SNH48第三回リクエストアワー、グループ勢ぞろいで円形になれない人数の円陣

SNH48第三回リクエストアワーの舞台裏オンライン生放送より、AKB48グループでおなじみの円陣の場面。

メンバーがぞろぞろと集まってきて、最終的に円陣になれないくらいものすごい人数になって、SNH48グループの高橋みなみ的なポジションの一期生ダイモン(戴萌 Dài Méng ダイ・モン あだ名: ダイモン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/08上海市生まれ
)が先導して「S!N!H!48」と気合を入れている。

その後カメラの目の前ではSNH48チームNII、その右奥ではSNH48チームXが円陣を組んで、さらにそのずっと奥の方では北京BEJ48や、広州GNZ48が円陣を組んでいる。

たった4年でここまで大所帯になるとは。

SNH48第三回リクアワ終わりでさっそく上海と北京で営業のお仕事

SNH48第三回リクエストアワーが2017/01/07(土)に開催された翌日、翌々日、感謝握手会とサイン会・ツーショット会がある一方で、さっそくSNH48グループは営業のお仕事。

肝心のSNH48第三回リクエストアワーを全部見たいという方は、右下に埋め込んでおいたので、そちらで4時間、じっくりご覧ください。

まずSNH48二期生チームNIIテテちゃん(黃婷婷 Huáng Tíng Tíng フアン・ティンティン あだ名: テテちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/08江蘇省南京市生まれ
)とチームHIIという珍しい組合せでのお仕事。

上海東方体育センターで行われた、中国のスマホゲーム『球球大作戦』の全世界決勝戦という、例によって大げさなタイトルのイベント。その最後に『プリンセス・クローク』と『ドリーム・ランド』を歌ったらしい。

SNH48の各チームはすでにマスターしているオリジナル曲があるので、営業のお仕事でも最近はほとんどオリジナル曲。

次に、北京BEJ48チームJ(BEJ48一期生で、SNH48七期生相当)が北京で行われた「人人直播」(人人生放送)の『星光之夜』授賞式に参加した。
続きを読む…