上海SNH48チームSIIメンバー6名が武漢湖北劇院で1時間半のライブ、次回は成都

上海SNH48チームSIIメンバーが、武漢の湖北劇院で2017/08/19現地時間20:00から1時間半強のライブを行った。

ふつうに考えてSNH48トップメンバーが、武漢でどれくらい集客できるか、マーケティングの目的もあったんだろう。

その模様は咪咕音楽のオンライン生中継されていたようで、録画はこちら。

客席のMIX、コールは完全にミュートされている。

上のPR画像にあるように、チケット価格は80/100/150/180人民元(約1,300円~3,000円)。中国のチケット販売サイトで事前発売されていた。

参加メンバーは、PR画像の後列左から、二期生チュンチュン(袁雨楨 Yuán Yǔ Zhēn( ユェン・ユーチェン) あだ名: チュンチュン SNH48 Team SII
 SNH48 2期生
 1998/01/10湖南省常徳市生まれ
)、一期生CC(徐晨辰 Xú Chén Chén( シュー・チェンチェン) あだ名: CC SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1990/06/20江蘇省南京市生まれ
)、一期生チェンスー(陳思 Chén Sī( チェン・スー) あだ名: チェンスー SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1991/09/14湖南省岳陽市生まれ
)、前列左から、一期生シャオアイ(陳觀慧 Chén Guān Huì( チェン・グァンフェイ) あだ名: シャオアイ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/08/28広東省湛江市生まれ
)、一期生momo(莫寒 Mò Hán( モー・ハン) あだ名: momo SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1992/01/07貴州省遵義市生まれ
)、一期生マオマオ(李宇琪 Lǐ Yǔ Qí( リ・ユーチー) あだ名: マオマオ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/26陝西省西安市生まれ
)。

湖北劇院は2001年竣工、キャパは1,400席の劇場。クラシック、演劇、ポップスのコンサートなどが上演されている模様。

「咪咕音楽ライブ」というのは、音楽配信サービス大手の「咪咕 MIGU」がシリーズで展開しているコンサートのようで、クラシック、ポップス含め、さまざまなアーティストが全国各地のホールで上演し、それを咪咕音楽がオンラインでも配信するというIPビジネス。

生放送画面に「CCTV集成播控」とあるのは、中国ウィキペディア(百度百科)で調べる限り、ブロードバンドテレビ(IPTV)の放送システムとのこと。

各種コンテンツプロバイダが提供する映像コンテンツを中央のIPTVプラットフォームが集約して、コンテンツ管理、版権管理、ユーザ管理まですべてを行うシステムのことらしい。

中国にあるIPTV集成播控はCCTVが運営しているものだけではなく、各地の衛生テレビ局運営会社(たとえば湖南衛星テレビ、上海東方衛星テレビなど)が運営しているものもあるようで、CCTVがあらゆるIPTVコンテンツを集中管理しているわけではないようだ。

それはどうでもいいとして、今回のSNH48チームSIIメンバー6人のライブは、全曲SNH48オリジナル曲、AKB48楽曲は一曲もない。

一期生、二期生の実力のあるメンバーであれば、トークコーナー(いわゆるMCコーナー)も含めてだが、1時間半強の地方ライブがちゃんと成立するだけのオリジナル楽曲はすでにそろっているということ。

M01. 第48区(全曲オリジナル公演『第48区』より)
M02. MUTE(全曲オリジナル公演『第48区』より)
トークコーナー(MCコーナー)
M03. 好友創可貼(友だちばんそうこう)(全曲オリジナル公演『心の旅程』より)
M04. 降落傘(落下傘)(全曲オリジナル公演『心の旅程』より)
M05. 新世界(全曲オリジナル公演『心の旅程』より)
M06. 下一站是你(次の駅はあなた)(全曲オリジナル公演『心の旅程』より)
M07. 心の旅程(全曲オリジナル公演『心の旅程』より)
M08. 小宇宙(全曲オリジナル公演『心の旅程』より)
トークコーナー
M09. 寒夜(全曲オリジナル公演『第48区』より)
M11. 愛未央(尽きせぬ愛)(全曲オリジナル公演『第48区』より)
M12. Go Away(全曲オリジナル公演『第48区』より)
M13. Good Time(全曲オリジナル公演『第48区』より)
M14. Mad World(全曲オリジナル公演『第48区』より)
M15. 霊魂使者(全曲オリジナル公演『第48区』より)
トークコーナー
M16. 紐約夢(ニューヨークの夢)(全曲オリジナル公演『心の旅程』より)
M17. 我的舞台(私の舞台)(全曲オリジナル公演『心の旅程』より)

さすがチームSIIメンバー、パフォーマンスやMCも安定していて安心して観ていられる。このメンバーがそれぞれソロをとって一曲踊っているのを観ると、感慨深いものがある。『Mad World』もこんなに早くコンサートの単独曲として上演できるとは思わなかった。素晴らしい。

来月は成都ということで、これからSNH48グループが姉妹グループを展開したい内陸部のうち、重慶CKG48を除く都市への展開で、順当なところ。

上海SNH48一期生チェンスー(陳思)中国中央電視台CCTV6映画チャンネル『国片大首映』2017/07/29放送分にゲスト出演

上海SNH48一期生チームSIIチェンスー(陳思 Chén Sī( チェン・スー) あだ名: チェンスー SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1991/09/14湖南省岳陽市生まれ
)が久しぶり(?)のテレビ出演。中国中央電視台CCTV6映画チャンネルの中国国産映画PR番組『国片大首映』への出演。

「片」は中国語で「~映画」の意味。「恐怖片」だと恐怖映画など。「国片」は国産映画の意味になる。「大首映」はロードショーの意味。

この番組『国片大首映』は2017/07/22放送開始されたばかりで、チェンスー(陳思 Chén Sī( チェン・スー) あだ名: チェンスー SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1991/09/14湖南省岳陽市生まれ
)出演は2017/07/29放送分。

この放送で2017/07/27公開、呉京が監督・脚本・主演の軍事アクション映画『戦狼2 Wold Warriors II』が紹介されたが、呉京のファンとしてチェンスー(陳思 Chén Sī( チェン・スー) あだ名: チェンスー SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1991/09/14湖南省岳陽市生まれ
)が登場。この映画についてのクイズ回答者になっている。

どうやらチェンスー(陳思 Chén Sī( チェン・スー) あだ名: チェンスー SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1991/09/14湖南省岳陽市生まれ
)自らオーディションに参加して取ってきた仕事らしい。SNH48グループの今年の第四回総選挙で、彼女は去年の38位から66位圏外に落ちている。第一回から少しずつ順位を下げているので、運営会社任せではなく、自分で仕事を取ってくる必要があるということだろうか?

彼女はSNH48結成当初、さまざまなテレビ番組に出演してヌンチャクを披露し、SNH48の知名度を上げる開拓者の役割を果たしていた。

また、日本の富山県にある某工作機械メーカーの社長がファンということで、同社がスポンサーになったAKB48楽曲『ギンガムチェック』のMVではセンターをつとめていた。

だが、最近はなかなか活動の幅を広げるのは難しいようだ。一期生メンバーの中でも競争は厳しいということだろう。

SNH48ネタ:握手会でのメンバー待遇格差、男性グループN2M関連ツイート

SNH48第三回リクエストアワー関連で、中国2ちゃんねるで拾ったネタをご紹介。

まず握手会でハッキリしたメンバー待遇格差(笑)。

今日2017/01/08(日)はSNH48第三回リクエストアワー感謝握手会が開催されたが、運営の公式アプリではなく「一直播」というアプリで握手会中に生放送をし、タレントマネジメント責任者の叶氏に罵られる、四期生炭酸(張丹三 Zhāng Dān Sān( チャン・ダンサン) あだ名: 炭酸 SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1995/04/28湖北省武漢市生まれ
)の動画をどうぞ。

ポイントは以下のとおり。

・注意するというより罵っている。日本なら完全にパワハラ。叶氏の素質の低さについては、以前から現地ファンの間で格好のディスりネタになっている

(メンバーは運営会社に雇用されているわけではないので、確かに叶氏の部下でも何でもないただのコマ、タレントなので罵られて当然という考え方もあるが)

・一期生ワンワン(邱欣怡 Qiū Xīn Yí( チョウ・シンイー) あだ名: ワンワン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1997/01/11台北市生まれ
)も同じアプリ「一直播」を使って握手会中に生放送し、10分たたずにスタッフに注意されたが、言い返してそのまま生放送を続けた。(ワンワン(邱欣怡 Qiū Xīn Yí( チョウ・シンイー) あだ名: ワンワン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1997/01/11台北市生まれ
)の気の強さは一級品)

・炭酸(張丹三 Zhāng Dān Sān( チャン・ダンサン) あだ名: 炭酸 SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1995/04/28湖北省武漢市生まれ
)の他にも、SNH48五期生で広州GNZ48チームG移籍組のキツネ(高源婧 Gāo Yuán Jìng( カオ・ユェンチン) あだ名: キツネちゃん GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/07/06山東省生まれ
)が、同じアプリ「一直播」で生放送していて、注意されたのでやめた。

・ルーリー(曾艷芬 Zēng Yàn Fēn( ツォン・イェンフェン) あだ名: ルーリー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1991/01/30広東省韶関市生まれ
)は公式アプリ「Pocket48」で生放送したにもかかわらず、スタッフに注意されてやめた。

なお握手会中に公式アプリ「Pocket48」で生放送していたメンバーは他に複数いたので、なぜルーリー(曾艷芬 Zēng Yàn Fēn( ツォン・イェンフェン) あだ名: ルーリー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1991/01/30広東省韶関市生まれ
)だけが注意されたのか不明。

現地ファンの間では、出所不明のウワサを「廁所消息(トイレの情報)」と呼んでいるが、以上はすべてトイレの情報(笑)。

次に、SNH48第三回リクエストアワーで発表された男性グループ設立について、やっぱり何人かのメンバーが中国ツイッター(新浪微博)の公式アカウントでツイートした。

まずSNH48一期生チェンスー(陳思 Chén Sī( チェン・スー) あだ名: チェンスー SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1991/09/14湖南省岳陽市生まれ
)。

続きを読む…

SNH48『週刊少女』第二季、日本ロケは1日目江ノ島、2日目秋葉原

いまSNH48メンバーが、中国の弾幕コメント動画サイト最大手「AcFun」のネットバラエティー番組『週刊少女』の撮影で来日しているが、一日目は江ノ島、二日目は例によって秋葉原だったらしい。

↓腰越ラッコ公園。江ノ島電鉄の腰越駅の近く。SNH48チームNII二期生・愛ちゃん(易嘉愛 Yì Jiā Ài( イー・チャーアイ) あだ名: あいちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/06/07広東省深セン市生まれ


続きを読む…

SNH48二期生ななし・愛ちゃん『週刊少女』第二季ロケで大阪府泉佐野市に宿泊中?

どうやら中国の弾幕コメント動画サイト最大手「AcFun」の企画、『週刊少女』第二季の撮影がすでに始まっているらしい。

このネットバラエティー番組、もともと二期生チームNIIキャプテン・ななし(馮薪朵 Féng Xīn Duǒ( フォン・シントゥオ) あだ名: ななし SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/01/24遼寧省大連市生まれ
)の発案で始まったようなものだが、第二季の最初も、ななし(馮薪朵 Féng Xīn Duǒ( フォン・シントゥオ) あだ名: ななし SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/01/24遼寧省大連市生まれ
)と同じく二期生チームNII愛ちゃん(易嘉愛 Yì Jiā Ài( イー・チャーアイ) あだ名: あいちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/06/07広東省深セン市生まれ
)がロケ地にすでに飛んでいるとのこと。

一期生チームSIIからはBちゃん(孔肖吟 Kǒng Xiào Yín( コン・シャオイン) あだ名: Bちゃん SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1992/04/11遼寧省瀋陽市生まれ
)、チェンスー(陳思 Chén Sī( チェン・スー) あだ名: チェンスー SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1991/09/14湖南省岳陽市生まれ
)も参加するらしい。

そのロケ地とは、何と大阪!!撮影期間は10~15日間におよぶとのこと。

この中国ツイッター(新浪微博)の『週刊少女』公式アカウントの宿の写真から、現地ファンがすでに宿泊先が、大阪府泉佐野市上之郷1820-1(元塩谷邸)「パイン ヴィラ(Pine Villa)」だと突き止めている。

パイン ヴィラ(Pine Villa) 大阪府泉佐野市上之郷1820-1(元塩谷邸)

さて、今回の日本ロケでは日本のAKB48姉妹グループとのからみはあるのだろうか?