瀋陽SHY48チームSIII人気メンバー韓家樂(ハン・チャールー)がSNH48についてほぼ何も知らずに入団している件(笑)

SNH48姉妹グループでいちばん最近できた瀋陽SHY48チームSIIIの韓家樂 Hán Jiā Lè ハン・チャールー あだ名: ルール― SHY48 Team SIII
 SHY48 1期生
 3/7湖南省常徳生まれ
(ハン・チャールー)について、中国2ちゃんねるでネタを拾ったのでご紹介。

中国ツイッター(新浪微博)に「偶像聯萌」というアカウントがあって、比較的SNH48グループ寄りのネタをたくさんツイートしている。

SNH48八期生の応募者の写真とプロフィールを定期ツイートしたり、SNH48以外の中国の女性アイドルグループ、広州の「1931」などについてもツイートしている。

そのアカウントが2017/01/25 23:54にいったんツイートして削除したツイートを、中国2ちゃんねる民が目ざとく画面ショットにとっていた。それが下図。

要するに瀋陽SHY48の韓家樂 Hán Jiā Lè ハン・チャールー あだ名: ルール― SHY48 Team SIII
 SHY48 1期生
 3/7湖南省常徳生まれ
(ハン・チャールー)は以前「酷狗」というポータルサイトのオンライン生放送サイトで「生主」をやっていたこと。

そして中国の別の女性アイドルグループ(SNH48よりはるかに知名度は低いが)のS.I.N.Gの研究生だったこと。

↓こちらが「生主」だった頃の彼女のプロフィールページ。

「韓韓韓大傻」(大傻は大バカの意味)というアカウント名で、もちろん今は完全に削除されている。

ここから2つのことが分かる。「偶像聯萌」のツイートに書いてあるように、瀋陽SHY48メンバーとしてデビューしたばかりでも素人感がなく、すでにアイドル力があり、人気も急上昇中ということ。

そして、ツイートにはないけれど、SNH48グループについてあまり良くわかっていないこと。

2017/01/25(水)に彼女がSNH48運営会社開発のアプリ「Pocket48」のオンライン生放送機能で、旧正月連休で帰っている実家からの生放送を見ると分かる。

この生放送がめちゃくちゃ面白い。

この録画の画面には現れないが、視聴者が次々書き込むコメントを拾って答えていっている。ずっと「生主」をやっていた彼女にとっては慣れたものだと思う。

前半はファンのウソのコメントに騙されて天然ボケ炸裂だが、後半、SNH48のいろんな曲をリクエストされ、iPadで流そうとしている。

ずっとSNH48ファンをやっていれば誰もが知っている曲、AKB48楽曲も含めて、コメントで次々リクエストされるのだが、韓家樂 Hán Jiā Lè ハン・チャールー あだ名: ルール― SHY48 Team SIII
 SHY48 1期生
 3/7湖南省常徳生まれ
(ハン・チャールー)は驚くべきことに、ほぼ知らない。
続きを読む…

広州GNZ48チームZあーみゃお(杜秋霖)の父親の全身95%熱傷その後

広州GNZ48チームZあーみゃお(杜秋霖 Dù Qiū Lín ドゥー・チョウリン あだ名: あーみゃお GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 08/24四川省生まれ
)のお父さんが放火殺人未遂に遭って、全身95%熱傷を負った件の続報。

あーみゃお(杜秋霖 Dù Qiū Lín ドゥー・チョウリン あだ名: あーみゃお GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 08/24四川省生まれ
)本人が2017/01/29 14:06に数日ぶりに中国ツイッター(新浪微博)のツイートで報告していた。

あーみゃお(杜秋霖 Dù Qiū Lín ドゥー・チョウリン あだ名: あーみゃお GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 08/24四川省生まれ
「まずみなさんここ数日ずっと新年のあいさつで気づかってくれてありがとうございます。
お父さんの状況について。
今日介護士さんがお父さんはICUで体力がいちばんあるって。
先生がこの2日間は呼吸が良くなっていて、体の衰弱の状況も現れてないって。

みんなが質問している手術の時期について
先生は休暇の関係で、旧正月の連休明けに教授が戻ってきたら相談して呼吸が安定しているのを見てから、人工呼吸器を外して手術ができるか確認するって。

今日は年明け二日目、みんな楽しく新年を過ごしてね。

私のことは心配しないで、何と言ってもミミズの生命力は強いから、安心して!
(訳注:「蚯蚓(ミミズ)」は杜秋霖 Dù Qiū Lín ドゥー・チョウリン あだ名: あーみゃお GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 08/24四川省生まれ
の現地のあだ名。名前と発音が近いので)

それからこの数日の医療費の状況は以下のとおり。

まだ集中治療室に入っているので、彼女自身、直接父親に面会できない状況。重度の熱傷だと感染症が致命的なので、仕方ないだろう。

ツイートに添付されている医療費の画像を見ると、27.6万人民元⇒33.3万人民元⇒35.9万人民元(約600万円)という具合に、日々ものすごい費用になっている。

カンパで集まった金額は90.2万人民元で、これからまだ手術を何度も受ける必要があるので、あっという間に使い切るだろう。

これからの医療費がどうなるか分からないが、本人は明るく装っているものの、まだ予断を許さない状況に違いない。無事を祈りたい。

GNZ48 2nd EP『BOOM!BOOM!BOOM!』が名曲ばかりですごすぎる件

広州GNZ48全曲オリジナル 2nd EP『BOOM!BOOM!BOOM!』が軽いノリのタイトルとは裏腹に名曲ばかりですごすぎる。

広州GNZ48の1st EP『あなたの知らない私』のメイン曲『あなたの知らない私』は、Bメロからサビへの転調部分にメロディーがあるという、かなりぶっ飛んだ作曲だった。

今回の2nd EPは、メインの旧正月曲『新年好 A Happy New Year』は狙いがはっきりした普通のニューイヤーソングだが、他の曲が名曲すぎるのでじっくりご紹介。

曲のコード進行なんてどうでもいいと思うかもしれないけれど、インスタントラーメンのスープと、一週間かけて豚骨やらかつお節やら煮込んでとったスープの違いで、出来上がったラーメンの質が全く違うということ。

02.拆封未来(未来を開封)

イントロからAメロは跳ねたリズムのBメジャー。Bメロでリズムが突然跳ねなくなってお決まりの「パーンパパン」になったかと思うと、サビの直前でまた跳ねて、サビは三度転調でG#メジャーへ。

サビはさらに変態的で、バッキングのリズムは8ビートなのに、メロディーが三連符で跳ねている。ベースラインも何気にカッコいい。

次の間奏はチェンバロ音色のバロック風でF#経由で無理やりBメジャーに戻る。バロック風というよりたぶんディズニーのエレクトリカルパレードなのかも。同じ間奏のメロディーのままハーモニカ音色になる意味が分からない(笑)。ここまで来るとすでにプログレッシヴ・ロック。

ツーコーラス目の後、Dメロ(ミドルエイト)へ入る前のコード進行も、アイドルポップスとは思えないくらい洗練されている(筆者の音楽知識ではコードが分からないけれどたぶん分数コード)。

このDメロも前半はシャッフルで跳ねたリズム、後半は8ビート。伴奏にストリングスのトレモロが入ってまるでクラシックで、複数のジャンルの音楽が詰め込まれている。ものすごく凝った編曲。

最後はG#maj7でこれまたカッコいい。

03. 青春不敗

典型的なボカロ曲風EDMが来る。新年EPなのでペンタトニックをベースにした旧正月っぽい味付け。サビのメロディーの洗脳反復もいかにも「らしい」作曲。最後のサビのリフレインは半音上がってテンポも速くなり、ますます洗脳される。

ニコニコ動画ではちゅねミクがネギを振ってそうな「鬼畜」狙いの曲としては本当に良く出来ている。

04. 夢飛船(夢の飛行船)

この曲はイントロがチームZのコールで始まり、8ビートでサビが16ビートになる普通のアイドルポップスかと思っていると、Aメロにまたアイドルポップスらしからぬコード進行が出て来る。

C#メジャーだが、Aメロの5小節目からA⇒B⇒Eと、いったんEメジャーに経過的に三度転調している。ここまでコード進行に凝らなくていいです(笑)。GNZ48は『あなたの知らない私』を代表として難しい歌を歌わされる(笑)。

Aメロの伴奏も、音数はあえて少なくして、ていねいに作られた良心的な編曲。

Aメロの後半はごくごく普通のコード進行でBメロへ。Bメロは「パーンパパン」のリズム。ベースラインが半音ずつ下がるクリシェ。後半で8ビートに戻ってサビへ。このあたりも典型的な作りだが編曲が安っぽくなくて良い。

サビへのつながるコード進行は、普通ならF#⇒G#⇒C#だけれど、D⇒G#⇒C#と、Dをサブドミナントの代替コードにしているなど、異常に編曲の芸が細かい。

サビそのものはC#メジャー典型的な循環コードでいたって普通だが、サビのメロディーもトニックのC#に戻らず三度のFの音のまま終止感がない。この辺りは作曲の上手さ。

ツーコーラス目終わりの間奏は、後半、サビの最後のリフレイン前にまたFマイナーへの経過的な転調がある。間違っているかもしれないけれど。

・・・⇒G#⇒F7⇒A#m⇒G#⇒Gm-5⇒G#dim⇒C7⇒Bm7⇒G#⇒C#

このコード進行だけでサビが成立しそうなカッコよさ。とにかくこの曲は目立たないところでコード進行に凝りすぎ(笑)。最後はお約束どおりメジャー7th。

個人的にはものすごくレベルの高い名曲だと思う。

05.回家(帰宅)

この曲は以前の記事で触れたけれど、間奏のチェロ音色(生なのかもしれない)含めてストリングスの編曲が一級品。

他の中国の48系スタイルの女性アイドルグループが、ここまでの音楽レベルに到達するのはムリだろう。

楽曲は外から買っているにしても、どうやって広州GNZ48運営が、こういう良質な楽曲を選別できるミミの肥えたスタッフを雇えたのか、とても不思議だ。

SNH48全世界8億の中国人が観る中国中央電視台旧正月特番「春晩」についに出演(2)

上海SNH48がついに全世界8億人の中国人が観るという中国中央電視台旧正月(春節)特番「春晩」に出演!ということで、2017年「春晩」の振り返り。

放送翌日2017/01/28(土)の中国のエンタメニュースでどういうふうに取り上げられたか。

例によって同じ写真がいくつかのニュースサイトに転載されて、見出しもほぼ同じで、各サイトが勝手に(たぶん現地取材せずに)記事を書くという感じ。

新浪エンタメニュースの記事はこちら

記事のタイトルは「SNH48春晩の楽屋でリハをしながら宿題、ロケ弁の中身を暴露」という感じ。写真はネットイーズ(網易)エンタメニュースの方が大きかったので、そちらから転載。

↓SNH48一期生チームSIIレンレン(吳哲晗 Wú Zhé Hán ウ・チューハン あだ名: レンレン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1995/08/26浙江省嘉興市生まれ
)。新浪の記事ではメンバー名がすべて正確に書かれていた。

↓宿題をしているSNH48五期生チームXII蔣舒婷 Jiǎng Shū Tíng チャン・シューティン SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 2002/06/18浙江省生まれ
(チャン・シューティン)。2002/06/18生まれ。

続きを読む…

SNH48全世界8億の中国人が観る中国中央電視台旧正月特番「春晩」についに出演(1)

上海SNH48がついに全世界8億人の中国人が観るという中国中央電視台旧正月(春節)特番「春晩」に出演!ということで、2017年「春晩」の振り返り。

SNH48は北京のメイン会場ではなく、上海のサブ会場から出演。一週間近く前から、上海オリエンタルパールタワー(明珠塔)の下で、寒空の下リハを続けていた。とにかく寒くて連日大変だったらしい。たった数分の出演のために、何日もかけてリハをするとは。

登場したのは、香港出身の女性歌手ココ・リー(李玟)、マレーシア出身の男性歌手JJ Lin(林俊傑)がデュエットで『夢想之城(夢の都市)』という曲を歌う部分。台湾の陳耀川というミュージシャン作詞・作曲だが、ネットで調べても陳耀川の悪い評判以外に情報がない曲。

↓YouTubeの中国中央電視台公式チャンネルからどうぞ。

↓歌の始まりのテロップ。

やっぱりSNH48の名前は出てこない、とがっかりしていたら、現地ファンから一番下の行だと教えてもらった。

「上海絲芭組合」

SNH48の運営会社は上海絲芭文化メディアグループ有限公司だが、「絲芭(スーバー)」というのは中国語の「四八(スーバー)」の当て字(音訳)。

なので「上海絲芭組合」は「上海四八グループ」=SNH48ということになる。「舞踏表演 上海絲芭組合」とあるので「ダンスパフォーマンス:SNH48」という意味。

SNH48メンバー自身はひとことも歌っていないので、要するにバックダンサー。

↓左側に見えるのがSNH48メンバー。

かなりの人数で連日リハをしていたので、メンバーたちは自分たちを「MNZ48」と名付けていた。会場が上海明珠塔(Ming Zhu Ta)の下なので「MNZ48」。

放送翌日の旧正月元日に、メンバーがそれぞれ中国ツイッター(新浪微博)で「卒業」宣言していた(笑)。

↓アングルが変わって、メンバーたちの後ろ姿。

↓動画で見ると分かるが、最前列左がSNH48四期生チームXのスイスイ(楊冰怡 Yáng Bīng Yí ヤン・ビンイー あだ名: スイスイ(水水) SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 2000/07/26海南省生まれ
)、その右が同じく四期生チームXのダートウ(陳琳 Chén Lín チェン・リン あだ名: ダートウ(大頭) SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1998/07/24上海生まれ
)。

↓上海雑技団のみなさんは、昔日本のバラエティーでもよく見たが、大きな鉄球の中をバイクでぐるぐる走る芸を披露。最後は8台のバイクが入った。左手に見えるのがSNH48メンバー。

↓中央より少し左にいるのはSNH48五期生チームXIIリンリン(陳韞凌 Chén Yùn Líng チェン・ユンリン あだ名: リンリン SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1997/12/13湖北省生まれ
)。

↓SNH48一期生チームSIIレンレン(吳哲晗 Wú Zhé Hán ウ・チューハン あだ名: レンレン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1995/08/26浙江省嘉興市生まれ
)。その左後ろはチームXIIのYoko(張怡 Zhāng Yí チャン・イー あだ名: Yoko SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1994/06/22安徽省生まれ
)。

歌の前の上海会場の司会者がしゃべるところでも、レンレン(吳哲晗 Wú Zhé Hán ウ・チューハン あだ名: レンレン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1995/08/26浙江省嘉興市生まれ
)はかなり目立っていた。やっぱり背が高いのは有利(笑)。

↓肝心の歌っていた2人はこちら。左がココ・リー(李玟)、右がJJ Lin(林俊傑)。

ご存知のとおり、JJ Lin(林俊傑)はSNH48第三回総選挙のTOP16オリジナル曲『プリンセス・クローク(公主披風)』、アンダーガールズ『ロマンティック・メロディー(浪漫関係)』の作曲者。

ちなみにSNH48とは比べ物にならないほどはるかに大人気の、中国ジャニーズ的男子3人グループ、TFBOYSも英語の名前だが、今回の春晩のテロップではどうなっているか見てみる。

「加油男孩組合(TFBOYS)」と、こちらはちゃんと英語も併記されている。「加油男孩组合」は「がんばる男の子グループ」という意味で、去年彼らが春晩に初登場したとき、中国中央電視台が付けた中国語名。当時はかなりツッコミが入った(笑)。

ということで、もし来年、北京BEJ48、広州GNZ48、瀋陽SHY48が中国中央電視台の春晩に出演することになっても、中国語名の心配はなくなった。

上海絲芭組合
北京絲芭組合
広州絲芭組合
瀋陽絲芭組合

これでOK。来年には「重慶絲芭組合」「武漢絲芭組合」「成都絲芭組合」が増えているかも。