SNH48初の抽選制チケット販売公演2017/02/24(金)の結果は?

少し遅くなったが、ついにSNH48公演チケットも抽選制度がテスト的に始まり、その最初の公演が2017/02/24、昨日のチームHIIのベスト公演『十八の輝く瞬間』だった、というニュース。

抽選制度の詳細はSNH48公式サイトのこちらのページで読める。

日本語試訳しておく。

1. 公演チケット販売開始後、購入資格があるのは実名認証を受けている全ユーザ。

2.一種類の席しか抽選に参加できない。VIP席の抽選に参加すると、普通席の抽選には参加できないなど。

3.チケット販売開始24時間以内なら、抽選参加を取り消しできる。だたし、いったん取り消したら再度参加はできないが、同じ公演の他の種類の席の抽選になら参加できる。

4.チケット販売開始24時間たった後、1時間以内に抽選は完了し、公式サイトのオンラインチケット・ショップのマイページで結果を確認できる。

5.当選したユーザはチケットを購入する資格を得て、48時間以内に支払いを完了する必要がある。

6.当選したが48時間以内に支払いを完了しなかったユーザは、ファンクラブ・ポイントから800ポイントを差し引かれる。

残高が800ポイント未満の場合は、不足部分をマイナスポイントし、かつブラックリスト入りし、3か月以内のすべての公演のチケット購入が禁止される。

残高のポイントがあっても、当選して支払いをしない回数が累計3回になると、同様にブラックリスト入りし、3か月以内のすべての公演のチケット購入が禁止される。

7.抽選完了後、余りのチケットがある場合は、公式サイトで抽選形式ではなく、引き続き販売される。

8.超級VIPのオークション販売のグッズ、チケットに抽選は採用しない。

で、初回の抽選形式のテスト、SNH48チームHII公演の結果はどうだったかというと、空席があったらしい。おそらく金曜日の夜ということもあるだろう。

抽選形式でなくても、上海SNH48公演はすべて実名制になっており、オンラインでチケットを購入して、当日行けなくなればその分は空席になるので、同じこと。

(たぶん通常公演のキャンセル待ち販売はなかったと思う。もし間違っていれば訂正をお願い致します)

次回の抽選形式テスト公演は、またまたチームHIIで、また金曜日の2017/03/03。ただ「2016年度星夢劇院MVP発表」公演で、他のチームのメンバーが登場すると思われるので、空席は少なくなるかも。

ただ、現地ファンのうち、上海から離れた場所のファンにとっては、まだAKB48のような遠方枠がないので、サービスダウンになるらしい。

また、抽選で当選した観客なので、客席からのコールが少なかったとのこと。

それでも抽選制でないは、ようやく「本部」上海SNH48で始まったところ。テストではなく本格導入されるのか、ちょっとだけ注目。

SNH48が上海メディアグループと中国移動提携でスマホアプリ「BesTV」に専門チャンネル開設

2016/12/21(水)にSNH48チームHIIが全員で広州まで行って何をしていたのだろうと思ったら、かなり重要な営業のお仕事に出演していたらしい。

上海東方衛星テレビの親会社、上海メディアグループ(SMG)のインターネットテレビ事業「BesTV(百通視)」と、携帯電話会社の中国移動が提携して、主にスマホ向け「BesTV」アプリにSNH48コンテンツ専門チャンネルを開設するという発表イベント。

BesTV事業は2005年3月から上海メディアグループが中国で初めて、広電局(つまりは中国の言論規制当局)から営業許可を受けたインターネットテレビ事業とのこと。

セットトップボックスをテレビに接続して、インターネット経由で配信されるコンテンツを視聴できるというサービス。

ただ、中国でインターネットテレビ事業といえば「楽視 LeTV」なので、たぶん「BesTV」は「LeTV」との競争に完敗したと思われる。その理由は「LeTV」がセットトップボックスだけでなく、コンテンツとセットにすることで大画面のハイビジョンテレビを安価に販売したことだろう。

その後「LeTV」が独自ブランドのスマートフォン販売や、自動運転自動車にまで手を広げているのはご承知のとおり。

上海メディアグループの「BesTV」は、以前から付き合いのある地元のSNH48を新コンテンツとして、専門チャンネルを新たに開設することで、スマホ向けのアプリ「BesTV」をテコ入れしたいということだろうか。

スマホアプリ「BesTV」をインストールしてみると、下図のようにすでにSNH48コーナーが出来ている。

上海メディアグループからそれだけコンテンツとして評価されているということで、2年前に比べると上海メディアグループのSNH48に対する評価は格段に高まっているのは確か。

一方「LeTV」の方も、SNH48劇場公演をオンライン生放送開始時から、騰訊視頻、ビリビリ動画、斗魚などとともに生放送している。

ここに中国語も話せない外国の女性アイドルグループが入り込むスキがあるとは全く思えない。

SNH48チームHIIベスト公演『18の輝く瞬間』初日から3日連続で六期生ドリーム(王金銘)が回転技披露

劇場で地道にがんばっている六期生メンバーも応援したい。

ということでSNH48チームHIIが2016/12/16(金)に初日を迎えたベスト公演『18の輝く瞬間』から、ユニット曲『Glory days』で3日連続アクロバットを見せてくれた、六期生ドリーム(王金銘 Wáng Jīn Míng ワン・チンミン あだ名: ドリーム SNH48 Team HII
 SNH48 6期生
 1996/07/18遼寧省生まれ
)をご紹介。

この『Glory days』のSNH48チームHIIオリジナルメンバーは、センターがナナコ(張鑫)、ユーちゃん(劉佩鑫 Liú Pèi Xīn リュウ・ペイシン あだ名: ユーちゃん SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/01/11遼寧省生まれ
)、ルーシー(王璐 Wáng Lù ワン・ルー あだ名: ルーシー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/05/20河南省生まれ
)。いずれもSNH48三期生。

最後のアウトロで、いつも側方倒立回転を見せてくれていたのは、元チームHIIキャプテンのルーシー(王璐 Wáng Lù ワン・ルー あだ名: ルーシー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/05/20河南省生まれ
)だった。

でもご承知のように彼女は退団してしまったので、『Glory days』で誰がルーシー(王璐 Wáng Lù ワン・ルー あだ名: ルーシー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/05/20河南省生まれ
)の回転技を受け継ぐか、ファンが注目していた。それをやってくれたのが、意外にも六期生ドリーム(王金銘 Wáng Jīn Míng ワン・チンミン あだ名: ドリーム SNH48 Team HII
 SNH48 6期生
 1996/07/18遼寧省生まれ
)だったということ。

しかも初日、二日目、三日目とすべて違う倒立回転を見せてくれた。

↓初日は前方倒立回転

続きを読む…

SNH48、北京BEJ48全曲オリジナル新公演を一気に3公演発表

SNH48チームHII、XII、北京BEJ48チームEの全曲オリジナル新公演が3つ一度に発表された。
明らかに2016/12/10(土)AKSが渡辺麻友を連れて上海で中国新展開を発表する前日に合わせている。

「中国”智”造」は「中国制造 Made In China」と同じ発音のダジャレ。中国の「知恵」で制作した100%オリジナル三公演を発表!という意味。

「2016年初めからオリジナル戦略を始動して約一年の努力を経て、SNH48グループは音楽とダンスで既定の構成にもとづいてすでにオリジナル公演を実現し、劇場公演など基礎になるコンテンツでは100%メイド・イン・チャイナを実現しています。SNH48グループは国民的アイドルグループを作り出し、最後には日韓を超えるための道のりを、ますます良く歩んでいきます」

ものすごくぶち上げているように見えて、じつはかなり気をつかった文章。

「既定布局」はSNH48公演の構成が、AKB48を引き継いでいることを素直に認めている。

また「最终超越日韩的道路上越走越好」も「すでに日韓を超えた」とは言っていない。「最終的には日韓を超える」けどまだ超えておらず、その道をよりよく歩んでいきます、ということ。

いま中国当局は韓国タレントのテレビ出演を規制していて、韓流ファンの不満がくすぶっているので、SNH48運営は彼らを怒らせるわけにはいかない。

またその結果日本文化は、映画『君の名は。』の大ヒットなどで、相対的に受け入れられやすくなっており、現地のAKB48ファンも含め、日本ファンを怒らせることもできない。

なので「AKB48の公演構成を引き継ぎ、まだ日韓の水準を超えていませんが、最後には追い越すぞという気持ちで、全曲オリジナル公演を3つ作りました!」という、中国企業にしてはかなりひかえめな文章。

では、各公演の中身を見てみよう。
続きを読む…

退団が決っているSNH48三期生チームHIIドゥードゥー(陳怡馨)が重度の抑うつ状態らしく

すでに海外留学のため退団が決まっているSNH48三期生チームHIIドゥードゥー(陳怡馨 Chén Yí Xīn チェン・イーシン あだ名: ドゥードゥー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/01/13福建省生まれ
)だが、「重度の抑うつ状態」の診断を受けていたらしい。

おそらく本人が中国ツイッター(新浪微博)にツイートして、すぐに削除したので、画像だけが残っている。

「重度の抑うつ状態(重度忧郁症状)」なので、まだうつ病ではないけれど、放置すればうつ病に移行しやすい状態。

少し前に、SNH48五期生から広州GNZ48チームGに移籍した、ダーダー(劉筱筱 Liú Xiǎo Xiǎo リョウ・シャオシャオ あだ名: ダーダー GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 2000/11/01雲南省生まれ
)も、まだ16歳なのに同じく「重度の抑うつ状態」の診断を受けていた。彼女の場合は、アイドルの仕事と学業の両立が、かなりの精神的負担だと思われる。

本当は抑うつ状態であれば、長期の休養を取って、薬を飲まずに治すのがいちばんいいのだが、都市生活を送っているふつうの人たちにそんな余裕はない。

ドゥードゥー(陳怡馨 Chén Yí Xīn チェン・イーシン あだ名: ドゥードゥー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/01/13福建省生まれ
)も、退団してすぐに留学準備があるし、海外生活が始まるということで、長い休養をとっているヒマなどないことは明らか。

上図の診断書をよく見てみると、処方箋でマルがついているのは12番の「奥沙西泮」、つまり「オキサゼパム」。(どうでもいいけど、保険適用外なのか)

日本では販売されていないが、ベンゾジアゼピン系の安定剤なので、日本でメジャーなところで言えば、デパス、ソラナックス、メイラックスなどと同じ

彼女が2016/11/18 02:27のツイートで「11時に安眠薬を一粒飲んで、眠れない。一時に安眠薬を一粒飲んでも、まだ眠れない。あきらめた、日の出まで待とう」と、下図のように書いていたが、このときからもうベンゾジアゼピンを安眠薬として処方されていたのかもしれない。

ベンゾジアゼピンは長期服用すると、やめるときの離脱症状が重くなるので、実質やめられなくなるんですよね。なので、退団すれば、プレッシャーはかなり低くなるだろうから、早めに薬なしで生活できるように願っています。