SNH48新派生チーム「7 SENSES」プロデューサが結成までの経緯を長文ツイート

SNH48の音楽プロデューサ的なポジションの滕少さんが、新派生ユニット「7 SENSES」の結成までの経緯について、中国ツイッター(新浪微博)で長文ツイートしていたので、日本語試訳。

なるほどそういうことか、と思った。原文の2017/04/08 14:12のツイートはこちら

7SENSESがついにデビューした、やっと時間ができたのでみんなに7SENSESのストーリーについて話そうと思う。

まず、最初の構想をしていたとき、4人のチームを作るつもりで、それほどすごいものを作ることは考えていなかった。せいぜい48系の中で少し目立つようなものしか考えていなかった。

2015年はじめになって、確かに4人だと公演のユニット曲と似すぎていると思った。しかも曲のスタイルも48系と同じなら、観客のみなさんがどうしてこの4人のユニットをわざわざ見に来るだろうか、公演を見に来ればいいじゃないか、と思った。

その後、僕の心配を裏づけることがあった。2014年から、会社にいたYさん(訳注:AKB48から派遣されていた顧問)がいつもAKB48のDIVAのCDを僕のところに持ってきて、その後、ある日僕に言った。

DIVAはやらない。これが最後のCD。わかった、OK。それでこのとき、チームを作る企画は僕の頭から完全に捨て去った。

その後に考えた方向は、まず第一に48のスタイルと完全に区別すること、第二に必ず特徴をつけること。何かのタイプの模倣ではダメだということ。他人の影になってはいけない。

それで7人のプロトタイプと、音楽スタイル、全体のイメージ設定にだいたいの方向付けができた。初稿が完成したとき会社の内部で提案して、許可を得てから引き続きさまざまなコンセプトとコンテンツを仕上げていった。

2015年9月、Big-Hit(訳注:韓国のレコードレーベル)の社長が会社に来て僕らと文化交流を行ったとき、深い話をした後、Bang社長のひとことが僕の考えを一気にクリアにしてくれた。

タレントが自分のいちばん好きなスタイルをやる、毎日彼女たちのレッスンをじっと見ている必要はない。彼女たちが自分でレッスンするんだ」「グループのイメージ設定は歌やダンスよりももっと重要

しばらく考えた後、僕らは7SENSESのために中国国内では数少ないGirl Crushのイメージと曲のスタイルを設定して、女性グループを男性グループ化することがキーワードになった。

Hip-Hop文化と音楽は、ずっと実力派アイドルグループの武器で、これはブラックカルチャーが起源になっている。リズムとビートが若者にとても愛されていて、今のところ全世界で主流の音楽のトレンドになっている。

7SENSESがもしこのメインカルチャーに立脚するとすれば、この種の武器を使うのは必然的な結論だった。ただ当時は48系のファンの皆さんのことを考えると、多くはロックを聴いて成長している。

ロックのリズムパターンとメロディーの方向とHip Hopという原案は両極端だ。48系のファンは慣れないし受け入れられないかもしれないと思った(じっさい7SENSESのデビューライブの後、確かにこういう状況が現れた)。

ただ最終的に会社のいろいろな部門の同僚たちと話し合って、みんなも原案がチームの進むべき道だと思っていた。もともとのカルチャーやスタイルにこだわる必要はない。そこで最後にさらに進んで、Hip Hopだけでなく最新のトレンドのTrapの要素も取り入れることにした。

アジアや欧米のいろいろなトップクラスのプロデューサやDJとコラボして、今回の7SENSESの作品を作り出した。
チームの人選については、ずっと「タレントが自分のいちばん好きなスタイルをやる」この言葉を胸に刻んでいた。

SNH48の100人強の少女のうち、本当にこの種のカルチャーが好きで、スタイルを変えたいと思っているメンバーで、かつトータルな人物設定に合うメンバーは決して多くなかった。

2016年12月、二年にわたって選んだこれらのメンバーが同時に僕の目の前に立ったとき、確かにある種の衝撃を感じた。それで僕らは決心した。必ず人前に出せる一大事を成し遂げてみせると

以下、筆者の個人的な考え方なので、読みたくない方は必ず無視して下さい

続きを読む…

上海SNH48チームHIIドリーム(王金銘)瀋陽SHY48チームHIII移籍正式発表

上海SNH48六期生チームHIIドリーム(王金銘 Wáng Jīn Míng ワン・チンミン あだ名: ドリーム SHY48 Team HIII
 SNH48 6期生
 1996/07/18遼寧省生まれ
 画像集
)がずっと姿を見せておらず、中国ツイッター(新浪微博)も2017/01末で更新が止まっていたが、現地のウワサどおり、瀋陽SHY48に正式に移籍となったようだ。

実家が瀋陽にあるからだが、1996年生まれなので、大学卒業のためもあるのだろうか。

また舞台に復帰できるチャンスを得られて本当によかった。

いま瀋陽SHY48チームHIIIは上海SNH48チームXの全曲オリジナル公演『ドリーム・フラッグ(夢想的旗幟)』をお下がりで上演している。

歌と振り付けを覚えるのが大変だろうけど、上海SNH48チームHIIが『手をつなぎながら』公演を上演していたとき、3人のユニット曲『Glory days』で前方倒立回転を見せてくれた彼女なら大丈夫だろう。

何だかんだいっても、SNH48グループの運営会社って良い会社。

北京BEJ48からまた名曲、結成一周年記念曲『栄光の勲章』、編曲はkoshin(胡臻)さん

北京BEJ48結成一周年記念曲『栄光の勲章(榮耀勛章)』の音源が、今日2017/04/07公開された。

伴奏がかなりヘビーな曲だけれど、アイドルポップの枠をはみ出さないギリギリの範囲で、ディストーションギターやEDMを多用している。

いろんなスタイルの音楽を取り込みながらも、あくまでアイドルポップとして成立させるところが、編曲家としての腕の見せどころ。

どうりでこの曲の編曲は、例のkoshin(胡臻)さん。2008年エイベックス・ワールドオーディションでアーティスト・グランプリを受賞した作曲家。

北京BEJ48と広州GNZ48の最近のEPやオリジナル楽曲は、安心して聴ける水準に達している。

単にヘビーメタルやdub step曲をそのままアイドルに歌わせるという、何の工夫もないプロデュースの方法ではなく、逆にヘビーメタルやdub stepをアイドルポップのパッケージに吸収してしまうところに才能を感じさせる。

アイドルポップはコテコテの中二病な楽曲で良いのだ。

まともなヘビーメタルやEDMを聴きたいなら、わざわざアイドルが歌っているものを聴く必要はまったくない。それらのスタイルの本格的なアーティスト曲を聴けばいい。

瀋陽SHY48の活動いろいろ:中国スーパーサッカーリーグ地元チームの応援、SNH48チームX交換公演、キャンパス突撃第三弾

上海SNH48の3つ目の姉妹グループ、瀋陽SHY48が劇場外のお仕事もいろいろとがんばっている件。

まずチームSIIIが中国スーパーサッカーリーグ(CSL)の遼寧宏運と江蘇舜天の対戦で、地元の遼寧宏運を応援、みごと遼寧宏運が3対1で勝利、とのこと。

瀋陽SHY48は正直、まだ全員の顔と名前が一致していないので、写真だけご紹介。

↓左が李慧 Lǐ Huì リー・フェイ SHY48 Team SIII
 SHY48 1期生
 11/8河北省生まれ
 画像集
(リー・フェイ)、右がモンモン(王詩蒙 Wáng Shī Mēng ワン・シーモン あだ名: モンモン SHY48 Team SIII
 SHY48 1期生
 11/01遼寧省瀋陽生まれ
 画像集
)、チームSIIIのセクシー担当。

そして瀋陽SHY48チームHIIIと、上海SNH48チームXの交換公演企画。

先週末、上海SNH48チームXが瀋陽SHY48の劇場まで出かけて『ドリーム・フラッグ(夢想的旗幟)』公演を上演した。

その翌週、こんどは瀋陽SHY48チームHIIIが上海SNH48の劇場へやって来て、同じ『ドリーム・フラッグ』公演を上演。

予想どおりSHY48チームHIIIメンバーは、ダイレクトメッセージで現地ヲタに、パフォーマンスのレベルがひどいと叩かれたらしい。WeChatの公開メッセージで自らの不足を謝っているメンバーがいた。


続きを読む…

広州GNZ48チームZシャオユー(張心雨)生誕祭インタビュー映像でチームZのパフォーマンスのレベルの高さに激しく納得

017/04/03に行われた。

そのとき劇場で放映された、彼女のインタビュー映像を日本語試訳する。

広州GNZ48は、チームG、チームNIIIメンバーのほとんどが上海SNH48五期生、六期生からの移籍組だが、チームZは広州GNZ48にはじめから入団してきた一期生(SNH48七期生相当)。

その中でいきなりチームZを取りまとめるキャプテンに実質的に任命された彼女の考えが語られている。

やっぱりシャオユー(張心雨 Zhāng Xīn Yǔ チャン・シンユー あだ名: シャオユー GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 1996/03/24陝西省生まれ
 画像集
)がこれだけの自覚を持っているから、広州GNZ48チームZはいきなりあのレベルのパフォーマンスができるのかと、激しく納得した。

一人の人間としていちばん弱い面を見せる時、その人は100パーセントあなたを信じていることの証明だと思っています。

私は、私たちの間のそういう100パーセントの信頼と気持ちを、とっても大事に思っています。

それに私たちのチームには2000年以降生まれのメンバーがたくさんいます。

どのメンバーもおしなべて年齢が低めです。

親もそばにいませんから、私はある種、お姉さんみたいな役割を引き受けています。

親と言ってもいい責任を負っているかもしれません。

でも当時に、私はチームのいちばん前の真ん中にいる人でもあります。

私はチームZのセンターです。

私の動作一つひとつ、表情一つひとつがこのグループのレベルを代表しています。

星夢劇院(訳注:定期公演を行っている劇場)を出ると、外の人たちは私たちのファンみたいに寛容に私たちに対してくれません。

外の人たちはこの職業のもっとも専門的なレベルを、私たちのパフォーマンスに要求します。

そして私は舞台の真ん中のいちばん前に立っています。

なので私は自分が率先して自分自身に厳しい要求をする必要があります。

外の人たちにGNZ48チームZの能力と潜在力を見てもらうためです。

そうやって初めて私たちはより多くのチャンスと、より多くのリソースをもらえます。

私のファンはときどき、私を気づかって言ってくれます。

心雨(シンユー)そんなに頑張らなくてもいいよ。体がいちばん大事だから。

でも私にとっては、私個人の意見ですが

48系でもっとも欠けていけないものは、努力だと思っています。

メンバー一人ひとりがとってもとっても努力しているからです。

しかも残酷な現実があります。

努力しても、必ず報われるとは限らないことです。

じゃあどうすればいいでしょう。じゃあ何もしなきゃいいんでしょうか。

努力はたしかに、必ず報われるとは限りません。 でも努力しなければ

必ず報われません。

もし100パーセントの努力が100パーセントの報いにつながらなければ

200パーセント、300パーセントと、もっと努力をするんです。

そうやって60パーセント、70パーセントの報いを手に入れるんです。

誰かが私に聞いたことがあります

ファンとアイドルの間には、いったいどういう形の関係があるべきか。

私は『最天使』の歌詞がぴったり当てはまると思います。

(訳注:『最天使』は2009年の曾軼可という女性歌手の曲らしい)

「最初に出逢った人、最後に必要な人、いちばん遠くの人、いちばん近くのときめき」

私たちとファンとの関係は、手をたずさえて一生最後まで歩むことはできないと知っています。

でも少なくとも、アイドルである期間は

私たちいっしょに雨風の中を歩んでいきましょう

彼女が語っている姿が魅力的だとすれば、単なる理想主義者ではなくて、冷徹な現実主義者でもあるからだと思う。