SNH48チームSII/NIIオリジナル公演とAKB48公演のクオリティを無理やり定量化してみた

SNH48チームSII初の全曲オリジナル公演『心の旅程』、チームNII初の全曲オリジナル公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』と、チームHIIのAKB48公演『アイドルの夜明け』、チームXのAKB48公演『逆上がり』。

この4公演の作曲・編曲のクオリティを、できるだけ定量的に比較できないかと思い、こんな表を作ってみた。

↓いつもどおりクリックすると拡大されます。

定量化のための採点基準は以下のとおり。

1.作曲について

(1)通常の4/4拍子以外の曲があるかどうか。

(2)いわゆるアイドル曲の曲風を仮に「Pop Rock」と呼ぶとすれば、それ以外のスタイルの曲がどれだけあるか。

(3)転調があるかどうか(間奏部分も含めて)。

(4)曲構成で冒頭がサビから始まる曲がどれだけあるか。その冒頭のサビはインスト、歌のどちらでも可とする。

(5)全体構成でメロディーが何種類あるか。最も一般的にはAメロ、Bメロ、サビ(Cメロ)だが、それ以上に、Dメロ、Eメロがある曲が何曲あるかに注目。

2.編曲について

(1)最後のサビのリフレイン前の間奏にディストーション・ギターのソロがあるかどうか。

これはアイドルの「Pop Rock」曲に、あまりに最後のリフレイン前にディストーション・ギターソロのある曲が多すぎると感じたため、それがない曲をプラス1点とした。

(2)イントロ、間奏、アウトロがすべてディストーション・ギターの同型のリフかどうか。

これもアイドルの典型定期な「Pop Rock」曲に、あまりにこのパターンが多いため、そうでない曲をプラス1点とした。

(3)いわゆるブレイクがあるかどうか。4/4の中でリズムが変わっても、最終的に4/4で辻褄が合えばカウントせず、2/4の小節や5/4の小節が1つはさまれているなどの、いわゆるブレイクがあるかどうか。

以上の8項目の観点で、典型的なアイドル曲ではない曲をプラス1点とカウントして、4公演を比較したのが上の表。

もちろん、作曲・編曲の技工が凝っているからといって、「いい曲」とは限らない。

ただ、少なくとも作曲家・編曲家がどれだけ細部まで神経を配って楽曲を作っているかは、ある程度わかると思う。

この表を作ってみて分かったのは、筆者が個人的に好きな公演は、転調する曲が多く、かつ、Dメロまである曲が多いということ。

これは純粋に個人的な好みなので、転調する曲が多ければ、良い公演だという意味では決してない。

ただ、チームNII初の全曲オリジナル公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』は、はっきりと特徴が出ている。

転調が少ない上に、Dメロまである曲が1曲しかないということ。しかし、曲のスタイルは多様だということ。

はっきり言って、曲のスタイルは参考にする曲があればある程度マネできる。

なので、転調やメロディーの数が少ないのは、作曲家の作りこみが不十分だと言っていい。

『心の旅程』はその意味で、本部のAKB48公演を超えている面がある。曲の作り込みについて、かなり手が込んでいるためだ。

時間があれば、ちょっと他の公演も調べてみたいなぁと思った次第。

上海SNH48チームNII完全オリジナル公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』全曲を勝手に解説!

SNH48として初の全曲オリジナル公演チームSII『心の旅程(心的旅程)』に続く、2つめの全曲オリジナル公演チームNII『専属派対(僕らだけのパーティー)』が、2016/07/22(金)初日を迎えた。

この記事は筆者の完全な独断と偏見なので、読みたくない方、あるいは読むだけ読んで筆者に罵倒を浴びせたいだけの方は、すぐに別の記事をお読み下さい(笑)。

↓SNH48チームNII初の全曲オリジナル公演『僕らだけのパーティー』2016/07/22(金)初日

最初に書いておくべきことは、SNH48の全曲オリジナルは、『心の旅程』も『僕らだけのパーティー』も、同じ上海で活動している別の某女性アイドルグループの公演曲のような、聞くに堪えないレベルでは決してないということ。

AKB48姉妹グループとして、たとえAKB48運営がSNH48はもう姉妹グループではないと宣言しているとしても、AKB48姉妹グループとして決して恥ずかしくないレベルの公演に仕上がっている。

それを前提に、筆者としては、SNH48にはぜひ本部AKB48を踏み越えて、アジア全体で人気のアイドルグループになってほしいという願いから、以下のような細かい注文をつけさせて頂く。

M01. パンドラのミュージックボックス(潘多拉的音樂盒)

イントロがバロックの仮面舞踏会なのに、ここから先のダンスミュージックが全て米国音楽という、意味不明のイントロ。

ただこの曲単体としてはアイドルの公演曲として十分なクオリティ。

サビのメロディーの短7度のDが気持ちいいアクセントになっている。たぶんサビのコード進行は単純なEm>G/D>Am7>B7ではなくて、Em>G/D>A7/C#>Cmaj7との組合せで、ベースラインの降り方が違うので、気持よく聴こえるのだと思う。

最後のサビ前に、バロック音楽のEDM風リミックスがさらっと入ってくる部分も秀逸。

唯一の問題は、ここから先の曲風とまったく合っていないこと(笑)。最後はオドロオドロしいEm9だし。

たぶん、ヘンなクスリ(假酒)で幻想のパーティーに入っていく導入部分だから、わざと全く違うバロック風にしているのかも。

M02. 僕らだけのパーティー(專屬派對)
続きを読む…

SNH48三期生スーキー(王柏碩)『小王説事』第二季第一回とコミュニティーサイト「知乎」本人コメント全日本語試訳

SNH48チームHII三期生スーキー(王柏碩 Wáng Bǎi Shuò ワン・バイシュオ あだ名: スーキー(Sukey) SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1997/12/12山東省済南市生まれ
)が中国ツイッター(新浪微博)にアップして、現地ファンの間で評判になっていた『小王説事(王ちゃんが語る)』という短編動画シリーズ。

SNH48運営会社社長の王子傑と同じ姓であることから、その娘という設定(笑)で、チームHIIメンバー全員を一人でモノマネする内容。そのモノマネが相当似ていて、各メンバーのことを知っているファンなら爆笑ものだった。

その好評を受けて、社長の王子傑から正式な許可を得て、『小王説事』第二季が始まったのはいいんだけれど、その第一回が今までと違っていきなりめちゃくちゃ真面目な内容だったので、現地ファンの賛否両論が分かれたらしい。

その議論を呼んだ『小王説事』第二季第一回の脚本が文字起こしされていたので、日本語試訳してご紹介する。

そして、中国の「知乎」というコミュニティーサイトで、この動画についてSNH48現地ファンどうしが意見交換しているところへ、スーキー(王柏碩 Wáng Bǎi Shuò ワン・バイシュオ あだ名: スーキー(Sukey) SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1997/12/12山東省済南市生まれ
)本人が書き込んだ長文も、日本語試訳する。

↓じっさいの『小王説事』第二季 第一回の映像はこちら。中国語字幕つき。

現地ファンの文字起こしと日本語訳に間違いがあれば指摘していただくために、対訳にしておく。

この台本はスーキー(王柏碩 Wáng Bǎi Shuò ワン・バイシュオ あだ名: スーキー(Sukey) SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1997/12/12山東省済南市生まれ
)自身が書いたもので、監督、編集も彼女自身がやっている。


第一章 偶像

第一章 偶像(アイドル)

何为偶像,世俗社会对偶像的定义有以下几种

偶像(アイドル)とは何か?世俗社会の偶像(アイドル)に対する定義は以下の数種類です。

①为人所崇拜、供奉的雕塑

人が崇拝し、たてまつる彫像

②某种神秘力量的象征物

ある種の神秘的な力の象徴物

③不加批判而盲目加以崇拜的对象

批判的に見ることなく盲目的に崇拝する対象

今时今日,偶像的定义像是结合了以上三类而成,我并不觉得「偶像」是一个特别好的称谓,

今のこの時代、偶像(アイドル)の定義は以上三種類を結合したものとなっているようですが、私は決して「偶像(アイドル)」を特に良い呼び名だとは思いません。
続きを読む…

中国検索ポータルでキーワード「SNH48」が急上昇、AKB48運営に切られたおかげ?

中国の検索ポータル最大手バイドゥ(百度)にも、グーグルと同じく検索キーワードのトレンド統計「百度指数」があるのだが、キーワード「SNH48」がAKB48運営からバッサリ切られてから、急激に伸びているという皮肉な話。

とある方からツイッター経由で教えて頂いた情報。

中国で大人気の日本のジャニーズ式の男性アイドルグループ「TFBOYS」と比較したグラフで、ついに「SNH48」が上回ったとのこと。

上図のグラフ(過去90日間の統計)を見ると、たしかに水色の「SNH48」キーワードグラフの右端、Hのところ、2016/07/03で検索回数が一気に「TFBOYS」を抜いている。

この日は湖南衛星テレビの大人気バラエティー番組『快楽大本営』にSNH48一期生メンバーとBEJ48五期生、六期生メンバーが出演した翌日。

おそらく放送後、日付をまたいで「SNH48」で検索する人が一気に増えたと思われる。

その後も検索回数は増え続けているので『快楽大本営』出演は大成功だったことになる。

もう一つ、グラフのIのところ、2016/07/09に山があるが、これももしかすると、二期生スリー(孫芮 Sūn Ruì スン・ルェイ あだ名: スリー SNH48 Team SII
 SNH48 2期生
 1995/07/29ハルピン市生まれ
)、テテちゃん(黃婷婷 Huáng Tíng Tíng フアン・ティンティン あだ名: テテちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/08江蘇省南京市生まれ
)が出演した深セン衛星テレビ『極速前進 The Amazing Race China』の放送翌日だからかもしれない。

TFBOYSの知名度と並べば、来年は中国中央テレビの、日本でいう紅白歌合戦的な旧暦年越し番組「春晩」にSNH48、BEJ48、GNZ48合同で出演できる「かも」しれない。TFBOYSは今年の「春晩」の子供向けコーナーに出演しているので。

SNH48運営はAKB48運営の助けがなくても、中国国内でちゃんと成長していける。

AKB48運営が自ら逃がした魚は、大きかったようだ。

SNH48チームNIIとして初の全曲オリジナル公演『僕らだけのパーティー(専属派対)』から4曲先行公開!

SNH48チームNII初の全曲オリジナル公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』から、4曲の音源が専攻公開された。

正直、これほどクオリティーが高いとは思わなかった。音楽性の多彩さという意味では、AKB48の劇場公演をすでに超えてるかもしれない。

たぶんK-POPとの交流のおかげだと思うけれど、EDM系列の楽曲がAKB48より、さらに今風のEDMっぽくなっている気がする。


07. あやつり人形(木偶)

このカチューシャのソロ曲は、たしかにカチューシャが2016/07/14のInstagramに書いているように、『ローゼンメイデン』風の楽曲にちゃんとなっている。

運営が用意したもとの歌詞は、いかにもAKB48っぽい「努力と汗!」みたいな内容になっていたのを、カチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)自身が、孤独なローゼンメイデン、あやつり人形、というイメージに書き換えたとのこと。

残念ながら歌詞の中国語が聞き取れないけれど、この曲で「努力と汗!」の歌詞って、いったい運営が用意していた元の歌詞って、どんな歌詞だったんだ(笑)。

さすがロリータ・ファッション大好きなカチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)。これもちょっとAKB48では聴けない耽美的な曲風。


08. ブラック・スワン(黑天鵝)

この曲はどうやらキクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī チュー・チンイー あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
)が参加しているユニット曲らしい。

曲風、曲の構成は、AKB48風なんだけれど、アレンジが意外に凝っていて、ここまで凝ったアレンジの曲もAKB48公演曲ではあまり聴けないかもしれない。(『森へ行こう』のような例外を除いて)

ディストーション・ギターが前面にフィーチャーされたロックなんだけれど、イントロは完全にアンビエントだし、BメロからサビのCメロへのつなぎに、一瞬だけチェンバロ音色のシンセでバロック音楽が入ったり、サビの終わりにもピアノフォルテとチェンバロ音色、さらに弦楽で、バッハ風のメロディが入ったり、アレンジが非常に面白い。

そして二回目のサビの後の間奏は、またモロにEDM風のアレンジになったかと思うと、ディストーション・ギターでロックに戻って、それでいて全体は「バロック・ロック」とでも表現したいような、独特の曲想。

これは面白い曲。


10. Funky Night

題名からしてファンクかディスコだということは分かっていたけれど、ちゃんとディスコになっている。これもアレンジが予想以上にちゃんとしているのに驚いた。

ちゃんとバックビートの「フー・フー・フー」的な女性コーラスもあるし、ブラスも鳴ってるし、ベースラインも手抜きが無いし、間奏にはラップまであるし。

もしこの曲が、AKB48のディスコ曲『ハロウィン・ナイト』を超えちゃっているとすると、それはやっぱりK-POPのエッセンスが入っているからだと思う。


14. ダメなお手本(不良示範)

この曲はもう典型的なAKB48風のアイドル曲。ちょっとこの曲がアンコール後の14曲目で、最後の16曲目が先日すでに公開された『星願(星に願いを)』だとすると、公演の構成としてはあまり良くないのでは?と思ってしまう。

どちらも典型的なアイドル曲だからだ。

16. 星に願いを(星願)

どちらにしろ、予想以上に上海SNH48チームNII初の全曲オリジナル公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』は期待できそう!