SNH48チームXII全曲オリジナル公演『コードXII(代号XII)』進化版が素晴らしくクオリティアップ

上海SNH48五期生中心のチームXIIの全曲オリジナル公演『コードXII(代号XII)』が一部改訂され、2017/06/16(金)に進化版として初日を迎えた。

このバージョンアップが意外に素晴らしかったので、変更された曲をご紹介。変更前後のセットリストの違いは最後にまとめてある。

まず自己紹介MC前の4曲のうち、後半2曲がハードな曲調に変わっている。

M03.守護者は軽めのメジャーコードのエレクトロ・ポップから、ヘビーなマイナーコードのエレクトロ・ポップに編曲が変わっている。編曲でデスボイスまで追加されている。

M03.守護者 2.0

M03.守護者 (変更前)

次のM04.も、軽めのエレクトロ・ポップから、クールなロックにガラッと変わっている。この曲はこの曲で「燃える」曲として良く出来ている。

M04.熱情復活 (新曲)

M04.Time Machine (今回ボツ)

このM03、M04は、衣装も可愛いスタイルから、セクシーカッコいいスタイルに変わっている。

この2曲を観て、「まずい!チームXII公演もチームHII『Beautiful World』路線に変わってしまうのか?」ととっても不安になったが、後半そうじゃないと分かってものすごく安心した。

「7 SENSES」企画とSNH48チームHIIの新全曲オリジナル公演『Beautiful World』リリースで、SNH48制作陣は何でも反対側に振りさえすればいいと思っているんじゃないかと不安になったが、そこまでバカじゃなかったということで。

ただ、このM03、M04の2曲は、変更前と違ってダンスの「キレ」が求められるが、三期生中心のチームHIIと比べてやっぱり五期生中心のチームXIIは、まだダンスのレベルが劣る。

これからの実質的な「進化」に期待。

つぎに、ユニット曲は2曲追加、1曲差し替え。結果、ユニット曲が1曲増えて、アンコール前の全員曲が1曲減っている。

M06は新曲。ミドルテンポのマイナー曲で、最近SNH48制作陣が好きらしいクールセクシー路線。

そのユニットに2002年生まれで今年まだ15歳の蔣舒婷 Jiǎng Shū Tíng( チャン・シューティン) SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 2002/06/18浙江省生まれ
 
(チャン・シューティン)を入れてしまうのが、かなり大胆だと思う。

M06.完美超載 (新曲)

M10も新曲だが、これは公演全体のテーマに沿ったエレクトロ・ポップ寄りだが、チームHII『Beautiful World』公演の『天使的圈套(天使のワナ)』に相当するユニット曲。

サビのメロディーがとっても気持ち良い。たしかに差し替え前の3人ユニット『都不会』と比べると、こちらの方が断然良い曲。

M10.人間規則 (新曲) (中国語の「人間」は「現実社会、世間」の意味)

それにしても、この新曲、M10.人間規則のダンスを見ると、ユーサン(宋雨珊 Sòng Yǔ Shān( ソン・ユーシャン) あだ名: ユーサン(雨傘) SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1999/06/14河南省生まれ
 
)が目立たないけれど、いかにダンスが上手いかが分かる。たぶんダンスのキレでは、今のチームXIIで最高じゃないかと思う。

それなのに普段あまり目立たないメンバーなのが、とってももったいない。ユーサン(宋雨珊 Sòng Yǔ Shān( ソン・ユーシャン) あだ名: ユーサン(雨傘) SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1999/06/14河南省生まれ
 
)のすごさを再発見できる、とても素晴らしい曲。

M08.都不会 (今回ボツ)

ここからは全員曲で、編曲が変更になった2曲。

アンコール直前のM13.成人礼(成人式)はアップテンポな曲からバラードに変わっている。

バラードになっても聴くに耐える曲ということは、もともとメロディーが優れているということ。SNH48チームSIIのユニット曲『下一站是你』も同じ。

公演全体の構成としても、アンコールで一息入る前の曲をスローテンポに変更したのは正解だと思う。

M13.成人礼 2.0

M13.成人礼 (変更前)

最後から2曲目のM15.Girl Smileは、テンポが速めのエレクトロ・ポップから、テンポが遅めで、中国の古筝の音色がイントロや感想で印象に残るポップスに変わっている。

M15.Girl Smile 2.0

M15.Girl Smile (変更前)

ただ、この曲のテンポが遅めになったことで、最後のバラード曲、M16.給未來的我們(未来の私たちへ)と雰囲気が少しカブってしまった感じがある。

逆にこのM15.Girl Smileは、もっとビート感の強いメジャーコードのエレクトロ・ポップに変えた方がより良かったのではないかと思った。

いずれにせよ、最初のM03、M04あたりでSNH48チームHII全曲オリジナル公演『Beautiful World』になってしまうのか!?と不安になったが、全体として文字どおり進化して、これから長期間上演するに耐えるクオリティになったと感じた。

SNH48制作陣はK-POPスタイルの楽曲を手掛けたことで、音楽的な幅が確実に広がっているようだ。

今回のバージョンアップ変更点をまとめると以下のとおり。

M01. XII say hi
M02. 遇見最初的美好
M03. 守護者-改編版(ハードロック風エレクトロ・ポップに改編)
M04. 熱情復活(「M04. Time Machine」を差し替え)

(自己紹介MC)

M05. 她和她(彼女と彼女)
M06. 完美超載(新規追加)
M07. love letter
M08. 初吻練習曲
M09. 自以為(5人ユニットから3人に変更)
M10. 人間規則(「M08. 都不会」を差し替え)

(MC2)

M11. Shower Girl(曲順がM10.からM11.へ
(「Shower Girl」の後の「AI進化」は削除
M12. 心跳頻率

(MC3)

M13. 成人礼-改編版(アップテンポな曲からバラードに改編)

(アンコール)

M14. 夢想代碼
M15. Girl Smile-改編版(テンポ遅めに改編)
M16. 給未来的我們

上海SNH48姉妹グループから最近デビューしたメンバーの公式アプリ生放送をピックアップ

上海SNH48と姉妹グループの北京BEJ48、広州GNZ48、瀋陽SHY48で最近デビューしたメンバーの中から、個人的な趣味?でピックアップして、公式アプリ「Pocket48」生放送を編集してつなげてみた。

全員、上海SNH48七期生、または八期生相当のはず。

筆者がまだ顔と名前が一致していないメンバーを中心に選んだので、瀋陽SHY48二期生の比率が高くなってます(汗)。

後半に、一人めちゃくちゃ歌のうまい瀋陽SHY48二期生が出て来ます。

上海SNH48は韓国でMV、台湾でドラマ、広州GNZ48は香港進出

先月、2017/05上旬から、上海SNH48二期生Akira(趙粵 Zhào Yuè( チャオ・ユエ) あだ名: Akira SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/04/29湖北省武漢市生まれ
 
)が『熱血高校』という、柔道をテーマにしたネットドラマの撮影に入っている。

ロケ地は、台湾。SNH48メンバーが台湾で長期間仕事をするのは、これが初めてだと思う。

↓こちらが同ドラマのクランクインのニュース。

そして、上海SNH48が、韓国アーティストのMVを多数手がけた映像制作チーム「ZANYBROS」にMV制作を依頼したり、『蓋世音雄』という中国国内の音楽バラエティー番組でPSYと共演しているのはご承知のとおり。

SNH48のK-POPスタイルの派生チームがダンスの特訓をしたのも韓国。

台湾、韓国は、すでに上海SNH48グループの活動圏になっていると言える。

そして上海SNH48の姉妹グループ、広州GNZ48は去年2016/10、香港テレビ局TVB『十大金曲排行榜(ヒット曲TOP10ランキング)』という番組に出演している。

GNZ48として初のオリジナル曲『あなたの知らない私(你所不知道的我)』がランクインしたためだ。ランクインといっても本当にヒットしたわけではなく、単に「奨励賞」的な意味だが、香港の主要テレビ局にゲスト出演した事実が重要。

そして今週、2017/06/15~17にかけて、広州GNZ48チームG、チームNIIIメンバーが再び香港に行き、ラジオ番組6つに出演、雑誌取材を1件という強行軍をこなす。

↓広州GNZ48が作った、ゆる~いイラストの行程表がこちら。

「普通話」とあるのは、広東語ではなく標準語の北京語で放送されているラジオ局の意味。それ以外はたぶん広東語放送のラジオ局だと思う。

参加メンバーは、チームGアベル(張凱祺 Zhāng Kǎi Qí( チャン・カイチー) あだ名: アベル(啊belle) GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1998/11/02香港生まれ
 
)、リーロン(黃黎蓉 Huáng Lí Róng( フアン・リーロン) あだ名: リーロン GNZ48 Team G
 GNZ48 1期生
 1999/01/23湖南省生まれ
 
)、チームNIIIリカちゃん(唐莉佳 Táng Lì Jiā( タン・リーチャー) あだ名: リカちゃん GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/01/18四川省生まれ
 
)、チェンチェン(劉倩倩 Liú Qiàn Qiàn( リョウ・チェンチェン) あだ名: チェンチェン GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1994/11/28福建省生まれ
 
)、ちんゆー(陳欣妤 Chén Xīn Yú( チェン・シンユー) あだ名: ちんゆー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1999/06/05台湾生まれ
 
)。

このうち、アベル(張凱祺 Zhāng Kǎi Qí( チャン・カイチー) あだ名: アベル(啊belle) GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1998/11/02香港生まれ
 
)は香港出身で、当然ながら広東語が話せる。ちんゆー(陳欣妤 Chén Xīn Yú( チェン・シンユー) あだ名: ちんゆー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1999/06/05台湾生まれ
 
)は台湾出身だが、幼いころ家族が台湾から広東省に移住している。チェンチェン(劉倩倩 Liú Qiàn Qiàn( リョウ・チェンチェン) あだ名: チェンチェン GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1994/11/28福建省生まれ
 
)は広東省のおとなりの福建省出身(広東語圏ではないけれど)。

上海SNH48と姉妹グループが、台湾、韓国、香港と活躍の場を広げているというお話でした。

SNH48総選挙コンサートチケット価格を第一回から第四回まで並べてみた

SNH48グループ第四回総選挙コンサートの座席表とチケット価格が発表された。

そこで第一回総選挙から第四回総選挙までのチケット価格を比べて、たった4年でSNH48グループがどこまで企業として成長したか見てみる(汗)。

以下、1人民元=16円で概算。

↓こちらが第一回総選挙コンサートの座席表。会場は上海国際体操センター。

チケット価格:398元/298元/198元/98元
(6,400円/4,800円/3,200円/1,600円)

第一回にしてはかなり強気の価格だが、空席がやや目立ったらしいと記憶している。

↓第二回総選挙は座席表が見つからなかったので、ポスターで価格をチェック。第二回から早くも会場は現在と同じ「上海メルセデス・ベンツ・アリーナ」になっている。

チケット価格:598元/398元/198元
(9,600円/6,400円/3,200円)

↓第三回総選挙も座席表が見つからなかったので、公式サイトのニュースでチェック。会場は当然「上海メルセデス・ベンツ・アリーナ」
SNH48第三回総選挙チケット販売開始の公式ニュース(2016/06/08)

チケット価格:598元/398元/298元/198元
(9,600円/6,400円/4,800円/3,200円)

第二回、第三回はチケット価格帯が同じだ。298元が増えただけ。

そして今回はすごいことになっている。

↓第四回総選挙の座席表とチケット価格。

チケット価格:1280元開始のオークション/1280元/980元/780元/580元/380元
(20,500円~/20,500円/15,700円/12,500円/9,300円/6,000円)

チケットの最高価格も最低価格もいきなり2倍!!

しかも舞台にいちばん近いチケットは1280元からのオークション。最高価格がいくらになるか楽しみ。

参考までに同じ上海メルセデス・ベンツ・アリーナで近々コンサートを行うアーティストのチケット価格と比較してみる。

もちろん300人近いメンバーが登場して、総選挙結果の発表というイベント付きの6時間近いコンサートと比べても仕方ないけれど。

ココ・リー:1,680元/980元/780元/580元
(超人気女性歌手。Wikipediaで調べて下さい)

田馥甄:1,280元/880元/680元/380元
(台湾の超人気女性アイドルユニットS.H.Eの一員)

RADWINPS:1,299元/899元/599元
(2017/07/02だが中国でも『君の名は。』は大人気なのでチケットは飛ぶように売れるだろう)

ショウ・ルオ(羅志祥):1,280元/880元/580元/480元/380元/280元
(台湾の超人気男性歌手)

SNH48グループは今回の第四回総選挙で、上海メルセデス・ベンツ・アリーナのトップアーティストのコンサートと同じ価格帯になったと言えそうだ。

SNH48第四回総選挙スマホアプリ投票は最早メンバーに直接送金している感覚

上海SNH48グループ第四回総選挙、今年の投票はさらに「エコ」になっている。

運営公式アプリで直接、票を電子的に購入して、その場で投票できる。

こちらの画面。

公式アプリのトップページから「分類」⇒「活動」をタップして、一番上の「総決選投票通道」をタップし、「獲得投票券」をタップするとこの画面にたどりつく。

この3つの選択肢で、1票単価が36.78人民元と安いのは「C」だけなので、当然「C」を選ぶだろう。588人民元は日本円で約9,500円。1人民元が約16円なので、1票あたりちょうど588円くらい。(16で割って16かけるから)

例年、48回投票できる応援版CDが発売され、1680人民元くらいだったはずなので、アプリで16票を3回投票してもほぼ同じ。

中国ではご承知のように、この画面の下の方にあるが、アリペイ(支付宝)やWeChat(微信支付)は残高がチャージされていれば、スマホでその場で支払い完了する。

もうここまで来ると、お気に入りのメンバーの架空の口座あてに、直接送金しているのとほとんど変わらない。

AKB48総選挙の今の投票の仕組みはよく知らないが、たぶん、CD購入以外の経路は、1アカウントあたり1回だけなど、投票回数が限られていると思う。

大量投票しようと思えば、CDを大量に買うしかないのではないか?(間違っていたら筆者のツイッターに@して下さい)

SNH48グループのこの「身も蓋もない」感じが何とも言えない。