SNH48チームHIIベスト公演『18の輝く瞬間』初日から3日連続で六期生ドリーム(王金銘)が回転技披露

劇場で地道にがんばっている六期生メンバーも応援したい。

ということでSNH48チームHIIが2016/12/16(金)に初日を迎えたベスト公演『18の輝く瞬間』から、ユニット曲『Glory days』で3日連続アクロバットを見せてくれた、六期生ドリーム(王金銘 Wáng Jīn Míng ワン・チンミン あだ名: ドリーム SNH48 Team HII
 SNH48 6期生
 1996/07/18遼寧省生まれ
)をご紹介。

この『Glory days』のSNH48チームHIIオリジナルメンバーは、センターがナナコ(張鑫)、ユーちゃん(劉佩鑫 Liú Pèi Xīn リュウ・ペイシン あだ名: ユーちゃん SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/01/11遼寧省生まれ
)、ルーシー(王璐 Wáng Lù ワン・ルー あだ名: ルーシー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/05/20河南省生まれ
)。いずれもSNH48三期生。

最後のアウトロで、いつも側方倒立回転を見せてくれていたのは、元チームHIIキャプテンのルーシー(王璐 Wáng Lù ワン・ルー あだ名: ルーシー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/05/20河南省生まれ
)だった。

でもご承知のように彼女は退団してしまったので、『Glory days』で誰がルーシー(王璐 Wáng Lù ワン・ルー あだ名: ルーシー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/05/20河南省生まれ
)の回転技を受け継ぐか、ファンが注目していた。それをやってくれたのが、意外にも六期生ドリーム(王金銘 Wáng Jīn Míng ワン・チンミン あだ名: ドリーム SNH48 Team HII
 SNH48 6期生
 1996/07/18遼寧省生まれ
)だったということ。

しかも初日、二日目、三日目とすべて違う倒立回転を見せてくれた。

↓初日は前方倒立回転

続きを読む…

SNH48第11回Music King Festivalで最優秀グループ賞ほかトリプル受賞、ジョルジュ・ヴィスコンティ一日店長など

SNH48のこの週末の劇場外でのお仕事をご紹介。

まずおめでたい話から。SNH48が第11回勁歌王盛典(Music King Festival)で最優秀グループ賞、「最も人気のあるグループ賞」、「中国語金曲賞」をトリプル受賞。

この賞は中国大陸(内地)、香港、台湾の中国語音楽界のミュージシャンに授賞し、中国中央電視台、広州地区最大部数の日刊紙『羊城晚報』、広州のFM102.7自動車音楽ラジオなどが主催しているとのこと。

第一回は2004年。過去の受賞者を見ると、イーソン・チャン(陳奕迅)、メイデイ(五月天)、容祖儿、ジョリン・ツァイ(蔡依林)、フィッシュ・リョン(梁靜茹)、クリス・リー(李宇春)など豪華なメンバー。

といっても、ご承知のように、中国のこの種の賞はすべてそうだけれど、すでに人気のある歌手が集まるお祭りという感じで、SNH48のような新人にとっては、受賞することより、呼ばれて顔を売ることに意味がある。

今回第11回の他の受賞者を見てみる。
続きを読む…

SNH48初の中国中央電視台バラエティー『全家好拍檔』ゲスト出演で「中国色」全開

SNH48がついに中国中央電視台の番組一回分まるごとゲストになったバラエティー番組『全家好拍檔』が、昨日2016/12/17(土)夜のプライムタイムに放送された。

グループからメンバーまで、非常にていねいに紹介されている。正直、予想以上の扱い。

しかも番組中はずっと「48」を英語で発音してくれている。「四十八(スーシバー)」じゃなくて(笑)。

SNH48の紹介部分は以下のとおり。

「SNH48は国内の超人気女性グループ。デビュー以来スイートな美しさと、太陽のように健康的なイメージで数多くのファンの支持を得ている。中国語圏歌謡界で、手をかざせばやけどしそうなほど人気の女性グループだ。代表曲は『プリンセス・クローク』『おしべとめしべと夜の蝶々』など」

その後、一人ひとりキャッチフレーズで自己紹介したあと、一人ずつ紹介動画が出てきて、先輩組、後輩組それぞれの紹介まである。

先輩組の紹介VTRのナレーションは以下のとおり。
続きを読む…

北京BEJ48チームE初の全曲オリジナル新公演『奇幻加冕礼(ティアラ・ファンタジー)』PR映像公開

北京BEJ48チームE初の全曲オリジナル新公演『奇幻加冕礼(ティアラ・ファンタジー)』のプロモーション映像が公開された。

(ところでBEJ48運営には『奇幻加冕礼』の公式英訳をそろそろ出してほしい。ずっと筆者のダサダサの日本語訳のままはイヤなので)

新たに音源も一曲、このプロモーション映像のBGMとして公開されている。一曲目の『騎士序曲』だろうか?

エレクトロポップ。PR映像ではあまり音質が良くないけれど、正規の音源をヘッドホンで聴けばかなり面白い音作りになっていそうな予感。

PR映像で少し意外だったのは、サンサン(蘇杉杉 Sū Shān Shān スー・シャンシャン あだ名: サンサン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1997/03/23湖北省生まれ
)の扱いが控えめだったことと、まゆりん(馬玉靈 Mǎ Yù Líng マー・ユーリン あだ名: まゆりん BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1999/10/06四川省簡陽市生まれ
)が最後に勝利して戴冠する西洋の騎士で扱いが大きいこと。

戴冠する役の李想 Lǐ Xiǎng リー・シャン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1994/02/05北京生まれ
(リー・シャン)の納得感はあるし、ライチ(李梓 Lǐ Zǐ リー・ツー あだ名: ライチ BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 2000/08/30四川省内江市生まれ
)がプリンセス役なのはものすごく妥当だけれど。

北京BEJ48運営が攻めてるなぁと思ったのは、陳倩楠 Chén Qiàn Nán チェン・チェンナン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1998/03/19天津市塘沽区生まれ
(チェン・チェンナン)が持っている刀が、明らかに日本刀である点。

上海SNH48二期生チームNIIの雨ちゃん(徐言雨 Xú Yán Yǔ シュー・イェンユー あだ名: 雨(あめ)ちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 生まれ
)が辞めさせられるのを覚悟で、和装に日本刀の大島優子バージョン『愛しさのアクセル』を踊ったあの緊張感はどこへ?いつから日本刀解禁になったのだろう。

PR映像の最後のカーテンコールのBGMは、koshin(胡臻)さんの名曲『光芒』。

また、同公演からもう一曲『アトランティスの記憶』の音源が公開された。

ついに金管楽器の生音が来た!間奏のサキソフォンのアドリブは、打ち込みではなくたぶん生音。

楽曲全体としては、Bメロでリズムが変わり、ツーコーラス目のAメロのくり返しがなくなっていて、最後のサビのリフレインは半音上がり、MIXがとっても打ちやすい典型的なアイドル曲。

歌詞の中で「アトランティス」というキーワードの入り方がカッコイイし、サビがメジャーコードで始まってマイナーで終わるのもカッコイイ。

やっぱりSNH48グループの楽曲クオリティーは完全に安定している。2016/12/24(土)の初日、全体がどういう曲構成、ダンスになっているのか楽しみ。

SNH48チームXII全曲オリジナル新公演『コードXII』PR映像公開

SNH48チームXII全曲オリジナル新公演『コードXII』のPR映像が公開された。

3体目のアンドロイドはハムスター(嚴佼君 Yán Jiǎo Jūn イェン・チャオチュン あだ名: ハムスター(小倉鼠) SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1995/04/29湖北省生まれ
)。博士役のアキちゃん(劉增艶 Liú Zēng Yàn リョウ・ツォンイェン あだ名: あきちゃん SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1996/08/31四川省生まれ
)とSNH48の宿舎でルームメイト、ハムスター(嚴佼君 Yán Jiǎo Jūn イェン・チャオチュン あだ名: ハムスター(小倉鼠) SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1995/04/29湖北省生まれ
)が節操のない美少女好き「レズ」キャラなので、そのままじゃないか!という設定で笑える。

とりあえず最近のSNH48グループ楽曲のレベルの高さにはびっくりさせられるので、2016/12/23(金)『コードXII』の初日が楽しみ。