ダイヤモンド・オンライン『SNH48が導いた中国のアイドルブーム、経済悪化も一因!?』への反論

経済誌『週刊ダイヤモンド』オンラインが『SNH48が導いた中国のアイドルブーム、経済悪化も一因!?』(2016/06/02)という記事を掲載していた。

この記事で、いま中国で女性アイドルグループが複数出てきているのは、経済の低成長で若者がアイドルに心の癒やしを求めているからだ、という上海のアイドルファンの分析を紹介しているが、おそらく間違っている。

上海SNH48のデビュー以前から、中国各地の大学にはAKB48やモーニング娘。などのコピーをする、非商業ベースの女子大生のサークル活動(中国語では「社団」)が無数に存在し、これらのサークルを応援するファンも存在していた。

彼女たちがパフォーマンスを披露する場所の一つが、日本でもおなじみのコミケ。中国のコミケは日本よりも参加者が積極的にパフォーマンスする点で大きくことなる。

日本のメディアでも紹介されたことがあるが、アニメやゲームのキャラクターに扮するコスプレイヤーも、日本のコミケでは単独でカメラ小僧の被写体になったり、友だち同士でまったり過ごしているだけだが、中国では舞台に登場して音楽に乗せてダンスや寸劇を披露する。

ある意味、アイドルを応援する側もされる側も、非商業ベースのサークル活動で十分満足していた。こういった草の根アイドルグループがつぎつぎ出始めた理由の一つは、おそらく経済低成長で中間層の若者が「大きな夢より、身近な癒やし」を求めるようになったためだろう。

その意味で、草の根の非商業ベースのアイドルグループが中国各地に林立しはじめた理由が、経済の低成長で中間層の若者が心の癒やしを求め始めたから、ということができる。

しかし、こうした非商業ベースのアイドルグループと、SNH48のような商業ベースのアイドルグープは根本的に異なる。商業ベースのアイドルグループは、当たり前のことだが資金が回らなければつぶれるからだ。

過去に中国国内でデビューしたが商業ベースで立ちゆかなくなり解散した女性アイドルグループは複数存在する。

ではなぜいま中国で商業ベースの女性アイドルグループがつぎつぎ登場し、かつ、商業的に成立するようになっているのか。それは心の癒やしなどといった心理的な理由ではない。

1.インターネット少額決済の普及

一つの理由がインターネット決済の普及だ。詳細は他の記事にゆずるが、中国では若者の間でパソコンやスマートフォンをつかった少額決済が日本よりもはるかに気軽に利用されている。日本でいうLINEのようなアプリに現金をチャージしておいて、チャットのメッセージを送る感覚で少額の金額を相手に支払うことができる。

ダイヤモンド・オンラインの記事にある「ネット空間上のおひねり」も同じで、生放送動画の配信サイトで、あらかじめ現金でポイントを購入しておき、そのポイントで「応援アイテム」を購入して、好きなアイドルの生放送中にプレゼントする。

こういった生放送動画の配信サイトは中国語で「直播間」(ライブ放送室の意味)と呼ばれ、どちらかというと「セクシー」なお姉さんたちがおこづかい稼ぎに(中にはそれだけで生活している強者もいるらしいが)、生放送している割合が圧倒的だ。

(中国ではポルノは法律で禁止されているので、露出が高い服装や過激なダンスパフォーマンスなどは、サイトの運営会社がリアルタイムで監視している。そうした監視役の社員は視聴者から「」)

中国のように国土が広大だと、SNH48のような「会いにいけるアイドル」といっても、そう簡単に会いにいける土地に住んでいるファンもいる。

そこでアイドルグループの運営会社が全国各地に分散している無数のファンから少額の「おひねり」を集めて、運営資金をまかなうのに、インターネットの少額決済の普及は重要な役割を果たしている。

日本のAKB48系グループのように、劇場公演のチケット収入だけでなく、全国各地から少額の収入を得ることで、結果的に大きな売上をあげることができる、ということだ。もちろん若年層の人口が日本より圧倒的に多いということもある。

2.官製バブル

もう一つは中国政府がリーマン・ショック以降、異次元の金融緩和策をとったことだろう。

市場に大量共有された資金を、大人は株式市場や理財商品、不動産などに投資し、若者は自分の趣味に惜しげもなくつぎ込む。その趣味の一つがアニメ、漫画、ゲームなどのいわゆる「二次元」の世界にお金を使うことであり、その延長線上にアイドルを応援することがある。

そうした投資に対する金銭的なリターンのない「二次元消費」をする経済的余裕のある若者の背後には、裕福な中間層の両親がいることも忘れてはいけない。

もちろんこうした消費者側だけでなく、起業する側もタブついた資金の新たな使いみちとして「二次元」に注目するようになった。

その結果、オンラインゲーム制作運営会社、そのゲームにどっぷりつかることができるインターネットカフェ、上述のような生放送動画サイトなどの「二次元消費」を見込んだインターネットサービスの、小さな起業家が林立することになる。

そのさらに先にある「二次元消費」のビジネスモデルとして、起業家が注目したのが、日本のAKB48形式のアイドルグループだったわけだ。SNH48の運営会社も、もとはオンラインゲームの運営会社「久遊」である。

中国の官製バブルは、日本よりも経済格差を激しく拡大させている。

アイドルグループのような「二次元消費」に意欲的なのは経済的な勝ち組である中間層から富裕層の家庭の若者であり、アイドルグループの応援ような、リターンのない純粋な消費に相当な金額をつぎ込んでも生活に困らない層が厚くなったことが背景にあるのだ。

そして忘れてはいけないのは、アイドルになる側の女性もまた中間層から富裕層の子女である点だ。

中国では将来高収入の職につくため、起業家になるためには、高い教育を受けることが必須で、若年層の人口が日本より圧倒的に多いこともあり、大学入試や就職活動はいまだに激烈だ。

なので本来、高校生や大学生がアイドル活動のような余興に割く時間はない。

しかし中間層全体の生活水準が上がると、それほど良い会社や官公庁に就職できなくても、そこそこの生活を保てるようになる。

すると学業をやりながら、何かをする時間的な余裕がうまれてくる。その結果、経済的にアイドルになる余裕のある女子高生(最近では女子中学生まで)が出てくることになる。

このようにリーマン・ショック後の官製バブルでの金余りで、起業家や企業経営者があり余る資金を二次元消費のような水物にまで回す余裕ができたこと。

そして中間層全体の経済レベルが上がって、アイドルの「なり手」の女子高生・女子大生が増えたことが二つ目の背景としてある。

以上のように、中国でSNH48やIdol Schoolのようなアイドルグループが最近、中国各地で成立しているのは、決して中国の若者が経済の低成長でアイドルに癒やしを求めているわけではない。

物質的条件が本当に悪ければ、経済の低成長は、若者を条件の劣悪な労働に追い込むはすである。(もっとも農村出身の若者は中国の戸籍制度のために劣悪な労働に追い込まれるわけだが)

そうなっていないのは、じつは中国の経済が低成長になったけれども、それでもまだ成長を続けており、アイドルのような二次元消費にお金をつぎこんで心の癒やしを求めるだけの余裕がある証拠ではないだろうか。

週刊ダイヤモンドのような経済誌が、SNH48、Idol Schoolなど中国で女性アイドルグループがつぎつぎ登場している背景を、上海在住の日中アイドル文化の歴史にも詳しい若者(たぶん海爾凱特さんだと思うが)の言葉を借りて、「心の癒やし」というふうに心理学的に説明しているのがとてもおかしかった。

なので筆者は、経済的な側面から「正しい」分析を書いてみた。

経済成長をとげ、やっと「心の癒やし」といった心理的な問題に注目できるほど裕福になったばかりの社会は、おうおうにして自分たちの享受している幸福が、やっぱり経済的な基礎の上になりたっていることを忘れがちである。

もっと言えば、その経済的な基礎が、同じ国内でまだまだ貧困にあえいでいる大量の市民(中国の場合は農民籍の人民)の犠牲の上に成り立っていることを忘れがちである。

SNH48初の完全オリジナル公演『心の旅程』冒頭4曲の公式フルHD映像

SNH48初の、というよりAKB48海外姉妹グループ初の完全オリジナル公演『心の旅程』冒頭4曲だけ、フルHDの公式映像が公開されていたようなので、ご紹介。

この映像は初日2016/05/20(金)の翌日、2016/05/21(土)上演分の映像とのこと。

個人的にはこの『心の旅程』公演の中では、この映像には入っていないけれど、やっぱり『ローマの休日』が一二を争う名曲だと思う。AKB48のシングルでも全然おかしくないクオリティ。

上海SNH48チームSII完全オリジナル公演『心の旅程』全曲を勝手に解説!(その3)

AKB48海外姉妹グループ初の完全オリジナル公演、上海SNH48チームSIIによる『心の旅程』の楽曲を筆者が好き勝手解説してみるブログエントリーの3回め。解説が長すぎる!(笑)

↓初日のインターネット生中継全編はこちら。今日はアンコール明け2時間12分あたりから。

EN1.時代のチャンピオン(潮流冠軍)

これもAKB48公演ではおなじみのロック風の「燃える」系の楽曲。しかし天井からマイクがぶら下がるとは斬新な演出。ただマイクは活きていないと思われるし、かなり踊りづらそう。生中継のカメラから見てもメンバーの顔がマイクの後ろに隠れちゃうし。

曲の構成はやはりJ-POPの王道でAメロ⇒Bメロ⇒Cメロで、しかもAメロが「動」、Bメロでいったん「静」になって、サビで再び「動」になるという典型的なパターン。

サビの歌詞「hey hey hey」と「追 追 追(チェイ チェイ チェイ)」の連呼がいかにも「らしい」作詞になっている。

現地ファンなら「ヘイヘイヘイ」と「追追追」であらぬことを連想してしまうんだけれど。SNH48初のテレビ放送冠バラエティー番組『国民美少女』で「校長先生」役だった、台湾のベテラン歌手・費玉清(フェイ・ユーチン)の「ヘイヘイヘイ」ネタ…。

歌詞はロンドンが舞台なので、てっきりサッカーがテーマの「冠軍(チャンピオン)」かと思ったら、ファッションモデルの女の子のお話しだった。

曲に登場する「T台」とはランウェイのこと。「街拍」はストリート・スナップのこと。などなど、さまざまなファッション用語が散りばめられて、ランウェイをさっそうと歩くスーパーモデルを目指す女の子の歌。

間奏へのブリッジの役割を果たすDメロもちゃんと書かれているし、サビのCメロは上述の歌詞も含めてキャッチー、Dメロが最後のサビのリフレインのコーラスになっちゃうという凝った構成まである。

J-POPとしても十分レベルを満たす公演曲。AKB48へ逆輸入しても何の問題もなく成立する楽曲。

EN2.青春のラッパ

イントロで急に人数が少なくなるのは、マイクを取りに舞台裏にもどるメンバーが多いため(笑)。舞台裏にもどったメンバーは自分の分も合わせて、マイクを2本持って再び登場している。

マイクを天井からぶら下げるという斬新な演出の「副作用」だけれど、よく見ていないとなぜ舞台からハケるメンバーが多いのか分からないかもしれないくらいスムーズな転換。

曲の構成は、Aメロ⇒Bメロ⇒Cメロ(サビ)だが、この曲のすごいところは、Aメロ、Bメロにくり返しがなく、ひとつながりのメロディーで次の部分へ継ぎ目を感じさせずになだれ込んでいくこと。

メロディーにくり返しが無いとは、ぜいたくな作りの曲。

Cメロが転調しているが、これはGメジャーからAメジャーなので、最後のサビの繰り返しがよく半音や全音上がるのと同じく、単に盛り上げるためだけの転調。三度転調のように、トニックコードの代替コードがメジャーコードになるのでガラッと曲の雰囲気が変わる、といった効果は無い。

また、最後のサビの前の間奏部分で、全く同じギターのリフがA⇒C#m7⇒A⇒E7と進行するコードの上でずっと鳴っているのも気持ちいい。

ところでこの曲のサビの歌詞には「S!N!H!」が登場するので、これが上海SNH48として、オリジナル公演そのものが初めてなので当たり前だけれど、SNH48グループ曲としても「初」。

いままでSNH48は、AKB48の『Pioneer』『転がる石になれ』などに現れる「We’re the Team A!」や「We’re the Team K」という歌詞を「We’re the SNH!」に変更して歌っていた。

そしてようやく自分たちオリジナルの「S!N!H!」と叫べる曲が出来たわけだ。

これが「Team S!」ではなくて「S!N!H!」である点が、ある意味、本来J-POPにとってアウェーの中国という国で、日本式の女性アイドルグループとして活動しつづけるSNH48全体の団結力を示すのかもしれない。

EN3.私の舞台

この曲は『最終ベルが鳴る』公演でいう『支え』的な曲。じっさい初日の映像では、瞳をうるませながら歌っているメンバーもいる。

この曲は構成で言えば、長めのAメロのくり返しの後、すぐにサビのBメロが来るが、Aメロのメロディーが実質的にブリッジも兼ねているぜいたくな長さ。

しかも一番の歌詞と二番の歌詞が異なる。間奏部分にはキャプテンのダイモン(戴萌 Dài Méng ダイ・モン あだ名: ダイモン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/08上海市生まれ
)のセリフもある。

曲の最後の部分の終わり方が、やや中途半端でとっても残念。個人的には最後の「ツリーチャイム」という名前の楽器のサンプリングらしいキラキラ音は無しで、ふつうにストリングシンセのフェイドアウトでいいと思う。

でもこの曲のサビの歌詞「十年後再回首 我們初心不改」はすでに、SNH48メンバーと現地ファン共通の思いをのせたスローガンになっている。

「十年たってふり返っても 私たちの初心は変わらない」

すでに上海SNH48の総選挙は今年で三回目だけれど、七年後、舞台の上で十年前のSNH48をふり返るメンバーがまだ中国各地の舞台に立っているだろうか。

それは誰にも分からない。

以上、予想以上にクオリティの高かった中国SNH48初の完全オリジナル公演『心の旅程』全曲を、勝手に解説しちゃうシリーズはこれにて終了。

SNH48第三回総選挙アピールコメントより全身大やけどを負いながら出馬SNH48 TeamNII二期生エンジェル(唐安琪)

上海SNH48・北京BEJ48・広州GNZ48合同、第三回総選挙アピールコメント動画がつぎつぎ公開されているのだが、ご紹介する時間が全く取れない。

なのでまずは不幸な「事故」で全身大やけどを負いながらも、第三回総選挙への出馬を表明したSNH48チームNII二期生エンジェル(唐安琪 Táng Ān Qí タン・アンチー あだ名: エンジェル SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/07湖北省生まれ
)のアピールコメント動画だけ、ご紹介しておく。

理由は、良くも悪くもこの映像がいまのSNH48グループ(と言ったらSNH48、BEJ48、GNZ48のこと)をいちばんよく表現している気がしたからだ。

これからどうなるか先は全く見通せないし、日本のAKB48本部の姉妹グループのように十分な自由があるわけではない。けれど根拠のない希望だけはある。その希望さえあれば、何とか前には進んでいける。

そういう意味で…。

↓SNH48第三回総選挙アピールコメント SNH48 TeamNII 二期生 エンジェル(唐安琪 Táng Ān Qí タン・アンチー あだ名: エンジェル SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/07湖北省生まれ


みなさんこんにちは。私はSNH48 TeamNIIの唐安琪 Táng Ān Qí タン・アンチー あだ名: エンジェル SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/07湖北省生まれ
(タン・アンチー)です。

今年の総選挙の本来の目標は選抜組に突撃でした。

でも不幸なことに、こんな事故が起こってしまいました。

でも私は変わらず渇望しています。舞台に立つことを。

毎日舞台に復帰するために努力をしています。

どうかみなさん、こんな私もいることを忘れないで下さい。

また、どうかみなさんに、一日も早く舞台に復帰した私の姿を見てもらいたいです。

みなさんありがとうございました。


上海SNH48チームSII完全オリジナル公演『心の旅程』全曲を勝手に解説!(その2)

AKB48海外姉妹グループ初の完全オリジナル公演、上海SNH48チームSIIによる『心の旅程』の楽曲を筆者が好き勝手解説してみるブログエントリーの2回め(笑)。

今日はユニット曲(出演メンバー全員ではなく一部のメンバーが登場して歌う楽曲)と、MC2(公演中2回めのおしゃべりコーナー)が終わった後から。

↓初日のインターネット生中継全編はこちら。今日は78分20秒あたりから。

10.アマゾンはお祭りさわぎ

アマゾンを意識してかイントロの冒頭だけマンボのリズムだが、すぐにマンボじゃなくなる。この曲も典型的でコテコテなJ-POPスタイル、Aメロ⇒Bメロ(ウーパパン!という例のリズムのBメロ)⇒Cメロ(さび)というパターン。

この曲で耳にやたらと残るのは、サビの短七度(E)の音。

Gbメジャー(変ト長調)の曲だけれど、サビのGb⇒Bbというコード進行で、Bbの五度のFがなぜ半音下がってEになる。こういう細かいひっかかりは必要なのかも。

大サビやブリッジにあたるDメロはないけれど、アウトロはちゃんとしている。アイドル曲としては可もなく不可もなしの楽曲。イントロと間奏がマンボである必然性がまったくないけれど。

11.ローマの休日

この曲は事前公開されていたので、すでに聴いているが、Aメロ冒頭のコード進行はいかにもホリデー気分で気持ちいい。C#メジャーの曲で、C#のベースのC#がそのまま残ってG#/Eとなる進行。

「ああこれって米米CLUBの『浪漫飛行』にもあったよなぁ」と思ったらやっぱり『浪漫飛行』のAメロ冒頭も、B⇒B/F#という全く同じコード進行(調は違いますが)。

それからこの曲はBメロが4小節+4小節ではなく、2小節が付け加えられて変則的に10小節になっていたりと、サラッと聴けるわりになかなか作りこまれた曲。
続きを読む…