SNH48グループ全曲オリジナル公演最終曲を日本語試訳(1)チームSII『私の舞台』チームX『未来への伝言』

SNH48グループの全曲オリジナル公演はすでに下記の5公演、間もなくSNH48三期生中心のチームHIIも新しい全曲オリジナル公演を始める。

『心の旅程(心的旅程)』
『専属派対(僕らだけのパーティー)』
『ドリーム・フラッグ(夢想的旗幟)』
『コードXII(代号XII)』
『ティアラ・ファンタジー(奇幻加冕礼)』

そこで、各公演の最後の曲の歌詞が何を言っているのか、日本語試訳。最後の曲はすべて「感動のフィナーレ」的な内容になっていると思われるからだ。

あくまで試訳なので間違いはご容赦ください。

まず上海SNH48チームSII全曲オリジナル公演『心の旅程』公演の最後の曲、『私の舞台(我的舞台)』。

歌詞全体が、十年後の自分自身に問いかける内容になっている。同時に『心の旅程(心的旅程)』というタイトルの公演の最後にふさわしく、飛行機の旅の比喩になっている。(ちなみにこの公演の最初の4曲の衣装は、キャビン・アテンダントがモチーフ)

この歌詞を読むと、作詞者の甘世佳が現地のファンに高く評価されていることがよく分かる。

《我的舞台》
詞:甘世佳
曲:ASPJ

旅程中摘过的花 你还记得 它绽放的样子吗

旅の途中に摘んだ花が
咲いていた様子をまだ覚えてるかな

风景里说过的话 是否值得 一辈子铭记吗

風景の中を歩きながら話したこと
一生忘れない価値があるかな

留恋吗 一路上人和事

名残惜しく思ってるかな
旅の途中で出会った人やいろんな事

感动吗 当风光像首诗

感動してるかな
風景をまるで一篇の詩のように思って

海滩上砌过的沙 最后依然 被潮水都冲走吧

ビーチで積み上げた砂は
最後にやっぱり波に流されてしまうよね

曾结在心上的疤 其实都会 随时光消散吧

心にできたかさぶたは
じつはみんな 時とともに消えてくよね

无悔吗 离开总会回来

後悔してないかな
別れがいつももどってくること

骄傲吗 摘下的花仍然会盛开

誇りに思ってるかな
摘んだ花がまだ満開だということ

绽放在我们的舞台

私たちの舞台で花開いてること

每当世界在变幻 这舞台就是你旅程的港湾

世界が目まぐるしく変わっても
この舞台があなたの旅の港

沿途是否记得 一起欢笑泪水的伙伴

旅の途中のことを覚えてるかな
いっしょに笑って泣いた仲間たちのこと

回忆还感动吗 梦是否已在青空上盛开

思い出して感動するかな
夢はもう青空の上で満開になってるかな

十年后再回首 但愿初心不改

十年後また振り返っても
初心が変わっていませんように

命运的飘零之花 你还记得 它最初的样子吗

花はしぼんで落ちる運命だけど
最初の様子を覚えてるかな

年少时说过的话 是否值得 坚持过一辈子

若かったころ話したことは
一生覚えてる価値があったかな

无尽吗 三千个夜与日

思いは尽きないかな
三千日の間に起こったいろんなこと

无畏吗 少年的傻与痴

恐れてないかな
バカなことをした若いころのこと

人生像漫长旅途 永远记得 曾和你并肩出发

人生は長い旅のよう
あなたと肩を並べて出発したこと
永遠に忘れない

在这片屋檐之下 一起度过 最绚烂的年华

この屋根の下で いっしょにすごした
いちばん輝いてた日々のこと

幸运吗 当初坚持还在

幸運だと思ってるかな
さいしょの頑張る気持ちをまだ持ってること

不舍吗 告别最终是为了回来

名残惜しいかな
でも別れは最後にまた戻って来るため

绽放在更大的舞台

そしてもっと大きな舞台で花開くため

每当世界在变幻 这舞台就是你旅程的港湾

世界が目まぐるしく変わっても
この舞台があなたの旅の港

沿途是否记得 一起欢笑泪水的伙伴

旅の途中のことを覚えてるかな
いっしょに笑って泣いた仲間たちのこと

回忆还感动吗 梦是否已在青空上盛开

思い出して感動するかな
夢はもう青空の上で満開になってるかな

十年后再回首 但愿初心不改

十年後また振り返っても
初心が変わっていませんように

永恒吗 所谓的成与败

永遠につづくものかな
いわゆる勝ち負けって

永恒吧 这灯光还会闪亮起来

永遠につづくよね
このライトがまた照らし出すから

请回到我们的舞台

私たちの舞台にまた戻ってきて下さい

每当世界在变幻 这舞台就是你永远的港湾

世界が目まぐるしく変わっても
この舞台があなたの旅の港

我会努力记得 每一张脸感受的温暖

頑張って忘れないようにする
一人ひとりの顔から受け取った温かな思いを

不灭的激情还在 继续陪我飞向云端之外

情熱はまだ消えずにいて
私といっしょに雲の向こうまで飛び続けてくれる

十年后再回首 我们初心不改

十年後また振り返っても
初心が変わっていませんように

これは泣ける。

次に上海SNH48チームNII全曲オリジナル公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』の最後の曲、『星願(星に願いを)』だが、これは以前ここで日本語試訳しているので、このブログを「僕らだけのパーティー 日本語試訳」で検索して下さい。

次に上海SNH48チームX全曲オリジナル公演『ドリーム・フラッグ(夢想的旗幟)』の最後の曲、『未来寄語(未来への伝言)』。

続きを読む…

瀋陽SHY48チームSIII朱燕(チュー・イェン)がアプリ生放送で涙を流した理由

結成されたばかりの瀋陽SHY48。チームSIIIメンバーの朱燕 Zhū Yàn チュー・イェン SHY48 Team SIII
 SHY48 1期生
 08/20遼寧省大連生まれ
(チュー・イェン)が、SNH48運営会社開発のスマホアプリ「Pocket48」の生放送(日本で言うShowroom的な感じ)で涙を流していた。

筆者がこの生放送をたまたま見たとき、ルールー(韓家樂 Hán Jiā Lè ハン・チャールー あだ名: ルール― SHY48 Team SIII
 SHY48 1期生
 3/7湖南省常徳生まれ
)など、同じチーム内で早くも人気が出始めたメンバーがいる一方、あまり目立たない自分の立場が悔しくて泣いているんだろうと思った。

ところが全然そうじゃなかった。

この生放送の日、2017/02/26に応援会から応援旗が贈られて、それに感動して泣いていたのだ。

その応援旗といっしょに写っている彼女はこちら。

この写真のツイートには次のように書かれている。

瀋陽SHY48 チームSIII 朱燕 Zhū Yàn チュー・イェン SHY48 Team SIII
 SHY48 1期生
 08/20遼寧省大連生まれ
(チュー・イェン)

昨日応援旗を受け取ったよ、すごくうれしい!
こんなにたくさんの人が旗にサインしてくれるとは思わなかった、みんなお疲れさま!
昨日は感動しすぎて、生放送のとき思わずちょっとした放送事故になっちゃったけど、みんなどうか大目に見て下さい。
(2017年3月)3日と4日の公演では、かならず何倍も頑張るよ。完璧な一面をみんなに見てもらうように。
そうだ、ツインテールの『地平線』(訳注:『心の旅程』公演の曲)はみんなやっぱり好きだよね。

個人的には、たとえ瀋陽SHY48がぱっとしなくてもいいんじゃないかと思う。

地元のファンからの売上や、これから増えるだろう劇場外の営業のお仕事で採算が成り立って、メンバーと応援会のこういう温かいつながりがあるなら、地方都市のSNH48姉妹グループは全国区になる必要はないような気がする。

むしろ商業的に成立するローカルアイドルとして活動を続けられる方が、メンバーとファンにとっては幸せなんじゃないか。

人気の出たメンバーはキクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī チュー・チンイー あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
)同様、グループから離れてピンの仕事が増えることで、SNH48グループ全体を全国区にする牽引役になる。

一方で、劇場公演を中心に地元のファンとのつながりを守るメンバーもいる。

その両方のメンバーがいないと、フランチャイズ形式のグループ展開をやる意味がないし、そうやってこそ本当の48系グループの「精神」みたいなものが中国にも根付くという気がする。

心配なのは、SNH48運営会社がバブリーな事業展開ばかりに突っ走って、各地方都市の地元ファンとのつながりを軽視することだ。

瀋陽SHY48二つめのチーム、チームHIIIデビュー公演『ドリーム・フラッグ』2017/02/25まとめ

上海SNH483つめの姉妹グループ、瀋陽SHY48のチームSIIIにつづく2つめのチーム、チームHIIIが昨日2017/02/25(土)デビュー公演を行った。

公演は上海SNH48チームXのために書き下ろされた全曲オリジナル公演『ドリーム・フラッグ(夢想的旗幟)』。

なぜチームHIIIなのかというと、SNH48にチームHIIがあり、これはAKB48グループのHKT48チームHの次、という意味。

その次なのでHIIIだが、もうAKB48運営と関係が切れているので、どうでもいいっちゃあどうでもいい(笑)。

デビュー前にトップ人気で、応援会の活動もがっつり始まっていた張雲夢 Zhāng yún mèng チャン・ユンモン あだ名: モンモン SHY48 Team HIII
 SHY48 1期生
 12/11遼寧省瀋陽生まれ
(チャン・ユンモン)だが、デビュー公演の評判はイマイチだったようだ。(もちろん応援会は強力にプッシュしているが)

その張雲夢 Zhāng yún mèng チャン・ユンモン あだ名: モンモン SHY48 Team HIII
 SHY48 1期生
 12/11遼寧省瀋陽生まれ
(チャン・ユンモン)は、デュエット曲『人魚』に登場。今までのSNH48オリジナルのデュエット曲で、間違いなく最高の名曲。ちなみに作詞・作曲は台湾の音楽制作チーム。

オリジナルのSNH48チームXでは、人魚が炭酸(張丹三 Zhāng Dān Sān チャン・ダンサン あだ名: 炭酸 SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1995/04/28湖北省武漢市生まれ
)、人間の少女が桃子(李釗 Lǐ Zhāo リー・チャオ あだ名: 桃子 SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1998/05/23湖南省生まれ
)。

この瀋陽SHY48チームHIII版では、人魚が劉靜晗 Liú jìng hán リョウ・チンハン あだ名: ファーファー SHY48 Team HIII
 SHY48 1期生
 10/04遼寧省錦州生まれ
(リョウ・チンハン)、人間の少女が張雲夢 Zhāng yún mèng チャン・ユンモン あだ名: モンモン SHY48 Team HIII
 SHY48 1期生
 12/11遼寧省瀋陽生まれ
(チャン・ユンモン)。

スタイルの良さでは瀋陽SHY48が完勝だが、表現力ではオリジナルの炭酸(張丹三 Zhāng Dān Sān チャン・ダンサン あだ名: 炭酸 SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1995/04/28湖北省武漢市生まれ
)と桃子(李釗 Lǐ Zhāo リー・チャオ あだ名: 桃子 SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1998/05/23湖南省生まれ
)の完勝というのが、多くの現地の評価。

そもそも張雲夢 Zhāng yún mèng チャン・ユンモン あだ名: モンモン SHY48 Team HIII
 SHY48 1期生
 12/11遼寧省瀋陽生まれ
(チャン・ユンモン)は、少女という感じじゃない。

この曲の歌詞は、人魚との同性愛という二重の意味で禁じられた恋に溺れて死んでしまう、人間の少女と、自ら尾ひれを切り落として、やはり海の底で死んでしまう人魚の、悲しいラブストーリー。

(この解釈は、台湾の制作チームから筆者が直接「そのとおりです」とメッセージを頂いている)

人魚役のほうの劉靜晗 Liú jìng hán リョウ・チンハン あだ名: ファーファー SHY48 Team HIII
 SHY48 1期生
 10/04遼寧省錦州生まれ
(リョウ・チンハン)は人魚のナイーブさがまだ残っている。

一方、張雲夢 Zhāng yún mèng チャン・ユンモン あだ名: モンモン SHY48 Team HIII
 SHY48 1期生
 12/11遼寧省瀋陽生まれ
(チャン・ユンモン)は、おとぎ話とは無縁な分別のある大人の女性。ややクールビューティーすぎるか。

続きを読む…

SNH48総選挙2位カチューシャの昨夜2017/02/25(土)の欅坂46『サイマジョ』が生誕祭特別コーナー最後の本部楽曲か?

SNH48二期生チームNIIで、去年の第三位総選挙で2位のカチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)。昨夜2017/02/25(土)の生誕祭特別コーナーで欅坂46『サイレントマジョリティー』を歌ったようだ。

中国の弾幕コメント動画サイト「ビリビリ動画」なら削除されないと思うので(笑)どうぞ。

YouTubeにもソニー・ミュージックに削除されずに生き残っているものを2つ見つけたが、どちらもアップしたのは中国語ネイティブの人で、一人は下記のように繁体字を使っている。

(ここから引用)
みなさん、こんにちは。
わたしは欅坂46のファンです。
昨日、ネットでSNH48の生放送の動画を見つかりました。
SNH48は欅坂46のサイレントマジョリティーを演出しましたが、
歌詞が勝手に中国語に通訳しました。
この生放送はSonyさんからの許可がもらいましたか?
そして、オリジナル動画が日本のIPブロックした。
だから、わたしはこの動画をアップロードして、
ほかの人も知られてほしい。
Sonyさんも欅坂46も作曲の著作権を守ってください

———————————————————–
大家好,我是欅坂46的FANS
在網上發現一段SNH48的直播
發現SNH48不單演出了欅坂46的サイレントマジョリティー
更私下更改及重錄歌詞(中國語)
這次的演出到底有沒有跟Sony申請歌曲的版權及演出呢?
而且原影片亦封鎖了日本的IP
因此本人決定把該影片再上傳
希望可以讓更多人得知此事
亦希望Sony能夠嚴正處理
保護欅坂46以及作歌人等的版權
(ここまで引用)

中国2ちゃんねる(百度貼吧)の欅坂46掲示板で叩かれているだろうと思ったら、スレッドがない。

現地の大部分の欅坂46ファンは、SNH48なんてどうでもよくて、YouTubeにわざわざ出張してSNH48を叩いている人は、欅坂46ファンというより、SNH48がキライなだけなのかも。

それはどうでもいいとして、今回の生誕祭はカチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)のファンに対する感謝や愛にあふれたものだったことは間違いない。

それでも、SNH48運営が過去AKB48運営と契約していたとき、おそらく権利許諾も受けていないソニー・ミュージック楽曲を、制服までそろえて、かつ、中国語に翻訳までして劇場公演でパフォーマンスしてしまうのは、危険。

ファンサービスとはいえ、ここまで身を削る必要はない。損するのはカチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)自身なので。

それから、昨日の2017/02/25(土)のカチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)生誕祭の欅坂46には、SNH48運営はOKを出したことになるが、今日2017/02/26(日)の同じチームNII五期生・UK(黃彤揚 Huáng Tóng Yáng フアン・トンヤン あだ名: UK SNH48 Team NII
 SNH48 6期生
 1998/01/28福建省生まれ
)生誕祭では、SNH48運営は彼女が1か月準備していたAKB48楽曲にNOを出した。

SNH48運営の、総選挙第2位のカチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)に対する特別な配慮を感じる。

いずれにせよ、SNH48姉妹グループの生誕祭特別コーナーで、AKB48グループ楽曲は昨日が最後だった、はず。

それとも、五期生のUK(黃彤揚 Huáng Tóng Yáng フアン・トンヤン あだ名: UK SNH48 Team NII
 SNH48 6期生
 1998/01/28福建省生まれ
)だけ冷遇されていうのか。今後の生誕祭が楽しみ(苦笑)。

SNH48グループの週刊文春的ネタを久しぶりにいくつか(汗)

久しぶりにSNH48グループのネタを、中国2ちゃんねるから適当に拾ってご紹介。

まず生誕祭(メンバーの誕生祝い特別公演のこと)について。

SNH48三期生チームHIIイーレン(徐伊人 Xú Yī Rén シュー・イーレン あだ名: イーレン SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/02/20浙江省生まれ
)の中国ツイッター(新浪微博)によると、生誕祭のときは今後MC2、つまりユニット曲終わりのMCコーナーがなくなるらしい。

生誕祭はメンバー数名が、誕生日のメンバーに書いた手紙を読むコーナーがあって、公演全体の時間が伸び伸びになるので、時間調整のためだろうとのこと。

その最初がイーレン(徐伊人 Xú Yī Rén シュー・イーレン あだ名: イーレン SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/02/20浙江省生まれ
)というのは、運営会社の考えがちょっと露骨すぎるけれど(笑)。

それから、生誕祭は誕生日のメンバーが特別コーナーで自分で考えたパフォーマンスをするが、そのとき坂道系含め、AKB48グループの楽曲を今後は使用しないよう、SNH48運営会社からお達しが出たらしい。

これはSNH48六期生チームNIIのUK(黃彤揚 Huáng Tóng Yáng フアン・トンヤン あだ名: UK SNH48 Team NII
 SNH48 6期生
 1998/01/28福建省生まれ
)がInstagramでツイートしてすぐに削除した。

彼女が自分の生誕祭のためにAKB48楽曲の準備をして、衣装まで購入していたが、運営にダメだと言われたようだ。

いまSNH48グループでAKB48グループがオリジナルの公演をやっているのは、広州GNZ48チームNIIIの『僕の太陽』だけ。それも間もなく千秋楽を迎え、オリジナル公演に切り換わる。

どうやらSNH48運営会社のAKB48楽曲の中国国内での使用権が切れるらしい。

個人的に思うのは、使用権の期限をちゃんと守るSNH48運営会社が、AKB48運営に無断で北京と広州の姉妹グループの話を進めるなんてことは、やっぱりありえないということ。

実際には、単に姉妹グループの展開戦略で、SNH48運営とAKB48運営で意見が対立して調整不能になった結果を、AKB48運営側が勝手に「契約違反」と発表したか、それとはまったく違って、SNH48運営が中国共産党の宣伝機関である中国中央電視台への出演も含めた展開をするとなると、日本国内で日本政府を浅からぬ関係のあるAKB48グループにとってまずいことになるため、わざと決別を装ったか、どちらかではないか。

これは筆者の単なる憶測。

いずれにせよ、生誕祭のMC2がなくなること、SNH48グループは公演や特別公演含め、AKB48グループ楽曲を使わなくなることは本当らしい。

次に、広州GNZ48チームNIIIメンバーが立て続けに学業との両立の問題についてツイートしている。

はるか(熊心瑤 Xióng Xīn Yáo ション・シンヤオ あだ名: はるか GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/01/19重慶市生まれ
)は会社と母親と夜中の三時過ぎまで話し合った結果、もう一年休学することに決めたらしい。チェンチェン(劉倩倩 Liú Qiàn Qiàn リョウ・チェンチェン あだ名: チェンチェン GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1994/11/28福建省生まれ
)ももう一年休学を決めたとのこと。

逆に、スンシン(孫馨 Sūn Xīng スン・シン あだ名: スンシン GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 2000/02/27江蘇省南京市大廠区生まれ
)はもう一年休学すると、退学する必要があるので、復学することにしたと長文ツイートで書いている。

はるか(熊心瑤 Xióng Xīn Yáo ション・シンヤオ あだ名: はるか GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/01/19重慶市生まれ
)とチェンチェン(劉倩倩 Liú Qiàn Qiàn リョウ・チェンチェン あだ名: チェンチェン GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1994/11/28福建省生まれ
)は、退学処分のリスクをとってもう一年休学する決意をしたのだろう。

このことについて、りんたん(肖文鈴 Xiào Wén Líng シャオ・ウェンリン あだ名: リンたん GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 2001/01/24四川省生まれ
)がメンバーたちの難しい選択についてコメントしている。「私たちチームNIIIの2000年以降生まれのメンバーのうち3人は学校に行けない、行く学校がないから」

たぶんこれは、上海SNH48運営が地元の中学高校と提携して、メンバーが通学できるようにしているのに対して、広州GNZ48運営会社はまだそこまでの余裕がないからと思われる。

りんたん(肖文鈴 Xiào Wén Líng シャオ・ウェンリン あだ名: リンたん GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 2001/01/24四川省生まれ
)自身が2001年生まれ、四川省出身で、もともとSNH48六期生からの移籍組。仮にSNH48にとどまっていれば、四川省に戻らずSNH48運営の提携先の上海の高校に通えたのに、という意味だろうと思う。

中国は日本以上に学歴重視の社会なので、学業との両立はメンバーにとって重い問題なのだろう。

次も広州GNZ48だが、GNZ48一期生でチームGのリーロン(黃黎蓉 Huáng Lí Róng フアン・リーロン あだ名: リーロン GNZ48 Team G
 GNZ48 1期生
 01/23湖南省生まれ
)がやや分かりづらいツイートをしていた。

ただしこれもGNZ48活動を続けるかどうかにかかわる問題。

どうやら北京に住んでいる彼女の親戚が、入団前から今にいたるまで、アイドル活動を続けることに根強く反対し続けているらしい。

そのことについて、彼女のファンなのか、彼女がキライなGNZ48ファンなのかは分からないが、その親戚に賛成するダイレクトメッセージを送っているらしく、リーロン(黃黎蓉 Huáng Lí Róng フアン・リーロン あだ名: リーロン GNZ48 Team G
 GNZ48 1期生
 01/23湖南省生まれ
)がやや苛立っている。

彼女自身はアイドル活動を続ける決意が固く、親戚からどう言われようと退団しないと言い切っている。

彼女はGNZ48一期生ながら、チームGですでにかなりの人気メンバーになっており、ダンスの実力も『愛しさのアクセル』でユーミー(趙粵 Zhào Yuè チャオ・ユエ あだ名: Akira SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/04/29湖北省武漢市生まれ
)をしのぐスピンを見せたほど。

でも、中国ではまだまだ家族や親戚の反対が強いメンバーがいるということ。

最後のネタはあまり書きたくないのだが、あえて週刊文春的に。

続きを読む…