広州GNZ48第三弾EPで初シングル選抜入りチームNIIIはるか(熊心瑶)の本音

広州GNZ48第三弾全曲オリジナルEP『たんぽぽの足跡(蒲公英的脚印)』のタイトル曲の選抜メンバーに、チームNIIIのはるか(熊心瑤 Xióng Xīn Yáo ション・シンヤオ あだ名: はるか GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/01/19重慶市生まれ
)が初めて選ばれた。

シングル曲の選抜メンバーは、広州GNZ48だけで約50名のメンバーがいる中から、運営会社が16名を選んで、録音と発売後のパフォーマンスに参加させる。

選ばれなかったメンバーよりも人目にふれる機会が増え、人気が高まったり、間もなく始まる第四回総選挙(ファンによる人気投票イベント)でも有利になることは確かだ。

そういう状況をふまえて、チームNIIIはるか(熊心瑤 Xióng Xīn Yáo ション・シンヤオ あだ名: はるか GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/01/19重慶市生まれ
)が2017/04/04に中国ツイッター(新浪微博)の長文ツイートに心境を書いていた。

彼女は入団前からずっとAKB48の大ファンという前提で、以下の日本語試訳をどうぞ。

一昨日GNZ48第三弾EPのメイン曲『たんぽぽの足跡』の音源が公開されて、私は選抜メンバーとしてこの曲に参加することになりました。

今回、私は初めて選抜組に入りました。

一日店員のとき、私に「今回の選抜に入ってる?」「選抜おめでとう!」と言ってくれる人がいたけれど、まだ発表されていなかったので「そのときになったら分かるよ!」としか答えられなかった。

いま、ついに正式に、公に言うことができるようになりました。みなさんお祝いありがとう。

選抜が発表されたその日の晩、私は決してうれしくありませんでした。名前を呼ばれた瞬間、喜びは驚きや、疑い、不安や恐怖に変わりました。

私は当然”選抜組”の意味を知っていますし、いろいろなアイドルグループの選抜発表にとても関心があります(…)。ずっと選抜組が目標でした。でもそうすればするほど、自分にはまだ選抜組に入る資格がないと思うようになりました。

チーム内のポジションは大部分12~16番でした。第一弾EP『あなたの知らない私』は選抜に入らなかった。心の中で思ったのは、今後は優秀な後輩がますます多くなって、ますますチャンスがなくなるだろうということ。

自分のアイドルとしての生涯はこういうものだろう。絶えず自分を慰めていました。公演で良いじゃない。公演に出演できるのがうれしいし、ずっと劇場で退団するまでパフォーマンスできれば問題ない。選抜組とか、MVとか、劇場外の仕事とかは、もっと可愛くて、もっと美人で、もっと実力のあるメンバーが出るべきで、私には関係ない。

私みたいな人がどうして選抜組に入れるだろう、チームの中で顔面偏差値と総合力は中の下だし、グループ全体の代表の16人にどうして入れるだろう。早くあきらめよう。手に入れるべきでないものを分不相応に望んじゃダメだ、足るを知って、しっかり公演のパフォーマンスをするんだ。

自分で自分を洗脳して、この程度にまでなっていたけれど、内心のいちばん深いところでは少しだけ悔しい思いがありました。ときどきは「私だってかなりイケてるんじゃない……」と思うこともありました。

今までずっとチームメイトにも、先生やファンにも「選抜に入りたい」「舞台でもう少し前に立ちたい」という考えを伝えたことはありません。まず自分の実力を高めるべきでしょ、と思っていました。顔はダメだけど、もし今後ダンスのレベルや人気が選抜組の基準に達したら、もしかするとチャンスがあるかもしれない。

年越しのとき、あるファンが新年の願いは私が選抜組に入ることだと言ってくれました。私は:「まさか、もし私が選抜に入ったらLPLで今年のチャンピオンになれるよ」(×)そう考えると少し悲しかった。(訳注:LPLはオンラインゲーム『League Of Legends(英雄連盟)』の中国プロリーグ)

それにもかかわらず、やっぱり誕生日の特別公演で「一生に一度はGNZ48選抜組に入る」という願い事をしました。

私たちの願い事は実現しました。

「どうして私が入選したんですか?」、それに対する答えは:中国ツイッター(新浪微博)、劇場、握手会の人気を総合的に考慮した、というものでした。私は自分がもう選抜組に入る資格はないと思っていました。みなさんの応援があったからこそ、今回のチャンスをもらえました。みんなに感謝しています。それ以外のことは、行動で伝えます。

私のチームメイトの中には、以前から優れているのに今回意外にも落選したメンバーがいます。私よりも努力して、私よりも優秀なのに、一度も選抜に入っていないメンバーもいます。私が不安ながらも自分でうれしいと思うと同時に、彼女たちのことを悔しいとも思います。今回私は彼女たちの残念な気持ちと努力を胸に、彼女たちの努力がいつか認められることを願っています。

次の選抜にまだ私がいるかどうか分からないけれど、でも選抜組のメンバーになるこの期間、選抜組の基準を自分に要求することにします。

私の理解の中で、「選抜組」は決して「歌をもう一曲歌える」とか「MV撮影ができる」とかではなく、「選び出された、その期間はグループ全体の代表」というものです。それはチャンスでもあり、栄誉でもあり、責任でもあり、グループの最高レベルの代表でもあります。

実はこのポジションを失いたくない気持ちは強いけれど、今はまだ「選抜の常連になりたい」と口に出す勇気はありません。ならばそれを目標に努力することだよね!

ここまで読んでくれてありがとうございます。

今回の曲『たんぽぽの足跡』がみなさんに気に入ってもらえますように。ライブパフォーマンスとMVも、ご期待下さい。

GNZ48 Team NIII 熊心瑶
2017.14.3

広州GNZ48チームZ一番人気ワイワイ(王盈)が尊敬する先輩から教わった48系の真髄

広州GNZ48チームZでおそらく一番人気のワイワイ(王盈 Wáng Yíng ワン・イン あだ名: YY(ワイワイ) GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 06/15陕西省生まれ
)が、ファンの質問に答えて興味深いことを書いていたのでご紹介。

2017/02/27 21:40のワイワイ(王盈 Wáng Yíng ワン・イン あだ名: YY(ワイワイ) GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 06/15陕西省生まれ
)のツイートで
、「SNH48グループの中で、いちばん教わったり助けられたりしたのは誰?」という質問に答えて、次のように書いている。

広州GNZ48チームZ ワイワイ(王盈 Wáng Yíng ワン・イン あだ名: YY(ワイワイ) GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 06/15陕西省生まれ

はるか(熊心瑤 Xióng Xīn Yáo ション・シンヤオ あだ名: はるか GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/01/19重慶市生まれ
)先輩。自分が入団したばかりのとき48の文化をあまり分かってなくて、ダンスをしっかりやらなきゃということしか知らなかった。

でも彼女がアイドルのイメージを補ってくれて、まずは一生懸命に打ち込むこと、不平不満を言わないこと、会社の言うことに従うこと、全力で仕事をまっとうすること。

それから、努力。

実は彼女が努力しているっていうのはとてもヘンだと思ってる。だって彼女は自分を高めるのは、みんなが好きになってくれる気持ちの期待に背かないようにするためだよね、完全に(私はそう感じた)。

それから、アイドルは自分で突破口を見つけなきゃいけない。努力でファンを感動させるんじゃない。

いやいやながら活動してもファンが自分の成長のわずかな痕跡を探し出してくれるみたいな、そういう関係はファンが一方的に頑張ってるだけで、不公平だ。

努力は自慢するためにするものじゃなくて、アイドルとして必須の要素。ファンとアイドルの関係はいっしょに成長し、おたがいに支え合いながら、一方は舞台の上に、他方は客席にいる、そういうものだって。

そんなふうに私に教えてくれた、はるか(熊心瑤 Xióng Xīn Yáo ション・シンヤオ あだ名: はるか GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/01/19重慶市生まれ
)先輩ありがとうございます。

他にもいくつかおもしろいQ&Aがあったので、ついでに日本語試訳。

ファン

入団前に思っていたアイドルと、入団後にじっさいなってみたアイドルは、どういうところが違う?

広州GNZ48チームZ ワイワイ(王盈 Wáng Yíng ワン・イン あだ名: YY(ワイワイ) GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 06/15陕西省生まれ

ほとんど同じところはない。実を言うとアイドルの生活は思ってたより少し面白くて、しいて言えばさらに好きになって、”勉強”する気持ちを損ねるんじゃないかと思った。

でも理性的に言えば、アイドル活動と学業のどちらも捨てる理由なんてないから、両立するのが最良の選択。

私の学校は広州にあるけど、他のメンバーはとっても大変。本当に彼女たちを尊敬してる。

ファン

ワイワイ(王盈 Wáng Yíng ワン・イン あだ名: YY(ワイワイ) GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 06/15陕西省生まれ
)はどうしてそんなに美人なの?

広州GNZ48チームZ ワイワイ(王盈 Wáng Yíng ワン・イン あだ名: YY(ワイワイ) GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 06/15陕西省生まれ

実を言うと、前は本当に自分が美人だなんて思ってなかった。

入団したとき、本来はお笑い路線でいくつもりだったから、美人っていう考え方は入団してから初めてだんだんと頭に入ってきた。今はみんなが言ってくれることを、私も少しは信じるようになった。

でもやっぱり花瓶みたいにじっとしていたくなくて、自分を出したいと思っている。

立場を変えて見れば、人は本当にたくさん潜在力といろんな面を持っていて、自分では気づかない。いろいろ経験してみれば、きっと違う自分に出会って、自分のことを好きになってもらえるってことかな。

デビュー直後の公演で、お笑いキャラ路線で生きたがっていることは何となく分かっていたけど、このQ&Aの他の質問の回答を読んでいても、すごく頭の回転が速い人だということがよく分かる。

頭の回転の速さと、EQの高さは、48グループで人気が出るためにはとても重要だなぁと感じた。