SNH48チームX全曲オリジナル公演『ドリーム・フラッグ(夢想的旗幟)』にいちいちツッコミを入れてみる(1)

SNH48チームX初の全曲オリジナル公演『ドリーム・フラッグ(夢想的旗幟)』が2016/10/28初日を迎えた。SNH48グループとしては3つめの全曲オリジナル公演。

(追記:この記事を中国語訳して下さった現地ファンがいた。こちらを参照

1つめはSNH48チームSII『心的旅程(心の旅程)』

すでに北京BEJ48チームB、広州GNZ48チームGがお下がり公演として上演中。

2つめはSNH48チームNII『専属派対(僕らだけのパーティー)』

北京BEJ48チームJ、広州GNZ48チームZが上演予定。

そして3つめが今回のSNH48四期生中心のチームXの『夢想的旗幟(ドリーム・フラッグ)』

ひとことで言うと、『心の旅程』よりも楽曲のクオリティが上がっている、ものすごい公演。

初日の2016/10/28(金)はオンライン生放送に曲名も歌詞もまったく字幕がなかった(2日目の今日2016/10/29(土)はちゃんと曲名も字幕も付いていた)。

その代わりに天井の広角レンズのカメラが、舞台前方に新たに設置されて、ダンスのフォーメーションがよく分かるようになった。

上海SNH48星夢劇院の生中継の音質が、北京BEJ48星夢劇院に比べて悪すぎ、せっかくの公演が台無しなのは相変わらず。そろそろ設備の更新が必要かも。

細かいことはどうでもいいとして、例によって楽曲に好き勝手ツッコミを入れたい。

読みたくない方はこの記事全体を飛ばして下さい。

ところで、ダンスのことはまったく分からないけれど、公演後にフェイフェイ(馮曉菲 Féng Xiǎo Fēi フォン・シャオフェイ あだ名: フェイフェイ SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1995/10/17河南省開封市生まれ
)がInstagramで「腕が痛い。やっぱりこの公演は運動量が多い ᕕ(ᐛ)ᕗ 明日の生誕祭は実は準備はまだ十分じゃなくて緊張してるし怖い。明日はやっぱり来ないで (▭-▭)✧ すごく怖いよ 腕痛い 脚も痛い 筋肉が痛いって言ってる ⸜( ⌓̈ )⸝ あ~怖い怖い」とつぶやいていたように、やっぱり相当体力をつかう公演らしい。

続きを読む…

SNH48四期生中心のチームX全曲オリジナル公演『夢想的旗幟(ドリーム・フラッグ)』PR映像公開!

上海SNH48四期生中心のチームXの全曲オリジナル公演『夢想的旗幟(ドリーム・フラッグ)』PR映像が公開された。

初日は2016/10/28(金)日本時間20:00。おそらくいつも通りオンライン生放送されるはず。

BGMは公演タイトル曲『夢想的旗幟』。

1980年代風のちょっと懐かしい感じのロックで、なかなかいい線いってる。(48系のアイドルグループがグランジ・オルタナというわけには行かないので、1980年代風なのは当然だけれど)

少なくともSNH48チームNII全曲オリジナル公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』よりは、楽曲面で期待できそう。

これでSNH48グループの全曲オリジナル公演は3公演目になるので、姉妹グループの北京BEJ48、広州GNZ48も、お下がりで上演すれば、完全にAKB48グループ公演の中国語カバーから抜け出せる。

北京BEJ48、広州GNZ48もAKB48お下がり公演からSNH48オリジナル公演へ移行の流れ

北京BEJ48、広州GNZ48も、AKB48公演からオリジナル公演に少しずつ移行していくようだ。

北京BEJ48チームBは、デビュー以来これまでAKB48の『シアターの女神』公演を上演していたが、2016/09/30で最終日の千秋楽。2016/10/02からは、上海SNH48チームSIIの全曲オリジナル公演『心の旅程』を上演し始める。

北京BEJ48のもう一つの六期生のみからなるチームEは、今のところまだAKB48『パジャマドライブ』公演を上演しているが、SNH48でチームNII『専属派対(僕らだけのパーティー)』以外にチームXの全曲オリジナル公演が完成すれば、そのうち全曲オリジナル公演に移行するだろう。

広州GNZ48チームGも、デビュー以来これまでAKB48の『シアターの女神』公演だったが、2016/10/06で最終日の千秋楽となる。

最近では、上海SNH48、北京BEJ48、広州GNZ48とも、劇場以外のイベントやライブでは、前半はほとんどオリジナル曲になっている。

楽曲面でも少しずつ「元」本部AKB48から離陸しつつある。

そして、SNH48二期生のキクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī チュー・チンイー あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
)やカチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)など、単独で活躍できるメンバーが全国放送のテレビ局番組に順調に切り込むことで、北京BEJ48も中国中央テレビへの出演のチャンスも増えている。

「大型女性アイドルグループ」という市場は、中学生以下を中心に、中国ではまだまだ開拓余地のあるブルーオーシャン市場と思われるが、SNH48が地方都市に姉妹グループを結成していくことで、その市場で主要な地位を占めることになるかもしれない。

もう日本のAKB48が中国市場に参入する余地はないと断言していいだろう。

SNH48チームNII初の全曲オリジナル公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』歌詞ほぼ全訳

SNH48チームNII初の全曲オリジナル公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』について、個人的には作曲や編曲のレベルが、チームSII初の全曲オリジナル公演『心の旅程』に比べるとかなり落ちると思っていた。

ただ、現地ファンの不満は、どちらかというと歌詞にあるらしい。

そこで、SNH48チームNII初の全曲オリジナル公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』の全16曲のうち、途中で心が折れた3曲を除いて、13曲の歌詞を日本語試訳した。

この試訳が正しい保証はどこにもないけれど、何となく雰囲気だけつかんでください(笑)。

なお、リフレインはすべて省略してあります。


M01.潘多拉的音乐盒
パンドラのミュージックボックス

睡梦中的人在远方慢慢呼唤
天色渐渐的暗下来
我要沿着邪恶迷幻的路走入
慢慢加快我的速度

夢にまどろむ人が遠くからゆっくりと呼びかける
空はだんだんと暗くなり
邪悪な幻の道へ入っていく
ゆっくり速度を増して

天空中的月亮透过树梢空白
展现斑斓的色彩
精灵扇着它的翅膀弯着脑袋
确定你的心跳还在

夜空の月はこずえのすき間から照らし
まだら模様の影を落とす
精霊が翼をはばたきながら首をかしげ
あなたの心臓がまだ動いているのを確かめる

快来快来
盒子里有什么奇怪
躲开躲开
好奇心来得太快
快来快来
魔盒随时就要打开
快乐不快乐谁先来

早く早く
箱の中にどんな不思議が
のいてのいて
好奇心があせりすぎ
早く早く
魔法の箱はいつでも開く
楽しいかどうか誰が先にする?

看清楚 做出来
不用太去想明白
用幻觉 打破现实的障碍
速度快 别等待
潘多拉 的色彩
画太单一就不可爱

はっきり見える 出て来るよ
分かろうと思い過ぎないで
幻覚で 現実の障害を打ち砕く
速くして 待たないで
パンドラの色彩
モノトーンの画面は 可愛くない

看清楚 做出来
不用太去想明白
糖果里装满坏坏的爱
速度快 别等待
潘多拉 的色彩
这场戏注定没有破绽

はっきり見える 出て来るよ
分かろうと思い過ぎないで
キャンディーの中身はたっぷりの意地悪な愛
速くして 待たないで
パンドラの色彩
このお芝居は運命 バレることはない

可怜你的想尽办法小心祈求
结果还是无法安排
若是想要解开美丽奇怪魔咒
就跟着我舞步节奏

あなたの考え尽くした方法も用心深い願いもかわいそうに
結果は思い通りにならない
美しく奇妙な呪いを解きたければ
私といっしょにステップを踏んで

天空中的月亮透过树梢空白
展现斑斓的色彩
精灵扇着它的翅膀弯着脑袋

夜空の月はこずえのすき間から照らし
まだら模様の影を落とす
精霊が翼をはばたきながら首をかしげ

続きを読む…

SNH48チームNIIとして初の全曲オリジナル公演『僕らだけのパーティー(専属派対)』から4曲先行公開!

SNH48チームNII初の全曲オリジナル公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』から、4曲の音源が専攻公開された。

正直、これほどクオリティーが高いとは思わなかった。音楽性の多彩さという意味では、AKB48の劇場公演をすでに超えてるかもしれない。

たぶんK-POPとの交流のおかげだと思うけれど、EDM系列の楽曲がAKB48より、さらに今風のEDMっぽくなっている気がする。


07. あやつり人形(木偶)

このカチューシャのソロ曲は、たしかにカチューシャが2016/07/14のInstagramに書いているように、『ローゼンメイデン』風の楽曲にちゃんとなっている。

運営が用意したもとの歌詞は、いかにもAKB48っぽい「努力と汗!」みたいな内容になっていたのを、カチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)自身が、孤独なローゼンメイデン、あやつり人形、というイメージに書き換えたとのこと。

残念ながら歌詞の中国語が聞き取れないけれど、この曲で「努力と汗!」の歌詞って、いったい運営が用意していた元の歌詞って、どんな歌詞だったんだ(笑)。

さすがロリータ・ファッション大好きなカチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)。これもちょっとAKB48では聴けない耽美的な曲風。


08. ブラック・スワン(黑天鵝)

この曲はどうやらキクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī チュー・チンイー あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
)が参加しているユニット曲らしい。

曲風、曲の構成は、AKB48風なんだけれど、アレンジが意外に凝っていて、ここまで凝ったアレンジの曲もAKB48公演曲ではあまり聴けないかもしれない。(『森へ行こう』のような例外を除いて)

ディストーション・ギターが前面にフィーチャーされたロックなんだけれど、イントロは完全にアンビエントだし、BメロからサビのCメロへのつなぎに、一瞬だけチェンバロ音色のシンセでバロック音楽が入ったり、サビの終わりにもピアノフォルテとチェンバロ音色、さらに弦楽で、バッハ風のメロディが入ったり、アレンジが非常に面白い。

そして二回目のサビの後の間奏は、またモロにEDM風のアレンジになったかと思うと、ディストーション・ギターでロックに戻って、それでいて全体は「バロック・ロック」とでも表現したいような、独特の曲想。

これは面白い曲。


10. Funky Night

題名からしてファンクかディスコだということは分かっていたけれど、ちゃんとディスコになっている。これもアレンジが予想以上にちゃんとしているのに驚いた。

ちゃんとバックビートの「フー・フー・フー」的な女性コーラスもあるし、ブラスも鳴ってるし、ベースラインも手抜きが無いし、間奏にはラップまであるし。

もしこの曲が、AKB48のディスコ曲『ハロウィン・ナイト』を超えちゃっているとすると、それはやっぱりK-POPのエッセンスが入っているからだと思う。


14. ダメなお手本(不良示範)

この曲はもう典型的なAKB48風のアイドル曲。ちょっとこの曲がアンコール後の14曲目で、最後の16曲目が先日すでに公開された『星願(星に願いを)』だとすると、公演の構成としてはあまり良くないのでは?と思ってしまう。

どちらも典型的なアイドル曲だからだ。

16. 星に願いを(星願)

どちらにしろ、予想以上に上海SNH48チームNII初の全曲オリジナル公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』は期待できそう!