SNH48新企画『国民美少女』第一回ファン投票の落選メンバーと思われるリスト

SNH48運営の新企画『国民美少女』というバラエティー番組(ネットと上海東方衛星テレビで放送予定)だが、第一回ファン投票ですでに落選者が決まったらしい。

落選メンバー自身のツイートとも一致するので、たぶん正しいと思われる。

この図は中国の検索ポータル最大手「百度(バイドゥ)」の掲示板サービス「貼吧(てぃえば)」の某掲示板から拾ってきたもの。

文字の背景色はチームカラー。チームSIIは水色、チームNIIは薄い紫、チームHIIはオレンジ、チームXは明るい緑、チームXIIは濃い緑。

チームSII、NII、HIIの合計9人(左上に集まっている)はもともと第一回のファン投票の対象になっていない、いわば「不戦勝」。というより、この9人が抜けると番組の視聴率が下がってしまうので、落ちてもらっては困るから、第一回ファン投票の対象にしなかった、というのが本当かもしれない。

残りの四期生、五期生(チームNIIだけれど五期生の周怡 Zhōu Yí チョウ・イー SNH48 Team NII
 SNH48 5期生
 1993/06/13浙江省生まれ
が一人いる)は、全員第一回ファン投票の対象となり、そういう理由でこの残りの27名(ただし四期生チームXソクちゃん(汪束 Wāng Shù ワン・シュー あだ名: ソクちゃん SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1997/05/08江蘇省徐州市生まれ
)は出演拒否なので26名)が、2015/12/28に放送された現地ファンには評判の悪かったオンライン生放送に出演していた。

いちばん右のタテの列が、落選者の9名。

上から五期生リンリン(陳韞凌 Chén Yùn Líng チェン・ユンリン あだ名: リンリン SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1997/12/13湖北省生まれ
)、五期生MIMI(陳美君 Chén Měi Jūn チェン・メイチュン あだ名: MIMI BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1997/01/15広東省生まれ
)、四期生フェイフェイ(馮曉菲 Féng Xiǎo Fēi フォン・シャオフェイ あだ名: フェイフェイ SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1995/10/17河南省開封市生まれ
)、四期生チームXキャプテン・ダーミー(李晶 Lǐ Jīng リー・チン あだ名: ダーミー(大米) SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1995/06/07江蘇省鎮江市生まれ
)、五期生・潘瑛琪 Pān Yīng Qí パン・インチー あだ名: ユーユー(羽羽) SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1998/09/27上海市生まれ
、四期生ニュース(孫歆文 Sūn Xīn Wén スン・シンウェン あだ名: ニュース(News) SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1995/11/04上海生まれ
)、四期生ソクちゃん(汪束 Wāng Shù ワン・シュー あだ名: ソクちゃん SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1997/05/08江蘇省徐州市生まれ
)、五期生・熊素君 Xióng Sù Jūn ション・スーチュン あだ名: ションション(熊熊) BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1994/09/09江西省生まれ
、四期生マコちゃん(張韻雯 Zhāng Yùn Wén チャン・ユンウェン あだ名: マコちゃん SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1998/02/26上海市生まれ
)。

このうち、四期生フェイフェイ(馮曉菲 Féng Xiǎo Fēi フォン・シャオフェイ あだ名: フェイフェイ SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1995/10/17河南省開封市生まれ
)はツイートでファンに、劇場公演こそAKB48系グループの本質で、バラエティー番組なんてやってる場合じゃない、という男前なツイートをしていたので、ファンがわざと落選させたと思われる。

四期生ソクちゃん(汪束 Wāng Shù ワン・シュー あだ名: ソクちゃん SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1997/05/08江蘇省徐州市生まれ
)はチームXでは人気メンバーだが、親の意向で高校卒業まで学業に専念することになり、それまで劇場公演にもほぼ出演せず、今回の企画も実質的には辞退となった。

四期生でチームXキャプテン・ダーミー(李晶 Lǐ Jīng リー・チン あだ名: ダーミー(大米) SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1995/06/07江蘇省鎮江市生まれ
)は期末試験のために今、実家に帰っているが、四期生全員を『国民美少女』企画と劇場公演兼任できるよう、SNH48運営と交渉したキャプテンとしては、自分は初回で落選して、微妙な気持ちかもしれない。

その他、いろいろコメントしたいメンバーはいるけれど、これくらいで。

SNH48新企画『国民美少女』2016/01/04(月)上海で記者発表会

SNH48運営の新企画『国民美少女』の記者発表会が今日2016/01/14(月)上海で行われたらしい。

↓記者会見会場。「国民アイドルスーパー・グループ養成リアリティーショー『国民美少女』」と書いてある。

↓上海東方伝媒学院という場所で行われたらしい。チームSII一期生CC(徐晨辰 Xú Chén Chén シュー・チェンチェン あだ名: CC SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1990/06/20江蘇省南京市生まれ
)一人だけカメラ目線。
この写真に写っているのは『国民美少女』選抜メンバーらしい。CC(徐晨辰 Xú Chén Chén シュー・チェンチェン あだ名: CC SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1990/06/20江蘇省南京市生まれ
)の後ろは順に、ナナちゃん(萬麗娜 Wàn Lì Nà ワン・リナ あだ名: ナナちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1997/10/02江西省九江市生まれ
)、テテちゃん(黃婷婷 Huáng Tíng Tíng フアン・ティンティン あだ名: テテちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/08江蘇省南京市生まれ
)、リサ(陸婷 Lù Tíng ルー・ティン あだ名: リサ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/12/18上海市生まれ
)、カメちゃん(徐晗 Xú Hán シュー・ハン あだ名: カメちゃん SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1993/01/15四川省生まれ
)、モンスター(劉炅然 Liú Jiǒng Rán リュウ・チョンラン あだ名: 怪獣 SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1994/09/02山東省生まれ
)、ユーちゃん(劉佩鑫 Liú Pèi Xīn リュウ・ペイシン あだ名: ユーちゃん SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/01/11遼寧省生まれ
)etc…

続きを読む…

遅まきながら2015/12/31(木)SNH48出演の年越し特別番組まとめ

遅まきながらSNH48の年越し特別番組まとめ。SNH48公式サイトにもこちらに「盛況空前 SNH48三大衛星テレビ年越し番組で全国の観衆と2016年を迎える」というタイトルでニュースが出ている。

まず上海東方衛星テレビ。

↓SNH48出演部分だけのカットがこちら。

なんだかんだ言って新企画『国民美少女』としての費玉清(フェイ・ユーチン)との共演は、やぱり安定感があって素晴らしかったように思う。

中国大陸でも知名度のある台湾の費玉清が、SNH48といっしょにバラエティー番組に出演してもらえるというのは、今のSNH48にとっては大きな意味を持つだろう。

↓こちら、去年2014/12/31の同番組で、SNH48が「背景」としてしか出演できなかったのに比べると、すごい発展。
続きを読む…

SNH48二期生キクちゃん(鞠婧禕)が湖南衛星TVネット番組『私は歌手』2016/01/01の対戦で大勝

SNH48チームNII二期生「四千年に一人の美少女」キクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī チュー・チンイー あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
)が出演した、湖南衛星テレビのネット生放送サイト「マンゴーTV」の番組『私は歌手(我是歌手)』が2016/01/01(金)に放送された。

マンゴーTV『私は歌手』のページはこちら

(ちなみになぜ「マンゴーTV」かというと、湖南衛星テレビのマークの色と形がマンゴーの形に似ているから)

キクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī チュー・チンイー あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
)が対戦相手の男性歌手・吳俊余(ウー・チュンユー)にファン投票得点で上回って勝利したのは、すでにご承知の方はご承知のとおり。

↓約2時間半の番組はYouTubeの「SNH48_新騎士」さんのチャンネルでご覧になれます。

続きを読む…

SNH48六期生オーディション初回選考:北京・上海会場レポートと参加者の書き込み

SNH48六期生オーディションの初回選考は、2015/12/18~20の広州、四川省成都会場の後、すでに昨年末2015/12/25~27の上海、北京会場で終わっている。

成都、広州会場についてはすでにここで取り上げたので、上海、北京会場の初回選考についての、SNH48公式サイトのページをご紹介。

「夢を死なせるわけにいかない」SNH48六期生募集オフラインオーディション 北京、上海会場振り返り (SNH48公式サイト 2015/12/29)

↓受付を待つ列

この2会場だけで300名近い書類選考(オンラインオーディション)通過者が参加し、最終的に100名近くが最終選考に進むことになったとのこと。最終選考は2016/01中旬に上海で行われるらしい。

今回は中国の検索ポータル最大手「百度 バイドゥ」の2ちゃんねる的な掲示板サービス「貼吧」の某掲示板に、上海会場の初回選考参加者のリーク情報があった。

・それによると上海会場の参加者は合計240人くらい。

・自分の前の約50人のうち16人、後ろの70人のうち24人が最終選考に合格。

・あとの約120人がどうなったかは分からない。(つまり上海会場では120人ずつ2日間に分けて初回選考が行われたということ)

・初回選考は夜10時過ぎまで続いた。

・年齢層は低め。小学五年生もいて、中学・高校生が中心。

・応募者の出身地はかなり広がりがあって、湖南省や湖北省から列車で来ている参加者や、台湾の参加者もいた。

・アメリカ留学中の参加者もいた。

・16歳以下の参加者は保護者同行の決まりなので、会場の外に地べたに座って待っている家族が多かった。(SNH48運営が家族の待合場所まで確保する余裕がなかったということかも)

・親とケンカになっている参加者も、少数だがいた。(家族の理解が不十分なまま子供が初回選考に家族を連れてきたとか、よくあるパターン)

・ほとんどの家族はSNH48のことを、児童芸術団的なものだと思っているらしい。

・午前中の初回選考は50人。朝9時開始。5人一組で部屋に入る。一人あたりの審査時間にはかなり余裕があり、一曲歌い切ったり、踊り切る参加者もいた。その50人のうち合格したのが16人。審査はかなり真剣に行われていた。

続きを読む…