上海SNH48、北京BEJ48、広州GNZ48が2017/04~05にかけて交換巡回公演

上海SNH48の「48ファンフェスティバル月間」に、SNH48グループ全体でかなり面白そうな企画があるらしい。三グループの相互巡回公演。

時間は全て現地時間。

2017/04/27(木)20:00~21:30 北京BEJ48星夢劇院
上海SNH48のK-POPスタイルの派生チーム「7 SENSES」ファースト・ショーケースとEP発売記念握手会

2017/05/05(金)19:30 北京BEJ48星夢劇院
2017/05/06(土)14:00 北京BEJ48星夢劇院
上海SNH48 Team X 全曲オリジナル公演『ドリームフラッグ』北京巡回公演、握手会

2017/05/06(土)19:00 上海SNH48星夢劇院
2017/05/07(日)14:00 上海SNH48星夢劇院
北京BEJ48 Team E 全曲オリジナル公演『ティアラファンタジー(奇幻加冕礼)』上海巡回公演、握手会

2017/05/19(金)19:00 上海SNH48星夢劇院
2017/05/20(土)14:00 上海SNH48星夢劇院
広州GNZ48 Team NIII 全曲オリジナル公演『第一人称』上海巡回公演、握手会

2017/05/19(金)19:00 広州GNZ48星夢劇院
2017/05/20(土)14:00 広州GNZ48星夢劇院
上海SNH48 Team XII 全曲オリジナル公演『コードXII』広州巡回公演、握手会

北京と広州が交換公演をすればもっと現地ファンが喜ぶかもしれない。

ところで、この記事を書いている2017/04/22(土)昼公演のビリビリ動画(中国のニコニコ動画だがニコニコ動画よりはるかにユーザインターフェースが使いやすい動画サイト)のオンライン生放送で、視聴者数に思ったほど差がない。

上海SNH48 Team HII 約10,500人
北京BEJ48 Team B 約8,500人
広州GNZ48 Team NIII 約6,500人

少し前までは、SNH48ならチームSII、NII、HIIあたりまで、つまりSNH48一期生、二期生、三期生が中心のチームまでは、北京BEJ48、広州GNZ48のオンライン生放送の視聴者数に大差をつけていた。

今でも夜公演の視聴者数は上海SNH48が大差をつけているけれど、北京BEJ48、広州GNZ48も着実にファンを増やしている様子。

北京BEJ48のオンライン生放送は、なぜかおしゃべりのコーナー(MCのコーナー)になると視聴者数が増えるようだ。たぶん中国語が完全に聞き取れれば、北京BEJ48のMCはそうとう面白いんだろうと思う。

上海SNH48チームXIIキャプテンYoko(張怡)謝罪ツイートと「悪性腫瘍ファン」

この件、あまり引っ張りたくないのだが、上海SNH48チームXII副キャプテンのアキちゃん(劉增艶 Liú Zēng Yàn リョウ・ツォンイェン あだ名: あきちゃん SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1996/08/31四川省生まれ
)が謝罪ツイートをしているのに、キャプテンのYoko(張怡 Zhāng Yí チャン・イー あだ名: Yoko SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1994/06/22安徽省生まれ
)は何もツイートしていないのか?と思われるのは心外なので、日本語試訳しておく。

そのまえにYokyo(張怡 Zhāng Yí チャン・イー あだ名: Yoko SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1994/06/22安徽省生まれ
)の最近の画像を一枚。ポイントは幼く見えるが1994年生まれということ。

上海SNH48チームXIIキャプテン・Yoko(張怡 Zhāng Yí チャン・イー あだ名: Yoko SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1994/06/22安徽省生まれ

まず陳音 Chén Yīn チェン・イン あだ名: インバオ SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1999/12/05上海市生まれ
(チェン・イン)の事がだんだんと今に至ってみんなを傷つけることになってTeam XIIキャプテンとしてすべてのファンのみなさんに謝罪します。

陳音 Chén Yīn チェン・イン あだ名: インバオ SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1999/12/05上海市生まれ
(チェン・イン)は自分がやろうとしている行動について、その前に私に相談することはありませんでした。なのでキャプテンとして私は監督不行き届きです。

みなさんごめんなさい。

事件が起こった後、みなさんのTeam XIIに対する不信任、ひいてはグループ全体に対する不信任までを招きました。不信任のために悪劣な言葉で他のメンバーまでが攻撃されました。

Team XIIメンバーは年齢がおしなべて小さいので、雲をつかむようなあいまいな情報でメンバーが攻撃され、一部のメンバーは心理的なプレッシャーが大きく、気持ちがコントロールできなくなりました。

みなさんどうか私たちのチームにチャンスを下さい。私はチームメイトたちをいろんな方面から合格点を得られるアイドルになるように監督します。笑顔はもともとこの舞台の初心です。

以上がキャプテンとして言いたいことです。

以下はお姉さんとして言いたいことです。

毒瘤(悪性腫瘍)のみなさん、すみませんがTeam XIIから少し離れて下さい。どうもありがとう。

最後にやはりあの言葉を言いたいです。

私たちの舞台にはもっと近づいて下さい。私たちの生活からはもっと離れて下さい。

あるファンが私に説明を求めたので、それならと思ったのがこの声明の由来です。

現地ファンのスラングで「毒瘤(悪性腫瘍)」というのは、たちが悪くて言っても治らないファンの意味。

例えば、今回の退団騒動に乗じて、他のメンバーまでファンと私的に連絡をとっているかのような、根も葉もないウワサを中国2ちゃんねるに流して楽しむようなタイプのファン。

特定のファンが何度も同じようにメンバーに対する嫌がらせをして、とても治療できそうにないので「毒瘤」と呼ばれている。

さすがキャプテンのYoko(張怡 Zhāng Yí チャン・イー あだ名: Yoko SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1994/06/22安徽省生まれ
)。その「毒瘤」を正面から非難している。とりあえずこのことを伝えたくて日本語試訳した。

なお、Yoko(張怡 Zhāng Yí チャン・イー あだ名: Yoko SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1994/06/22安徽省生まれ
)がこのツイートに貼っているSNH48 TeamXIIの集合写真にちゃんと陳音 Chén Yīn チェン・イン あだ名: インバオ SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1999/12/05上海市生まれ
(チェン・イン)が映っているところにキャプテンとしての愛があると思った。

上海SNH48派生チーム7SENSESの1st EPメイン曲『7SENSES』がパクリでない解説動画を作ったら公式にリツイートされた件

上海SNH48の新派生チーム「7SENSES」の1st EPのタイトル曲『7SENSES』について先日このブログで、個人的にもいろいろ調べて勉強になったtrap music、twerk、dropなどの専門用語を、動画にまとめてビリビリ動画にアップしてみた。

そうしたら「7SENSES」の中国ツイッター(新浪微博)にリツイートしてもらえて、少しでもSNH48運営会社のお役に立てたようで、何より。

ただ、そのリツイートのコメントに、本来運営がやるべきことをファンにやらせてどうするという運営会社に対する批判多数で、いつものことではあるけれど、まあまあそこまで言わなくてもという感じがした。

そして筆者の作ったこのパクリ疑惑否定動画が、どこまで「EDM論」的に正しいのかも謎だけれど。

上海SNH48チームXII副キャプテンあきちゃん(劉增艶)謝罪ツイートと背景詳細

最近の上海SNH48 TeamXIIの状況について無視するわけにはいかないので、副キャプテン・アキちゃん(劉增艷)の2017/04/19明け方のツイートをご紹介。

この日2017/04/19夜が、偶然にも同チームの劇場公演だった。

自己紹介MCで、アキちゃん(劉增艷)やハムスター(嚴佼君 Yán Jiǎo Jūn イェン・チャオチュン あだ名: ハムスター(小倉鼠) SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1995/04/29湖北省生まれ
)が涙を流して、どんよりした雰囲気になっていた。こちらのYouTubeにアップされた録画で22分44秒あたりから

それでも後半のMCでは調整室が機転を利かせて、『シアターの女神』曲を早回しで流し、メンバーが踊り始めて、客席も盛り上がった。YouTubeの録画でいうとこのあたりから

弾幕コメントを見ている限り、ユーユー(潘英琪)が好評だったようだ。

彼女はSNH48運営会社が開発したスマホアプリ「Pocket48(口袋48)」のオンライン生放送で、最近AKB48楽曲を踊り続けている。

昨日(2017/04/19)のMCでも、どの曲が流れてもすぐに反応し、満面の笑みで踊って、しかもチームXIIが『シアターの女神』を上演していたときの、彼女の立ち位置どおりに、舞台の端のほうで踊るのが健気。

やっぱり48系グループは心から48系アイドルを愛しているメンバーに救われている気がする。

上海SNH48 Team XII副キャプテン アキちゃん(劉增艷)

みなさんこんにちは、私はSNH48TeamXIIの劉增艷です。同時にTeamXIIの副隊長の劉增艷です。

まず心からお詫びします。このように自分の言葉で自分の観点を表現すべきかどうか分からず、長い間ためらっていましたが、自分の責任も逃れることはできないと考えました。

以下はすべて私が自分の手で入力したものですが、未熟なものになっていたとしても、どうかお許し下さい!

少し前にSNH48 TeamXIIメンバー陳音 Chén Yīn チェン・イン あだ名: インバオ SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1999/12/05上海市生まれ
(チェン・イン)がチームを離れましたが、このことに対して私個人は彼女個人が堅持している考え方を尊重します。

同時にみなさんは私たちと同様、今後は彼女を一人の、以前はアイドルだったけれど今は普通の女の子の陳音 Chén Yīn チェン・イン あだ名: インバオ SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1999/12/05上海市生まれ
と見てほしいと思っています。

このことを理由にあれこれ議論して、今のチーム内のXIIのどのメンバーにも影響を与えないようにお願いします。

今回すぐに彼女と話をして状況を理解し、すぐに対応と処置等ができなかったことについて、私は副キャプテンとして大きな職務上の怠慢であり、この点はすべてのチームメンバーとファンのみなさんにお詫びします!

自分がこれまで歩んできた中で、未熟で不適切な言行がたくさんありましたが、すべての人がずっと私に対して寛容に気づかって下さったことに感謝します。

ファンの皆さん一人ひとりが私といっしょに成長し進歩することを望んで下さったことに感謝しています!

私自身、以前に言ったことがありますが、アイドルになりたいと思い、アイドルを深く愛しているということは、単に一つの職業というだけでなく、むしろ私にとってすべての人に気持ちや力を伝えすことです!

なので私がアイドルになりたいと思って、幸いにも自分でアイドルになると決めることができて、まして今までアイドルになったことを後悔したことはありません。

私は自分が以前話したことを忘れません。自分が歩むこの道をあきらめない!ということです。

私はアイドルがすべきことは何か、決してしてはいけないことは何かを知っています。私が堅持している仕事と、私が守らなければいけない原則は、アイドル生涯の最後まで付いていくものです!

現在私はこの道をあきらめないと言っていますが、みなさんが応援していっしょにいて下さることに感謝しています。

私も困難や失敗があり、ためらうこともあり、迷って困惑することもあります。私のすることが良くなかったり未熟だったりすることもあるでしょう。

でも劉增艷は必ずアイドルについての考えをあきらめません!ただただ初心を忘れず、必ずみなさんといっしょに優秀でおたがいが誇りに思えるようになります!

ただ、今の私たちはまだ完璧な自分になっている途中の人間です。なので私が誤ったことをしたり、誤ったことを言ったりしたとき、みなさんが指摘して下さることに本当に感謝しています。みなさんがすぐに私の誤りを指摘して下さることに感謝しています。

過ちを犯したからには必ず真面目に反省して、心から謝罪し、誠心誠意、それ以降ふたたび同じ過ちをくり返さないようにしなければいけません。

なので、もう一度私を許して下さい。SNH48と、SNH48 TeamXII、SNH48 Team XIIの劉增艷を好きでいて応援して下さる一人ひとりのみなさんに対して、真面目にひとこと言います:”ごめんなさい”!

私とXIIのメンバー一人ひとりは、今後も努力を続け、お互いに助け合っていっしょに進歩して成長します!みなさんにより完璧でより優秀でより成熟したTeamXIIをお見せします!

それらがすべて私たちが前進する動力になります!!みなさん今後もどうか私たちを引き続き応援して下さい!

最後にみなさんが私のこの未熟な文章を最後まで読んでいただいてありがとうございます。そしてどうかお許し下さい!おやすみなさい。

SNH48 TeamXII 劉增艷
2017.04.19

以下、今回の陳音 Chén Yīn チェン・イン あだ名: インバオ SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1999/12/05上海市生まれ
(チェン・イン)退団の件をやや詳しく書くので、読みたくない方は飛ばして下さい。

続きを読む…

上海SNH48派生チーム7SENSESの1st EPメイン曲『7SENSES』パクリ疑惑を詳細に解説

上海SNH48のK-POPスタイルの新派生チーム「7SENSES」のプロデューサであるSNH48運営スタッフが、深みにはまっているようだ。

きっかけは現地ファンが「7SENSES」のファーストEPのタイトル曲『7SENSES』が、韓国の男性グループNCT 127の『Fire Truck』という曲のパクりだと騒ぎ始めたこと。

まずは2曲をお聴き下さい。

NCT 127『Fire Truck』

7SENSES『7SENSES』

なお各曲の作曲・編曲者は以下のとおり。もちろん別人である。

NCT 127『Fire Truck』
作曲:LDN Noise / Tay Jasper / Ylva Dimberg
編曲:LDN Noise

7SENSES『7SENSES』
作曲:Shinsadong Tiger
編曲:Shinsadong Tiger

ちなみにNCT 127には『The 7th Sense』(第七感)という曲がある(2016/04発行)

この曲名と「7SENSES」(第七感)の名前が似ているのは、もちろん偶然だろう。偶然だ。

そして現地ファンのパクりという騒ぎに対して、「7SENSES」の企画者であるSNH48運営スタッフが、中国ツイッター(新浪微博)で公然とSNH48の現地ファンを批判した。この種の曲を聴いたこともない人間がいい加減なことを言うなと。

そのツイートにはダンス・ミュージックファンから賛同のコメントが多数ついて、「7SENSES」のプロデューサは力強い援軍を得た結果になった。逆に言えば、現地SNH48ファンの顔を平手でたたく(打臉)結果になった。

そして中国ツイッター(新浪微博)のSNH48公式アカウントは事態を収拾すべく、2017/04/17 20:33に以下のようなツイートをした。

【『7 SENSES』(第七感)の曲風の問題についての回答】音楽プロデューサとの話し合いを経て、以下のように状況をお知らせします。SNH48国際化チームである7 SENSESのファーストEPのメイン曲『7 SENSES』(第七感)として、米国で活躍している音楽プロデューサを招待していっしょに制作をしました。

制作の初めに国際的なトレンドをしっかりフォローしたいという希望はすでに決まっていて、国際的に比較的流行しているSound Trapスタイルを基礎として採用し、かつ曲の種類はtwerk進行で制作しました。

この種類のスタイルが限定的なので比較的似ているという誤解を受けた可能性があります。しかし『7 SENSES』(第七感)そのもののkilling pointは他の曲と違ってdropの構成を使っており、1、2、3、4、5、6、7のカウントで始まる部分は、この曲独自のソウルに属するものです。PS:音楽プロデューサは同じようなスタイルの曲目を整理して、近日中にみなさんにシェアしようと考えています。

「Sound trap」とあるが、Wikipedia(英語)を調べた限り「Sound trap」というジャンルはなく「Trap music」というカテゴリーがあるだけ。

「Trap music」の作り方は、1拍子を2分割または3分割したハイハットと、Roland TR-808の重たいキックドラム、複数のシンセサイザートラックの組合せということらしい。

『Fire Truck』や『7SENSES』の特徴的な音色のキックドラムは、どちらも「trap music」の重要な要素。

「Twerk」というのは音楽のスタイルではなく、ダンスのスタイル。腰を低くしたセクシーなダンスで、通常は女性が踊る。

YouTubeで見つけた、比較的見るに耐えるTwerkのサンプルはこちら。

「Drop」はWikipedia(英語)によれば、EDMに限らずポピュラーミュージック全般に使われるスタイル。リズムやベースラインが切り換わるところで、はっきりと分かる構成の変化やブレイク(ほぼ無音の部分)が入っている部分のこと。

例えば「trance」によくあるような、段々と盛り上がって、盛り上がりが絶頂に達した時に、ブレイクが入ってリズムパターンが変わるという、あの部分が「drop」。

なので、trance、hardcore、progressive house(筆者が大好きなunderworld)、dubstep、hip hop、どんなスタイルのEDMにも入っている要素。

Wikipediaで実例として挙げられていたのは、Fergie『A Little Party Never Killed Nobody』の0’36″部分。

ああこれこれ、という感じ。これを「drop」というなら、ほとんどのEDMに入っている。

ピコ太郎『PPAP』の0’45″も「drop」(本当?)

7SENSESの『7SENSES』の場合は、「1、2、3、4、5、6、7」というカウントの終りの部分で「drop」になっている。

冒頭のカウント終わり、0’58″のカウント終わり、1’56″のカウント終わり、3’05″のカウント終わりなどが「drop」。3’29″にも「drop」がある。ある意味「drop」だらけ。

この記事を書くためにYouTubeでいろいろEDMを聴いたけれど、筆者はやっぱりprogressive house、future bassくらいシンセかメロディーが美しくないと、ちょっと限界(汗)。

そして筆者が個人的に思うのは、EDMなんて、MIXのMIXの、そのまたMIXのMIXくらいで出来上がっているので、『7SENSES』は『Fire Truck』のパクりだ、パクリではない、という議論自体が不毛。

それより、そもそもなぜこんな不毛な議論が起こってしまったのかを、SNH48運営会社はよく考えるべき。

つまり、普段EDMを聴かない現地SNH48ファンに、企画者の自己満足でEDMの特定の音楽スタイルを、以前このブログにも書いたようにプロダクト・アウトで押し付ければ、ファンの感情的な反発からパクり騒動が出てくるのは、事前に予測できたはず。

むしろ、普段J-POPやアイドルポップ、せいぜい米国のグラミー賞を受賞するような比較的聴きやすい黒人音楽しか聴かないような人たちに、いきなりこんな曲を聴かせて受け入れられると、どうして企画者が思えたのか、その理由がまったく分からない。

企画者の強引なプロダクト・アウトに対して、起こるべくして起こった現地ファンの反応ということで。