Zǐ( リー・ツー) あだ名: ライチ BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 2000/08/30四川省内江市生まれ
)の票数がサンサン(蘇杉杉 Sū Shān Shān( スー・シャンシャン) あだ名: サンサン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1997/03/23湖北省生まれ
)と比べてあまり伸びなかったのもやや意外。

チームJではルールー(黄恩茹)の健闘は予想どおり。社長(楊曄 Yáng Yè( ヤン・ユエ) あだ名: 社長 BEJ48 Team J
 BEJ48 1期生
 03/23内蒙古ウランチャプ生まれ
)はちょっと意外。

つぎに広州GNZ48。

一目瞭然でチームNIIIの「天下」。本来は先輩のチームGは惨敗といえる。
続きを読む…

上海SNH48全5グループ合同で九期生募集開始、応募期間2017/07/29~2017/10/01

SNH48が5グループ(上海SNH48、北京BEJ48、広州GNZ48、瀋陽SHY48、重慶CKG48)合同でSNH48九期生の募集開始を昨日2017/07/29(土)、第四回総選挙の場で発表した。

応募期間は2017/07/29~2017/10/01。

上海SNH48 九期生
北京BEJ48 四期生
広州GNZ48 四期生
瀋陽SHY48 四期生
重慶CKG48 二期生
(なお重慶CKG48一期生募集は2017/08/05までしばらく続くが、すでに入団決定しているメンバーがいる)

応募条件はいつもと同じ。

13~23歳までの「夢を持った女性」、優秀者は条件緩和。いかなるマネジメント会社とも契約していないこと。SNH48グループ専属になれること。入団後専門レッスンをうけて、劇場公演、国内外の各種パフォーマンス、テレビ、ネットバラエティーの撮影、映画、ドラマの撮影、イメージキャラクターなど各種芸能活動ができること。

えっと、北京BEJ48、広州GNZ48、瀋陽SHY48の三期生はいつになったらデビューするんでしょうか(汗)。

上海SNH48グループ第四回総選挙姉妹グループプレライブまとめ

上海SNH48グループ第四回総選挙のプレライブが行われた。

パフォーマンスは姉妹グループの北京BEJ48、広州GNZ48、瀋陽SHY48のみ。最後の部分だけ、上海SNH48各チームのキャプテン、副キャプテンも登場し、200名近くで円陣を作った。

テンセントライブ(騰訊直播)では最初の北京BEJ48チームBのパフォーマンス部分が切れているが、咪咕音楽のライブでは完全に放送されていたようだ。

その後のセットリストは以下のとおり。

北京BEJ48チームB 『摩天楼の距離』(AKB48楽曲)
北京BEJ48チームE 『アドランティスの記憶(亚特兰蒂斯纪念)』
(同チーム全曲オリジナル公演『ティアラファンタジー(奇幻加冕礼)』より)
北京BEJ48チームJ 『君のことが好きだから』(AKB48楽曲)

広州GNZ48チームG 『青春のラッパ(青春号角)』
(SNH48チームSII全曲オリジナル公演『心の旅程(心的旅程)』より)
広州GNZ48チームNIII 『青春不敗』(EP収録の同チーム曲)
広州GNZ48チームZ 『GIVE ME FIVE!』(AKB48楽曲)

瀋陽SHY48チームSIII 『Beginner』(AKB48楽曲)
瀋陽SHY48チームHIII 『RESET』(AKB48楽曲)

北京BEJ48チームBの『摩天楼の距離』は、同チームが現在上演中のベスト公演の曲。チームB自体は過去に『目撃者』公演(現地では『目撃者』がカットされ『前人未到(前所未有)』公演)を上演したことはない。

北京BEJ48チームJがなぜ『君のことが好きだから』なのかは不明。

広州GNZ48チームGは上海SNH48チームSIIのお下がりで『心の旅程』を上演していたため。

広州GNZ48チームNIIIだけ、EP収録曲を踊っているが、この『青春不敗』がチームNIIIファンの間で非常に人気が高いため。最後、サビが倍速になる部分のウケが良い。

広州GNZ48チームZの『GIVE ME FIVE!』は、同チームが劇場外の仕事でよく歌う曲。ちなみにこの曲は、姉妹グループの全チームが入団して最初にマスターする曲らしい。振付けが比較的かんたんだから、とのこと。

瀋陽SHY48の2チームは、それぞれ公の場でパフォーマンスするのが初めての曲。とくに『Beginner』のダンスの難易度は高いので、現地ファン的にはやや不評だった面もあるようだ。

以下、各チームの中国ツイッター(新浪微博)公式アカウントのツイート写真を転載。

続きを読む

[collapse]