上海SNH48第四回総選挙、応援会は対戦形式のクラウドファンディングで投票資金集め

日本のAKB48応援会が、総選挙でこういうことをやっているのかは全く知らないけれど、上海SNH48グループ応援会どうしの、ゲーム形式の投票資金集めをご紹介。

最近、現地ファンの間で評価が高かったのは『Fate』シリーズに着想を得た以下のよう企画だった。

資金集めのプラットフォームは、例によって中国のクラウドファンディング・アプリ「微打賞」が利用された。

上海SNH48メンバー6名の応援会が参加、姉妹グループからは唯一広州GNZ48チームNIIIキャプテン・ミッフィー(劉力菲 Liú Lì Fēi( リョウ・リーフェイ) あだ名: ミッフィー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1995/10/30四川省生まれ
 
)応援会が参加。

7名のメンバーを『Fate』シリーズの以下のキャラクターになぞらえている。

バーサーカー:上海SNH48 チームSII チュンチュン(袁雨楨 Yuán Yǔ Zhēn( ユェン・ユーチェン) あだ名: チュンチュン SNH48 Team SII
 SNH48 2期生
 1998/01/10湖南省常徳市生まれ
 

セイバー:上海SNH48 チームNII Yuriko(江真儀 Jiāng Zhēn Yí( チャン・チェンイー) あだ名: Yuriko SNH48 Team NII
 SNH48 7期生
 2001/02/08上海生まれ
 

アーチャー:上海SNH48 チームHII Miyo(楊惠婷 Yáng Huì Tíng( ヤン・フェイティン) あだ名: ミヨ SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1998/04/08広東省生まれ
 

キャスター:上海SNH48 チームX スイスイ(楊冰怡 Yáng Bīng Yí( ヤン・ビンイー) あだ名: スイスイ(水水) SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 2000/07/26海南省生まれ
 

ライダー:上海SNH48 チームXII Yoko(張怡 Zhāng Yí( チャン・イー) あだ名: Yoko SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1994/06/22安徽省生まれ
 

アサシン:上海SNH48 チームXII シャンシャン(姜杉 Jiāng Shān( チャン・シャン) あだ名: シャンシャン SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1995/10/06河南省生まれ
 

ランサー:広州GNZ48 チームNIII ミッフィー(劉力菲 Liú Lì Fēi( リョウ・リーフェイ) あだ名: ミッフィー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1995/10/30四川省生まれ
 

対戦期間は2017/06/20 18:00~06/25 24:00で、バトル・ロワイアル形式。

大前提として、各メンバーの応援会はこの対戦のためだけのファンド口座を作成する。

(1) 期間中、毎日22:00を裁定時刻とし、過去24時間の資金増の金額を比較。最下位メンバーを敗退とする。裁定時刻でいったん増分金額をゼロにリセット。

(2) 集金額計算はリアルタイム戦況ページの自動計算を基準とする。

(このリアルタイム戦況ページは、中国のニコニコ動画クローン「ビリビリ動画」生放送で公開されていた。おそらくクラウドファンディングアプリのAPIか、スクレイピングで、各応援会のこの対戦専用のファンド金額を数十秒に一回取得し、PC画面に表示する簡単なウェブアプリを開発して、その画面キャプチャを生放送していたようだ。この自動更新の戦況生放送動画には、各メンバーの宣伝動画も順番に流れて、本当に良く出来ていると思った)

(3) 各メンバーは一度だけ復活のチャンスがある。裁定時刻の22:00に結果が出た後、1時間以内にディポジットファンドに復活費用を支払えば引き続きゲームに参加できる。

(4) 2日目以降は最下位2名を敗退とする。ワーストワンのメンバーは復活不可能。ワーストツーのメンバーは復活制度を利用できる。最終日は全員復活不能。25日終了時点で最後に残った1名が「聖杯」を獲得する。

(5) 今回の対戦のディポジットファンドも「微打賞」の中に別口座として設定。参加、復活、ボーナスの配分はすべてこのディポジットファンドから行う。

(6) 参加メンバーの応援会は最初に参加費としてディポジットに880人民元(約1万4千円)を入金すること。

(7) 復活制度を利用するときはディポジットに680人民元(約1万1千円)を入金すること。

(8) ディポジットファンドはクラウドファンディングアプリで公開し、この対戦ゲームにインセンティブを与えたい人なら、誰でも入金可能とする。入金総額に上限は設けない。

(9) 最終結果の順位によるディポジットからの配分は以下のとおり。第1位 65%、第2位 25%、第3位 10%。対戦終了後、各メンバーの応援会のファンド口座へ入金する。

(10) 対戦期間中、各応援会は日常の資金集め活動はできるが、この対戦のためだけに新たに集金口座を立てることは禁止する。

(11) 22:00の裁定で復活制度を利用しない応援会は、ツイートで敗退を宣言し、生き残ったメンバーの健闘を祝福すること。そしてそこから24時間は応援会アカウントでのメンバーのPR活動を停止すること。

(12) ゲームの結果、各メンバーがこの対戦専用に作成した口座の資金は、当然各メンバーの応援会が投票資金として全額利用できる。

以上が対戦のルールだが、よく考えられているなぁと感心する。

各メンバーの戦績は以下のとおり。

上海SNH48 チームSII チュンチュン(袁雨楨 Yuán Yǔ Zhēn( ユェン・ユーチェン) あだ名: チュンチュン SNH48 Team SII
 SNH48 2期生
 1998/01/10湖南省常徳市生まれ
 
) 135,176.76(約216万円)
上海SNH48 チームNII Yuriko(江真儀 Jiāng Zhēn Yí( チャン・チェンイー) あだ名: Yuriko SNH48 Team NII
 SNH48 7期生
 2001/02/08上海生まれ
 
)38,489.25(約61万円)
上海SNH48 チームHII Miyo(楊惠婷 Yáng Huì Tíng( ヤン・フェイティン) あだ名: ミヨ SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1998/04/08広東省生まれ
 
)137,319.14(約220万円)
上海SNH48 チームX スイスイ(楊冰怡 Yáng Bīng Yí( ヤン・ビンイー) あだ名: スイスイ(水水) SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 2000/07/26海南省生まれ
 
)161,428.54(約258万円)
上海SNH48 チームXII Yoko(張怡 Zhāng Yí( チャン・イー) あだ名: Yoko SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1994/06/22安徽省生まれ
 
)67,358.59(約108万円)
上海SNH48 チームXII シャンシャン(姜杉 Jiāng Shān( チャン・シャン) あだ名: シャンシャン SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1995/10/06河南省生まれ
 
)100,430.00(約160万円)
広州GNZ48 チームNIII ミッフィー(劉力菲 Liú Lì Fēi( リョウ・リーフェイ) あだ名: ミッフィー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1995/10/30四川省生まれ
 
)109,624.60(約166万円)

SNH48と姉妹グループの応援会は、応援会どうしがこういったゲーム形式の数日間のイベントをくり返し行って、ファンの競争心をあおり、投票資金を集めるというのが、すでに定番になっている。

たぶん、やっぱり中国人はメンツを重視するからなんだろうと思う。

漠然と毎日資金集めをしてもモチベーションが続かないが、数人のメンバーの応援会と対戦形式にすれば「うちのメンバーのメンツはつぶせない!」となって、俄然資金を投入する。

最終的に大笑いするのは、SNH48運営会社社長の王子傑(ワン・ツージエ)なのだが、現地ファンはそれも分かった上で総選挙を楽しんでいるようだ。

瀋陽SHY48運営がチーシー(秦璽)に謝罪ツイートをさせて更にグダグダの展開

瀋陽SHY48運営は本当にヘタクソだなぁと思う。チーシー(秦璽 Qín Xǐ( チン・シー) あだ名: チーシー SHY48 Team SIII
 SHY48 1期生
 1997/10/09湖南省生まれ
 
)の暴露話の対応で見事に失敗している。

2017/07/02第四回総選挙演説会のファンミーティングと演説会で、運営に対する不満をぶっちゃけてしまった、チームSIIIチーシー(秦璽 Qín Xǐ( チン・シー) あだ名: チーシー SHY48 Team SIII
 SHY48 1期生
 1997/10/09湖南省生まれ
 
)が、2017/07/04 20:46に前言撤回と謝罪の長文ツイートをした。

最初に結論から書いてみる。今回、瀋陽SHY48運営会社の問題点と思われることだ。

(大事な前提は、48系グループのファン(顧客)は一般の中国人消費者と異なり、日本の48系運営のサービスレベルを求めていること)

(1) 契約しているタレントやスタッフに対する、自らの管理責任について謝罪していない。

(2) 自らの責任を否定し、全責任を契約タレントに転嫁している。

(3) 事実についての説明責任を果たしていない。

ただ筆者は、SHY48運営は、事実を説明する気は全くないだろうとあきらめている。それでも運営会社は、メンバーに全責任を転嫁するといった、最終的に自社の不利益になるようなマズい対応をするのは賢明でない。

どうせ事実を説明する気がないなら、事実を隠蔽しつつ、自社の不利益にならない消費者向けの対応は、以下のようになるはずだ。

(a) まず瀋陽SHY48の公式アカウントで謝罪する。

(b) 謝罪の内容は、自社の管理不足でタレントが不適切な発言をし、消費者に迷惑をかけたこと。

(c) 彼女が話した内容の事実関係は継続して調査する、と書く。

(d) 調査の結果、タレントや契約教師に不適切な点があれば運営会社として指導すると書く。

(e) 実際には事実関係の調査はしない。

(f) 公式アカウントの謝罪ツイートの後に、初めてタレント自身に謝罪ツイートをさせる。

こういう対応でないと、運営会社は自ら墓穴を掘るだけだ。というか、すでに掘ってしまった。

以下、チーシー(秦璽 Qín Xǐ( チン・シー) あだ名: チーシー SHY48 Team SIII
 SHY48 1期生
 1997/10/09湖南省生まれ
 
)が運営会社に「書かされた」謝罪文を日本語試訳する。問題点を逐一補足する。

続きを読む…

上海SNH48チームSII全曲オリジナル公演第二弾『第48区』の本当に重要な意味について

上海SNH48チームSIIとして2つめの全曲オリジナル公演『第48区』が昨日2017/06/30(金)初日を迎えた。

例によって好き勝手コメントしようと思ったのだが、予想以上に48系グループ公演の枠組みを飛び越えていたので、この公演全体の意義みたいなものについて、好き勝手書いてみたい。

この公演は、48系グループのファンではなく、一般の観客が見てはじめて正当な評価を受けられると思う。

こう言っては申し訳ないけれど、48系グループのコアなファンで、アイドルポップス以外のジャンルの音楽をあまり聴いたことがない観客には、この公演のクオリティの高さは本当には分からないと思う。

初日のオンライン生放送の完全版録画はこちら。

上海SNH48チームHIIの全曲オリジナル公演『Beautiful World』と同じように、重厚な編曲のロックやEDMが多い。とくに自己紹介MC前の4曲は、『Beautiful World』同様のかなり重めの構成になっている。

ただ、K-POPスタイルの派生グループ「7SENSES」の成果が、これほど見事に定期公演に反映されるとは思わなかった。

チームSIIには「7SENSES」のメンバーが、タコちゃん(張語格 Zhāng Yǔ Gé( チャン・ユーグー) あだ名: タコちゃん SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1996/05/11ハルピン市生まれ
 
)、ダイモン(戴萌 Dài Méng( ダイ・モン) あだ名: ダイモン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/08上海市生まれ
 
)、キキ(許佳琪 Xǔ Jiā Qí( シュー・チャーチー) あだ名: キキ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1995/08/27浙江省生まれ
 
)、Bちゃん(孔肖吟 Kǒng Xiào Yín( コン・シャオイン) あだ名: Bちゃん SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1992/04/11遼寧省瀋陽市生まれ
 
)と4人もそろっている。4人とも上海SNH48の一期生で、今のSNH48グループの基礎を作ってきたメンバーだ。

さすが一期生と思わせたのは、当然、この4人だけではない。

M05.MAD WORLDでの、チームSIIの歌姫CC(徐晨辰 Xú Chén Chén( シュー・チェンチェン) あだ名: CC SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1990/06/20江蘇省南京市生まれ
 
)のR&Bと、マオマオ(李宇琪 Lǐ Yǔ Qí( リ・ユーチー) あだ名: マオマオ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/26陝西省西安市生まれ
 
)のRAPのコラボが最高にクール(と書くのも恥ずかしいくらいクール)。

M07.愛未央は、ダイモン(戴萌 Dài Méng( ダイ・モン) あだ名: ダイモン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/08上海市生まれ
 
)、キキ(許佳琪 Xǔ Jiā Qí( シュー・チャーチー) あだ名: キキ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1995/08/27浙江省生まれ
 
)のデュエット曲で、この2人のダンスパフォーマンスも振付けのシンクロが完璧で素晴らしい。

そして、48系の公演曲の範囲内から完全にメーターが振り切れていたのが、M10.寒夜という曲。一期生momo(莫寒 Mò Hán( モー・ハン) あだ名: momo SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1992/01/07貴州省遵義市生まれ
 
)のソロ曲だ。

4ビートっぽいバラードで最後までしっとり聴かせてくれるのかと思ったら、まさかコートを脱いでキャミソールだけ(もちろん「安全褲」をはいているけれど)というセクシーな演出になっている。

いままでのSNH48オリジナル公演や、AKB48公演のカバーで、ここまで振り切った「大人」の演出はなかった。

そしてタコちゃん(張語格 Zhāng Yǔ Gé( チャン・ユーグー) あだ名: タコちゃん SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1996/05/11ハルピン市生まれ
 
)のダンスは、細い手脚を大きく見せて、それでも最初から最後までしなやか、かつ、優雅で、全員曲の全体の動きをつねに中央に近いポジションで引き締めている。

これら一期生のパフォーマンスは、SNH48グループの他のどのチームもマネできないレベルだろう。

一般的なJ-POPスタイルの楽曲として、この公演の中でいちばん素晴らしいのは、間違いなくアンコール前のM13.廃墟紀元だ。

Bメロは8小節しかないのだが、この部分の伴奏が鳥肌が立つほど素晴らしい。曲全体はタイトルどおり、壮大な廃墟と化した世界の悲壮感が正確に表現されている。

ツーコーラス目のBメロ部分で、キキ(許佳琪 Xǔ Jiā Qí( シュー・チャーチー) あだ名: キキ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1995/08/27浙江省生まれ
 
)がバレエの経験を活かした、美しいスピンを見せているが、初日では残念ながら劇場のカメラが追いついていない。

こうしたダンスパフォーマンスの細かいアクセントまで含めて、この公演のクオリティは実に高い。

そして公演の最終曲について。

チームSII初の全曲オリジナル公演『心の旅程(心的旅程)』では、最後のM16.私の舞台(我的舞台)がこれ以上ない素晴らしいエンディング曲になっていた。

それに比べると、残念ながらこの『第48区』の最終曲、M16.無尽の世界(無尽的世界)は、楽曲の完成度でアンコール前の、M13.廃墟紀元のレベルに達していない。やや凡庸なアンセムっぽく聴こえる。

ただし、このM16.無尽の世界の最後の舞台演出が、公演全体のテーマに対するエンディングとしてこれ以上ないほど素晴らしい。

最後の部分でmomo(莫寒 Mò Hán( モー・ハン) あだ名: momo SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1992/01/07貴州省遵義市生まれ
 
)が舞台に一人とり残されるが、ダイモン(戴萌 Dài Méng( ダイ・モン) あだ名: ダイモン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/08上海市生まれ
 
)が立ち去りぎわにその肩をたたく。

それをきっかけにmomo(莫寒 Mò Hán( モー・ハン) あだ名: momo SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1992/01/07貴州省遵義市生まれ
 
)が夢から目覚めさせる。

第48区が廃墟と化した壮大な争いや、楽園がじつは幻でしかなかったといった絶望感などが、すべて一人の少女が見ていた夢にすぎなかった。

その夢から目覚めた少女が、立ち上がり、まっすぐ前を見つめながらソロで歌う。

時間は円を描きながら
何度も過ぎ去っていき

私がすべての運を
使い尽くすところまで来ても
あなたはやっぱり
そばにいてくれる

この約束を守って
永遠に信念を捨てず
陽の差す方へと
私たちはともに歩む

果てない世界へ

そしてまさかの展開。このmomo(莫寒 Mò Hán( モー・ハン) あだ名: momo SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1992/01/07貴州省遵義市生まれ
 
)のソロのまま、公演全体が終わるのだ。

momo(莫寒 Mò Hán( モー・ハン) あだ名: momo SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1992/01/07貴州省遵義市生まれ
 
)のソロで公演全体が締めくくられる。

この公演の構成、どこかで見たような気がすると思った。まったく逆の形で。

チームSIIが結成後、2つめのAKB48のお下がり公演として、2013/12/27~2014/05/16の期間上演した『恋愛禁止条例』公演のオープニングだ。

(中国語タイトルは運営の自粛で『永恆之光』に変わっているがM07.恋愛禁止条例そのものは削除されなかった。その結果、SNH48版ではM01.長い光が公演のタイトル曲となった)

この『長い光』は公演全体が、momo(莫寒 Mò Hán( モー・ハン) あだ名: momo SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1992/01/07貴州省遵義市生まれ
 
)の歌う美しいソロで始まる。

momo(莫寒 Mò Hán( モー・ハン) あだ名: momo SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1992/01/07貴州省遵義市生まれ
 
)は、こういう曲のソロでは、CC(徐晨辰 Xú Chén Chén( シュー・チェンチェン) あだ名: CC SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1990/06/20江蘇省南京市生まれ
 
)のようなR&Bスタイルの歌唱法でもなく、ヘンに甘えた声でもなく、まっすぐで透明な声になる。

夢から醒めて、遠くどこまでも続く、おそらく形容もしようのない美しく果てしない世界の彼方を見つめる歌声として、これほどふさわしい声はない。

この公演について、SNH48の音楽プロデューサ自身、アイドルグループの劇場公演というより、コンサートとして鑑賞に耐えるものを目指したと語っている。

それだけ品質の高い公演だということは、一曲目、M01.第48区のイントロを少し聴いただけで感じ取れる。

本当の問題はここからだ。

その一曲目のイントロという、公演全体で最も重要な部分で、驚くべきことに観客がタコちゃん(張語格 Zhāng Yǔ Gé( チャン・ユーグー) あだ名: タコちゃん SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1996/05/11ハルピン市生まれ
 
)コールを、しかもリズムを完全に外して叫びはじめたのだ。

筆者はビリビリ動画の生放送でこの初日を観ていたのだが、思わず「黙れ(閉嘴)」とコメントを打ってしまった。

これだけ高品質で、48系グループの公演といわば別物になった公演に、コールやMIXが必要か?ということが本当の問題だと思った。

これは、真面目に考える必要のある問題だと思う。

SNH48が中国で本当にメジャーなグループになるためには、外から見れば奇妙に見える「ムラの中の習俗」をいったん捨てることは避けられない。個人的にはそう思っている。

もしかすると筆者がSNH48チームHIIの全曲オリジナル公演『Beautiful World』に激しい違和感をもって、以降、一度もオンライン生放送を観ていないのは、公演そのものの問題ではないかもしれないと気づいたのだ。

聴衆として純粋に公演を楽しみたいのに、オンライン生放送を観ている限り、そして仮に現場にいればなおさら、MIXやコールといった48系の「習俗」を、無意識のうちにジャマだと思っているのかもしれない。

今回の『第48区』は、なおさらそう思ったのかもしれない。

もうMIXもコールもいらない、と。

MIXやコールで公演に参加することを楽しむスタイルなら、たとえば広州GNZ48チームNIIIの全曲オリジナル公演『第一人称』や、北京BEJ48チームEの全曲オリジナル公演『ティアラ・ファンタジー』を観に行くのが最適だ。

筆者はいまチームNIIIキャプテンのミッフィー(劉力菲 Liú Lì Fēi( リョウ・リーフェイ) あだ名: ミッフィー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1995/10/30四川省生まれ
 
)を応援していて、48系のMIXやコールが見事にハマるJ-POPスタイルの楽曲も、さまざまな音楽のスタイルの一つとして好きで、毎回オンライン生放送を観ている。

この2つの公演は48系公演として、これまでのSNH48全曲オリジナル公演の中でベスト2だと思う。

でもたぶん『Beautiful World』や『第48区』は、そういう48系の公演とはすでに別物になっている。

なので批判を覚悟であえて言えば、MIXやコールなしで楽しませてもらえないだろうか。

SNH48四つ目の姉妹グループ重慶CKG48星夢劇院が建設中

SNH48の、北京BEJ48、広州GNZ48、瀋陽SHY48につづく四つ目の姉妹グループ、重慶CKG48の劇場の工事が始まっているらしい。

↓場所は事前のリークどおり、重慶国瑞中心。

先日このブログで、重慶国瑞中心は公共交通がかなり不便な場所だと書いたが、どうやら地下鉄が建設中とのこと。

「環線」と呼ばれる環状の地下鉄が完成すると、「海棠溪」駅まで300mとすぐ近くになる。そうすると地下鉄を乗り継いで3号線で江北国際空港まで行ける。

なお、重慶CKG48一期生募集期間は2017/06/02~07/20と、締切までまだあるので、オーディションは始まっていない。

ところで、四川省と重慶市とは中国語で「川渝」といって、女性の顔面偏差値が高い地域だという、本当かウソかわからない説がある。

SNH48グループには「四千年に一人の美少女」キクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī( チュー・チンイー) あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
 
)をはじめ、ざっと1割の四川省出身の「川妹(四川省出身の女子の意味)」がいる。

ちなみに最近筆者がフォローしている広州GNZ48チームNIIIキャプテンのミッフィー(劉力菲 Liú Lì Fēi( リョウ・リーフェイ) あだ名: ミッフィー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1995/10/30四川省生まれ
 
)も四川省出身。

他には、SNH48シャオイェン(許逸 Xǔ Yì( シュー・イー) あだ名: シャオイェン SNH48 Team NII
 SNH48 7期生
 1995/10/07四川省生まれ
 
)、ルーチャオ(王露皎 Wáng Lù Jiǎo( ワン・ルーチャオ) あだ名: ルーチャオ SNH48 Team HII
 SNH48 5期生
 1995/02/17四川省生まれ
 
)、Yoki(袁一琦 Yuán Yī Qí( ユェン・イーチー) あだ名: Yoki SNH48 Team HII
 SNH48 7期生
 2000/03/19四川省生まれ
 
)、あきちゃん(劉增艶 Liú Zēng Yàn( リョウ・ツォンイェン) あだ名: あきちゃん SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1996/08/31四川省生まれ
 
)、北京BEJ48のユーワン(青鈺雯 Qīng Yù Wén( チン・ユーウェン) あだ名: ユーワン BEJ48 Team B
 SNH48 6期生
 1997/01/18四川省南充市生まれ
 
)、ライチ(李梓 Lǐ Zǐ( リー・ツー) あだ名: ライチ BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 2000/08/30四川省内江市生まれ
 
)、まゆりん(馬玉靈 Mǎ Yù Líng( マー・ユーリン) あだ名: まゆりん BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1999/10/06四川省簡陽市生まれ
 
)、広州GNZ48のKiko(李沁潔 Lǐ Qìn Jié( リー・チンジエ) あだ名: KIKO GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/02/12四川省生まれ
 
)、リカちゃん(唐莉佳 Táng Lì Jiā( タン・リーチャー) あだ名: リカちゃん GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/01/18四川省生まれ
 
)、りんたん(肖文鈴 Xiào Wén Líng( シャオ・ウェンリン) あだ名: リンたん GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 2001/01/24四川省生まれ
 
)、ツオツオ(左婧媛 Zuǒ Jìng Yuán( ツオ・チンユェン) あだ名: ツオツオ GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1998/08/19四川省生まれ
 
)、シエちゃん(陳桂君 Chén Guì Jūn( チェン・グェイチュン) あだ名: シエちゃん GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 1997/10/08四川省生まれ
 
)、ダーリン(代玲 Dài Líng( ダイ・リン) あだ名: ダーリン GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 07/27四川省生まれ
 
)、サークル(楊媛媛 Yáng Yuán Yuán( ヤン・ユェンユェン) あだ名: サークル GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 12/17四川省生まれ
 
)、瀋陽SHY48のシャオミン(孫敏 Sūn Mǐn( スン・ミン) あだ名: シャオミン SHY48 Team SIII
 SHY48 1期生
 02/25四川省瀘州生まれ
 
)、Koko(寇承希 Kòu chéng xī( コウ・チェンシー) あだ名: KoKo SHY48 Team HIII
 SHY48 1期生
 11/20四川省生まれ
 
)、シェンシェン(徐斐然 Xú fěi rán( シュー・フェイラン) あだ名: シェンシェン SHY48 Team HIII
 SHY48 1期生
 03/04四川省生まれ
 
)、ピンピン(張愛靜 Zhāng ài jìng( チャン・アイチン) あだ名: ピンピン SHY48 Team HIII
 SHY48 1期生
 08/03四川省生まれ
 
)。

重慶出身は、上海SNH48のトマト(呂一 Lǚ Yī( リュー・イー) あだ名: トマト SNH48 Team SII
 SNH48 7期生
 1997/06/27重慶生まれ
 
)、じゅうなな(龔詩淇 Gōng Shī Qí( ゴン・シーチー) あだ名: じゅうなな SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1998/05/05重慶市生まれ
 
)、ウェンウェン(文文 Wén Wén( ウェン・ウェン) SNH48 Team HII
 SNH48 8期生
 05/31重慶生まれ
 
)、ボーア(陶波兒 Táo Bō Er( タオ・ボーア) SNH48 Team XII
 SNH48 8期生
 1998/06/20重慶生まれ
 
)。

あえてスキップしたメンバーはごめんなさい。

たしかにこれだけ美女がそろうと、お腹いっぱいの「川渝」ユニットができそう。

ということで、重慶CKG48に期待。

48系の本質をついた上海SNH48オリジナル曲『人間規則』の歌詞を歌える日本語にしてみた

現地ファンにまだ波紋を広げている、上海SNH48チームXII全曲オリジナル公演『コードXII』の『人間規則』という曲の歌詞。

歌える日本語に翻訳してみた。

『人間規則』
作詞:甘世佳

正直にと言われ ホントを言ったら
突然 冷たくされた
言われたルールは
絶対 破れないのに
トクしたのは 違反者

知恵をしぼって
奪う 架空の王座
その無邪気が あざといと
デフォルトでは
読めない人の心
黒は白に できない

アイラインを引いてよ
ギラギラを隠すため
少しルージュを塗って
輪郭 ぼかすため
暗黙の ルールの下の
裏ルール 教えてよ
スパコンでも
あいまいで 答えが出ない

まずは黙って
顔色 うかがう
人の弱さ 探ってく
“彼ら”はどうして
ぼんやり 日々を送るの
キレイは うわべだけなのに

人類の王国
ひとつひとつ 堕ちてく
無数の 国王が去ってく
だからこそ
やわらかな 片隅に
詩の花が咲く

アイラインを引いてよ
ギラギラを隠すため
少しルージュを塗って
輪郭 ぼかすため
暗黙の ルールの下の
裏ルール 教えてよ
スパコンでも
あいまいで 答えが出ない

雨がやみ 晴れた空
探りあって 楽しもう
苦いコーヒー
無数の香り
甘みに 浮き上がる本性

小説を読ませてよ
虹色を描くため
明日の姿 教えて
不安に 震えるため
ひとつ願いをかけて
永遠が 分からない
計算はいい
人のしなやかさが 好き

小説を読ませてよ
虹色を描くため
明日の姿 教えて
不安に 震えるため
ひとつ願いをかけて
永遠などいらない
計算はいい
もう人として 生きれるから

音節数を合わせるためにムリのある部分がありますが、ご容赦を。

中国人の日本語学習者が、中国語を日本語訳すると・・・

(1)熟語をそのままつかう
(2)助詞を省略しない
(3)日本語独特のカタカナ表記がつかえない
(4)日本語独特の句読点法がつかえない
(5)擬態語が適切につかえない

という特徴がある。要するに、教科書に出てくるような日本語しか書けない。

この歌詞にも「誠実」「真相」「必須」「遵守」など、熟語がたくさんあるけれど、そのまま日本語にすると硬すぎるので、できるだけ「やまとことば」にする。

助詞の省略は、主語や目的語であることが明確な場合「は」「が」や「を」は省略できる。

などなどに注意して、できるだけ歌える音節数の日本語にしてみた。

(ヒマか!)