広州GNZ48初の全曲オリジナル公演チームNIII『第一人称』に好き勝手コメントしてみる(1)

ついに広州GNZ48星夢劇院のオンライン生放送の音響設備が、驚くほど劇的に改善された。

2017/04/01の広州GNZ48チームNIII全曲オリジナル公演『第一人称』エイプリルフール特別公演で、生放送の音響が初めて、ほぼサラウンド音質になり、全曲バッキングが隅々までハッキリ聴き取れるようになった。

広州GNZ48のオンライン生放送は、いままでほとんどモノラルに聴こえるほどヒドかったので、感動して泣きそうになった(笑)。

そういうわけで、ようやく広州GNZ48初の全曲オリジナル公演『第一人称』の各曲に、好き勝手ツッコミを入れてみる。

ただ、この公演はすごい!北京BEJ48チームEの全曲オリジナル公演『ティアラ・ファンタジー(奇幻加冕礼)』よりもさらにレベルが上っているかもしれないくらい、クオリティが高い。

広州GNZ48公式サイトのこちらの『第一人称』公演紹介ページをご覧になって分かるように、この公演全体は、8ビット・テレビゲームがテーマになっているらしい。

中国の1980年代には、当然ファミコンなどなくて、いま30歳前後のGNZ48ファンの一部の男性の「子供の頃の想い出シリーズ(童年回憶系列)」なのかもしれない。

動画はエイプリルフール公演のものを使うが、この公演はハイタッチ会から始まって、最後の曲から最初の曲に逆順に歌い、Overtureが最後に来て、その後「影アナ」の注意事項の読み上げがあるという、すべてが逆転の公演になっている。

一曲目でメンバーがいちばん汗だくになっているのは、そういう理由。

M01.Wake Me Up

最初のレーザーの演出は北京BEJ48チームE『ティアラ・ファンタジー』のパクりだが、同じ姉妹グループ内でのパクりはOK(笑)。

よく聴くとイントロからいきなりDUB STEPのワブルベースが聴こえる。ふつうの16ビートのアイドル曲のようで、じつはメロディーのつなぎの伴奏に必ずDUB STEPが入るという、凝った編曲。

個人的に思うのは、48系アイドルに直接DUB STEPを踊らせるのはすでに時代遅れで田舎くさくて、アイドル曲を何気にDUB STEPで編曲する方が、はるかに技術的に洗練されていると思う。

あらゆるスタイルの音楽を取り込みつつも、いかにアイドルポップとして成立させるかが、編曲者の腕の見せどころだと思うからだ。

Aメロは反復なし、Bメロへのつなぎにワブルベースが入って、Bメロはアイドルポップの定番の「パーンパパン」のリズムだが、ワブルベースがしっかり入っている。

Bメロも反復なし。サビの転調はないが、サビのCメロの最初で「wake me up」の三拍単位の反復が自然なフックになっている。

さらにサビの後半の「愛愛愛」「kiss kiss kiss」の付点8分音符も、偶数拍のリズムに16分音符3つ単位のメロディーが乗ることでスムーズなフックになっている。このあたりのメロディーの作り方は素晴らしい。

そしてサビにもう一つDメロが続いて、「wake me up」が再び登場し、ここで伴奏のワブルベースがさらにハッキリする。

間奏なしでツーコーラス目のAメロへの流れも非常にスムーズ。

ツーコーラス目の後の間奏はアイドル曲の定番、ディストーションギターのソロ。間奏の最後の部分も、レーザー光線の演出も含めて、北京BEJ48チームE『ティアラ・ファンタジー(奇幻加冕礼)』を参考にしている。

サビの最後のリフレインの伴奏、シャキシャキのシンセサイザーの和音が素晴らしい。そこへ色とりどりの音色のワブルベースが入り込んできてアウトロなしで終曲。

個人的には「7 SENSES」の『Girl Crush』よりも、こういうDUB STEPの使い方のほうがはるかにセンスがあって都会的で洗練されていると思う。

(所詮米国のストリートなんて西海岸のホワイトカラー居住区と違って、日本で言う地方都市のヤンキーのようなジモティーの集団にすぎないのだから)

M02.到着まであと5秒(还有5秒到達)

SNH48グループの全曲オリジナル公演はどれもそうだが(北京BEJ48チームE『ティアラ・ファンタジー(奇幻加冕礼)』はちょっと違うかもしれないが)、最初の4曲はどれも典型的なアイドルポップ。この曲もそう。

Aメロはきっちりほぼ同じメロディーの反復、Bメロは例の「パーンパパン」リズム。サビのCメロに入る前に2小節追加されているのも定番。純粋に客席のファンがコールするためだけに存在するかのようなメロディー構成。

サビのCメロもほぼ同じメロディーを2回繰り返し。最後の「还有五秒就会到达」の部分でC#m7⇒F#7⇒Bの代わりにC#m7⇒C⇒Bとなっているのも定番。間奏でBからF#へ経過点転調。

Aメロとサビの伴奏で細かく32分音符くらいで鳴っているシンセもポイント。サビの「出発」「害怕」の部分のフックも、とっても分かりやすくて良い。

M03.ドリームアドベンチャー

イントロのギターですでにEメジャーからFメジャーに半音上昇の転調。このイントロの後にブレイクがあって、まるで別の曲が始まるかのようにまたEメジャーでイントロが始まる構成が斬新。

この公演の初日では、弾幕コメントに「調整室のスタッフが失敗した」と流れてきて、筆者もそう思ったけれど違った。こういう編曲だったのだ。

最初の「Wow wow」でEメジャーのイントロが戻ってきて、Aメロでいきなり三度転調でC#メジャーに。冒頭からかなり凝った作曲。

BメロでF#⇒D#7⇒G#の流れから、同主調のC#マイナーのコード進行で雰囲気が変わり、サビ前にG#7というC#マイナーのドミナントコードで、ピーンという音のブレイク。

サビのCメロでイントロのEに再度三度転調で戻る。平行調のマイナーコード経由で元の調に戻って来るという、三度転調のお手本のような曲。

サビの後半はイントロの「Wow wow」で、これがフックのメロディーになっている。

ツーコーラス目のAメロは、ワンコーラス目のAメロが、バスドラムがオンビートをバス、バスと打っていたのに対して、より静かなビートでさらに雰囲気が穏やかに。

ツーコーラス目のEメジャーのサビ終わりの間奏が、同主調のEマイナーの進行になり、C⇒D⇒Em⇒G⇒C⇒D⇒D/E⇒Eで、最後にまたEメジャーに戻って来る。このあたりクリシェではあるけれど、よく出来た曲。

サビの最後のリフレインで半音上がってFメジャーに転調。ここでイントロの調まで戻る。ラストはフックの「Wow Wow」で終わり。

ここまで捨て曲なしです。

M04.第一人称

公演のタイトル曲。ここでファンキーなディスコ曲。公演全体の曲構成もとても良い。マイナーコードのコテコテのメロディーなので、日本人的には1980年代の雰囲気でとても懐かしい感じ。

間奏のトランペットが突然ムーディーな感じをかもしだしているが、これは人の演奏ではなくて、よく調教されたトランペット音源。

その後のブレイクも定番だけれど、C#マイナーからEbマイナーに長二度転調するために、ここでちゃんと入れてくれるところが良い。

とりあえずここまで。この続きのユニット曲は、特に『妖精(精霊)』など、書きたいことがあり過ぎるけれど、書く時間がとれないので。

SNH48関連動画を気まぐれにご紹介:正統派アイドル・ユェンユェンの生誕祭ソロ、レスリー・チャン十四周忌にMIMIが山口百恵

SNH48グループの最近の動画から気まぐれにご紹介。

まずSNH48チームXIIの正統派アイドル・ユェンユェン(費沁源 Fèi Qìn Yuán フェイ・チンユェン あだ名: ユェンユェン SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 2001/03/20上海市生まれ
 画像集
)『Love Letter』

この曲はSNH48チームXII全曲オリジナル公演『コードXII』のソロ曲で、ふだんはハムスター(嚴佼君 Yán Jiǎo Jūn イェン・チャオチュン あだ名: ハムスター(小倉鼠) SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1995/04/29湖北省生まれ
 画像集
)担当だが、この日はユェンユェン(費沁源 Fèi Qìn Yuán フェイ・チンユェン あだ名: ユェンユェン SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 2001/03/20上海市生まれ
 画像集
)の誕生日特別公演ということで、彼女が担当。

次は北京BEJ48チームB MIMI(陳美君 Chén Měi Jūn チェン・メイチュン あだ名: MIMI BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1997/01/15広東省生まれ
 画像集
)がカバーしたレスリー・チャン(張國榮)『風継続吹』

この日は北京BEJ48チームE『ティアラ・ファンタジー(奇幻加冕礼)』エイプリルフール特別公演だが、同時に香港の俳優レスリー・チャン(張國榮)の十四周忌でもあった。

そのため公演が始まる前に特別曲として、レスリー・チャン(張國榮)が山口百恵『さよならの向こう側』を広東語でカバーした曲『風継続吹(風は吹き続く)』を、SNH48五期生MIMI(陳美君 Chén Měi Jūn チェン・メイチュン あだ名: MIMI BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1997/01/15広東省生まれ
 画像集
)がロングドレスでカバー。

美しい。

広州GNZ48第三弾オリジナルEP『I.F』よりメイン曲『たんぽぽの足跡』音源公開、素晴らしいアイドルポップス

広州GNZ48第三弾オリジナルEP『I.F』のメイン曲『たんぽぽの足跡(蒲公英的脚印)』音源が先行公開された。

広州GNZ48第三弾EP選抜メンバー『たんぽぽの足跡』

作曲は金源奕、朴志娟、作詞は松本広。

アイドルポップスとしては文句なしの水準の曲。

遅めのテンポの16ビートで、Bメロでリズムパターンが少し変わってから、サビのCメロに行って、その後にまだフックのメロディーがあり、さらにブリッジのDメロまであるという、すごくぜいたくな構成。

ツーコーラス目の後のサビのリズムパターンが突然8ビートになったり、編曲も素晴らしい。

北京BEJ48第三弾EPのTeam B、Team E曲と違って、アウトロも全く手抜きなし。とにかく素晴らしい曲。

本当に最近のSNH48姉妹グループのオリジナル曲のクオリティは高くて、日本人の耳にも十分鑑賞に耐える。この曲もAKB48のシングルのカップリングにしても、全然問題ないでしょう。

金源奕さんの名前をググってみたところ、滋慶学園COMグループという専門学校の「留学生インタビュー」のページが見つかった。フルネームがどこにも書かれていないのに、なぜGoogleに引っかかったのかと思ったら、HTMLのソースコードにフルネームが書いてあった。

韓国出身の方で、この学校でレコーディングエンジニアを専攻、卒業後、韓国TS Entertainmentに就職して専属作曲家になったとある。たぶん朴志娟さんも韓国の方だろう。

作詞家の日本人っぽい名前の松本広という人はナゾ。中国検索エンジンの百度で調べても出てこない。そもそも日本人が中国語で鑑賞に耐える作詞ができるはずがないし。

日本で学んだ韓国人作曲家の曲に、中国語の歌詞がついてというふうに、まさに日中韓のコラボ曲。

広州GNZ48第三弾EP『I.F』の他の曲も楽しみ。

北京BEJ48チームBが2017/04/14開始のベスト公演は『女神』『目撃者』『手つな』『僕の太陽』『夢死な』と相当ぜいたく

北京BEJ48チームBが半年間上演していた、上海SNH48チームSIIお下がり公演『心の旅程』が2017/04/09(日)に千秋楽を迎え、その後の公演は何になるんだろうと思っていたら、やはりいままでのパターンどおり、ベスト曲公演『十八の輝く瞬間』になった。

(中国語にはもちろん「千秋楽」なんて単語はありません)

で、てっきり北京BEJ48チームBが今まで上演したことがあるAKB48『シアターの女神』公演と、上海SNH48全曲オリジナル公演『心の旅程』からのベスト曲だろうと思ったら、何と、過去にSNH48グループが上演したいろいろな公演からのベスト公演。

つまり、SNH48姉妹グループで、まだAKB48楽曲の中国語版が聴けることになった。

北京BEJ48チームB記念公演『十八の輝く瞬間』は2017/04/14(金)が初日。

セットリスト(曲目)は以下のとおり。

全員曲:

M01.勇気のハンマー(AKB48『シアターの女神』公演より)

そもそも『シアターの女神』公演は、上海SNH48チームNIIがデビュー公演として2013/11/02~2014/04/19の長期間に渡って上演した。前座曲『ロマンスかくれんぼ』を、2016/03/01に大やけどを負ってまだ休養中のエンジェル(唐安琪 Táng Ān Qí タン・アンチー あだ名: エンジェル SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/07湖北省生まれ
 画像集
)が歌っていた。

それをさらに上海SNH48チームXIIがデビュー公演として2015/12/04~2016/12/15の長期間上演し、さらに北京BEJ48、広州GNZ48でも上演された。SNH48姉妹グループを通して、上演回数がもっとも多い公演。

M02.隕石の確率(AKB48『シアターの女神』公演より)
M03.摩天楼の距離(AKB48『目撃者』公演より)

『目撃者』公演は中国では政治的な理由から『前人未到(前所未有)』と改名され、1曲目の『目撃者』をカットした上で、上海SNH48チームNIIが2014/10/11~2015/04/18まで上演していた。

M04.重力シンパシー(AKB48チームサプライズ シングル曲)

『重力シンパシー』は上海SNH48チームSIIがよくパフォーマンスしていた楽曲だが、現地ファンの人気も高いようだ。

ユニット曲:

M05.Glory days(SKE48『手をつなぎながら』公演より)

SKE48『手をつなぎながら』公演は、上海SNH48チームHIIが2015/05/29~2016/03/20まで上演しており、2017/04/01(土)千秋楽となる同チームの『十八の輝く瞬間』公演にも、何曲か取り上げられている。

この公演では現地ファンとしては、『Innocence』と『ロマンスロケット』で盛り上がって、『遠くにいても』で泣くという流れ。

ただ、この『Glory days』を上海SNH48チームHIIが上演したときは、今は退団しているルーシー(王璐 Wáng Lù ワン・ルー あだ名: ルーシー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/05/20河南省生まれ
 画像集
)の片手側転など、アウトロ部分で派手な見せ場があるのがポイント。

北京BEJ48チームBでは、誰かがアクロバティックな振り付けを見せてくれるのだろうか。

M06.キャンディー(AKB48『シアターの女神』公演より)
M07.ヒグラシノコイ(AKB48ひまわり組『僕の太陽』公演より)

『僕の太陽』公演は、上海SNH48チームNIIが2015/04/24~2016/01/10まで上演し、その後広州GNZ48チームNIIIも上演。最近千秋楽を迎えたばかり。

現地ファンにとって『僕の太陽』公演の『BINGO!』はSNH48二期生チームNIIの代名詞のようになっている。

M08.チョコの行方(SKE48『手をつなぎながら』公演より)
M09.Confession(AKB48ひまわり組『夢を死なせるわけにいかない』公演より)

『夢を死なせるわけにいかない』は上海SNH48一期生チームSIIが、デビュー公演『最終ベルが鳴る』、『長い光(恋愛禁止条例)』、『パジャマドライブ』、『RESET』につづく5つめの公演として上演した。

現地では『譲夢想閃耀(夢を輝かせる)』というポジティブなタイトルに変わっている。ダイモン(戴萌 Dài Méng ダイ・モン あだ名: ダイモン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/08上海市生まれ
 画像集
)、Bちゃん(孔肖吟 Kǒng Xiào Yín コン・シャオイン あだ名: Bちゃん SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1992/04/11遼寧省瀋陽市生まれ
 画像集
)、マオマオ(李宇琪 Lǐ Yǔ Qí リ・ユーチー あだ名: マオマオ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/26陝西省西安市生まれ
 画像集
)、CC(徐晨辰 Xú Chén Chén シュー・チェンチェン あだ名: CC SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1990/06/20江蘇省南京市生まれ
 画像集
)が上海SNH48チームSIIでのオリジナル・メンバーだと思う。

全員曲:

M10.心の旅程(SNH48チームSII全曲オリジナル公演『心の旅程』より)

『心の旅程』はSNH48グループ初の全曲オリジナル公演で上海SNH48チームSIIが上演、広州GNZ48チームG、瀋陽SHY48チームSIIIは今でも上演中。

M11.シアターの女神(AKB48『シアターの女神』公演より)
M12.Pioneer(AKB48『目撃者』公演より)

この『Pioneer』の選曲は、ひたすら盛り上がる曲だからだろう。中国語タイトルは歌詞の「We Are The~」の部分を取って、「We Are The SNH」というタイトルになっていた。今回は「We Are The BEJ」となる。

M13.サヨナラのカナシバリ(AKB48『シアターの女神』公演より)
M14.私の舞台(SNH48チームSII全曲オリジナル公演『心の旅程』より)

この『私の舞台』は全曲オリジナル公演『心の旅程』のラスト曲。

アンコール曲:

M15.愛はファンタジーのよう(愛似Fantasy)(BEJ48オリジナルEPより)
M16.銀河パーティー(BEJ48オリジナルEPより)
M17.ヘビーローテーション(AKB48シングル曲)
M18.陽光協奏曲(BEJ48オリジナルEPより)

アンコール後は、北京BEJ48のオリジナルEP曲が3曲も入っている。

その中に上海SNH48一期生のデビュー曲『ヘビーローテーション』が入っているのは、とても象徴的。中国のSNH48グループにとって『ヘビーローテーション』の中国語カバーは、すべての始まりの曲だからだ。

以上、これはこれで毎回楽しめそうな、北京BEJ48チームB『十八の輝く瞬間』公演の楽曲紹介でした。

北京BEJ48第三弾全曲オリジナルEP『マニフェスト(宣言)』追加3曲音源公開

北京BEJ48第三弾EPのメイン曲『マニフェスト(宣言)』以外の3曲の音源が公開されたので、ご紹介。

どれも典型的なJ-POPアイドル曲。現地ファンなら安心して聴けるタイプの楽曲。

01.マニフェスト(宣言) 北京BEJ48選抜メンバー

メイン曲はMVとMVメイキングとも、このブログではご紹介済み。

02.陽光協奏曲 北京BEJ48 Team B

この「陽光協奏曲」はイントロだけ聴くと一瞬『ポニーテールとシュシュ』か?と思う。BメロからCメロのサビへの転調のコード進行も、少し似ているが、テンポは遅めで8ビートなので雰囲気は全く違う。

それにしてもアウトロの手抜き具合が、曲全体を台無しにしていてもったいない。Dメロこそないけれど、サビの最後のリフレインがちゃんと半音上がるところまで、かなりきっちり作られているのに。

03.愛のキャッシュカード(愛情儲蓄卡) 北京BEJ48 Team E

ストリングスとティンパニの編曲が面白い曲。サビのフックも一度聴いたら忘れない洗脳系で、よく出来ている。サビへの転調もあるし、間奏の引用も曲の雰囲気にあっているし、Dメロまで書かれているし、カップリング曲としてはかなりレベルが高め。

ただ、この曲もアウトロが手抜き。どうしてなんだろう。

04.リトル・ラッキースター(小幸運星) 北京BEJ48 Team J

サビ始まりの「ウフフッ」、Bメロに経過転調があり、サビで転調。サビにCメロとDメロの2つもメロディーがあって、後半のDメロが曲の冒頭のメロディー。うっかり聴き流しそうになるけれど、メロディーがぜいたくな曲。

アウトロはこの曲がいちばんまともかも。

いずれにせよ、かなり安心して聴ける水準のアイドル曲がそろっていて、上海SNH48姉妹グループは、北京BEJ48も広州GNZ48も、外から買ってきた曲を選ぶスタッフのセンスが光っている。