広州GNZ48チームZ スーユエ(王偲越)生誕祭『愛しさのアクセル』11回転

広州GNZ48チームZ『専属派対(僕らだけのパーティー)』昼公演は、今日2017/02/19(日)、スーユエ(王偲越 Wáng Sī Yuè ワン・スーユエ あだ名: スーユエ GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 02/19江蘇省生まれ
)の生誕祭だった。

まったくノーマークだったのだが、特別コーナーが素晴らしいダンスだったので動画でご紹介。

まず民族舞踊の基礎があるメンバーの定番曲『愛しさのアクセル』。たぶん11回転。

広州GNZ48チームGのリーロン(黃黎蓉 Huáng Lí Róng フアン・リーロン あだ名: リーロン GNZ48 Team G
 GNZ48 1期生
 01/23湖南省生まれ
)もこの曲を踊って、間奏のスピンで10回転していた。リーロン(黃黎蓉 Huáng Lí Róng フアン・リーロン あだ名: リーロン GNZ48 Team G
 GNZ48 1期生
 01/23湖南省生まれ
)もダンスの基礎があるメンバー。

そしてスーユエ(王偲越 Wáng Sī Yuè ワン・スーユエ あだ名: スーユエ GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 02/19江蘇省生まれ
)のダンスの基礎力がわかる民族舞踊。

といっても完全なモンゴル舞踊ではなく、モンゴル舞踊風のモダンダンス。体の柔軟性や手先まで神経が行きとどいた表現力が素晴らしい。

誕生祝いのコーナーで広州GNZ48チームZのンバーの話では、スーユエ(王偲越 Wáng Sī Yuè ワン・スーユエ あだ名: スーユエ GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 02/19江蘇省生まれ
)が他のメンバーにダンスを教えることもあるという。

なおこの『遙遠的媽媽(遥かなる母)』もモンゴル民謡ではなく、モンゴル民謡風のポップスで2007年リリースらしい。歌っているのは哈琳(ハリン)というモンゴル族の女性歌手とのこと。

ところでスーユエ(王偲越 Wáng Sī Yuè ワン・スーユエ あだ名: スーユエ GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 02/19江蘇省生まれ
)がこの曲にあわせて踊った後、MCに登場したワイワイ(王盈 Wáng Yíng ワン・イン あだ名: YY(ワイワイ) GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 06/15陕西省生まれ
)が涙で話せなかったのが印象的だった。

この曲、それなりに有名らしく、中国語の歌詞が母親の元を遠く離れる子の気持ちを歌っているので、いつも舞台で「ボケ」役のワイワイ(王盈 Wáng Yíng ワン・イン あだ名: YY(ワイワイ) GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 06/15陕西省生まれ
)がいきなり涙を流していたのでびっくりした。

SNH48姉妹グループには、まだまだ隠れた才能がありそう。

瀋陽SHY48チームHIIIデビュー公演前から話題のメンバー張雲夢(チャン・ユンモン)

上海SNH48の3つ目の姉妹グループ、瀋陽SHY48のチームSIIIに続く2つ目のチーム、HIIIメンバーの公式写真が今日2017/02/19(日)瀋陽の星夢劇院で披露された。合計15名。

ちなみに入団時期としてはチームSIIIと同じなので、瀋陽SHY48一期生に当たる。チームSIIIの双子の姉妹、劉嬌 Liú Jiāo リョウ・チャオ あだ名: チャオチャオ SHY48 Team SIII
 SHY48 1期生
 11/07遼寧省瀋陽生まれ
(リョウ・チャオ)が兼任メンバーとして入って16名になる。

びっくりするのは、160cm未満のメンバーがレモン(張幼檸 Zhāng yòu níng チャン・ヨウニン あだ名: レモン SHY48 Team HIII
 SHY48 1期生
 10/27四川省広安生まれ
)一人だけ。その他は160cm以上で、いちばん背が高いのはみゃお(李熙凝 Lǐ xī níng リー・シーニン あだ名: みゃお SHY48 Team HIII
 SHY48 1期生
 10/13遼寧省錦州生まれ
)で175cm。

そしてすでに現地ファンの間で話題になっているメンバーが張雲夢 Zhāng yún mèng チャン・ユンモン あだ名: モンモン SHY48 Team HIII
 SHY48 1期生
 12/11遼寧省瀋陽生まれ
(チャン・ユンモン)。

デビュー前に女性カメラマンが撮影した写真をどうぞ。話題になるのも納得。

続きを読む…

SNH48グループの週刊文春的ネタを久しぶりにいくつか(汗)

久しぶりにSNH48グループのネタを、中国2ちゃんねるから適当に拾ってご紹介。

まず生誕祭(メンバーの誕生祝い特別公演のこと)について。

SNH48三期生チームHIIイーレン(徐伊人 Xú Yī Rén シュー・イーレン あだ名: イーレン SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/02/20浙江省生まれ
)の中国ツイッター(新浪微博)によると、生誕祭のときは今後MC2、つまりユニット曲終わりのMCコーナーがなくなるらしい。

生誕祭はメンバー数名が、誕生日のメンバーに書いた手紙を読むコーナーがあって、公演全体の時間が伸び伸びになるので、時間調整のためだろうとのこと。

その最初がイーレン(徐伊人 Xú Yī Rén シュー・イーレン あだ名: イーレン SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/02/20浙江省生まれ
)というのは、運営会社の考えがちょっと露骨すぎるけれど(笑)。

それから、生誕祭は誕生日のメンバーが特別コーナーで自分で考えたパフォーマンスをするが、そのとき坂道系含め、AKB48グループの楽曲を今後は使用しないよう、SNH48運営会社からお達しが出たらしい。

これはSNH48六期生チームNIIのUK(黃彤揚 Huáng Tóng Yáng フアン・トンヤン あだ名: UK SNH48 Team NII
 SNH48 6期生
 1998/01/28福建省生まれ
)がInstagramでツイートしてすぐに削除した。

彼女が自分の生誕祭のためにAKB48楽曲の準備をして、衣装まで購入していたが、運営にダメだと言われたようだ。

いまSNH48グループでAKB48グループがオリジナルの公演をやっているのは、広州GNZ48チームNIIIの『僕の太陽』だけ。それも間もなく千秋楽を迎え、オリジナル公演に切り換わる。

どうやらSNH48運営会社のAKB48楽曲の中国国内での使用権が切れるらしい。

個人的に思うのは、使用権の期限をちゃんと守るSNH48運営会社が、AKB48運営に無断で北京と広州の姉妹グループの話を進めるなんてことは、やっぱりありえないということ。

実際には、単に姉妹グループの展開戦略で、SNH48運営とAKB48運営で意見が対立して調整不能になった結果を、AKB48運営側が勝手に「契約違反」と発表したか、それとはまったく違って、SNH48運営が中国共産党の宣伝機関である中国中央電視台への出演も含めた展開をするとなると、日本国内で日本政府を浅からぬ関係のあるAKB48グループにとってまずいことになるため、わざと決別を装ったか、どちらかではないか。

これは筆者の単なる憶測。

いずれにせよ、生誕祭のMC2がなくなること、SNH48グループは公演や特別公演含め、AKB48グループ楽曲を使わなくなることは本当らしい。

次に、広州GNZ48チームNIIIメンバーが立て続けに学業との両立の問題についてツイートしている。

はるか(熊心瑤 Xióng Xīn Yáo ション・シンヤオ あだ名: はるか GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/01/19重慶市生まれ
)は会社と母親と夜中の三時過ぎまで話し合った結果、もう一年休学することに決めたらしい。チェンチェン(劉倩倩 Liú Qiàn Qiàn リョウ・チェンチェン あだ名: チェンチェン GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1994/11/28福建省生まれ
)ももう一年休学を決めたとのこと。

逆に、スンシン(孫馨 Sūn Xīng スン・シン あだ名: スンシン GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 2000/02/27江蘇省南京市大廠区生まれ
)はもう一年休学すると、退学する必要があるので、復学することにしたと長文ツイートで書いている。

はるか(熊心瑤 Xióng Xīn Yáo ション・シンヤオ あだ名: はるか GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/01/19重慶市生まれ
)とチェンチェン(劉倩倩 Liú Qiàn Qiàn リョウ・チェンチェン あだ名: チェンチェン GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1994/11/28福建省生まれ
)は、退学処分のリスクをとってもう一年休学する決意をしたのだろう。

このことについて、りんたん(肖文鈴 Xiào Wén Líng シャオ・ウェンリン あだ名: リンたん GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 2001/01/24四川省生まれ
)がメンバーたちの難しい選択についてコメントしている。「私たちチームNIIIの2000年以降生まれのメンバーのうち3人は学校に行けない、行く学校がないから」

たぶんこれは、上海SNH48運営が地元の中学高校と提携して、メンバーが通学できるようにしているのに対して、広州GNZ48運営会社はまだそこまでの余裕がないからと思われる。

りんたん(肖文鈴 Xiào Wén Líng シャオ・ウェンリン あだ名: リンたん GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 2001/01/24四川省生まれ
)自身が2001年生まれ、四川省出身で、もともとSNH48六期生からの移籍組。仮にSNH48にとどまっていれば、四川省に戻らずSNH48運営の提携先の上海の高校に通えたのに、という意味だろうと思う。

中国は日本以上に学歴重視の社会なので、学業との両立はメンバーにとって重い問題なのだろう。

次も広州GNZ48だが、GNZ48一期生でチームGのリーロン(黃黎蓉 Huáng Lí Róng フアン・リーロン あだ名: リーロン GNZ48 Team G
 GNZ48 1期生
 01/23湖南省生まれ
)がやや分かりづらいツイートをしていた。

ただしこれもGNZ48活動を続けるかどうかにかかわる問題。

どうやら北京に住んでいる彼女の親戚が、入団前から今にいたるまで、アイドル活動を続けることに根強く反対し続けているらしい。

そのことについて、彼女のファンなのか、彼女がキライなGNZ48ファンなのかは分からないが、その親戚に賛成するダイレクトメッセージを送っているらしく、リーロン(黃黎蓉 Huáng Lí Róng フアン・リーロン あだ名: リーロン GNZ48 Team G
 GNZ48 1期生
 01/23湖南省生まれ
)がやや苛立っている。

彼女自身はアイドル活動を続ける決意が固く、親戚からどう言われようと退団しないと言い切っている。

彼女はGNZ48一期生ながら、チームGですでにかなりの人気メンバーになっており、ダンスの実力も『愛しさのアクセル』でユーミー(趙粵 Zhào Yuè チャオ・ユエ あだ名: ユーミー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/04/29湖北省武漢市生まれ
)をしのぐスピンを見せたほど。

でも、中国ではまだまだ家族や親戚の反対が強いメンバーがいるということ。

最後のネタはあまり書きたくないのだが、あえて週刊文春的に。

続きを読む…

SNH48が中国版『マリ・クレール』に登場、長文のSNH48批評を日本語試訳

SNH48メンバーが中国版女性ファッション誌『マリ・クレール』に登場。中国では「嘉人」という名前。

ちなみに『マリ・クレール』はフランスの雑誌。(フランス語専攻だったので学生のときはよく読んでました)

読み物は硬派なので、育成系アイドルとしてのSNH48について、非常に詳しい文章が添えられている。さすが『マリ・クレール』

↓左は二期生テテちゃん(黃婷婷 Huáng Tíng Tíng フアン・ティンティン あだ名: テテちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/08江蘇省南京市生まれ
)、右はキキ(許佳琪 Xǔ Jiā Qí シュー・チャーチー あだ名: キキ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1995/08/27浙江省生まれ

↓左から、二期生シャオスー(林思意 Lín Sī Yì リン・スーイー あだ名: シャオスー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/04/05浙江省温州市生まれ
)、カチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)、テテちゃん(黃婷婷 Huáng Tíng Tíng フアン・ティンティン あだ名: テテちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/08江蘇省南京市生まれ
)、一期生キキ(許佳琪 Xǔ Jiā Qí シュー・チャーチー あだ名: キキ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1995/08/27浙江省生まれ
)、二期生ユーミー(趙粵 Zhào Yuè チャオ・ユエ あだ名: ユーミー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/04/29湖北省武漢市生まれ

文章の部分を日本語試訳しておく。

一期生SAVOKI(趙嘉敏 Zhào Jiā Mǐn チャオ・チャーミン あだ名: SAVOKI SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1998/07/22広東省深セン市生まれ
)の退団に運営会社が実は苦慮していることや、三期生ドゥードゥー(陳怡馨 Chén Yí Xīn チェン・イーシン あだ名: ドゥードゥー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/01/13福建省生まれ
)の退団の件についても書かれてある。さすが『マリ・クレール』。

続きを読む…

SNH48グループメンバーのバレンタイン特別動画&生放送3本をご紹介

少し遅くなったけれど、SNH48グループメンバーのバレンタイン動画や特別オンライン生放送から、3本だけご紹介。

SNH48三期生チームHII カメちゃん(徐晗 Xú Hán シュー・ハン あだ名: カメちゃん SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1993/01/15四川省生まれ
)が同じ四川師範大学の女友達と、ジェイ・チョウ(周傑倫)の最新ヒット『告白気球』をデュエット

このギターを弾き語りしている女友達は溫蕊爾(ウェン・ルイアー)という人で、こちらが彼女の中国ツイッター(新浪微博)

もともとはカメちゃん(徐晗 Xú Hán シュー・ハン あだ名: カメちゃん SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1993/01/15四川省生まれ
)が旧正月の連休で四川省に帰ったとき、彼女といっしょにSNH48運営会社開発のアプリ「Pocket48」でオンライン生放送をして、カメちゃん(徐晗 Xú Hán シュー・ハン あだ名: カメちゃん SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1993/01/15四川省生まれ
)が彼女のギターでデュエットしていた。

それがファンに好評で、この映像を本格的に録音スタジオで撮影したといういきさつ。

次は広州GNZ48チームG soso(張瓊予 Zhāng Qióng Yú チャン・チョンユー あだ名: soso GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/21浙江省生まれ
)のややセクシーめのバレンタイン生放送

後半はチェンチェン(劉倩倩 Liú Qiàn Qiàn リョウ・チェンチェン あだ名: チェンチェン GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1994/11/28福建省生まれ
)と2人で放送している。現地ファンはsoso(張瓊予 Zhāng Qióng Yú チャン・チョンユー あだ名: soso GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/21浙江省生まれ
)の胸元が見えている部分の画面ショットを取って、中国2ちゃんねるにアップするという几帳面さ(笑)。

どうでもいいことだが、胸の谷間のことを現地ファンは「刀疤(ダオバー)」、つまり刀傷(かたなきず)と言う。

最後は北京BEJ48チームEの公式カップリング(笑)、ライチ(李梓 Lǐ Zǐ リー・ツー あだ名: ライチ BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 2000/08/30四川省内江市生まれ
)と愛ちゃん(易妍倩 Yì Yán Qiàn イー・イェンチン あだ名: 愛ちゃん BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1997/11/28湖南省生まれ
)が、メイドカフェの店員になって生放送。

ちゃんと日本語で「おかえりなさいませ ご主人様」と言っている。

愛ちゃん(易妍倩 Yì Yán Qiàn イー・イェンチン あだ名: 愛ちゃん BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1997/11/28湖南省生まれ
)はInstagramでも、旧正月の連休の間、ライチ(李梓 Lǐ Zǐ リー・ツー あだ名: ライチ BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 2000/08/30四川省内江市生まれ
)がまだ生活センター(メンバーの宿舎)に帰ってこないので寂しい~とか、きっちりカップリングの設定に沿った、ファンの期待どおりのツイートをしていて、演出が完璧。

他にもバレンタインの特別オンライン生放送は山ほどあってご紹介しきれないので、このページの右に貼ってあるSNH48関連動画YouTubeチャンネルのリンクからどうぞ。