上海SNH48全曲オリジナル公演第二弾『第48区』PR映像公開!(筆者のムダなツッコミつき)

上海SNH48チームSII、注目の全曲オリジナル公演第二弾『第48区』PR映像が公開された。

タイトル曲『第48区』は、SNH48 16th EP収録のチームSII曲。

ここから先は筆者の独断と偏見によるツッコミなので、読み飛ばして下さい。
続きを読む…

上海SNH48チームXII全曲オリジナル公演『コードXII』3曲差し替え、3曲改編でVer 2.0へ

上海SNH48チームXIIの全曲オリジナル公演『コードXII(代号XII)』の評判が悪く、チケットの売れ行きも悪いということで、運営会社が「Ver 2.0」にバージョンアップするとのこと。

全曲オリジナル公演が途中で変更されるのは、もちろん過去のSNH48グループで初めて。2017/06/16(金)からこのVer 2.0で上演開始とのこと。

楽曲の差分は以下のとおり。

M01. XII say hi
M02. 遇見最初的美好
M03. 守護者-改編版(ハードロック風エレクトロ・ポップに改編)
M04. 熱情復活(「M04. Time Machine」を差し替え)

M05. 她和她
M06. 完美超載(新規追加)
M07. love letter
M08. 初吻練習曲
M09. 自以為(5人ユニットから3人に変更)
M10. 人間規則(「M08. 都不会」を差し替え)

M11. Shower Girl(曲順がM10.からM11.へ
(「Shower Girl」の後の「AI進化」は削除
M12. 心跳頻率

M13. 成人礼-改編版(アップテンポな曲からバラードに改編)

M14. 夢想代碼
M15. Girl Smile-改編版(テンポ遅めに改編)
M16. 給未来的我們

*)2017/06/16追記:実際に初日を見てさらに変更があったので訂正。「完美超載」はM10.のはずだったがM06。M08.に追加の予定だった「人間規則」はM10。その他「自以為」は5人ユニットから3人ユニットに変更。

どれくらい改善されるのか、2017/06/16の公演を見てみないと分からないけれど、まったく新しい曲を3曲追加、さらに3曲を改編するほどヒドい公演だったかと言えば、そうでもない気がする。

初日、ほとんどの曲のボーカルが電子音に加工処理されていたのは、致命的な欠点だったが、楽曲の質が悪いというだけの理由で6曲も手を入れるほどではないだろう。

チケットの売れ行きが悪いのは、公演のクオリティというよりも、現地ファンの中にまだチームXIIメンバーの1人を許していない人が少なくないからではないか、という気がする。

SNH48 Team HII全曲オリジナル公演『Beautiful World』に好き勝手コメントしてみる:本編

上海SNH48チームHIIの全曲オリジナル公演『Beautiful World』について好き勝手コメントしてみる。

1か月前に好き勝手コメントする記事を書いたが、あえてノーコメントで、ほとんど内容のない記事にした。ただ、今日は偶然風邪をひいて出かけられなかったこともあり、時間があったので、ようやくコメントする気になったという理由。

ご想像のとおり、あまり良いことを書かないので、読みたくない方は必ずスキップするようお願いします。

そして、単に筆者の独断と偏見に基づくコメントであり、何ら公平性を期すものではない。一市民の個人的な意見を真面目に読むだけ、あなたは時間を損するだけだ。

続きを読む…

SNH48 Team HII全曲オリジナル公演『Beautiful World』に好き勝手コメントしてみる

上海SNH48チームHIIの全曲オリジナル公演『Beautiful World』について好き勝手コメントする。

まず各曲の主調の確認から。

ブルース・スケールとあるのは、ペンタトニック以外の音が全く出てこないという意味ではない。

M01 H Zone (Gm⇒サビEm三度転調 ブルース・スケール)
M02 I Hate You (Cm ブルース・スケール)
M03 黒夜女神 (Ebm⇒サビリフレインFm 長二度転調 ブルース・スケール)
M04 Highlight (Bm)
M05 背水一戦 (G#m⇒間奏Fm三度転調⇒G#m)
M06 天使的圈套 (C#m⇒Bメロ・サビEm三度転調)
M07 化学超女子 (F)
M08 関不掉 (Ebm ブルース・スケール)
M09 完美犯罪 (Am ブルース・スケール)
M10 対峙 (G#m⇒サビFm三度転調⇒間奏Ebm三度転調 ブルース・スケール)
M11 Why (Ebm ブルース・スケール)
M12 花与火 (サビ始まりD⇒AメロE長二度転調)
M13 Beautiful World (A⇒DメロC三度転調)
M14 天天向上 (Dmパワーコード ブルース・スケール)
M15 Running Girl (Eb)
M16 如果有你在 (F#)

16曲中、11曲がマイナー(短調)で、そのうちブルース・スケールが8曲。この曲構成だから最初から最後まで通して公演を見ると、異様に疲れるのだ。

もちろん曲風はロックだったり、ハードロックだったり、メタルだったり、EDMだったりいろいろあるが、これだけマイナー(短調)の曲を聞かされたら、明るく爽やかな気持ちになれないのは当然だろう。

たとえ一曲一曲が良い曲でも、ワンセットの公演としては失敗していると思う。

『Beautiful World』公演についての好き勝手コメントは以上。

広州GNZ48初の全曲オリジナル公演チームNIII『第一人称』に好き勝手コメントしてみる(3)

広州GNZ48として初の全曲オリジナル公演、チームNIII『第一人称』の各曲に好き勝手コメントする記事の続き。今回で完結。

M10.少女革命

マイナーコードのEDMだが、どちらかと言うとシンセの音色にエフェクトを多用するというより、各種シンセの原音をそのまま鳴らす1980年代のエレクトロポップに近いところを狙ったdaft punkに似た「清潔な」音作り。EDM形式のアイドルポップとして妥当だと思う。

曲の構成に特筆すべきことはない。転調なし。ただサビが前半と後半に分かれていて、後半の「shut up! shut up!」がフックになっている。サビのメロディーが二種類あるのがすでに当然になって来ている点に、SNH48グループの楽曲水準の向上がはっきり分かる。

この曲の後半の間奏のダンスが、この公演『第一人称』の予告映像に出てきたあのカッコいいステップだったというわけだ。広州GNZ48チームNIIIも、同じ広州GNZ48チームZと同様、ダンスがそろっていて素晴らしい。

M11.Never Land

繰り返しになるが、この日の公演はエイプリルフール特別公演で、セットリストを16曲目から1曲目まで逆順に上演して、公演中にもいろんなところをわざと逆にしている。

この曲はサビ始まりだが、その冒頭のサビを歌うとき、普段はメンバーが舞台の最前部に座って、舞台から脚を下ろして歌う。すると客席最前列の超VIP席の観客と至近距離になる、というのが、この曲の演出で観客をびっくりさせた部分。

この日はエイプリルフール特別公演なので、冒頭でメンバーが客席に背を向けて歌っている(笑)。

この曲も編曲がとても美しい。冒頭のサビの後半のアコースティックギターのストロークが聴こえてくる部分は、ちょっと感動する。

観客がきっちり掛け声(MIX)を打てる、十分な長さのイントロ。その後も楽器の数が少ないAメロで、やはり観客が声援を送りやすい編曲。Bメロは典型的な「パーンパパン」リズム。

その後に現れる実際のサビは、イントロと違って明確なバックビート乗りで、メロディーの譜割りも意図的に変えられている。

次の間奏はワンコーラス目からツーコーラス目へのつなぎとしては、長過ぎるくらいの長さで、やはり観客が心ゆくまで声援を送れる編曲になっている。ツーコーラス目の後のアウトロも、十分な長さ。

転調や凝ったメロディーは無いけれど、やはり、こういう舞台上と客席のインタラクション(互動)が、48系グループの劇場公演の基本だと感じさせる。
続きを読む…