広州GNZ48セカンドEP『BOOM!BOOM!BOOM!』予約発売開始

北京BEJ48はすでにニューイヤーEPとして、2ndオリジナルEP『微笑みの向日葵』を発売しているが、広州GNZ48も中国の旧正月に合わせて2ndオリジナルEP『BOOM!BOOM!BOOM!』を発売した。

収録曲のうち『新年好(ハッピー・ニュー・イヤー)』『回家(帰宅)』の2曲はすでに音源が公開されている。(『新年好』はあまり聴く価値がないのでご紹介していない)

こちらがメイン曲『BOOM!BOOM!BOMM!』選抜メンバー。

左から、ルイツ(龍亦瑞 Lóng Yì Ruì ロン・リールェイ あだ名: ルイツ(瑞子) GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 10/02四川省生まれ
)、りんたん(肖文鈴 Xiào Wén Líng シャオ・ウェンリン あだ名: リンたん GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 2001/01/24四川省生まれ
)、チェンチェン(劉倩倩 Liú Qiàn Qiàn リョウ・チェンチェン あだ名: チェンチェン GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1994/11/28福建省生まれ
)、ミッフィー(劉力菲 Liú Lì Fēi リョウ・リーフェイ あだ名: ミッフィー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1995/10/30四川省生まれ
)、Kiko(李沁潔 Lǐ Qìn Jié リー・チンジエ あだ名: KIKO GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/02/12四川省生まれ
)、Kimmy(鄭丹妮 Zhèng Dān Ní チェン・タンニー あだ名: Kimmy GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 2001/01/26広東省生まれ
)、オリビア(唐莉佳 Táng Lì Jiā タン・リーチャー あだ名: オリビア GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/01/18四川省生まれ
)、レイレイ(謝蕾蕾 Xiè Lěi Lěi シエ・レイレイ あだ名: レイレイ GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/12/01江西省生まれ
)、ナオナオ(盧靜 Lú Jìng ルー・チン あだ名: ナオナオ GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1994/11/05福建省生まれ
)、きつね(高源婧 Gāo Yuán Jìng カオ・ユェンチン あだ名: キツネちゃん GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/07/06山東省生まれ
)、soso(張瓊予 Zhāng Qióng Yú チャン・チョンユー あだ名: soso GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/21浙江省生まれ
)、だんご(陳雨琪 Chén Yǔ Qí チェン・ユーチー あだ名: だんご GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 2000/12/16湖南省生まれ
)、アベル(張凱祺 Zhāng Kǎi Qí チャン・カイチー あだ名: アベル(啊belle) GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1998/11/02香港生まれ
)、リーロン(黃黎蓉 Huáng Lí Róng フアン・リーロン あだ名: リーロン GNZ48 Team G
 GNZ48 1期生
 01/23湖南省生まれ
)、ワイワイ(王盈 Wáng Yíng ワン・イン あだ名: YY(ワイワイ) GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 06/15陕西省生まれ
)、シャオユー(張心雨 Zhāng Xīn Yǔ チャン・シンユー あだ名: シャオユー GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 03/24陝西省生まれ
)。

中国2ちゃんねるで拾った、広州GNZ48ファーストEP『あなたの知らない私』と今回の『BOOM!BOOM!BOOM!』選抜メンバー比較表。

「期数」は「5期」がSNH48五期生からの移籍組、「6期」がSNH48六期生からの移籍組、「广1」が広州GNZ48一期生の意味。年齢もバッチリ書いてある。

レイレイ(謝蕾蕾 Xiè Lěi Lěi シエ・レイレイ あだ名: レイレイ GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/12/01江西省生まれ
)は当然ながら、広州GNZ48不動のエース。

今回新たに選抜に入ったメンバーのうち、広州GNZ48一期生の4人、リーロン(黃黎蓉 Huáng Lí Róng フアン・リーロン あだ名: リーロン GNZ48 Team G
 GNZ48 1期生
 01/23湖南省生まれ
)、ルイツ(龍亦瑞 Lóng Yì Ruì ロン・リールェイ あだ名: ルイツ(瑞子) GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 10/02四川省生まれ
)、シャオユー(張心雨 Zhāng Xīn Yǔ チャン・シンユー あだ名: シャオユー GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 03/24陝西省生まれ
)、ワイワイ(王盈 Wáng Yíng ワン・イン あだ名: YY(ワイワイ) GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 06/15陕西省生まれ
)は激しく納得。

逆に選抜から落ちたメンバーで意外だったのは、ペイペイ(林嘉佩 Lín Jiā Pèi リン・チャーペイ あだ名: ペイペイ GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1998/08/16広東省生まれ
)、CK(陳珂 Chén Kē チェン・コー あだ名: CK GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1995/08/09湖南省生まれ
)、ちんゆー(陳欣妤 Chén Xīn Yú チェン・シンユー あだ名: ちんゆー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1999/06/05台湾生まれ
)、もーちん(陳慧婧 Chén Huì Jìng チェン・フェイチン あだ名: もーちん GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1997/01/13浙江省生まれ
)。

ライオン(曾艾佳 Zēng Ai Jiā ツォン・アイチャー あだ名: ライオン GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1995/07/11四川省生まれ
)はチームGキャプテンなので、あえてシングル選抜に入る必要もない。akuma(周倩玉 Zhōu Qiàn Yù チョウ・チェンユー あだ名: akuma GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/04/18四川省生まれ
)はたぶん好き嫌いがはっきり分かれるタイプのメンバーなので仕方ないかも。

Pany(左嘉欣 Zuǒ Jiā Xīn ツオ・チャーシン あだ名: Pany GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/09/01上海生まれ
)はEP収録曲『回家(帰宅)』のミニドキュメンタリーの主役になっているので、今回のEPで果たした役割としては十分。

そういう意味で、選抜から落ちたペイペイ(林嘉佩 Lín Jiā Pèi リン・チャーペイ あだ名: ペイペイ GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1998/08/16広東省生まれ
)、CK(陳珂 Chén Kē チェン・コー あだ名: CK GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1995/08/09湖南省生まれ
)、ちんゆー(陳欣妤 Chén Xīn Yú チェン・シンユー あだ名: ちんゆー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1999/06/05台湾生まれ
)、もーちん(陳慧婧 Chén Huì Jìng チェン・フェイチン あだ名: もーちん GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1997/01/13浙江省生まれ
)は少し意外。

それにしても広州GNZ48って、華南地区のグループなのに、四川省出身が多い気がする。

SNH48日産協賛の中国ツイッター「微博之夜」授賞式で「年度人気グループ賞」受賞

SNH48が2017/01/16(月)、中国ツイッター(新浪微博)が2003年から年に一度開催している、東風日産協賛の「微博之夜」という授賞式で、「ウェイボー(微博)年度人気グループ」賞を受賞した。場所は北京国際会議センター。

授賞式に参加したのは、一期生チームSIIキキ(許佳琪 Xǔ Jiā Qí シュー・チャーチー あだ名: キキ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1995/08/27浙江省生まれ
)、タコちゃん(張語格 Zhāng Yǔ Gé チャン・ユーグー あだ名: タコちゃん SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1996/05/11ハルピン市生まれ
)、二期生チームNIIカチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)、テテちゃん(黃婷婷 Huáng Tíng Tíng フアン・ティンティン あだ名: テテちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/08江蘇省南京市生まれ
)、ユーミー(趙粵 Zhào Yuè チャオ・ユエ あだ名: Akira SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/04/29湖北省武漢市生まれ
)、ナナちゃん(萬麗娜 Wàn Lì Nà ワン・リナ あだ名: ナナちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1997/10/02江西省九江市生まれ
)の6名。

以前から何度も書いているように、中国のこの手の賞は結果の評価というより、授賞式に出ることでメディア露出を増やすためのもの。

なので、他にどういう受賞者がいるかを見ておいたほうがいい。

こちらが受賞者リスト(1/2)
こちらが受賞者リスト(2/2)

筆者は中国人ではないので全部は分からない(笑)。以下、個人的に知っている名前だけを取り上げる。

たとえば「ホットな人物賞」に「papiちゃん」がいるのは激しく納得。

「突破スポーツチーム賞」に中国女子バレーボールチーム、「突破人気スポーツチーム賞」に中国卓球チームが選らばれているのは、2016年がオリンピック・イヤーだったので妥当なところ。

「影響力企業賞」がやや謎で、OPPOは2016年に中国国内のスマホ史上でシェアを伸ばしているので分かるが、ファーウェイの影響力は以前からだし、スマホブランドのシャオミー(小米)に至っては2016年は人気が落ちた年だったはず。中国版Uberの「ディーディー(滴滴)」は妥当なところ。東風日産も入っているが、協賛企業が自分で自分に授賞してどうする、とツッコミを入れたくなる。

そして「ウェイボー(微博)キング」はTFBOYS、「ウェイボー(微博)クイーン」は范冰冰(ファン・ビンビン)と、何の意外性もない。

「年度男神賞」にショウ・ルオ(羅志祥)がいるのは、たぶん上海東方衛星テレビのリアリティーショーに出演したときの女装キャラでだと思う(笑)。

そしてSNH48は「音楽ランキング」カテゴリーで受賞している。

同カテゴリの「年度卓越成就歌手」はアーメイ(張惠妹)。実力派の彼女はいまさら賞など不要だが。「最も実力のある歌手」のジェーン・チャン(張靚穎)も、今さら受賞するまでもない。

この流れで「音楽ランキング」のいちばん最後に「年度人気グループ」としてSNH48が受賞している。

SNH48が范冰冰クラスの人気を得て「ウェイボー(微博)クイーン」になれるはずがないし、実力派ではないので「卓越」とか「実力のある」とかいう賞をとれるはずもない。

ただ、女性グループとしては、たしかに今の中国の内地でSNH48に代わる存在はいないと思う。そういう意味でSNH48運営会社が女性アイドルグループという「ブルーオーシャン」で先手を取っているのは事実。

(そしてそういう重要なビジネスパートナーとケンカ別れするという、大失敗をやらかしたAKB48運営に、経営の才覚がないのもれっきとした事実)

もちろん、台湾や韓国に広げれば、SNH48に代わるグループ歌手はいくらでもいるけれど。

いずれにせよ、このイベント「微博之夜」の中国ツイッター(新浪微博)公式アカウントのフォロワー数だけでも280万ユーザ。

そこでこのイベントのオンライン生放送が告知され、SNH48の名前が何度もツイートされ、オンライン生放送を見た人がSNH48の6人を見て「何だこれ」と思っただろう。

その露出だけでも、SNH48が「微博之夜」に参加した価値は十分にある。

SNH48中国中央電視台「春晩」に上海サブ会場から出演確定の模様

やはりSNH48は今年の中国中央電視台旧正月「春節」の国民的番組「春晩」に出演するようだ(以下、CCTV春晩。

今年のCCTV春晩は、北京のメイン会場の他に、上海、広西省桂林、四川省西昌、黒竜江省ハルピンの4か所のサブ会場があり、SNH48は上海会場、東方明珠塔(オリエンタル・パールタワー)から出演とのこと。

2017/01/14に行われたリハの様子が、中国の動画サイト最大手「iQiYi 愛奇藝」の短い短いネットエンタメニュースになっていた。

SNH48運営が重要な仕事があるので、SNH48五期生チームXIIりんご(張文靜 Zhāng Wén Jìng チャン・ウェンチン あだ名: りんご SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1998/01/14上海生まれ
)の生誕祭と通常公演を延期すると発表していた日。

↓五期生、六期生、七期生しか見当たらない。左端の2人はSNH48七期生トマト(呂一 Lǚ Yī リュー・イー あだ名: トマト SNH48 Team SII
 SNH48 7期生
 06/27重慶生まれ
)、Yuriko(江真儀 Jiāng Zhēn Yí チャン・チェンイー あだ名: Yuriko SNH48 Team NII
 SNH48 7期生
 2001/02/08上海生まれ
)。

↓左から七期生シャオイェン(許逸 Xǔ Yì シュー・イー あだ名: シャオイェン SNH48 Team NII
 SNH48 7期生
 10/07四川省生まれ
)、六期生チュエチュエ(成珏 Chéng Jué チャン・チュエ あだ名: チュエチュエ SNH48 Team SII
 SNH48 6期生
 1998/01/03上海生まれ
)、六期生エリカ(林憶寧 Lín Yì Níng リン・イーニン あだ名: エリカ SNH48 Team X
 SNH48 6期生
 1997/07/17上海生まれ

↓ピンク色の帽子はユーユー(潘瑛琪 Pān Yīng Qí パン・インチー あだ名: ユーユー(羽羽) SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1998/09/27上海市生まれ
)?その左後ろの真っ白のダウンジャケットは五期生の鄒佳佳 Zōu Jiā Jiā ゾウ・チャーチャー あだ名: 小猪熊 SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1998/10/28四川省生まれ
(ゾウ・チャーチャー)、さらにその左は五期生アキちゃん(劉增艶 Liú Zēng Yàn リョウ・ツォンイェン あだ名: あきちゃん SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1996/08/31四川省生まれ
)。

2017/01/12時点でリークされていたCCTV春晩のプログラムの一部。リーク情報はいくつかあって、それぞれ微妙に違っている。

TFBOYSは北京のメイン会場だが、いきなり冒頭に登場ということだろうか。SNH48の名前はこの時点のリーク情報ではまだない。または、単なるバックダンサーか?

1、开场歌舞(洪荒少年+喂鸡舞)表演:鹿晗、TFBOYS、李昊城、傅园慧
2、奥运冠军给全国观众拜年,成员:郎平、朱婷、惠若琪领衔的中国女排,马龙、张继科、孙杨、张梦雪、吴敏霞
3、相声(蓝瘦不香菇)表演:贾玲、白凯南
4、小品(坦诚相见)表演:冯巩、林永健
5、歌曲(李)演唱:李玉刚、李宗盛、李玟、李易峰
6、歌曲(新牡丹亭)演唱:李雨儿、杨桃、储兰兰
7、小品(你轻点)表演:刘亮、白鸽
8、模仿秀(我是谁)表演:孙建宏
9、上海分会场–歌曲(认真的雪)演唱:薛之谦
10、小品(千钧一发)表演:郭冬临、邵峰
11、歌曲(江山颂)演唱:雷佳
12、相声(新虎口遐想)表演:姜昆、戴志诚
13、哈尔滨分会场–歌曲(天赋)演唱:唐嫣、罗晋
14、歌曲(文艺男青年之歌)演唱:孔东东、刘佳
15、钢琴独奏(高山流水)表演:朗朗
16、歌曲(兔子爱萝卜)演唱:杨臣刚
17、西昌分会场–歌曲(天空)演唱:王菲
18、歌曲(牧羊辞)演唱:黄琦雯、郑绪岚
19、小品(老有所依)表演:嘻哈包袱铺
20、武术表演(中华功夫)表演:王洪祥、陈逸豪等《混混拳王》剧组
21、小品(一个小目标)表演:蔡明、潘长江
22、杂技(洪荒之力)表演:李童、登封市少林鹅坡武术专修院
23、相声(这样是哪样)表演:曹云金、刘云天
24、歌曲(妈,我回来了)演唱:毛阿敏、李可亮
25、歌曲(生命之枪)演唱:张梦雪、孙浩雨
26、桂林分会场–歌曲(生活不止眼前的苟且)演唱:许巍
27、魔术(滴水不漏)表演:傅琰东
28、歌曲(龙曲)演唱:成龙、龚铭
29、舞蹈(锦绣河山)表演:中国东方演艺集团
30、相声(好好说话)表演:苗阜、王声
31、歌曲(王、张、刘、陈)王程程、张杰、刘若英、陈奕迅
零点仪式:金鸡报喜
32、诗歌(咏鸡诗)朗诵:余秀华、张一一、危勇、蒋慕平
33、歌曲(敢问路在何方、在那桃花盛开的地方)演唱:蒋大为
34、歌曲(跑跑跑+梅花山恋歌)演唱:陈思思、江涛
35、歌曲(中国欢迎你)演唱:张也、郁钧剑、晏菲、刘和刚
36、结束歌曲(难忘今宵)演唱:李谷一等群星

今年は撒貝寧(サーベイニン)兄さんが司会陣にいないということも、ちょっとしたニュースになっている。SNH48も2016年はいくつかの番組で共演があったので、少し残念。

フェイ・ウォン(王菲)が本当に『天空』を歌うんだったら是非観ないと。C-POPを聴き始めたころの懐かしい曲。

去年のCCTV春晩は習近平の政治色がかなり強く、SNH48の現地ファンのツイートや中国2ちゃんねるの書き込みを見ていると、やや不評だったようだ。今年はエンタメよりの内容になるのか、やっぱり舞台上で老兵をねぎらって中国の特色ある社会主義の完成に向けて邁進するのか(笑)。

広州GNZ48チームG soso(張瓊予)が生誕祭で力いっぱい見せた「初心」

広州GNZ48ではこの週末、連日生誕祭だった。

2017/01/14(土)昼公演 チームNII オリビア(唐莉佳 Táng Lì Jiā タン・リーチャー あだ名: オリビア GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/01/18四川省生まれ

2017/01/14(土)夜公演 チームG soso(張瓊予 Zhāng Qióng Yú チャン・チョンユー あだ名: soso GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/21浙江省生まれ

2017/01/15(日)昼公演 チームG リーロン(黃黎蓉 Huáng Lí Róng フアン・リーロン あだ名: リーロン GNZ48 Team G
 GNZ48 1期生
 01/23湖南省生まれ

生誕祭はアンコールの直後に、メンバーが自分で演目を考えてパフォーマンスする特別コーナーがある。

この3人の中から、SNH48六期生の広州移籍組、soso(張瓊予 Zhāng Qióng Yú チャン・チョンユー あだ名: soso GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/21浙江省生まれ
)の特別コーナー、韓国の女性グループmiss A『Bad Girl, Good Girl』のダンスの後、同じ広州GNZ48チームZの制服で踊ったAKB48楽曲3曲の映像をどうぞ。

広州GNZ48チームG soso(張瓊予 Zhāng Qióng Yú チャン・チョンユー あだ名: soso GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/21浙江省生まれ

『君のことが好きだから』『彼女になれますか』『重力シンパシー』

つまり彼女はソロで4曲つづけて踊ったわけだが、最後の『重力シンパシー』まで、広州GNZ48星夢劇院の左右の袖までいっぱいに使って踊っているのが素晴らしい。

ちなみにこの3曲は上海SNH48が過去に歌ったことがあるので、SNH48運営として公式の中国語詞は存在する。

運営会社どうしが対立していても、メンバーにとってはやはりAKB48が「初心」なのだということがよく分かる映像。

SNH48一期生デビュー四周年記念公演冒頭4曲公式映像

SNH48チームSIIデビュー四周年記念公演2017/01/12の冒頭四曲の公式映像が公開されていたので、少し遅くなりましたがご紹介。

公式映像なのに音質が悪い。マイクが完全にONで生歌。諸事情あって現地に観に行けない身としては、映像作品としてなら半マイクで全然OKです、という感想。『最終ベルが鳴る』のツーコーラス目のAメロ前半、誰も歌わない部分の意味も不明。

あまりに音質が悪かったので、そこだけなぜか音量が低かったOvertureの音量を上げて、会場の浅水湾文化中心くらいのライブハウス規模のリバーブを掛けた。

それでも北京BEJ48公演の毎週のオンライン生放送よりも音質が悪い。

北京BEJ48のオンライン生放送は、伴奏は元音源どおり各音色がそれぞれの場所に定位したまま、半マイクのボーカルは中央に、客席の歓声は、当初はステレオで左右に分けてミックスされていたけれど、最近は中央よりに定位しており、とってもクリアで聴きやすい。

現場で聴いている分には全く問題ないんだろうことは分かっている。

でもSNH48運営はこういうライブ映像を正式に公開するなら、音はプロフェッショナルに作ってほしい。SNH48一期生チームSIIのパフォーマンスが台無しになっている。

SNH48チームSIIがどれだけ素晴らしいか、48系文化を中国で商業的に成功させた一期生のすごさを、ネット上の不特定多数の人に発見してもらうには、数週間かかってもいいので、手を抜かずに、伴奏を後からミックスして、ちゃんとした音源の映像作品として出してほしい。

記念すべき四周年公演なのに、映像作品としての質の悪さが本当に残念。