AKSの中国姉妹グループは『私と私の祖国』を歌えるか?

AKSが中国に作る姉妹グループの成否は『私と私の祖国』を歌えるかにかかっている。

2016/12/10(土)AKB48ファンミーティング当日のゴタゴタを振り返ってみる。

例によってレコードチャイナが「上海で渡辺麻友らファンイベント、AKB48の中国進出発表、会場外には反日活動家らの姿も―香港メディア」(2016/12/11 11:10)という記事を「Mathilda」名で出している。

北京BEJ48チームEサンサン(蘇杉杉 Sū Shān Shān スー・シャンシャン あだ名: サンサン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1997/03/23湖北省生まれ
 画像集
)の画像を使ってくれたのはSNH48グループ・フォロワーとしてはありがたいけれど、ただしこの記事の最後の部分は、やや問題あり。

「会場外に反日活動家が集まり、AKB48のボイコットを叫ぶ一幕も。AKB48メンバーが自衛官募集のCMに出演したことを、特に問題視したものだった。しかし、集まったAKB48ファンとの間でゴタゴタが発生し、ファンが活動家から中国の国旗を取り上げ、ゴミ箱に投げ捨てる場面も見られている。」(同引用)

実態は次のとおり。
続きを読む…

AKB48(China) Holdingの上海自由貿易区本社が国有企業と判明

昨日2016/12/10(土)AKB48の上海での記者発表会とファンミーティングの現地の反響は、すでに悲惨な結果になっている。

その話をする前に、AKSと決裂前のSNH48運営会社の資本関係のおさらいと、今回のAKB48 Chinaの資本関係の確認をしておく。

↓SNH48とAKS決裂前の株の所有関係の全体図はこちら。

右上の「王子殿下」はSNH48運営会社社長・王子傑の現地ファンの間でのあだ名なので、正確には王子傑。

この図を見て明らかなように、日中双方の資本は「亚洲明星四八(香港)」で共同出資になっている。この社名、正しくは「明星四八亚洲控股 Star48 Asia Holdings」である。

そして2016/04/20に早くも王子傑は「明星四八亚洲控股」の社長を辞職している。

つまり2016/04/20の時点ですでにSNH48とAKSは資本関係がなくなり、決裂していた。

では今回の中国再進出でAKSはどのような資本政策を取ったか。

「AKB48(China) Holding」という会社の元の名前を調べると分かる。
続きを読む…