北京BEJ48チームBが2017/04/14開始のベスト公演は『女神』『目撃者』『手つな』『僕の太陽』『夢死な』と相当ぜいたく

北京BEJ48チームBが半年間上演していた、上海SNH48チームSIIお下がり公演『心の旅程』が2017/04/09(日)に千秋楽を迎え、その後の公演は何になるんだろうと思っていたら、やはりいままでのパターンどおり、ベスト曲公演『十八の輝く瞬間』になった。

(中国語にはもちろん「千秋楽」なんて単語はありません)

で、てっきり北京BEJ48チームBが今まで上演したことがあるAKB48『シアターの女神』公演と、上海SNH48全曲オリジナル公演『心の旅程』からのベスト曲だろうと思ったら、何と、過去にSNH48グループが上演したいろいろな公演からのベスト公演。

つまり、SNH48姉妹グループで、まだAKB48楽曲の中国語版が聴けることになった。

北京BEJ48チームB記念公演『十八の輝く瞬間』は2017/04/14(金)が初日。

セットリスト(曲目)は以下のとおり。

全員曲:

M01.勇気のハンマー(AKB48『シアターの女神』公演より)

そもそも『シアターの女神』公演は、上海SNH48チームNIIがデビュー公演として2013/11/02~2014/04/19の長期間に渡って上演した。前座曲『ロマンスかくれんぼ』を、2016/03/01に大やけどを負ってまだ休養中のエンジェル(唐安琪 Táng Ān Qí タン・アンチー あだ名: エンジェル SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/07湖北省生まれ
)が歌っていた。

それをさらに上海SNH48チームXIIがデビュー公演として2015/12/04~2016/12/15の長期間上演し、さらに北京BEJ48、広州GNZ48でも上演された。SNH48姉妹グループを通して、上演回数がもっとも多い公演。

M02.隕石の確率(AKB48『シアターの女神』公演より)
M03.摩天楼の距離(AKB48『目撃者』公演より)

『目撃者』公演は中国では政治的な理由から『前人未到(前所未有)』と改名され、1曲目の『目撃者』をカットした上で、上海SNH48チームNIIが2014/10/11~2015/04/18まで上演していた。

M04.重力シンパシー(AKB48チームサプライズ シングル曲)

『重力シンパシー』は上海SNH48チームSIIがよくパフォーマンスしていた楽曲だが、現地ファンの人気も高いようだ。

ユニット曲:

M05.Glory days(SKE48『手をつなぎながら』公演より)

SKE48『手をつなぎながら』公演は、上海SNH48チームHIIが2015/05/29~2016/03/20まで上演しており、2017/04/01(土)千秋楽となる同チームの『十八の輝く瞬間』公演にも、何曲か取り上げられている。

この公演では現地ファンとしては、『Innocence』と『ロマンスロケット』で盛り上がって、『遠くにいても』で泣くという流れ。

ただ、この『Glory days』を上海SNH48チームHIIが上演したときは、今は退団しているルーシー(王璐 Wáng Lù ワン・ルー あだ名: ルーシー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/05/20河南省生まれ
)の片手側転など、アウトロ部分で派手な見せ場があるのがポイント。

北京BEJ48チームBでは、誰かがアクロバティックな振り付けを見せてくれるのだろうか。

M06.キャンディー(AKB48『シアターの女神』公演より)
M07.ヒグラシノコイ(AKB48ひまわり組『僕の太陽』公演より)

『僕の太陽』公演は、上海SNH48チームNIIが2015/04/24~2016/01/10まで上演し、その後広州GNZ48チームNIIIも上演。最近千秋楽を迎えたばかり。

現地ファンにとって『僕の太陽』公演の『BINGO!』はSNH48二期生チームNIIの代名詞のようになっている。

M08.チョコの行方(SKE48『手をつなぎながら』公演より)
M09.Confession(AKB48ひまわり組『夢を死なせるわけにいかない』公演より)

『夢を死なせるわけにいかない』は上海SNH48一期生チームSIIが、デビュー公演『最終ベルが鳴る』、『長い光(恋愛禁止条例)』、『パジャマドライブ』、『RESET』につづく5つめの公演として上演した。

現地では『譲夢想閃耀(夢を輝かせる)』というポジティブなタイトルに変わっている。ダイモン(戴萌 Dài Méng ダイ・モン あだ名: ダイモン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/08上海市生まれ
)、Bちゃん(孔肖吟 Kǒng Xiào Yín コン・シャオイン あだ名: Bちゃん SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1992/04/11遼寧省瀋陽市生まれ
)、マオマオ(李宇琪 Lǐ Yǔ Qí リ・ユーチー あだ名: マオマオ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/26陝西省西安市生まれ
)、CC(徐晨辰 Xú Chén Chén シュー・チェンチェン あだ名: CC SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1990/06/20江蘇省南京市生まれ
)が上海SNH48チームSIIでのオリジナル・メンバーだと思う。

全員曲:

M10.心の旅程(SNH48チームSII全曲オリジナル公演『心の旅程』より)

『心の旅程』はSNH48グループ初の全曲オリジナル公演で上海SNH48チームSIIが上演、広州GNZ48チームG、瀋陽SHY48チームSIIIは今でも上演中。

M11.シアターの女神(AKB48『シアターの女神』公演より)
M12.Pioneer(AKB48『目撃者』公演より)

この『Pioneer』の選曲は、ひたすら盛り上がる曲だからだろう。中国語タイトルは歌詞の「We Are The~」の部分を取って、「We Are The SNH」というタイトルになっていた。今回は「We Are The BEJ」となる。

M13.サヨナラのカナシバリ(AKB48『シアターの女神』公演より)
M14.私の舞台(SNH48チームSII全曲オリジナル公演『心の旅程』より)

この『私の舞台』は全曲オリジナル公演『心の旅程』のラスト曲。

アンコール曲:

M15.愛はファンタジーのよう(愛似Fantasy)(BEJ48オリジナルEPより)
M16.銀河パーティー(BEJ48オリジナルEPより)
M17.ヘビーローテーション(AKB48シングル曲)
M18.陽光協奏曲(BEJ48オリジナルEPより)

アンコール後は、北京BEJ48のオリジナルEP曲が3曲も入っている。

その中に上海SNH48一期生のデビュー曲『ヘビーローテーション』が入っているのは、とても象徴的。中国のSNH48グループにとって『ヘビーローテーション』の中国語カバーは、すべての始まりの曲だからだ。

以上、これはこれで毎回楽しめそうな、北京BEJ48チームB『十八の輝く瞬間』公演の楽曲紹介でした。

SNH48チームXIIシャンシャン(姜杉)謝罪自己紹介MC公演動画

ファンと私的に連絡をとって、宿泊旅行に行って、キスしているチェキを撮って、それがネットに流出したことで劇場外の仕事が半年間停止になった、SNH48五期生チームXIIシャンシャン(姜杉 Jiāng Shān チャン・シャン あだ名: シャンシャン SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1995/10/06河南省生まれ
)。

しつこく取り上げて申し訳ないが、宿泊旅行やキス現場までおさえられていないのに、もっと屈辱的な処分を受けた一期生レンレン(吳哲晗 Wú Zhé Hán ウ・チューハン あだ名: レンレン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1995/08/26浙江省嘉興市生まれ
)や同じく一期生マオマオ(李宇琪 Lǐ Yǔ Qí リ・ユーチー あだ名: マオマオ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/26陝西省西安市生まれ
)と比較して、運営会社の処分が軽すぎる。

あるいは今年2016/08に運営会社から強制退団させられた、五期生ゆにに(申月姣 Shēn Yuè Jiāo シェン・ユェチャオ あだ名: ゆにに SNH48 Team SII
 SNH48 5期生
 1996/09/10河南省生まれ
)と比較しても、処分は明らかに公平さに欠ける。

その不公平な処分は、現在SNH48運営会社でメンバーのマネジメントの責任者である、通称「叶総」におおむね責任を帰すことができるらしい。

SNH48運営会社の劇場外の仕事の選び方や、そうした仕事に参加させるメンバーの選び方が、ある時期から大きく変化したのは、この「叶総」が現場のタレントマネジメントの権限を握ってからというのが「劇場のトイレ情報」らしい。

なのでしばらくの間は、「叶総」に不公平なタレントマネジメントの責任を感じていただくために、ネタが出てきたら、気まぐれにシャンシャン(姜杉 Jiāng Shān チャン・シャン あだ名: シャンシャン SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1995/10/06河南省生まれ
)の動向をお伝えするかもしれない。

要するにシャンシャン(姜杉 Jiāng Shān チャン・シャン あだ名: シャンシャン SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1995/10/06河南省生まれ
)は「叶総」の寵児ということ。

まず、シャンシャン(姜杉 Jiāng Shān チャン・シャン あだ名: シャンシャン SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1995/10/06河南省生まれ
)が2016/11/03の公演MCで涙の謝罪をする前に、すでに収録されていたが、2016/11/04に公開された「KSTAR韓社メディア」のインタビュー映像。

すでにシャンシャン(姜杉 Jiāng Shān チャン・シャン あだ名: シャンシャン SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1995/10/06河南省生まれ
)は運営会社から謝罪するように言われていたに違いなく、ものすごくおびえた表情をしている。

ふつうにインタビューに答えている、同じ五期生チームXIIのユェンユェン(費沁源 Fèi Qìn Yuán フェイ・チンユェン あだ名: ユェンユェン SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 2001/03/20上海市生まれ
)、パパ(洪珮雲 Hóng Pèi Yún ホン・ペイユン あだ名: パパ SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 2001/01/07上海生まれ
)、ハムスター(嚴佼君 Yán Jiǎo Jūn イェン・チャオチュン あだ名: ハムスター(小倉鼠) SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1995/04/29湖北省生まれ
)と、一人だけ全く違うネガティブオーラを出しているシャンシャン(姜杉 Jiāng Shān チャン・シャン あだ名: シャンシャン SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1995/10/06河南省生まれ
)。

マイクをわたされて、たった10秒しか話していないし、自分が参加したSNH48第三回総選挙のシングル『ロマンチック・メロディー(浪漫関係)』の曲名も忘れるほど、心ここにあらずの状況。

SNH48運営会社の「叶総」の責任は、もっと厳しく問われるべき。

そしてシャンシャン(姜杉 Jiāng Shān チャン・シャン あだ名: シャンシャン SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1995/10/06河南省生まれ
)が謝罪した2016/11/03のSNH48チームXII『シアターの女神』公演。

↓チームXII副キャプテンのあきちゃん(劉增艶 Liú Zēng Yàn リョウ・ツォンイェン あだ名: あきちゃん SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1996/08/31四川省生まれ
)、自己紹介MCでシャンシャン(姜杉 Jiāng Shān チャン・シャン あだ名: シャンシャン SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1995/10/06河南省生まれ
)の直前だったがしゃべり出す前にすでに涙を流している。

↓シャンシャン(姜杉 Jiāng Shān チャン・シャン あだ名: シャンシャン SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1995/10/06河南省生まれ
)は当然自己紹介直後にファンからの大きな声援を受けて泣き出して謝罪し、すぐにMCの話題について短く話した。よく聞き取れなかったがノンプレイヤー・キャラクター・ゲームのキャラクターにしたいメンバーは?といった話題だと思う。

シャンシャン(姜杉 Jiāng Shān チャン・シャン あだ名: シャンシャン SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1995/10/06河南省生まれ
)が自己紹介をしたとき、最前列中央のSNH48チームXIIキャプテン・ヨーコ(張怡 Zhāng Yí チャン・イー あだ名: Yoko SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1994/06/22安徽省生まれ
)は後ろを向いて泣いていた。

↓そして二列目の最初、ハムスター(嚴佼君 Yán Jiǎo Jūn イェン・チャオチュン あだ名: ハムスター(小倉鼠) SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1995/04/29湖北省生まれ
)の自己紹介の番になり、後ろでユーユー(潘瑛琪 Pān Yīng Qí パン・インチー あだ名: ユーユー(羽羽) SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1998/09/27上海市生まれ
)が泣いている。

キャプテンのヨーコ(張怡 Zhāng Yí チャン・イー あだ名: Yoko SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1994/06/22安徽省生まれ
)と副キャプテンのあきちゃん(劉增艶 Liú Zēng Yàn リョウ・ツォンイェン あだ名: あきちゃん SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1996/08/31四川省生まれ
)はシャンシャン(姜杉 Jiāng Shān チャン・シャン あだ名: シャンシャン SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1995/10/06河南省生まれ
)を守らなければチームXIIの危機なわけで、中間管理職みたいな役割をさせられて、すべては「叶総」の仕業。

広州GNZ48チームG『シアターの女神』千秋楽の『潮風の招待状』ミニドラマと『私の舞台』PR映像の全日本語試訳

2016/10/06に広州GNZ48チームG『シアターの女神』公演が千秋楽を迎えたが、最後の部分の演出がちょっと感動的だったので、ご紹介。

まず『シアターの女神』公演アンコール前の最後の曲『潮風の招待状』が始まる前に、いきなりナレーションが始まって、以下のような映像が流れた。


あの夏はとっても辛かった。週に二度、毎回4分間しか舞台にあがる時間がなかった。
でもいま思い出すと、毎週8分間だけ輝く時間が、まるで山や海を飛び越えるようだった。

私は一着の衣装。
2016年4月のある日に生まれた。
すごくきれいでしょ。

私はこうして澄みきった声に呼び覚まされて
鏡の中に、若くて可愛い女の子の身につけられているのを見ていた。
サイズはぴったり。

初めて舞台に上がった2016年4月29日のことをまだ覚えてる。
その女性アイドルグループの名前を覚えてる。
GNZ48
その公演の名前を覚えてる。
『シアターの女神』
その曲の名前を覚えてる。
『潮風の招待状』

潮風がくれる透きとおった招待状に
舞台の上の私はひらひらと舞って
潮風にそっと揺られている気持ちだった。

2016年10月6日
この旅があんなに早く終わるなんて思いもしなかった。
その日は『シアターの女神』千秋楽
ということは、その回で公演はおしまい。
『潮風の招待状』という歌はもうこの劇場に響くことはない。
ということは、私はもう舞台に上がるチャンスがないかもしれない。

新し公演が古い公演に代わる。
新しい舞台衣装が古い舞台衣装に代わる。
古い舞台衣装はどんどん
私と同じように衣装部屋のすみっこに積み上げられる。

私は静かに、次に『潮風の招待状』が歌われるチャンスを待つ。

私もどれくらいの時間が経ったか分からない。
私のキラキラしたフリルはだんだんと酸化してもう輝かない。
レースはほこりにまみれてしまった。
縫い目はだんだんと黄ばんでもう純白にはならない。
でももう舞台に上がることはなかった。

私もあのアイドルのことが懐かしい。
もうずっと彼女には会っていない。

歌の中とは違って
彼女はもう変わってしまったのかもしれない。
アイドルがもう一度私を身につけるときには
もうサイズが合わないかもしれない。

ある年のある月のある日
眠っていた私は起こされた。
他の舞台衣装といっしょに衣装部屋から運び出され
大きなトラックに運び込まれた。

そうか、また新しい衣装が劇場に送られてきたんだ。
劇場にはもう場所がないから
私たちはしばらくの間、倉庫に保管される。

倉庫番のおじさんはお酒飲みで
ある日、私をこっそり持ち出して
舞台道具レンタル店へ送り
安い金額で売ってお酒を買った。
続きを読む…

SNH48姉妹グループ北京BEJ48、広州GNZ48公演初日の様子を公式アカウントのツイート写真でご紹介

SNH48の姉妹グループ、北京BEJ48チームB、広州GNZ48チームGがそれぞれ2016/04/29(金)『シアターの女神』公演初日を終えた。

北京BEJ48、広州GNZ48の劇場公演のオンライン生放送は、スマホアプリの「Pocket48」でしか見られないと思っていたのだが、現地ファンがちゃっかり中国の生放送サイトでミラーをしていたので、そちらで拝見した。(他人に頼っていてはダメなので個人的にWindowsのAndroidエミュレータで正常に視聴できるか試してみたい)

以下、北京BEJ48、広州GNZ48、そぞれの中国ツイッター(新浪微博)公式アカウントから写真をご紹介。メンバーの顔と名前を正確に見分ける自信がもはやないので、間違いがあればご指摘下さい。

まず北京BEJ48チームB『シアターの女神』初日の様子から。

↓北京BEJ48チームB『僕たちの紙飛行機』

↓これはチームBではなく、公演終了後のチームEメンバー紹介。司会として阿吉(アージー)が久しぶりに登場していた。

続きを読む…

北京BEJ48、広州GNZ48各チーム初公演『シアターの女神』『パジャマドライブ』『僕の太陽』PR映像まとめ

SNH48姉妹グループ、北京BEJ48のチームB、チームE、広州GNZ48のチームG、チームNIII(そう、なぜかNGT48とダブっているチームNIII)それぞれの初公演のPR映像が少しずつ出てきているので、改めてまとめ。

↓北京BEJ48チームB 初公演『シアターの女神』PR映像

北京BEJ48の映像制作チームはGNZ48よりも情報量の面で良心的な気がする。上のPR映像、メンバー全員の名前のテロップがちゃんと出てくるし、後半は主要メンバー紹介のカットもある。

それに短いPR映像だけれど、「おとぎの国の小人が舞台で輝くアイドルになる」という脚本で映像もそれなりに凝っている。

どうやら上海SNH48チームXIIで活躍していた五期生・胡曉慧 Hú Xiǎo Huì フー・シャオフェイ あだ名: パオツ BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1998/07/26河南省生まれ
(フー・シャオフェイ)、五期生MIMI(陳美君 Chén Měi Jūn チェン・メイチュン あだ名: MIMI BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1997/01/15広東省生まれ
)、六期生ではユーワン(青鈺雯 Qīng Yù Wén チン・ユーウェン あだ名: ユーワン BEJ48 Team B
 SNH48 6期生
 1997/01/18四川省南充市生まれ
)あたりが、運営イチオシのメンバーらしいことが分かる。

カワイイ系よりも、目鼻立ちがはっきりした美人系の方が、北京では運営推しにしやすいということだろうか?


↓北京BEJ48チームE 初公演『パジャマドライブ』PR映像(2016/4/25追加)

チームEは全員六期生。やはりメンバー名がちゃんと出てくる。音楽のカットの仕方がなぜか雑だけれど、スタッフも成長中ということで(汗)。


↓広州GNZ48チームG 初公演『シアターの女神』PR映像

GNZ48チームGバージョンの『シアターの女神』PR映像は機能もご紹介した。こちらGNZ48の運営は、チームGについては完全に五期生レイレイ(謝蕾蕾 Xiè Lěi Lěi シエ・レイレイ あだ名: レイレイ GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/12/01江西省生まれ
)を強力プッシュらしい。上海SNH48チームXIIでの彼女の人気を見ていても、妥当なところ。

北京BEJ48と違って、レイレイ(謝蕾蕾 Xiè Lěi Lěi シエ・レイレイ あだ名: レイレイ GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/12/01江西省生まれ
)もペイペイ(林嘉佩 Lín Jiā Pèi リン・チャーペイ あだ名: ペイペイ GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1998/08/16広東省生まれ
)も、どちらかというと親しみやすいカワイイ系、「となり家の女の子」系。


↓広州GNZ48チームNIII 初公演『僕の太陽』PR映像

チームNIIIは全員六期生。やっぱりGNZ48運営がプッシュしているメンバーはチームNIIIもカワイイ系のような気がする。

以上、北京BEJ48チームB、チームE、広州GNZ48チームG、チームNIIIの4チームの、それぞれの初公演PR映像でした。