SNH48チームX全曲オリジナル公演『ドリーム・フラッグ(夢想的旗幟)』にいちいちツッコミを入れてみる(3)

SNH48チームX初の全曲オリジナル公演『ドリーム・フラッグ(夢想的旗幟)』が2016/10/28初日を迎えた。SNH48グループとしては3つめの全曲オリジナル公演。

引き続き楽曲に好き勝手ツッコミをいれてみる。

(追記:この記事を中国語訳して下さった現地ファンがいた。こちらを参照

アンコール後の3曲、『閃亮加冕』『夢想家』『未来寄語』。

ちなみに筆者の曲解説にいちいちAKB48のディスりが入っているという指摘があるけれど、筆者はAKB48ファンではない。純粋にSNH48フォロワー。

ときどきAKB48について批判的に書くのは当然なので、あらかじめこのブログの右上に「AKB48オタクでない人向きです」と明記していある(笑)。

EN1. 閃亮加冕(きらきらティアラ?)

えらく安っぽいEDMイントロで始まるので、アンコール後にガクッと期待を裏切られる。

Dメジャー。伴奏にあるピロピロピロピロピロピロと上がっていく音が、あちこちに入ってくるのがわずらわしい。『PPAP』のアウトロを思い出すのでやめてほしい(笑)。

Bメロでいきなりサビ。DメジャーからEメジャーへ謎の二度転調。コード進行もきわめて凡庸。きっとこの曲は衣装替え後のメンバーの休憩のための曲なのだろう。

最後に別メロディーが入るけれど、凡庸なEメジャーのコード進行に乗っかっている凡庸なメロディーなので特筆すべきことは何もない。

それからアンコール前の『星座』につづいて、この曲も曲終わりが「X」字型のフォーメーション。ちょっとやり過ぎでウンザリ。

この曲だけ極端にクオリティが下がるので、そうとでも考えるしか理屈が合わない。クレジット情報が手に入ったら、この曲の作曲者の名前は絶対にチェックしたい。
続きを読む…

SNH48チームX全曲オリジナル公演『ドリーム・フラッグ(夢想的旗幟)』にいちいちツッコミを入れてみる(2)

SNH48チームX初の全曲オリジナル公演『ドリーム・フラッグ(夢想的旗幟)』が2016/10/28初日を迎えた。SNH48グループとしては3つめの全曲オリジナル公演。

引き続き楽曲に好き勝手ツッコミをいれてみる。

(追記:この記事を中国語訳して下さった現地ファンがいた。こちらを参照

昨日も書いたけれど、ひとことでいうと、2つめの全曲オリジナル公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』でいったん質・量ともにガクッと落ちたレベルが、『ドリーム・フラッグ(夢想的旗幟)』でいきなり復活したという感じ。

M09. 人魚

炭酸(張丹三 Zhāng Dān Sān( チャン・ダンサン) あだ名: 炭酸 SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1995/04/28湖北省武漢市生まれ
)、桃子(李釗 Lǐ Zhāo( リー・チャオ) あだ名: 桃子 SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1998/05/23湖南省生まれ

テーマが人魚と人間の少女の禁断の恋で、炭酸(張丹三 Zhāng Dān Sān( チャン・ダンサン) あだ名: 炭酸 SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1995/04/28湖北省武漢市生まれ
)と桃子(李釗 Lǐ Zhāo( リー・チャオ) あだ名: 桃子 SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1998/05/23湖南省生まれ
)のカップリングというだけで、ユニット曲として十分成立している。

なのでもう何も言うことはないけれど、デュエット曲としての楽曲のレベルもすごい。

Aマイナーで始まり、Aメロは前半が炭酸、後半桃子のダイアローグで反復なし。Bメロも炭酸、桃子のダイアローグの後、デュエットになり、サビのCメロへ。

CメロはF#マイナーへ三度転調。このCメロで、炭酸と桃子が交代でコーラスになり、しかも歌っている歌詞が少しずつ違うという構成が、鳥肌モノ。

Cメロの最後のD⇒E⇒F#sus4⇒F#という進行も美しい。どこかで聴いたことがあると思ったのは、例えば『愛しさのディフェンス』のサビの最後も、調はGマイナーだがGsus4⇒Gmではなく、Gsus4⇒Gで終わる。

ただ『人魚』では、桃子がメロディーを歌い、炭酸がコーラスで追いかけるという美しすぎる構成。

(ちなみに『愛しさのディフェンス』もサビで三度転調するがEbマイナーからGマイナーへの三度上がる転調。『人魚』は三度下がる転調)

それからこの曲の歌詞、ほとんどの部分が「魚 yu」の母音「v」で脚韻が踏まれている。これは日本語にはマネできない言語上の美しさ。

ツーコーラスめのAメロのダイアローグは、今度は炭酸からではなく桃子から。ツーコーラスめのサビは、普通にGmで終止。

間奏で経過和音のCを通ってから(Bm⇒D⇒C#7⇒C⇒A/D⇒FM7⇒Esus7⇒E7⇒C#7)F#mに戻ってくるところも美しい。

そしてダメ押しのフランス語のナレーション(笑)。最後は炭酸(張丹三 Zhāng Dān Sān( チャン・ダンサン) あだ名: 炭酸 SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1995/04/28湖北省武漢市生まれ
)が人間の少女になるという結末。

ここまでやられるともう何も言えなくなる。
続きを読む…

SNH48チームX全曲オリジナル公演『ドリーム・フラッグ(夢想的旗幟)』にいちいちツッコミを入れてみる(1)

SNH48チームX初の全曲オリジナル公演『ドリーム・フラッグ(夢想的旗幟)』が2016/10/28初日を迎えた。SNH48グループとしては3つめの全曲オリジナル公演。

(追記:この記事を中国語訳して下さった現地ファンがいた。こちらを参照

1つめはSNH48チームSII『心的旅程(心の旅程)』

すでに北京BEJ48チームB、広州GNZ48チームGがお下がり公演として上演中。

2つめはSNH48チームNII『専属派対(僕らだけのパーティー)』

北京BEJ48チームJ、広州GNZ48チームZが上演予定。

そして3つめが今回のSNH48四期生中心のチームXの『夢想的旗幟(ドリーム・フラッグ)』

ひとことで言うと、『心の旅程』よりも楽曲のクオリティが上がっている、ものすごい公演。

初日の2016/10/28(金)はオンライン生放送に曲名も歌詞もまったく字幕がなかった(2日目の今日2016/10/29(土)はちゃんと曲名も字幕も付いていた)。

その代わりに天井の広角レンズのカメラが、舞台前方に新たに設置されて、ダンスのフォーメーションがよく分かるようになった。

上海SNH48星夢劇院の生中継の音質が、北京BEJ48星夢劇院に比べて悪すぎ、せっかくの公演が台無しなのは相変わらず。そろそろ設備の更新が必要かも。

細かいことはどうでもいいとして、例によって楽曲に好き勝手ツッコミを入れたい。

読みたくない方はこの記事全体を飛ばして下さい。

ところで、ダンスのことはまったく分からないけれど、公演後にフェイフェイ(馮曉菲 Féng Xiǎo Fēi( フォン・シャオフェイ) あだ名: フェイフェイ SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1995/10/17河南省開封市生まれ
)がInstagramで「腕が痛い。やっぱりこの公演は運動量が多い ᕕ(ᐛ)ᕗ 明日の生誕祭は実は準備はまだ十分じゃなくて緊張してるし怖い。明日はやっぱり来ないで (▭-▭)✧ すごく怖いよ 腕痛い 脚も痛い 筋肉が痛いって言ってる ⸜( ⌓̈ )⸝ あ~怖い怖い」とつぶやいていたように、やっぱり相当体力をつかう公演らしい。

続きを読む…

SNH48四期生中心のチームX全曲オリジナル公演『夢想的旗幟(ドリーム・フラッグ)』PR映像公開!

上海SNH48四期生中心のチームXの全曲オリジナル公演『夢想的旗幟(ドリーム・フラッグ)』PR映像が公開された。

初日は2016/10/28(金)日本時間20:00。おそらくいつも通りオンライン生放送されるはず。

BGMは公演タイトル曲『夢想的旗幟』。

1980年代風のちょっと懐かしい感じのロックで、なかなかいい線いってる。(48系のアイドルグループがグランジ・オルタナというわけには行かないので、1980年代風なのは当然だけれど)

少なくともSNH48チームNII全曲オリジナル公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』よりは、楽曲面で期待できそう。

これでSNH48グループの全曲オリジナル公演は3公演目になるので、姉妹グループの北京BEJ48、広州GNZ48も、お下がりで上演すれば、完全にAKB48グループ公演の中国語カバーから抜け出せる。

北京BEJ48、広州GNZ48もAKB48お下がり公演からSNH48オリジナル公演へ移行の流れ

北京BEJ48、広州GNZ48も、AKB48公演からオリジナル公演に少しずつ移行していくようだ。

北京BEJ48チームBは、デビュー以来これまでAKB48の『シアターの女神』公演を上演していたが、2016/09/30で最終日の千秋楽。2016/10/02からは、上海SNH48チームSIIの全曲オリジナル公演『心の旅程』を上演し始める。

北京BEJ48のもう一つの六期生のみからなるチームEは、今のところまだAKB48『パジャマドライブ』公演を上演しているが、SNH48でチームNII『専属派対(僕らだけのパーティー)』以外にチームXの全曲オリジナル公演が完成すれば、そのうち全曲オリジナル公演に移行するだろう。

広州GNZ48チームGも、デビュー以来これまでAKB48の『シアターの女神』公演だったが、2016/10/06で最終日の千秋楽となる。

最近では、上海SNH48、北京BEJ48、広州GNZ48とも、劇場以外のイベントやライブでは、前半はほとんどオリジナル曲になっている。

楽曲面でも少しずつ「元」本部AKB48から離陸しつつある。

そして、SNH48二期生のキクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī( チュー・チンイー) あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
)やカチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng( リー・イートン) あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)など、単独で活躍できるメンバーが全国放送のテレビ局番組に順調に切り込むことで、北京BEJ48も中国中央テレビへの出演のチャンスも増えている。

「大型女性アイドルグループ」という市場は、中学生以下を中心に、中国ではまだまだ開拓余地のあるブルーオーシャン市場と思われるが、SNH48が地方都市に姉妹グループを結成していくことで、その市場で主要な地位を占めることになるかもしれない。

もう日本のAKB48が中国市場に参入する余地はないと断言していいだろう。