北京BEJ48中国中央電視台『Global Chinese Music Top 10』2016/10/22放送分に出演

北京BEJ48が中国中央テレビ「Global Chinese Music Top10」2016/10/22放送分に出演した。中国中央テレビ15チャンネル(音楽専門チャンネル)の番組。

番組中に視聴者がネットから投票して、その週の順位が決まる。BEJ48は第1位を獲得した。

司会者は「このグループを聞くとみなさんSNH48のことを思い出すかもしれませんが、この2つのグループには違いがって、あのSNH48は上海、南方のフィーリングですが、こちらのBEJ48は北方のフィーリングです」と紹介している。

つまり番組視聴者がすでにSNH48を知っている前提。中国中央電視台の番組でこういうふうに紹介されるのは、光栄なこと。一定の知名度を獲得しつつあるということになる。

肝心のパフォーマンスは、ちょっと中国語でいう「車禍(交通事故)」気味だった(音をはずしまくっているということ)。

それでも『元気覚醒』のような曲よりも、こういうミドルテンポの聴きやすい楽曲の方が、審査員のウケは良かったようだ。

一人目の長髪の審査員は、「最近この48グループは話題になってますね」と話し始め、「この番組で以前にSNH48が出演した時も思ったのですが、いちばん印象に残るのはファンとの掛け合いですね」と言ってる。

「ただやはりこの番組は音楽がメインなので、しっかり音楽のレッスンをして下さい。やはり歌が重要ですから。でも今の曲は比較的良い曲ですね」とのこと。

二人目の審査員は、「こういうグループの場合は、一人ひとりの個性を出すか、全員がきれいにそろっている共通性を出すか、どちらかですが、みなさんは共通性の方なので、歌をきれいにそろえる必要があります。なのでかなり難しいと思います。でも今の曲はとても良く出来ていました。成功していたと言えるでしょう」という意味のことを言っている。

かなり好意的な評価をしてもらっている。

最後にいーしゃん(段藝璇 Duàn Yì Xuán ドァン・イーシェン あだ名: いーしゃん BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1995/08/19湖南省生まれ
)が第1位のお礼を話した後、司会者が「みなさんお気づきかもしれませんが、彼女たちの膝は傷だらけです。陰で努力していることが見て取れます」と話している。

夢に向かって人知れず努力する的な、とっても好意的な取り上げ方をしてもらって良かった。

北京BEJ48が中国中央テレビ『Top Global Chinese Music』2016/09/10放送分に出演

SNH48姉妹グループ北京BEJ48が初のオリジナル曲『元気覚醒』を引っさげて、中国中央テレビの音楽チャンネル『全球中文音楽榜上榜 Top Global Chinese Music』2016/09/10放送分に出演。

出演メンバーは以下の6名。全員、北京BEJ48チームB。

いーしゃん(段藝璇 Duàn Yì Xuán ドァン・イーシェン あだ名: いーしゃん BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1995/08/19湖南省生まれ
)、ツォンツォン(牛聰聰 Niú Cōng Cōng ニョウ・ツォンツォン あだ名: ツォンツォン BEJ48 Team B
 SNH48 6期生
 1996/04/02北京生まれ
)、シャンバオ(孫姍 Sūn Shān スン・シャン あだ名: シャンバオ BEJ48 Team B
 SNH48 6期生
 1999/02/11浙江省寧波市生まれ
)、MIMI(陳美君 Chén Měi Jūn チェン・メイチュン あだ名: MIMI BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1997/01/15広東省生まれ
)、パオツ(胡曉慧 Hú Xiǎo Huì フー・シャオフェイ あだ名: パオツ BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1998/07/26河南省生まれ
)、ウェン・イェン(文妍 Wén Yán ウェン・イェン BEJ48 Team B
 SNH48 6期生
 2000/12/28重慶市生まれ

↓こちらがBEJ48出演部分のカット。

一曲目はアンジェラ・チャン(張韶涵)『隐形的翅膀(隠れた翼)』を歌って、二曲目に持ち歌の『元気覚醒』を歌わせてもらっている。

そして『元気覚醒』のパフォーマンスの後には、審査員の先生方からのダメ出し(笑)。筆者の中国語力では全ては聞き取れないが、いろいろと厳しいけれど、もっともと言えばもっともなことを言われている。

その論評にいちいち「先生ありがとうございます」と答えるBEJ48メンバーたちには、「お疲れさま」と言いたい感じ。やっぱり中国中央テレビに出演するのは、いろいろと気をつかうだろうなぁと。

でも、原則英語は中国語に翻訳しなければいけない中国中央テレビの司会者に、BEJ「スーシバー(48の中国語読み)」ではなく、「フォーティーエイト」と、ちゃんと英語読みしてもらえるようになったのもちょっとした進歩。

北京を拠点とする姉妹グループBEJ48ができたおかげで、今後も中国中央テレビへの出演のチャンスは増えるかもしれないのは良いこと。

ところで、この『全球中文音楽榜上榜 Top Global Chinese Music』には、台湾版も存在し、こちらはYouTubeの公式チャンネルで見られる。

中国中央テレビ版との違いを味わっていただくために、台湾版の同日2016/09/10放送分を貼っておく。
続きを読む…