北京BEJ48の3人が米ヴォーグ中国版『VogueMe』2017年6月号に登場

米ファッション誌ヴォーグが中国だけで公刊している1990年以降生まれ世代のための雑誌『VogueMe』2017年6月号に、北京BEJ48の3名が登場。

↓北京BEJ48チームJ ルールー(黃恩茹 Huáng En Rú( フアン・ウンルー) あだ名: ルールー BEJ48 Team J
 BEJ48 1期生
 1997/05/05浙江省生まれ
 

↓北京BEJ48チームE 陳倩楠 Chén Qiàn Nán( チェン・チェンナン) BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1998/03/19天津市塘沽区生まれ
 
(チェン・チェンナン)現地のあだ名は「小巨人(シャオチューレン)」

↓北京BEJ48チームE まゆりん(馬玉靈 Mǎ Yù Líng( マー・ユーリン) あだ名: まゆりん BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1999/10/06四川省簡陽市生まれ
 
)。気品のある美しさ。

↓北京BEJ48チームE まゆりん(馬玉靈 Mǎ Yù Líng( マー・ユーリン) あだ名: まゆりん BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1999/10/06四川省簡陽市生まれ
 

↓北京BEJ48チームJ ルールー(黃恩茹 Huáng En Rú( フアン・ウンルー) あだ名: ルールー BEJ48 Team J
 BEJ48 1期生
 1997/05/05浙江省生まれ
 

北京BEJ48チームJ、スマホ生放送サイト「一直播」一周年記念盛典にゲスト出演

北京BEJ48のいちばん新しいチーム、チームJメンバーが、中国オンライン生放送サイト「一直播」一周年記念盛典に参加したらしい。

この「一直播」はどちらかと言うとスマホアプリがメイン。スマホやタブレットから気軽に生放送できるので、筆者も何度か使ったことがある。

上海SNH48メンバーも、運営公式アプリに生放送機能が追加されるまでは、一期生、二期生メンバーを中心にたまに使っていた。

参加メンバーは左から、許婉玉 Xǔ Wǎn Yù( シュー・ワンユー) BEJ48 Team J
 BEJ48 1期生
 2000/10/12河南省生まれ
 
(シュー・ワンユー)、陳雅鈺 Chén Yǎ Yù( チェン・ヤーユー) BEJ48 Team J
 BEJ48 1期生
 10/04湖北省生まれ
 
(チェン・ヤーユー)、ウェンチャオ(李泓瑤 Lǐ Hóng Yáo( リー・ホンヤオ) あだ名: ウェンチャオ BEJ48 Team J
 BEJ48 1期生
 2000/03/30雲南省生まれ
 
)、張懷瑾 Zhāng Huái Jǐn( チャン・ファイチン) BEJ48 Team J
 BEJ48 1期生
 1997/05/11遼寧省生まれ
 
(チャン・ファイチン)、ハスキー(王雨煊 Wáng Yǔ Xuān( ワン・ユーシェン) あだ名: ハスキー BEJ48 Team J
 BEJ48 1期生
 1999/05/23河南省生まれ
 
)、みゃおみゃお(葉苗苗 Yè Miáo Miáo( ユエ・ミャオミャオ) あだ名: みゃおみゃお BEJ48 Team J
 BEJ48 1期生
 1999/07/13安徽省生まれ
 
)、ヨウヨウ(任心怡 Rèn Xīn Yí( レン・シンイー) あだ名: ヨウヨウ BEJ48 Team J
 BEJ48 1期生
 10/18山西省生まれ
 
)、Yokie(孫語姍 Sūn Yǔ Shān( スン・ユーシャン) あだ名: Yokie BEJ48 Team J
 BEJ48 1期生
 09/13山東省生まれ
 
)。

レッドカーペットと、チームJオリジナル曲『小幸運星』のパフォーマンス動画はこちら。

レッドカーペットで紹介されるとき、女性司会者が「BEJ48、中国大型女性偶像団体。哇~好かわいい呀~」となぜかそこだけ日本語で「かわいい」と言っているのが笑える。

北京BEJ48チームJも、たまに劇場外のお仕事が入るようになったようで、何より。

やっぱりチームB、チームEよりもギャラが安いからでしょうか(←いちいちお金の話をしなくていい)。

北京BEJ48の話題を2つ:米国映画『Life』公開イベントに参加、ナゾの母の日単発シングル『愛的護航』

北京BEJ48についての話題を2つ。

ソニー・ピクチャーズエンタテインメントが日本では2017/07/08に公開するSF映画『Life』、中国公開の2017/05/19当日、北京BEJ48メンバーが映画と同じような恐怖体験をするイベント(?)に出演とのこと。

映画の単発イメージキャラクターは、日本でも珍しくないけれど、北京BEJ48メンバーも中国でこういう仕事をするのか、と思ったのでご紹介。

ちなみにこのツイートにあるスマートフォンの名前が「索哥才不用iPhone」となっているのが、ちょっと笑えた。ソニー・ピクチャーズエンタテインメントの公式アカウントなので、Xperiaを使ってツイートすべきところだが、「ソニー兄さんはiPhoneなんて使わない」と言いつつ、iPhoneからツイートしている(笑)。

次に、先週末の母の日特別公演で披露された、北京BEJ48選抜メンバーの単発シングル曲『愛的護航(愛の護衛)』。

楽曲自体はコード進行の細部まで神経が行き届いており、Dメロもたっぷりな長さがあり、最後のサビのリフレイン前に移行転調があったり、とても良く出来ている。テーマは母への感謝と、明確。

ただ、イントロで、チームB副隊長のミルク(劉姝賢 Liú Shū Xián( リョウ・シューシェン) あだ名: ミルク(小牛奶) BEJ48 Team B
 SNH48 6期生
 1994/04/16山東省棗莊市生まれ
 
)が、チームBパオツ(胡曉慧 Hú Xiǎo Huì( フー・シャオフェイ) あだ名: パオツ BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1998/07/26河南省生まれ
 
)を抱きかかえるところ、マイクがONになっておらずセリフが聞こえない。メンバーの振付けもバラバラで明らかにリハーサル不足。

母の日特別公演に無理やり間に合わせようとしたのかもしれないが、パフォーマンスのクオリティはもう少し上げてからの方がよいと思う。

そして、パオツ(胡曉慧 Hú Xiǎo Huì( フー・シャオフェイ) あだ名: パオツ BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1998/07/26河南省生まれ
 
)自身はそれほど気にしていないと思われるが、彼女のファンを激怒させたのは、この曲が彼女の母親が彼女が五期生としてデビューする数日前に亡くなったことを売りにしていること。

それでパオツ(胡曉慧 Hú Xiǎo Huì( フー・シャオフェイ) あだ名: パオツ BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1998/07/26河南省生まれ
 
)がこの曲だけセンターになっており、ミルク(劉姝賢 Liú Shū Xián( リョウ・シューシェン) あだ名: ミルク(小牛奶) BEJ48 Team B
 SNH48 6期生
 1994/04/16山東省棗莊市生まれ
 
)が母親のように彼女をいたわるという進撃までついている。ミルクは4歳年上なだけだが。

このシングル曲で、母の日も終わるし、第四回総選挙が始まるし、運営がいったいどうしたいのか謎。

北京BEJ48チームEの筋金入りコメディアン(陳姣荷)とチームJ張懷瑾の百合デュエット『如果的事(もしものこと)』

2017/05/13(土)に北京BEJ48星夢劇院で行われた2つの生誕祭(メンバーの誕生日記念公演)から、特別曲をご紹介。

午後公演はチームE シャオレンレン(陳姣荷 Chén Jiāo Hé( チェン・チャオホー) あだ名: シャオレンレン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1995/04/20北京生まれ
 
)の生誕祭で、夜公演はチームJ 張懷瑾 Zhāng Huái Jǐn( チャン・ファイチン) BEJ48 Team J
 BEJ48 1期生
 1997/05/11遼寧省生まれ
 
(チャン・ファイチン)の生誕祭だったが、サプライズで午後公演の特別曲に、張懷瑾 Zhāng Huái Jǐn( チャン・ファイチン) BEJ48 Team J
 BEJ48 1期生
 1997/05/11遼寧省生まれ
 
(チャン・ファイチン)が現れた。

それもデュエット曲『如果的事(もしものこと)』。オリジナルも2人の女性歌手、范瑋琪(ファン・ウェイチー)、アンジェラ・チャン(張韶涵)のデュエット。

北京BEJ48チームE シャオレンレン(陳姣荷 Chén Jiāo Hé( チェン・チャオホー) あだ名: シャオレンレン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1995/04/20北京生まれ
 
)チームJ 張懷瑾 Zhāng Huái Jǐn( チャン・ファイチン) BEJ48 Team J
 BEJ48 1期生
 1997/05/11遼寧省生まれ
 
(チャン・ファイチン)『如果的事(もしものこと)』

女性アイドルグループで、妄想の中で百合カップリングを作って楽しんでいるファンには、たまらない特別曲だったかもしれない。

ただし。

シャオレンレン(陳姣荷 Chén Jiāo Hé( チェン・チャオホー) あだ名: シャオレンレン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1995/04/20北京生まれ
 
)の本領は、コメディアンとしての演技にある。同じ日のこちらの特別コーナー。

彼女がコメディーを演じる時のすごいところは、恥ずかしくなって自分で笑うことがない点。中国語が聴き取れなくても、彼女のコメディアンとしての演技が、ものすごく堂に入っていることが分かる。

ふだんのこういう彼女を知っているから、先ほどのデュエットの落差が楽しめるという、北京BEJ48の面白さ。

そしてそのシャオレンレン(陳姣荷 Chén Jiāo Hé( チェン・チャオホー) あだ名: シャオレンレン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1995/04/20北京生まれ
 
)とデュエットしたチームJの張懷瑾 Zhāng Huái Jǐn( チャン・ファイチン) BEJ48 Team J
 BEJ48 1期生
 1997/05/11遼寧省生まれ
 
は、同じ日の夜公演の自身の生誕祭で、大塚愛『プラネタリウム』中国語版を歌った。

生でピアノを弾いているのは、大学で声楽を学んでいるルールー(黃恩茹 Huáng En Rú( フアン・ウンルー) あだ名: ルールー BEJ48 Team J
 BEJ48 1期生
 1997/05/05浙江省生まれ
 
)。先日の生誕祭で素晴らしい歌声を聞かせてくれた。

筆者は大塚愛が、台北のコンサートで中国語版の『プラネタリウム』を披露して、現地ファンから喝采を浴びていたことを知らなかった。

大塚愛自身は、サビの部分は日本語で歌ったらしく、それを中国語にしたのは現地ファン。この張懷瑾 Zhāng Huái Jǐn( チャン・ファイチン) BEJ48 Team J
 BEJ48 1期生
 1997/05/11遼寧省生まれ
 
の歌っているバージョンも、現地ファンの中国語訳と思われる。

以上、ずっとフォローしている筆者としては、意外性があって面白い北京BEJ48の生誕祭特別コーナーのご紹介でした。

北京BEJ48チームJ ルールー(黃恩茹)生誕祭特別曲の異常に素晴らしいソプラノ独唱と『ビューティー・アンド・ザ・ビースト』デュエット

北京BEJ48チームJ、ルールー(黃恩茹 Huáng En Rú( フアン・ウンルー) あだ名: ルールー BEJ48 Team J
 BEJ48 1期生
 1997/05/05浙江省生まれ
 
)生誕祭が昨日2017/05/06行われたが、特別コーナーの彼女のパフォーマンスが異常に素晴らしかったのでご紹介。

ソプラノのソロでアレクサンドル・アリャービエフ作曲『ナイチンゲール』(1825年作曲)、同じチームJのハオハオ(任玥霖 Rèn Yuè Lín( レン・ユエリン) あだ名: ハオハオ BEJ48 Team J
 BEJ48 1期生
 2001/10/23湖南省生まれ
 
)とのデュエットでディズニー『美女と野獣』より『ビューティー・アンド・ザ・ビースト』。

『ナイチンゲール』の方は、彼女が芸術科大学の入学試験で歌った曲。今は声楽専攻とのこと。

もちろんソロのソプラノ歌手としてのレベルはそれほど高くないけれど、48系アイドルグループのメンバーが才色兼備で、これだけ歌えれば120点というくらい素晴らしい。

そして意外だったのが、ハオハオ(任玥霖 Rèn Yuè Lín( レン・ユエリン) あだ名: ハオハオ BEJ48 Team J
 BEJ48 1期生
 2001/10/23湖南省生まれ
 
)とのデュエットのレベルの高さ。こちらはさらに素晴らしいパフォーマンス。ルールー(黃恩茹 Huáng En Rú( フアン・ウンルー) あだ名: ルールー BEJ48 Team J
 BEJ48 1期生
 1997/05/05浙江省生まれ
 
)もハオハオ(任玥霖 Rèn Yuè Lín( レン・ユエリン) あだ名: ハオハオ BEJ48 Team J
 BEJ48 1期生
 2001/10/23湖南省生まれ
 
)も、ハーモニーの部分の主旋律も和声もともに歌いこなしている。

フェイクの部分はむしろハオハオ(任玥霖 Rèn Yuè Lín( レン・ユエリン) あだ名: ハオハオ BEJ48 Team J
 BEJ48 1期生
 2001/10/23湖南省生まれ
 
)の方が良い。たぶんクラシック声楽専攻のルールー(黃恩茹 Huáng En Rú( フアン・ウンルー) あだ名: ルールー BEJ48 Team J
 BEJ48 1期生
 1997/05/05浙江省生まれ
 
)よりも、ポップスを歌い慣れているんだろうと思う。

北京BEJ48チームJに、こんなに素晴らしい歌姫が2人もいるとは、完全にノーマークだった。

こういう掘り出し物の才能がいるので、SNH48グループのフォローはやめられない。