上海SNH48二期生カチューシャ(李藝彤)出演のディコスCMは全国テレビ放送とのこと

上海SNH48二期生チームNIIカチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng( リー・イートン) あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
 
)が、中国のファーストフード・チェーン店「ディコス」のCMにこの2017/07中旬から出演している。

筆者は知らなかったのだが、中国国内のマクドナルド兼ケンタッキー的なこのファーストフード店は、外資系より全国各地に広く展開しているらしい。

このCM、てっきりネットだけだと思っていたが、どうやら全国放送の衛星テレビでも流れているとのこと。カチューシャ、全国区。

運営会社は台湾の頂新国際集団で、同グループの傘下には、康師傅(というか康師傅って2017/01/01に清算されて会社がなくなってたんですね)、中国ファミリーマートがあるらしい。

SNH48を通して、中国の企業グループのこともいろいろ勉強になります(汗)。

瀋陽SHY48チームHIIIの「釣り」系チーチー(王菲妍)セクシー楽曲3連発

瀋陽SHY48メンバーの名前もなんとか覚えてついていかないといけないということで、チームHIIIチーチー(王菲妍 Wáng Fēi Yán( ワン・フェイイェン) あだ名: チーチー SHY48 Team HIII
 SHY48 2期生
 01/27遼寧省生まれ
 
)の第四回総選挙演説会アピールパフォーマンス。

瀋陽SHY48メンバーは、チームSIII副キャプテン・モンモン(王詩蒙 Wáng Shī Mēng( ワン・シーモン) あだ名: モンモン SHY48 Team SIII
 SHY48 1期生
 11/01遼寧省瀋陽生まれ
 
)以外に、あまり露骨な「釣り」系はいないと思っていた。

ところがチームHIIIチーチーのこの選曲は、露骨に「釣り」系なので、ちょっとびっくりした。

SNH48全曲オリジナル公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』から本来3人のユニット曲『Don’t Touch』、AKB48楽曲で『Innocence』と『今度こそエクスタシー』の3連発。

途中で登場するのは、なぜかチームSIIIの付紫琪 Fù Zǐ Qí( フー・ツーチー) SHY48 Team SIII
 SHY48 1期生
 1998/08/31遼寧省大連生まれ
 
(フー・ツーチー)。付紫琪 Fù Zǐ Qí( フー・ツーチー) SHY48 Team SIII
 SHY48 1期生
 1998/08/31遼寧省大連生まれ
 
もふだんは自虐ネタ(瀋陽メンバーのなかでは背が低くて頭がデカイ)メインだが、ここではチーチーに合わせて(?)セクシー系お姉さん役。

『Innocence』は本来16人で踊る全員曲だが、この2人で踊る振付けはよく出来ている。

最近、ビリビリ動画(中国のニコニコ動画)で公演のオンライン生放送を見ていると、広州GNZ48チームGと瀋陽SHY48の公演が同時になるときは、ほとんど瀋陽SHY48の公演の視聴者数の方が2,000人超えで多くなっている。

広州GNZ48がチームNIIIの人気が出すぎて、チームGの人気が落ちていることもあるけれど、瀋陽SHY48にも固定ファンが付きはじめたようで、よかった。

上海SNH48公演曲がJ-POPと別物になっている件:『Mad World』『愛未央』

上海SNH48がK-POP要素をとり入れることで、完全に日本の48系とは別物になっている件。

SNH48一期生中心のチームSIIが2つめの全曲オリジナル公演『第48区』を開始しているのはすでにお伝えしているとおり。

その中から、2017/07/12(水)上演分のデュオのユニット曲『Mad World』と『愛未央』をピックアップしてご紹介。

『Mad World』 一期生CC(徐晨辰 Xú Chén Chén( シュー・チェンチェン) あだ名: CC SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1990/06/20江蘇省南京市生まれ
 
)一期生マオマオ(李宇琪 Lǐ Yǔ Qí( リ・ユーチー) あだ名: マオマオ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/26陝西省西安市生まれ
 

この2人はこのユニット曲のオリジナルメンバー、というより、たぶんこの2人以外にこの曲を歌えるメンバーはいない。

なぜ2017/07/12(水)公演分をとり上げたかと言うと、マオマオ(李宇琪 Lǐ Yǔ Qí( リ・ユーチー) あだ名: マオマオ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/26陝西省西安市生まれ
 
)のマイクがオンになっているから。

CC(徐晨辰 Xú Chén Chén( シュー・チェンチェン) あだ名: CC SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1990/06/20江蘇省南京市生まれ
 
)のマイクは毎回オンになっているが、マオマオ(李宇琪 Lǐ Yǔ Qí( リ・ユーチー) あだ名: マオマオ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/26陝西省西安市生まれ
 
)の方はRAPがあるので普通は口パクかマイクは半分しか開いていない。

スタイルはロック・ポップだが、ここまでガッツリRAPが入っている点は、明らかにK-POPの導入。

次は一期生タコちゃん(張語格 Zhāng Yǔ Gé( チャン・ユーグー) あだ名: タコちゃん SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1996/05/11ハルピン市生まれ
 
)二期生みらい(蔣芸 Jiǎng Yún( チャン・ユン) あだ名: みらい SNH48 Team SII
 SNH48 2期生
 1992/03/27江蘇省常州市生まれ
 
)の『愛未央』

こちらのジャジーなバラードは、ダンスの振付けや、伴奏のEDMの味付けも含めて、J-POPには全く存在しないK-POPスタイル。

オリジナルメンバーは一期生ダイモン(戴萌 Dài Méng( ダイ・モン) あだ名: ダイモン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/08上海市生まれ
 
)と一期生キキ(許佳琪 Xǔ Jiā Qí( シュー・チャーチー) あだ名: キキ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1995/08/27浙江省生まれ
 
)だが、ダイモン(戴萌 Dài Méng( ダイ・モン) あだ名: ダイモン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/08上海市生まれ
 
)がネット映画撮影中のため、この日はこの2人になった。

ただチームSIIファンは、タコちゃん(張語格 Zhāng Yǔ Gé( チャン・ユーグー) あだ名: タコちゃん SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1996/05/11ハルピン市生まれ
 
)のこのユニット曲を絶対に見たかったはず。

しかも相手が、タコちゃんと同じく、スリムなスタイルがクールなみらい(蔣芸 Jiǎng Yún( チャン・ユン) あだ名: みらい SNH48 Team SII
 SNH48 2期生
 1992/03/27江蘇省常州市生まれ
 
)で、この2人はこの2人で完璧なカップリング。

ちなみに『愛未央』というタイトルは、愛がまだ尽きない、という意味。

前から書いているとおり、楽曲の方向性では、SNH48グループはすでにAKB48とは別物になっている。

AKB48グループは秋元康が全曲作詞を担当するので、あくまで王道のJ-POPに、多少EDMやオルタナの味付けがつく範囲におさまっている。

一方、SNH48グループの楽曲は、広州GNZ48はAKB48の正統派J-POPの枠内におさまっているけれど、上海SNH48はJ-POPから半分は完全に離れている。

SNH48のK-POPスタイルの派生チーム「7SENSES」がその試みの最先端になっていて、必ずしも成功しているとは言えないけれど、定期公演の楽曲にはその経験がうまく活かされている感じがする。

広州GNZ48第四回総選挙演説会パフォーマンス、主役が脇役にくわれるシリーズ(汗)

SNH48グループ第四回総選挙で、各メンバーが順番に演説会とアピールのパフォーマンスをしているのはご承知のとおり。

広州GNZ48二期生の演説会パフォーマンスで、ちょっと面白いことがあったのでご紹介する。

題して「主役が脇役にくわれる」シリーズ(汗)。

2017/07/14(金)チームNIII二期生タンバオ(唐詩怡 Táng Shī Yí( タン・シーイー) あだ名: タンバオ GNZ48 Team NIII
 GNZ48 2期生
 1997/07/16吉林省生まれ
 
)が、演説会パフォーマンスで、SNH48六期生からの移籍組、Pany(左嘉欣 Zuǒ Jiā Xīn( ツオ・チャーシン) あだ名: Pany GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/09/01上海生まれ
 
)、りんたん(肖文鈴 Xiào Wén Líng( シャオ・ウェンリン) あだ名: リンたん GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 2001/01/24四川省生まれ
 
)と『抱きしめられたら』を踊った。

そりゃチームNIIIファンとしては、Pany(左嘉欣 Zuǒ Jiā Xīn( ツオ・チャーシン) あだ名: Pany GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/09/01上海生まれ
 
)とりんたん(肖文鈴 Xiào Wén Líng( シャオ・ウェンリン) あだ名: リンたん GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 2001/01/24四川省生まれ
 
)の2人がそろう『抱きしめられたら』はすごく見たかっただろう。

生放送のカメラは、もちろんタンバオ(唐詩怡 Táng Shī Yí( タン・シーイー) あだ名: タンバオ GNZ48 Team NIII
 GNZ48 2期生
 1997/07/16吉林省生まれ
 
)メインだけれど、現場のファンは…。筆者はいつもどおりビリビリ動画の生放送で見ていたが、弾幕コメントでも「選曲をまちがった」というコメントがいくつかあった。

次に2017/07/15(土)チームG二期生あおい(陳俊宏 Chén Jùn Hóng( チェン・チュンホン) あだ名: あおい GNZ48 Team G
 GNZ48 2期生
 2001/09/28湖北省生まれ
 
)が、演説会パフォーマンスで、SNH48五期生からの移籍組CK(陳珂 Chén Kē( チェン・コー) あだ名: CK GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1995/08/09湖南省生まれ
 
)、SNH48六期生からの移籍組でチームNIIIのエースKimmy(鄭丹妮 Zhèng Dān Ní( チェン・タンニー) あだ名: Kimmy GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 2001/01/26広東省生まれ
 
)と『Pink Sniper』。

これは観客の反応がはっきりしすぎて、ちょっと笑える。

まず『Pink Sniper』は広州GNZ48チームNIIIの全曲オリジナル公演『第一人称』のセクシー系人気ユニット曲なので、そこで歓声があがる。

しかし、CK(陳珂 Chén Kē( チェン・コー) あだ名: CK GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1995/08/09湖南省生まれ
 
)が登場してさらに大きな歓声、3人目のKimmy(鄭丹妮 Zhèng Dān Ní( チェン・タンニー) あだ名: Kimmy GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 2001/01/26広東省生まれ
 
)が登場すると、生放送の音声が文字どおり割れるほど大きな歓声。

理由は、CK(陳珂 Chén Kē( チェン・コー) あだ名: CK GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1995/08/09湖南省生まれ
 
)とKimmy(鄭丹妮 Zhèng Dān Ní( チェン・タンニー) あだ名: Kimmy GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 2001/01/26広東省生まれ
 
)が宿舎のルームメイトで、カップリングされていることは、現地の広州GNZ48ファンなら、どのチームのファンでも知っているから。

その2人が共演する『Pink Sniper』は、チームG、チームNIIIの両方のファンが絶対に見たかったはず。

途中のCK(陳珂 Chén Kē( チェン・コー) あだ名: CK GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1995/08/09湖南省生まれ
 
)、Kimmy(鄭丹妮 Zhèng Dān Ní( チェン・タンニー) あだ名: Kimmy GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 2001/01/26広東省生まれ
 
)コールの大きさがすごすぎて、ちょっと主役のあおい(陳俊宏 Chén Jùn Hóng( チェン・チュンホン) あだ名: あおい GNZ48 Team G
 GNZ48 2期生
 2001/09/28湖北省生まれ
 
)がかわいそうなくらい(汗)。

ちなみに、チームNIII公演の『Pink Sniper』オリジナルメンバーは、チェンチェン(劉倩倩 Liú Qiàn Qiàn( リョウ・チェンチェン) あだ名: チェンチェン GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1994/11/28福建省生まれ
 
)、上の『抱きしめられたら』に登場したPany(左嘉欣 Zuǒ Jiā Xīn( ツオ・チャーシン) あだ名: Pany GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/09/01上海生まれ
 
)、ツオツオ(左婧媛 Zuǒ Jìng Yuán( ツオ・チンユェン) あだ名: ツオツオ GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1998/08/19四川省生まれ
 
)の3人。

どうでもいいことだが、この『Pink Sniper』のダンスで正しくバックビートを取れているのが、チームNIIIのKimmy(鄭丹妮 Zhèng Dān Ní( チェン・タンニー) あだ名: Kimmy GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 2001/01/26広東省生まれ
 
)だけなのは、チームNIIIのダンスの先生がチームGと違うからだろうか?

上海SNH48第4回総選挙PR映像Yoko(張怡)ハムスター(嚴佼君)『未来の私たちへ』が秀逸な件

上海SNH48運営が、第四回総選挙を盛り上げるためのPVをシリーズで制作しているのだが、やっと見るに耐えるクオリティのものが出てきた。

五期生チームXIIキャプテン Yoko(張怡 Zhāng Yí( チャン・イー) あだ名: Yoko SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1994/06/22安徽省生まれ
 
)、同チームXIIハムスター(嚴佼君 Yán Jiǎo Jūn( イェン・チャオチュン) あだ名: ハムスター(小倉鼠) SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1995/04/29湖北省生まれ
 
)の、並行時空もの。

使われている楽曲はSNH48チームXII全曲オリジナル公演『コードXII(代号XII)』の最後の曲『給未来的我們(未来の私たちへ)』

これで良く出来ているとは、今までどんなんだったんだと思われる方は下記の再生リストでどうぞ。

このPVの次に良いのは、たぶん二期生チームNIIじゅうなな(龔詩淇 Gōng Shī Qí( ゴン・シーチー) あだ名: じゅうなな SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1998/05/05重慶市生まれ
 
)の『制服レジスタンス(再見制服)』だと思う。

ここからは完全にムダ話。

続きを読む