SNH48日産協賛の中国ツイッター「微博之夜」授賞式で「年度人気グループ賞」受賞

SNH48が2017/01/16(月)、中国ツイッター(新浪微博)が2003年から年に一度開催している、東風日産協賛の「微博之夜」という授賞式で、「ウェイボー(微博)年度人気グループ」賞を受賞した。場所は北京国際会議センター。

授賞式に参加したのは、一期生チームSIIキキ(許佳琪 Xǔ Jiā Qí シュー・チャーチー あだ名: キキ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1995/08/27浙江省生まれ
)、タコちゃん(張語格 Zhāng Yǔ Gé チャン・ユーグー あだ名: タコちゃん SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1996/05/11ハルピン市生まれ
)、二期生チームNIIカチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)、テテちゃん(黃婷婷 Huáng Tíng Tíng フアン・ティンティン あだ名: テテちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/08江蘇省南京市生まれ
)、ユーミー(趙粵 Zhào Yuè チャオ・ユエ あだ名: Akira SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/04/29湖北省武漢市生まれ
)、ナナちゃん(萬麗娜 Wàn Lì Nà ワン・リナ あだ名: ナナちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1997/10/02江西省九江市生まれ
)の6名。

以前から何度も書いているように、中国のこの手の賞は結果の評価というより、授賞式に出ることでメディア露出を増やすためのもの。

なので、他にどういう受賞者がいるかを見ておいたほうがいい。

こちらが受賞者リスト(1/2)
こちらが受賞者リスト(2/2)

筆者は中国人ではないので全部は分からない(笑)。以下、個人的に知っている名前だけを取り上げる。

たとえば「ホットな人物賞」に「papiちゃん」がいるのは激しく納得。

「突破スポーツチーム賞」に中国女子バレーボールチーム、「突破人気スポーツチーム賞」に中国卓球チームが選らばれているのは、2016年がオリンピック・イヤーだったので妥当なところ。

「影響力企業賞」がやや謎で、OPPOは2016年に中国国内のスマホ史上でシェアを伸ばしているので分かるが、ファーウェイの影響力は以前からだし、スマホブランドのシャオミー(小米)に至っては2016年は人気が落ちた年だったはず。中国版Uberの「ディーディー(滴滴)」は妥当なところ。東風日産も入っているが、協賛企業が自分で自分に授賞してどうする、とツッコミを入れたくなる。

そして「ウェイボー(微博)キング」はTFBOYS、「ウェイボー(微博)クイーン」は范冰冰(ファン・ビンビン)と、何の意外性もない。

「年度男神賞」にショウ・ルオ(羅志祥)がいるのは、たぶん上海東方衛星テレビのリアリティーショーに出演したときの女装キャラでだと思う(笑)。

そしてSNH48は「音楽ランキング」カテゴリーで受賞している。

同カテゴリの「年度卓越成就歌手」はアーメイ(張惠妹)。実力派の彼女はいまさら賞など不要だが。「最も実力のある歌手」のジェーン・チャン(張靚穎)も、今さら受賞するまでもない。

この流れで「音楽ランキング」のいちばん最後に「年度人気グループ」としてSNH48が受賞している。

SNH48が范冰冰クラスの人気を得て「ウェイボー(微博)クイーン」になれるはずがないし、実力派ではないので「卓越」とか「実力のある」とかいう賞をとれるはずもない。

ただ、女性グループとしては、たしかに今の中国の内地でSNH48に代わる存在はいないと思う。そういう意味でSNH48運営会社が女性アイドルグループという「ブルーオーシャン」で先手を取っているのは事実。

(そしてそういう重要なビジネスパートナーとケンカ別れするという、大失敗をやらかしたAKB48運営に、経営の才覚がないのもれっきとした事実)

もちろん、台湾や韓国に広げれば、SNH48に代わるグループ歌手はいくらでもいるけれど。

いずれにせよ、このイベント「微博之夜」の中国ツイッター(新浪微博)公式アカウントのフォロワー数だけでも280万ユーザ。

そこでこのイベントのオンライン生放送が告知され、SNH48の名前が何度もツイートされ、オンライン生放送を見た人がSNH48の6人を見て「何だこれ」と思っただろう。

その露出だけでも、SNH48が「微博之夜」に参加した価値は十分にある。

広州GNZ48チームG soso(張瓊予)が生誕祭で力いっぱい見せた「初心」

広州GNZ48ではこの週末、連日生誕祭だった。

2017/01/14(土)昼公演 チームNII オリビア(唐莉佳 Táng Lì Jiā タン・リーチャー あだ名: オリビア GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/01/18四川省生まれ

2017/01/14(土)夜公演 チームG soso(張瓊予 Zhāng Qióng Yú チャン・チョンユー あだ名: soso GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/21浙江省生まれ

2017/01/15(日)昼公演 チームG リーロン(黃黎蓉 Huáng Lí Róng フアン・リーロン あだ名: リーロン GNZ48 Team G
 GNZ48 1期生
 01/23湖南省生まれ

生誕祭はアンコールの直後に、メンバーが自分で演目を考えてパフォーマンスする特別コーナーがある。

この3人の中から、SNH48六期生の広州移籍組、soso(張瓊予 Zhāng Qióng Yú チャン・チョンユー あだ名: soso GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/21浙江省生まれ
)の特別コーナー、韓国の女性グループmiss A『Bad Girl, Good Girl』のダンスの後、同じ広州GNZ48チームZの制服で踊ったAKB48楽曲3曲の映像をどうぞ。

広州GNZ48チームG soso(張瓊予 Zhāng Qióng Yú チャン・チョンユー あだ名: soso GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/21浙江省生まれ

『君のことが好きだから』『彼女になれますか』『重力シンパシー』

つまり彼女はソロで4曲つづけて踊ったわけだが、最後の『重力シンパシー』まで、広州GNZ48星夢劇院の左右の袖までいっぱいに使って踊っているのが素晴らしい。

ちなみにこの3曲は上海SNH48が過去に歌ったことがあるので、SNH48運営として公式の中国語詞は存在する。

運営会社どうしが対立していても、メンバーにとってはやはりAKB48が「初心」なのだということがよく分かる映像。

SNH48一期生デビュー四周年記念公演冒頭4曲公式映像

SNH48チームSIIデビュー四周年記念公演2017/01/12の冒頭四曲の公式映像が公開されていたので、少し遅くなりましたがご紹介。

公式映像なのに音質が悪い。マイクが完全にONで生歌。諸事情あって現地に観に行けない身としては、映像作品としてなら半マイクで全然OKです、という感想。『最終ベルが鳴る』のツーコーラス目のAメロ前半、誰も歌わない部分の意味も不明。

あまりに音質が悪かったので、そこだけなぜか音量が低かったOvertureの音量を上げて、会場の浅水湾文化中心くらいのライブハウス規模のリバーブを掛けた。

それでも北京BEJ48公演の毎週のオンライン生放送よりも音質が悪い。

北京BEJ48のオンライン生放送は、伴奏は元音源どおり各音色がそれぞれの場所に定位したまま、半マイクのボーカルは中央に、客席の歓声は、当初はステレオで左右に分けてミックスされていたけれど、最近は中央よりに定位しており、とってもクリアで聴きやすい。

現場で聴いている分には全く問題ないんだろうことは分かっている。

でもSNH48運営はこういうライブ映像を正式に公開するなら、音はプロフェッショナルに作ってほしい。SNH48一期生チームSIIのパフォーマンスが台無しになっている。

SNH48チームSIIがどれだけ素晴らしいか、48系文化を中国で商業的に成功させた一期生のすごさを、ネット上の不特定多数の人に発見してもらうには、数週間かかってもいいので、手を抜かずに、伴奏を後からミックスして、ちゃんとした音源の映像作品として出してほしい。

記念すべき四周年公演なのに、映像作品としての質の悪さが本当に残念。

SNH48三つ目の姉妹グループ瀋陽SHY48チームSIII『心の旅程』2017/01/14二日目

上海SNH48の新しい姉妹グループ、瀋陽SHY48チームSIIIが、SNH48チームSIIの全曲オリジナル公演『心の旅程』をデビュー公演として上演し、昨日2017/01/14(土)で二日目。

オンライン生放送の音響が全く安定せず、しかもまだキャリアのないメンバーのマイクをONにして生歌を聴かせるので、聞き苦しいことこの上ないけれど、それなりに面白い。

瀋陽SHY48バージョンの『心の旅程』でいちばん面白いのは、やっぱり遼寧省出身の双子の姉妹・劉嬌 Liú Jiāo リョウ・チャオ あだ名: チャオチャオ SHY48 Team SIII
 SHY48 1期生
 11/07遼寧省瀋陽生まれ
劉娜 Liú Nà リョウ・ナー あだ名: ラーラー SHY48 Team SIII
 SHY48 1期生
 11/07遼寧省瀋陽生まれ
のデュオ『下一站是你』。

瀋陽SHY48チームSIII ユニット曲『下一站是你』

本物の双子が同じ髪型でこのユニットを歌うのは、ほとんど反則(笑)。上海SNH48チームSIIが誰でこの曲を歌っても勝ち目がない。

続きを読む…

SNH48デビュー四周年オリジナル曲『Happy Birthday』MV公開

SNH48デビュー四周年記念オリジナル曲『Happy Birthday』のMVが公開された。

ほとんど更新されていない、YouTubeのSNH48公式チャンネルから。

面白いのはSNH48一期生のデビュー四周年記念曲なのに、一期生が一人も登場しないこと。SNH48の二期生から六期生まで。

メンバーの生誕祭(誕生日記念公演)の誕生祝いコーナーでいつも流れる『Happy Birthday To You』のSNH48アレンジ版の前後にメロディーを付けて、完全な曲にしてみました的なオリジナル曲。

ウィキペディアによるとオリジナルの『Happy Birthyday To You』の知的財産権は消滅しているとのことで、アレンジして楽曲にしても全く問題はない。

4つの場面に登場するメンバー名のおさらい。いずれも左から。

↓二期生チュンチュン(袁雨楨 Yuán Yǔ Zhēn ユェン・ユーチェン あだ名: チュンチュン SNH48 Team SII
 SNH48 2期生
 1998/01/10湖南省常徳市生まれ
)、四期生ランラン(宋昕冉 Sòng Xīn Rǎn ソン・シンラン あだ名: ランラン SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1997/07/08山東省生まれ
)、三期生メンヤン(許楊玉琢 Xǔ Yáng Yù Zhuó シューヤン・ユーチュオ あだ名: メンヤン SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1995/09/25湖南省生まれ

続きを読む…