広州GNZ48チームG公演2017/08/12(土)誕生祝いカード事件について

広州GNZ48劇場の常連ファンが起こした2017/08/12事件について。

昨日2017/08/12(土)公演終了後、GNZ48チームGメンバーが常連ファンのために書いた誕生祝いカードをちぎって、メンバーに投げつけた現場の常連ファン(現地用語では「大佬」)がいた。

広州GNZ48チームGの今回の全曲オリジナル公演『双面偶像』、昨日2017/08/12(土)公演終了後のハイタッチ会の最後、退場するファン全員がハイタッチを終えると、最後にスタッフのカメラがメンバー一人ひとりを映すというお決まりの流れがある。

そこでハナちゃん(謝蕾蕾 Xiè Lěi Lěi( シエ・レイレイ) あだ名: レイレイ GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/12/01江西省生まれ
)のあたりにカメラが来たとき、紙吹雪のようなものがメンバーの方へ飛んできたのだ。

じつはsoso(張瓊予 Zhāng Qióng Yú( チャン・チョンユー) あだ名: soso GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/01/21浙江省生まれ
)が書いた誕生祝いカードを、常連ファンがちぎってメンバーに投げつけたものだった。

最近、広州GNZ48運営会社がメンバーからファンへに贈る誕生祝いカードについて、メンバーが書き込める文字数を3行までに制限した。

このルール変更があった今月始め、現地ファンは「第四回総選挙で広州GNZ48トップになり、天狗になったチームNIIIキャプテン・ミッフィー(劉力菲 Liú Lì Fēi( リョウ・リーフェイ) あだ名: ミッフィー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1995/10/30四川省生まれ
)が運営に意見して変更させた」というウワサを流して、責任をメンバーに押し付ける、ということもあった。

じっさいにはその後、チームZあーみゃお(杜秋霖 Dù Qiū Lín( ドゥー・チョウリン) あだ名: あーみゃお GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 1998/08/24四川省生まれ
)が公式アプリPocket48の「メンバーの部屋」に書き込んだ内容で、それ以前に運営会社からメンバーに通知があったことが分かっている。

ただ、GNZ48運営はこの3行制限について、メンバーには通知したが、ファンに対する通知が遅れた。現地ファンの間で情報が広まり、常連ファンが中国2ちゃんねる他で不満をぶちまけるようになって初めて、中国ツイッター(新浪微博)で正式発表した。

「誕生祝いカードのデザインを新しくしました!即日適用、すべての誕生祝いカードは今後下図のデザインを採用します。ご注意下さい!」とある。

現地ファンからすると、すでに誕生祝いカードを申請しており、旧デザインでカードをもらえると思っていたのに、いきなり文字数制限の通知が出たことになる。

この時点で現地ファンはすでに、劇場の常連ファンがただでは済まないだろうと予想していた。

その予想どおり、この「誕生祝いカード3行」問題で不満をためた劇場の常連ファンは、少し前の広州GNZ48劇場公演のアンコールのときにいきなり運営批判を叫び始め、スタッフに止められるということがあった。

そして昨日2017/08/12(土)、ある常連ファンが昼・夜両公演とも公演中に運営批判を叫ぶ事件が起こった。夜公演では『双面偶像』公演のクライマックス曲『Gravity』のときだ。

その叫び声は、こちらの公演録画の2:31:00あたりで、かなりはっきり聞こえる

この常連ファンがハイタッチ会の最後にsoso(張瓊予 Zhāng Qióng Yú( チャン・チョンユー) あだ名: soso GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/01/21浙江省生まれ
)の誕生祝いカードを引き裂いてメンバーに投げつけた。そのため運営スタッフは劇場カフェでこの現場ファンと話し合いをした。その写真が下図。

そして問題の常連現場ファンは、今日になって謝罪ツイートをしている。

子供っぽい言い訳で非常に見苦しい。

要約すると、運営に腹が立って、ちぎったカードはもともとモノに当てるつもりがメンバーに投げてしまった、来年の総選挙ではチームGの各メンバーに10票ずつ投票するので許してほしい、soso(張瓊予 Zhāng Qióng Yú( チャン・チョンユー) あだ名: soso GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/01/21浙江省生まれ
)にはとくに謝る、観客のみなさんにも迷惑をかけて申し訳ない、等々。

来年の総選挙でチームGメンバーに10票ずつ金を使うから許してくれと、金にものを言わせて謝罪している。いったい何を反省しているのかよく分からない。

現地ファンの期待どおり劇場の常連ファンが荒れたということで、現地では面白いネタになった。こういう劇場を私物化するような常連ファンは、現地でバカにされているということだ。

いつも思うのだが、やはりアイドルヲタの世界の発想は独特で、純粋すぎる。

たとえば「新小岩のスタバがつぶれないのはなぜか?」という質問があるとしよう。

ふつうの人は「スタバの飲み物がおいしいからと、都心より客が少なくても店がつぶれないのはスタバの経営がうまいからだろう」と答える。

しかしアイドルヲタは「それは渋谷のスタバの常連のおかげだ。新小岩のスタバに1年に1回しか行かない客は、渋谷のスタバの常連を尊敬して、感謝すべきだ」と答える。

ふつうの人とは違う、純真無垢な発想だ。この発想が正しいとすると、世の中の貧乏人は全員、富豪たちを尊敬し、感謝すべきだということになる。人間の序列は、金をいくら使ったかがすべて。そんな素朴な考えもありだろう。

ただ、「あなたが会社の管理部門にいて給料をもらえるのはなぜか?」という質問があるとしよう。

そうなると「それは最前線で稼いでくる営業担当のおかげだ。営業担当を尊敬して、感謝すべきだ」という答えはある程度正しい。

おそらくアイドルヲタは純粋すぎて「世の中金がすべてだ」と考えている。あるいは純粋すぎて、お金を払う「消費」とお金をもらう「労働」の区別がつかない。あるいは、純粋すぎて他のファンに嫉妬しているか、どれかだろう。

なのでふつうの人たちは、アイドル「ヲタ」に次のように自信をもって答えてよい。

「SNH48グループがつぶれないのは、アイドル自身が魅力的で、かつ、運営会社の経営がうまいからです。彼女たちや運営会社の努力は尊敬するし、感謝しています。でもあなたを尊敬したり、感謝したりする理由はありません。アイドル自身の魅力と、運営会社があなたのお金をムダにしないことに感謝しましょう。ただ、あなたが私に嫉妬しているなら、それは仕方ありません。あなたがそれだけアイドルを愛している証拠だから」
[/spoiler]

上海SNH48各メンバー応援会がリクエストアワー候補曲を広州GNZ48チームG公演『双面偶像』ユニット曲に次々と変更

広州GNZ48チームGとして初の全曲オリジナル公演『双面偶像』が2017/08/11(金)初演の初日を迎えたが、年明けのリクエストアワーに向けて、各メンバーの応援会が、初日がまだ終わっていない段階で、ユニット曲候補を変更するという、ものすごいスピード感の動きに。

上海SNH48一期生ダイモン(戴萌 Dài Méng( ダイ・モン) あだ名: ダイモン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/08上海市生まれ
)momo(莫寒 Mò Hán( モー・ハン) あだ名: momo SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1992/01/07貴州省遵義市生まれ
)応援会は、『双面偶像』のユニット曲『9 to 9』に変更。

上海SNH48二期生テテちゃん(黃婷婷 Huáng Tíng Tíng( フアン・ティンティン) あだ名: テテちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/08江蘇省南京市生まれ
)シャオスー(林思意 Lín Sī Yì( リン・スーイー) あだ名: シャオスー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/04/05浙江省温州市生まれ
)応援会も『9 to 9』に変更。

上海SNH48二期生カチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng( リー・イートン) あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)北京BEJ48チームBパオツ(胡曉慧 Hú Xiǎo Huì( フー・シャオフェイ) あだ名: パオツ BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1998/07/26河南省生まれ
)応援会も『9 to 9』に変更。

上海SNH48二期生テテちゃん(黃婷婷 Huáng Tíng Tíng( フアン・ティンティン) あだ名: テテちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/08江蘇省南京市生まれ
)カチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng( リー・イートン) あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)応援会も『9 to 9』に変更。

これら応援会の発表は『双面偶像』公演初日がまだ終わっていない2017/08/11(金)の現地時間20~21時に、応援会の中国ツイッター(新浪微博)で発表されている。

昨日2017/08/12(土)夜の、公式アプリPocket48でメンバーの生放送を見ていると、広州GNZ48の他のチームNIII、チームZメンバーはもちろん、瀋陽SHY48チームSIII付紫琪 Fù Zǐ Qí( フー・ツーチー) SHY48 Team SIII
 SHY48 1期生
 1998/08/31遼寧省大連生まれ
(フー・ツーチー)も『双面偶像』を録画で見ながら放送していたり、この公演のSNH48グループメンバー内での反響は大きいようだ。

今まで広州GNZ48チームGはAKB48『シアターの女神』公演のおさがり、上海SNH48チームSII全曲オリジナル公演『心の旅程』のおさがりとつづき、SNH48グループ全体の中でも存在感が薄かった。

おまけに先日の第四回総選挙では、本来広州GNZ48全体のエースのはずのハナちゃん(謝蕾蕾 Xiè Lěi Lěi( シエ・レイレイ) あだ名: レイレイ GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/12/01江西省生まれ
)が、チームNIIIキャプテン・ミッフィー(劉力菲 Liú Lì Fēi( リョウ・リーフェイ) あだ名: ミッフィー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1995/10/30四川省生まれ
)の後塵を拝した。

しかし今回の全曲オリジナル公演『双面偶像』で、チームGは完全復活、SNH48グループの中でも存在感を取り戻したようだ。

チームGはSNH48五期生からの移籍組メインのチームだが、SNH48に残った五期生メインのSNH48チームXIIは、あまり好評とは言えない全曲オリジナル公演『コードXII(代号XII)2.0』との対比で、何とも言えない思いをしているんじゃないかと想像している。

上海SNH48運営会社が「文化地産」事業に手を広げるらしく

上海SNH48運営会社、単なるマネジメント会社だけでなく、すでに映像制作子会社がメンバー主演のネット映画・ドラマを製作し、コンテンツとして販売するIPビジネスを始めているのはご承知のとおり。

そしてさらに「文化地産」事業にも手を広げるらしく、求人広告が出た模様。

「文化地産」とはどういう事業かということだが、大規模なものではテーマパークのように、一定の文化的なテーマを有する不動産開発のこと。

SNH48姉妹グループはこれまで、既存のショッピングモールや商業ビルの一角を改装して劇場を作っていたが、今後は劇場を中心とした商業施設を自前で建設するということかもしれない。「星夢広場(スタードリーム・プラザ)」とか名前を付けたりして(笑)。

瀋陽SHY48チームHIII張雲夢の舞台復帰は運営会社の「自殺行為」?

瀋陽SHY48チームHIII張雲夢 Zhāng yún mèng( チャン・ユンモン) あだ名: モンモン SHY48 Team HIII
 SHY48 1期生
 1998/12/11遼寧省瀋陽生まれ
が2017/08/05(土)公演で舞台に復帰した。

これでSNH48とその姉妹グループにすでに「恋愛禁止」ルールがなくなったことがはっきりした。

彼女が謹慎処分になっていた経緯は、何度かこのブログでご説明している。

2017/04/12、瀋陽SHY48宿舎でルームメイトの楊肖 Yáng xiāo( ヤン・シャオ) あだ名: シャオシャオ SHY48 Team HIII
 SHY48 1期生
 01/30広西省生まれ
が公式アプリPocket48で生放送をしたとき、生放送機能の不具合で、彼女が放送を切ったと思ったのが切れていなかった。

そのため、トイレに隠れて張雲夢 Zhāng yún mèng( チャン・ユンモン) あだ名: モンモン SHY48 Team HIII
 SHY48 1期生
 1998/12/11遼寧省瀋陽生まれ
が恋人とスマホで話していた内容がすべて放送されてしまったのだ。その様子はこちら(何度でもご紹介する)
続きを読む…

SNH48二期生ルーリー(曾艷芬)の遅刻を非難する在宅ヲタへの罵倒と、SNH48生態系が腐敗しないための条件

上海SNH48第四回総選挙で第6位になったルーリー(曾艷芬 Zēng Yàn Fēn( ツォン・イェンフェン) あだ名: ルーリー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1991/01/30広東省韶関市生まれ
)が、寝坊して総選挙感謝握手会に遅刻したことを、公式アプリPocket48のメンバーの部屋で謝罪した。

ただ、その謝罪が炎上してしまったのだが、それについて現地の古参ヲタ(=古くからのファン)が興味深いことを書いていたので、日本語試訳。(彼のハンドル名は文章の最後の方に出てくる)

中国のQ&Aサイト「知乎」にある原文(2017/08/01 00:42)はこちら

放送禁止用語だらけの長文を読みたくない方のために最初に解説文を書く。

筆者がこの文章を面白いと思ったのは、先日ここで「48系アイドルヲタのクラスタを越境するSNH48二期生ルーリー(曾艷芬 Zēng Yàn Fēn( ツォン・イェンフェン) あだ名: ルーリー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1991/01/30広東省韶関市生まれ
)の言葉」というタイトルで書いた記事と、ルーリー(曾艷芬 Zēng Yàn Fēn( ツォン・イェンフェン) あだ名: ルーリー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1991/01/30広東省韶関市生まれ
)についてほぼ同じことが書いてあるからだ。

運営会社が株主最優先で利益を追及し、個々のメンバーをケアするのもコストが見合う限りというのは当然のこと。筆者も含めて、それを分かった上で運営会社を擁護するのも、非難するのも、48系グループのファンとして一つの楽しみだろう。

そう考えれば運営会社の存在は、とりあえず横において議論できる。

残る関係者はメンバーとファンだ。

下記の古参ヲタは、ファンを次のように分類する。

(1)現場に行かずに画面の向こうから見ているだけのファン
(2)現場にいるがトップヲタの食い物にされている負け犬ヲタ
(3)トップヲタ(応援会のトップ)

筆者は(1)の一人だ。この古参ヲタは(1)の種類のファン、いわゆる「在宅ヲタ」を最初から相手にしていない。公演や握手会など、つねに現場に出ていくファン、いわゆる「現場ヲタ」として正しい考え方だ。

筆者が「現場ヲタ」のツイッターを全てブロックしているのは、彼らが筆者のような「在宅ヲタ」を罵倒するのは当然だからだ。(ただしその当然の行動に筆者がいちいち反応しなければいけない理由はない)

下記の古参ヲタは、現場ヲタを代弁するフリをして、アイドルを非難する在宅ヲタを完全に軽蔑している。今回公式アプリの「メンバーの部屋」で、ルーリーの遅刻を非難しているような在宅ヲタのことだ。

ルーリーはあまりに正直なので、相手にする必要さえない在宅ヲタからの非難に対しても、わざわざ手間ひまかけて反論している。

下記の古参ヲタがルーリーを推しているのは、たぶんそういうルーリーの愚直さにひかれているのだと思う。筆者は彼女のファンではないが、この点は理解できる。

ただし下記の古参ヲタは、じっさいには在宅ヲタについては議論する価値さえなく、SNH48にとってより本質的な問題は(3)だとしている。
続きを読む…