SNH48「四千年に一人の美少女」キクちゃん出演ネットドラマ、公開一週間で総視聴回数4億6千万

SNH48二期生「四千年に一人の美少女」ことキクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī チュー・チンイー あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
)出演のネットドラマ『熱血長安』が快進撃中。

2017/02/15に中国の動画サイト最大手「優酷」で公開されてまだ一週間だが、第一回の視聴回数は9千万回に届こうとしている。

公開済みの第10回までの総視聴回数は本日2017/02/22時点で4億6,216万回!

↓第一回はこの記事を書いている時点で8,766万回

↓第二回はこの記事を書いている時点で6,762万回

もうキクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī チュー・チンイー あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
)は中国で全国区の若手女性タレントの一人になりつつある。

AKB48関連:渡辺麻友インタビュー記事、中国共産党機関紙のAKB48記事、2016/12/21(水)一部メンバー訪中

AKB48が申し訳程度に中国メディアに露出しているのでご紹介。

中国三大ネット企業テンセントのエンタメニュースサイトのこちらの渡辺麻友インタビュー記事。なぜか2016/12/16 11:31という今ごろになって、2016/12/09に行ったインタビューが掲載されている。

内容を読むとインタビュアーは明らかにAKB48ファン。そうでなければ『AKBラブナイト 恋工場』という今年放送のテレビドラマを知っているはずがない。

そして渡辺麻友がちょくちょく中国に来るかどうかは、はっきりしないらしい。宮澤佐江、鈴木まりやを見ていれば、中国の定期公演に出られないことは分かっている。

せっかくなので全文を日本語試訳しておく。元記事の画面キャプチャはこちら

12月某日の午後、上海のヒマラヤセンター人ごみにびっしりと取り囲まれた、それは日本の神クラスの女性グループ、AKB48の三名のメンバーが代表として訪れ、今回の上海でのファンミーティングで、業界内では”AKB48中国正式デビュー”と言われていることを発表したためだ。
続きを読む…

SNH48二期生チームNIIシャオスー(林思意)出演のネットドラマ第一話アクセス数が1億超え

SNH48二期生チームNIIシャオスー(林思意 Lín Sī Yì リン・スーイー あだ名: シャオスー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/04/05浙江省温州市生まれ
)が初めて本格的にネットドラマに挑戦した『極品家丁』。

第一話のアクセス1数が億を超えた。

下図のように本日2016/12/15 22:40時点で1億1,800万アクセス。

もちろんアクセス数=視聴数ではないが、1億超えだ。

同じ中国の動画サイト最大手「優酷」で公開されているネットドラマでは、最近は『錦繡未央』が最も人気らしい。

こちらの『錦繡未央』の第一話のアクセス数は3億500万アクセス。

『極品家丁』の方が低予算のコメディ、『錦繡未央』はそこそこお金がかかっているシリアスな歴史モノという違いを考えれば、シャオスー(林思意 Lín Sī Yì リン・スーイー あだ名: シャオスー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/04/05浙江省温州市生まれ
)出演の『極品家丁』は大健闘。

少なくとも「優酷」でトップ人気のネットドラマの一作品になった。

これでシャオスー(林思意 Lín Sī Yì リン・スーイー あだ名: シャオスー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/04/05浙江省温州市生まれ
)はうかうか中国の街中を歩けなくなるかも(笑)。

SNH48今年の中国全土バーゲンお祭り騒ぎ「光棍節」最大のイベントは「T-mall双11カーニバルナイト」

SNH48が今年の中国の2016/11/11「光棍節」または「双11」と呼ばれる、全国的なバーゲンセールの大騒ぎに参加するイベントの中で、いちばん大きいのはどうやら「天猫」の「双11カーニバルナイト」らしい。

中国にはアリババグループが運営する、国内最大のオンラインモールが2つあって、一つは「淘宝(タオバオ)」、一つは「天猫 T-mall」。

前者は個人経営や中小の小売店が出品するようなショッピングモールで、後者は大企業が公式オンラインショップを開設するようなショッピングモール。

なので「天猫 T-mall」の方は大企業がバックで、毎年こういう大規模なイベントが開催されているらしい。

今年は浙江衛星テレビで全国生放送されるのと、中国最大の動画サイトの一つ「優酷」でもオンライン生放送されるとのこと。

そこにSNH48も参加する。SNH48以外の参加メンバーは、中国国内的にはかなり豪華な顔ぶれ。

こちらの中国国営新華社通信ニュースサイト「新華網」に詳しい記事がある

番組総合演出のDavid Hillは、どうやら元米国FOX TVのプロデューサで、今は独立してプロダクションを起業しているらしい。(中国のテレビ局は、自前のコンテンツが貧弱なせいか、日本よりも欧米の制作会社とのコラボが進んでいるような気がする)

海外からのゲストは、ケイティ・ペリー(ミュージシャン)、ベス・ベアーズ(女性俳優)、トーマス・ミュラー(サッカー選手)、『トランスフォーマー』(どのように登場するんだろうか?)など。

中国国内からのゲストは、クリス・リー(李宇春)、リン・チーリン(林志玲)、G.E.M(鄧紫棋)、中国のジャニーズ的な少年アイドル三人組TFBOYSなど。

そこへSNH48も参加するというのだから、たしかに今年の「光棍節」ではSNH48にとって最大のイベント。

こういう国内最大規模のイベントに、主催者が「女性アイドルグループ」枠で出演させたいとなると、今のところ中国では、SNH48グループがいちばん知名度が高いので最適、ということになるようだ。

SNH48グループも中国のエンタメ業界で何とかここまでのポジションに上がってきたと思うと、感無量(笑)。