SNH48一期生ワンワン(邱欣怡)のツイートに元一期生俞慧文が登場

SNH48一期生ワンワン(邱欣怡 Qiū Xīn Yí チョウ・シンイー あだ名: ワンワン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1997/01/11台北市生まれ
)はまだ中国旧正月(春節)のお休みでニューヨークへ旅行中。

なぜか旅先で、元一期生の俞慧文 Yú Huì Wén ユー・フェイウェン あだ名: シャオユー(退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
(ユー・フェイウェン)とツーショット。しかもそれを中国ツイッター(新浪微博)の公式アカウントでツイートしてしまうという、大胆な。

↓マンハッタンの韓国料理店。もちろん左がワンワン(邱欣怡 Qiū Xīn Yí チョウ・シンイー あだ名: ワンワン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1997/01/11台北市生まれ

↓タイムズスクエアらしい。

SNH48結成当初からフォローしている筆者としては、俞慧文 Yú Huì Wén ユー・フェイウェン あだ名: シャオユー(退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
の姿を見ると複雑な気分。

いまSNH48グループのメンバーのタレント・マネジメント責任者の叶氏が、ときにファンから不評を買うほどメンバーの管理に厳しいのは、おそらく当時のメンバーのマネジメントが甘すぎたことの反省からだろう。

SNH48一期生の中で、俞慧文 Yú Huì Wén ユー・フェイウェン あだ名: シャオユー(退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
を中心に仲良しグループができて、普段の生活でかなり自由奔放に振る舞い、ある意味、運営の手に負えなくなって、最終的には仲良しグループごと、ごっそり退団した。

マネジメント契約違反なので、俞慧文 Yú Huì Wén ユー・フェイウェン あだ名: シャオユー(退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
はその後、運営会社から民事訴訟を起こされて、賠償金を支払う判決を受けている。

なのでいまSNH48グループに所属しているメンバーは、叶氏の監督の厳しさにやや不満を感じながらも、たぶんそのおかげで統制の取れた活動ができていて、劇場外の全国放送のテレビ出演や、いろいろな営業のお仕事ができていることが分かっている。

SNH48運営が少しずつ、やや厳格なタレントマネジメントに舵を切り始める前に、早々に退団したメンバーの代表格が俞慧文 Yú Huì Wén ユー・フェイウェン あだ名: シャオユー(退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ

…というのは、あくまで筆者の個人的な見立て。

もちろん俞慧文 Yú Huì Wén ユー・フェイウェン あだ名: シャオユー(退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
自身は、自分をずっと応援してくれていたファンに対しては、退団のときに申し訳ない気持ちを書いていた。

ちなみに俞慧文 Yú Huì Wén ユー・フェイウェン あだ名: シャオユー(退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
の今の中国ツイッター(新浪微博)のアカウントはこちら
。今日2017/02/09のツイートに、ワンワン(邱欣怡 Qiū Xīn Yí チョウ・シンイー あだ名: ワンワン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1997/01/11台北市生まれ
)と同じツーショット写真がアップされている。

SNH48が2017/01/25(水)安徽衛星テレビ旧正月特番「春晩」に登場

SNH48が中国中央電視台の旧正月特番「春晩」に先駆けて、2017/01/25(水)安徽衛星テレビの「春晩」に登場。

旧正月の特番はどのテレビ局でも「春晩」(春節聯歓晩会)と呼ばれる。

YouTubeの安徽衛星テレビ公式チャンネルからご紹介。1:37:20ごろから

出演メンバーはSNH48チームSII。『Happy Wonder World』で、司会者にもきっちり紹介してもらっているし、ツーコーラス目はさすがにスキップしているが、Dメロから最後のリフレインは歌わせてもらっている。

一般の全国放送であれば、これくらいのごく普通の歌手として扱ってもらえるようになったということで。

SNH48一期生デビュー四周年記念公演冒頭4曲公式映像

SNH48チームSIIデビュー四周年記念公演2017/01/12の冒頭四曲の公式映像が公開されていたので、少し遅くなりましたがご紹介。

公式映像なのに音質が悪い。マイクが完全にONで生歌。諸事情あって現地に観に行けない身としては、映像作品としてなら半マイクで全然OKです、という感想。『最終ベルが鳴る』のツーコーラス目のAメロ前半、誰も歌わない部分の意味も不明。

あまりに音質が悪かったので、そこだけなぜか音量が低かったOvertureの音量を上げて、会場の浅水湾文化中心くらいのライブハウス規模のリバーブを掛けた。

それでも北京BEJ48公演の毎週のオンライン生放送よりも音質が悪い。

北京BEJ48のオンライン生放送は、伴奏は元音源どおり各音色がそれぞれの場所に定位したまま、半マイクのボーカルは中央に、客席の歓声は、当初はステレオで左右に分けてミックスされていたけれど、最近は中央よりに定位しており、とってもクリアで聴きやすい。

現場で聴いている分には全く問題ないんだろうことは分かっている。

でもSNH48運営はこういうライブ映像を正式に公開するなら、音はプロフェッショナルに作ってほしい。SNH48一期生チームSIIのパフォーマンスが台無しになっている。

SNH48チームSIIがどれだけ素晴らしいか、48系文化を中国で商業的に成功させた一期生のすごさを、ネット上の不特定多数の人に発見してもらうには、数週間かかってもいいので、手を抜かずに、伴奏を後からミックスして、ちゃんとした音源の映像作品として出してほしい。

記念すべき四周年公演なのに、映像作品としての質の悪さが本当に残念。

SNH48関連音源:『コードXII』公演より『彼女と彼女』『未来の私たちへ』、CCソロ版『Burning Up』

SNH48関連の音源を3つご紹介。

まずSNH48チームXIIの全曲オリジナル公演『コードXII(代号XII)』から2曲。

音楽プロデューサーの滕少さんが、この公演についてネガティブなコメントを多く受けたので、音源を聴いて欲しいと思って公開したのかもしれない。

↓デュエット曲『她和她 彼女と彼女』

アキちゃん(劉增艶 Liú Zēng Yàn リョウ・ツォンイェン あだ名: あきちゃん SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1996/08/31四川省生まれ
)、陳音 Chén Yīn チェン・イン あだ名: インバオ SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1999/12/05上海市生まれ
(チェン・イン)のデュエット。

↓公演最後の曲『未来の私たちへ(給未来的我們)』

この最後の曲『未来の私たちへ』は冒頭に入っている音が鳥が羽ばたく音なのかよく分からなかったが、滕少さんによれば鳩を放して飛び立ったときの音らしい。

たしかにイントロの冒頭から鳩の鳴き声も入っている。こういうちゃんとした音源で聴かないと分からない。

そして次の音源はSNH48一期生チームSIIの「歌姫」CC(徐晨辰 Xú Chén Chén シュー・チェンチェン あだ名: CC SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1990/06/20江蘇省南京市生まれ
)から新年のプレゼント。

EP『Happy Wonder World』収録のチームSII曲『Burning Up』CC(徐晨辰 Xú Chén Chén シュー・チェンチェン あだ名: CC SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1990/06/20江蘇省南京市生まれ
)ソロバージョン。

EP『Happy Wonder World』収録のチームSII曲『Burning Up』オリジナル版はこちら。

やっぱりCC(徐晨辰 Xú Chén Chén シュー・チェンチェン あだ名: CC SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1990/06/20江蘇省南京市生まれ
)が歌うと、この曲が本来持っているパワーが全開になる。

SNH48チームSII二期生アイコ(沈之琳)、チームXII五期生・陳音(チェン・イン)生誕祭特別曲まとめ

SNH48のこの週末の生誕祭から、特別曲の動画を2本ご紹介。

2016/12/03(土)に生誕祭が行われた、SNH48チームSII二期生アイコ(沈之琳 Shén Zhī Lín シェン・チーリン あだ名: あいこ SNH48 Team SII
 SNH48 2期生
 1994/11/26上海市生まれ
)は、福山雅治『最愛』の中国語版、A-Lin(黃麗玲)『最懂你的人』

たぶん日本語のオリジナル版で歌いたかったんだろうと思う。彼女はジャニヲタでとにかく日本大好き、今のところSNH48グループで唯一のギャル系だし。

久しぶりのソロで緊張していたのかもしれない。ファルセットがきれいに出ておらず、彼女の本来の歌唱力が発揮されていなくて少しだけ残念なパフォーマンス。

2016/12/04(日)に生誕祭が行われた、SNH48チームXII五期生・陳音 Chén Yīn チェン・イン あだ名: インバオ SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1999/12/05上海市生まれ
(チェン・イン)は2曲。

一曲目はG.E.M(鄧紫棋)『多遠都要在一起』。

いい感じに力が抜けていて音程も比較的安定しているし、ファルセットもかなりきれいに出ている。2コーラス目からブリッジへ息継ぎなしで歌い切っているのは、さすが昆曲で鍛えられた肺活量、ということだろうか。

二曲目はガラッと変わって、シンディー・ワン(王心凌)『愛你』。

オンライン生放送の弾幕コメントで「年齡暴露系列」(年齢が暴露されてしまうシリーズ)というのがたくさん出てきたので調べてみたら、2004/05/07発売。シンディー・ワンがまだバリバリのアイドル路線だったころのヒット曲。レコード会社はAVEX台湾とのこと。へぇ~。

というか、1999/12/05生まれの陳音 Chén Yīn チェン・イン あだ名: インバオ SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1999/12/05上海市生まれ
(チェン・イン)はこの曲が発売されたときまだ4歳。どこで覚えたの?