SNH48が五四青年節に優秀青年に表彰された件で北京の弁護士が当局批判?(追記あり)

2017/05/04放送の中国中央電視台の五四青年節特別番組で、SNH48が中国共産主義青年団宣伝部から優秀青年として表彰された件。

北京の弁護士が中国ツイッター(新浪微博)でSNH48をディスって、コメント欄が炎上するという興味深い展開になっている。

何の根拠もなく言いがかりをつけてくることを中国語のスラングで「碰瓷」というらしい。「当たり屋」行為のこと。

女性アイドルグループに関心のない一般人から「碰瓷」されると、いよいよSNH48の知名度も上がってきたかと、現地ファンとしては逆にうれしいらしい。

せっかくなので、この弁護士の意味不明のツイートを日本語試訳しておく。ご本人の名誉のためにIDは消しておく。

ツイート時刻は2017/05/05 19:11。

女性グループ上海SNH48が、光栄にも共青団中央の授与する五四優秀青年証書を獲得した!

新時代の青春の夢を称揚するだって?”五四運動の精神”とは一体何だ?

まだ覚えているだろうか?SNH48は日本女性グループの原版の版権を侵害した件にかたをつけたのか?

一群の妙齢の少女が、学校にも行かず、歌舞団でお互い腹の探り合いで競争するような青春を送る。

メンバーは時々スキャンダルを流して、どれも見苦しいものばかりなのに、まだ足りないとでもいうのか?

山東防衛!青島を返せ!のスローガンを忘れてしまったのか?

五四運動の歴史を、この48人の子たちのうち何人がはっきり説明できるというのか?

あるいは、これが彼らの渇望して描き出した青年のリーダーなのかもしれない!

明るく艶やかで、時事問題などに関心がないような青年が!

ヲタクたちよ、これら青年のリーダーに従え!

安心して底辺プログラマーの仕事をして、曇った頭で懸命に働き、突然死する前に、血と汗で稼いだ金であの”握手券”とやらを買えばいい。

関連商品だけでなく、敬愛する女性メンバーの下着まで買えばいい!

彼女たちは正式に証書を与えられ、高く評価されたアイドルなのだから。

もしかすると彼女たちの下着はすでに「和諧」の価値観が染み込んでいるかもしれないぞ!

こういう人間でも北京で弁護士がつとまるから、AKB48運営は中国で民事訴訟をあきらめたんだろう、と思いたくなるようなヒドさ。

この人物は自ら中国法曹界のレベルの低さを証明してしまっているのだが、本人はそれに気づいているのだろうか。

SNH48のメンバーは48人だとか、下着まで売っているなど、事実と反するデマである上に、名誉毀損にあたる。

こういう人物が、プロフィールで北京衛星テレビの演説対戦番組『我是演説家』の第一季放送分で準優勝したことを吹聴して、弁護士をやっている。これが北京の弁護士のレベルなんです、ということらしい。

ちなみに下の写真が、SNH48を代表してキクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī チュー・チンイー あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
 画像集
)が受け取った証書。

この件、SNH48運営は無視するかもしれないが、現地でもう少し炎上すれば興味深い。

この弁護士は間接的に中国共産主義青年団を批判したことになるからだ。

この弁護士さんがある日突然、自宅から姿を消した、ということにならないよう祈っている。

2017/05/07追記:

この件、今日時点でもまだこの弁護士さんの中国ツイッター(新浪微博)コメント欄がSNH48ファンで炎上している。ただこの弁護士さんは間接的な共青団批判で当局から目をつけられてもいい覚悟はしている旨、母親への手紙という形式の長文ツイートで書いている。

しかしSNH48ファンからは、たかだか8万人のフォロワーしかいない弁護士に当局に目をつけられるような影響力はないよ、という正確なツッコミが入っている(笑)。

この弁護士さん、上記のツイートは削除しているが、いまだにSNH48だけを問題にしていることに変わりはない。同時に表彰されたTFBOYSのメンバーや、EXO-M元メンバーのルハン(鹿晗)、レイ(張藝興)に触れていない点で、事実上この方の批判が、共青団の他には、SNH48だけに向いているのは明らか。

SNH48よりも優秀な、例えば芸術科大学に通う青年はたくさんいて、彼らが表彰されず、SNH48のようなアイドルが表彰されることにまだ不満をお持ちの様子だが、そうであればTFBOYSやルハン(鹿晗)、レイ(張藝興)も批判すべき。

ただ、TFBOYS、ルハン(鹿晗)、レイ(張藝興)ファンを敵にまわしたら、おそらくSNH48とは比較にならないほどの大炎上になること間違いなし。ファンの総数は圧倒的に彼らの方が多いので。

まだまだ面白い展開が待っていそうなネタでした。

2017/05/09追記:

ついに上海SNH48四期生チームX天草(王曉佳 Wáng Xiǎo Jiā ワン・シャオチャー あだ名: 天草 SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1993/05/31湖南省長沙生まれ
 画像集
)がこの北京の弁護士さんに中国ツイッター(新浪微博)で反論という展開に。

実際にはすでにこの北京の弁護士さんの主張の中心は、共青団のエンタメ化批判になっているようだが、アイドルという仕事に誇りを持っているメンバーにとってはやはり許せないようだ。

まして彼女はこの五四青年節の中国中央電視台の特別番組に出演したチームXメンバーでもある。

以下は私個人の観点です。

まず(この北京の弁護士さんの)動画の意義を私は次のように理解してよいでしょうか:一人の公のマイクロブロガーとして、真実を理解しない状況下で、デマと軽蔑の性質を帯びたツイートをした。そして反論を受けた後、動画をツイートしてまた誠実でない謝罪をしたが、実は自分の潔白を証明するためで、同時に一群の人たちが自分の素晴らしさを褒め称えるのを期待していた、と。

この理解に謝りがあれば、申し訳ありません。個人的な観点に過ぎません。結局のところあなたもあなたの個人的な観点を発表したにすぎないんですよね。

あなたは言うかもしれません。君たちのような若者は何も分かっていない。教育が必要だと。うん、私はまだまだたくさんのことを学ばなければならないことは認めます。でも、何も分かっていないわけではないかもしれません。

私はずっと私の先生が言ってくれたひとことを覚えています。冷静な目で事実を見つめなさい。しかし情熱的な心で生活に接しなさい。

今回のテーマは「激揚青春夢(青春の夢を奮い立たせよう)」です(訳注:原文が「激昂」となっているのは誤字)。

私の夢は狭いものかもしれないでしょう。この世界を変えるには足りないでしょう。私の夢はあなたの目からすると一文の値打ちもないかもしれません。

でも私は変わらずこの短い青春を、自分の活力と情熱で努力して自分にとっての青春の夢を実現させたいと思っています。他人にどう見られようと、どんなに侮辱されようと。

あなたの言っていることは正しいです。私たち1990年代生まれの中には、すでにとてもたくさんの青年が国家のために努力し、それぞれの分野に進出しています。

ではなぜ私たちのようなちっぽけなアイドルが優秀青年の表彰を得なければならないのでしょうか?

私の理解は次のとおりです。青春の夢は色とりどりで、私が思うに、最初の意図は私たちをその中の一種の代表にして、五四運動の精神をより多くの若者に熟知させるためだったに違いありません。一部の人たちが考えているような、それほど暗いものでは決してなかったかもしれません。あなたはどう思いますか? @北京の弁護士さん

最後に北京の弁護士さんのアカウントに直接@でメンションしているところに、彼女の覚悟が見えて素晴らしい。

久々に去年2016/08のドキュメンタリー『比翼齊飛』を見てSNH48五期生、六期生の変貌ぶりにびっくり

SNH48劇場公演オンライン生放送のサイトに入ったら、たまたま去年2016/08に公開されたSNH48グループのドキュメンタリー『比翼齊飛』(翼をそろえて飛ぶの意味)を放送していて、上海SNH48五期生、六期生の部分が異様に面白かったので、ネタとしてご紹介。

今とどれだけ違うかというのがポイント。

広州GNZ48チームGエースのレイレイ(謝蕾蕾 Xiè Lěi Lěi シエ・レイレイ あだ名: レイレイ GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/12/01江西省生まれ
 画像集
)。彼女はほとんど変わらない。

いちばん驚いたのは、このSNH48六期生の二人。

左はこの画面ショットでは見づらいけれど、広州GNZ48チームGの、つき(羅寒月 Luó Hán Yuè ルオ・ハンユエ あだ名: つき GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/04/27重慶市生まれ
 画像集
)。右は、北京BEJ48チームBの副キャプテン・ミルク(劉姝賢 Liú Shū Xián リョウ・シューシェン あだ名: ミルク(小牛奶) BEJ48 Team B
 SNH48 6期生
 1994/04/16山東省棗莊市生まれ
 画像集
)。

現在のミルク(劉姝賢 Liú Shū Xián リョウ・シューシェン あだ名: ミルク(小牛奶) BEJ48 Team B
 SNH48 6期生
 1994/04/16山東省棗莊市生まれ
 画像集
)はこちら。

今年2017年の旧正月に一人だけ宿舎に早く帰ってきてしまって寂しくて号泣した生放送のネタ。鼻の低さは変わっていないが、アイプチと、たっぷり盛ったアイメイクで全く印象が変わっている。

それから北京BEJ48チームEのライチ(李梓 Lǐ Zǐ リー・ツー あだ名: ライチ BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 2000/08/30四川省内江市生まれ
 画像集

この少女少女した感じから、今は完全にボーイッシュ路線に切り替わっているのがすごい。

こちらは北京BEJ48チームEまーちゅう(鄭一凡 Zhèng Yī Fán チャン・イーファン あだ名: まーちゅう BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 2001/05/09北京生まれ
 画像集
)。チームEでいちばん丸顔という自虐ネタどおり、彼女はあまり変わっていない。

こちら、ピンクのキャップで自撮り中は北京BEJ48チームEキャプテンの李想 Lǐ Xiǎng リー・シャン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1994/02/05北京生まれ
 画像集
(リー・シャン)。あまり変わらない。

右端は北京BEJ48チームEレイニー(李詩彥 Lǐ Shī Yàn リー・シーイェン あだ名: レイニー BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 2003/03/17湖南省生まれ
 画像集
)、その左は同じくチームEシャオシュー(劉勝男 Liú Shèng Nán リョウ・シェンナン あだ名: シャオシュー BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1997/09/09湖北省生まれ
 画像集
)。この2人もあまり変わっていない。

こちらは北京BEJ48チームB文妍 Wén Yán ウェン・イェン BEJ48 Team B
 SNH48 6期生
 2000/12/28重慶市生まれ
 画像集
(ウェン・イェン)。彼女もあまり変わっていない。

こちらは左がレイレイ(謝蕾蕾 Xiè Lěi Lěi シエ・レイレイ あだ名: レイレイ GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/12/01江西省生まれ
 画像集
)、右が北京BEJ48チームBキャプテン・いーしゃん(段藝璇 Duàn Yì Xuán ドァン・イーシェン あだ名: いーしゃん BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1995/08/19湖南省生まれ
 画像集
)のお別れの場面。

いーしゃん(段藝璇 Duàn Yì Xuán ドァン・イーシェン あだ名: いーしゃん BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1995/08/19湖南省生まれ
 画像集
)はかなり痩せた印象があるけれど、あまり変わらない。

ということで、いちばん驚いたのがミルク(劉姝賢 Liú Shū Xián リョウ・シューシェン あだ名: ミルク(小牛奶) BEJ48 Team B
 SNH48 6期生
 1994/04/16山東省棗莊市生まれ
 画像集
)だった(笑)。

広州GNZ48 3rd EP『たんぽぽの足跡(蒲公英的脚印)』MV詳細解説

今回は広州GNZ48の三枚目の全曲オリジナルEP『I.F (Immortal Flower)』より、選抜メンバーによるメイン曲『たんぽぽの足跡(蒲公英的脚印)』の歌詞とMVをじっくりご紹介。

いつもながら広州GNZ48の映像作品のクオリティの高さに驚く。今回のMVも期待を裏切らない。

申し訳ないけれど、ほぼ過去のドキュメンタリー映像を編集でつないだだけの上海SNH48『お互いの未来(彼此的未来)』のMV、北京BEJ48の三枚目の全曲オリジナルEPタイトル曲『マニフェスト(宣言)』のMVとは比較にならない。

さて、現地ファンも指摘しているが『たんぽぽの足跡』のMVは明らかに日本の坂道系(乃木坂46、欅坂46)のMVを意識している。

たんぽぽがキーワードになっているため、乃木坂46『気づいたら片想い』のMVと類似は顕著だ。

ただし、乃木坂46『気づいたら片想い』は小学生が見ても物語が分かるように、ドキュメンタリー風の具体的な映像なのに対して、広州GNZ48『たんぽぽの足跡』は全編がメタファー(比喩)になっており、理解が難しい。

また乃木坂46『気づいたら片想い』のたんぽぽの綿毛は西野七瀬の生命の具現化だが、広州GNZ48『たんぽぽの足跡』のたんぽぽの綿毛は、人の思いを伝える媒介の具現化と、同じたんぽぽでも意味が全く違っている。

この『たんぽぽの足跡』のMVの物語、解釈は人それぞれ何通りもあると思うが、筆者の解釈を以下、延々と書いてみる。歌詞の日本語訳は記事の最後につけてある。

主役は広州GNZ48チームNIIIキャプテン・ミッフィー(劉力菲 Liú Lì Fēi リョウ・リーフェイ あだ名: ミッフィー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1995/10/30四川省生まれ
 画像集
)と、チームGのエース・レイレイ(謝蕾蕾 Xiè Lěi Lěi シエ・レイレイ あだ名: レイレイ GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/12/01江西省生まれ
 画像集
)の2人。

広州GNZ48は2nd EPまでレイレイ(謝蕾蕾 Xiè Lěi Lěi シエ・レイレイ あだ名: レイレイ GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/12/01江西省生まれ
 画像集
)が選抜メンバーのセンターだったが、今回の3rd EPでは初めてミッフィー(劉力菲 Liú Lì Fēi リョウ・リーフェイ あだ名: ミッフィー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1995/10/30四川省生まれ
 画像集
)がセンターを務めている。この事実も物語と少しだけ関係する。

まず、MVの時間軸は衣装が5パターンあることから整理できる。

衣装パターン1:パステルカラーのワンピース。崖の上のダンスシーン。

衣装パターン2:白のワンピースドレス。ミッフィーとレイレイの2人だけ。

衣装パターン3:砂浜のダンスシーン。レイレイは不在。ただしミッフィーの衣装は衣装パターン2と同じで、前髪を上げただけ。

衣装パターン4:衣装パターン3のバリエーション。ビスチェと言うんだろうか、その重ね着が特徴的。

衣装パターン5:ここでネタバレすると面白くないので、最後まで読んで下さい(笑)。

カットバックで時間軸を行ったり来たりするので分かりづらいが、時間軸はこの順番。

以下、一つひとつシーンを説明。

冒頭、波に洗われている方位磁石。進むべき方向は分かるけれど、波の中では飛び立てないということ。

ミッフィーとレイレイの対話のシーン。左がミッフィー(劉力菲 Liú Lì Fēi リョウ・リーフェイ あだ名: ミッフィー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1995/10/30四川省生まれ
 画像集
)、右がレイレイ(謝蕾蕾 Xiè Lěi Lěi シエ・レイレイ あだ名: レイレイ GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/12/01江西省生まれ
 画像集
)。衣装パターン2。上述のようにミッフィーの衣装はパターン3と同じだが、前髪を下ろしている。

レイレイ:ねえ 海のあっちには何があるの?
ミッフィー:知らないよ
レイレイ:すごく知りたい
私を連れてって
私には時間がないの
続きを読む…

上海SNH48派生チーム7SENSESの1st EPメイン曲『7SENSES』パクリ疑惑を詳細に解説

上海SNH48のK-POPスタイルの新派生チーム「7SENSES」のプロデューサであるSNH48運営スタッフが、深みにはまっているようだ。

きっかけは現地ファンが「7SENSES」のファーストEPのタイトル曲『7SENSES』が、韓国の男性グループNCT 127の『Fire Truck』という曲のパクりだと騒ぎ始めたこと。

まずは2曲をお聴き下さい。

NCT 127『Fire Truck』

7SENSES『7SENSES』

なお各曲の作曲・編曲者は以下のとおり。もちろん別人である。

NCT 127『Fire Truck』
作曲:LDN Noise / Tay Jasper / Ylva Dimberg
編曲:LDN Noise

7SENSES『7SENSES』
作曲:Shinsadong Tiger
編曲:Shinsadong Tiger

ちなみにNCT 127には『The 7th Sense』(第七感)という曲がある(2016/04発行)

この曲名と「7SENSES」(第七感)の名前が似ているのは、もちろん偶然だろう。偶然だ。

そして現地ファンのパクりという騒ぎに対して、「7SENSES」の企画者であるSNH48運営スタッフが、中国ツイッター(新浪微博)で公然とSNH48の現地ファンを批判した。この種の曲を聴いたこともない人間がいい加減なことを言うなと。

そのツイートにはダンス・ミュージックファンから賛同のコメントが多数ついて、「7SENSES」のプロデューサは力強い援軍を得た結果になった。逆に言えば、現地SNH48ファンの顔を平手でたたく(打臉)結果になった。

そして中国ツイッター(新浪微博)のSNH48公式アカウントは事態を収拾すべく、2017/04/17 20:33に以下のようなツイートをした。

【『7 SENSES』(第七感)の曲風の問題についての回答】音楽プロデューサとの話し合いを経て、以下のように状況をお知らせします。SNH48国際化チームである7 SENSESのファーストEPのメイン曲『7 SENSES』(第七感)として、米国で活躍している音楽プロデューサを招待していっしょに制作をしました。

制作の初めに国際的なトレンドをしっかりフォローしたいという希望はすでに決まっていて、国際的に比較的流行しているSound Trapスタイルを基礎として採用し、かつ曲の種類はtwerk進行で制作しました。

この種類のスタイルが限定的なので比較的似ているという誤解を受けた可能性があります。しかし『7 SENSES』(第七感)そのもののkilling pointは他の曲と違ってdropの構成を使っており、1、2、3、4、5、6、7のカウントで始まる部分は、この曲独自のソウルに属するものです。PS:音楽プロデューサは同じようなスタイルの曲目を整理して、近日中にみなさんにシェアしようと考えています。

「Sound trap」とあるが、Wikipedia(英語)を調べた限り「Sound trap」というジャンルはなく「Trap music」というカテゴリーがあるだけ。

「Trap music」の作り方は、1拍子を2分割または3分割したハイハットと、Roland TR-808の重たいキックドラム、複数のシンセサイザートラックの組合せということらしい。

『Fire Truck』や『7SENSES』の特徴的な音色のキックドラムは、どちらも「trap music」の重要な要素。

「Twerk」というのは音楽のスタイルではなく、ダンスのスタイル。腰を低くしたセクシーなダンスで、通常は女性が踊る。

YouTubeで見つけた、比較的見るに耐えるTwerkのサンプルはこちら。

「Drop」はWikipedia(英語)によれば、EDMに限らずポピュラーミュージック全般に使われるスタイル。リズムやベースラインが切り換わるところで、はっきりと分かる構成の変化やブレイク(ほぼ無音の部分)が入っている部分のこと。

例えば「trance」によくあるような、段々と盛り上がって、盛り上がりが絶頂に達した時に、ブレイクが入ってリズムパターンが変わるという、あの部分が「drop」。

なので、trance、hardcore、progressive house(筆者が大好きなunderworld)、dubstep、hip hop、どんなスタイルのEDMにも入っている要素。

Wikipediaで実例として挙げられていたのは、Fergie『A Little Party Never Killed Nobody』の0’36″部分。

ああこれこれ、という感じ。これを「drop」というなら、ほとんどのEDMに入っている。

ピコ太郎『PPAP』の0’45″も「drop」(本当?)

7SENSESの『7SENSES』の場合は、「1、2、3、4、5、6、7」というカウントの終りの部分で「drop」になっている。

冒頭のカウント終わり、0’58″のカウント終わり、1’56″のカウント終わり、3’05″のカウント終わりなどが「drop」。3’29″にも「drop」がある。ある意味「drop」だらけ。

この記事を書くためにYouTubeでいろいろEDMを聴いたけれど、筆者はやっぱりprogressive house、future bassくらいシンセかメロディーが美しくないと、ちょっと限界(汗)。

そして筆者が個人的に思うのは、EDMなんて、MIXのMIXの、そのまたMIXのMIXくらいで出来上がっているので、『7SENSES』は『Fire Truck』のパクりだ、パクリではない、という議論自体が不毛。

それより、そもそもなぜこんな不毛な議論が起こってしまったのかを、SNH48運営会社はよく考えるべき。

つまり、普段EDMを聴かない現地SNH48ファンに、企画者の自己満足でEDMの特定の音楽スタイルを、以前このブログにも書いたようにプロダクト・アウトで押し付ければ、ファンの感情的な反発からパクり騒動が出てくるのは、事前に予測できたはず。

むしろ、普段J-POPやアイドルポップ、せいぜい米国のグラミー賞を受賞するような比較的聴きやすい黒人音楽しか聴かないような人たちに、いきなりこんな曲を聴かせて受け入れられると、どうして企画者が思えたのか、その理由がまったく分からない。

企画者の強引なプロダクト・アウトに対して、起こるべくして起こった現地ファンの反応ということで。

広州GNZ48初の全曲オリジナル公演チームNIII『第一人称』に好き勝手コメントしてみる(3)

広州GNZ48として初の全曲オリジナル公演、チームNIII『第一人称』の各曲に好き勝手コメントする記事の続き。今回で完結。

M10.少女革命

マイナーコードのEDMだが、どちらかと言うとシンセの音色にエフェクトを多用するというより、各種シンセの原音をそのまま鳴らす1980年代のエレクトロポップに近いところを狙ったdaft punkに似た「清潔な」音作り。EDM形式のアイドルポップとして妥当だと思う。

曲の構成に特筆すべきことはない。転調なし。ただサビが前半と後半に分かれていて、後半の「shut up! shut up!」がフックになっている。サビのメロディーが二種類あるのがすでに当然になって来ている点に、SNH48グループの楽曲水準の向上がはっきり分かる。

この曲の後半の間奏のダンスが、この公演『第一人称』の予告映像に出てきたあのカッコいいステップだったというわけだ。広州GNZ48チームNIIIも、同じ広州GNZ48チームZと同様、ダンスがそろっていて素晴らしい。

M11.Never Land

繰り返しになるが、この日の公演はエイプリルフール特別公演で、セットリストを16曲目から1曲目まで逆順に上演して、公演中にもいろんなところをわざと逆にしている。

この曲はサビ始まりだが、その冒頭のサビを歌うとき、普段はメンバーが舞台の最前部に座って、舞台から脚を下ろして歌う。すると客席最前列の超VIP席の観客と至近距離になる、というのが、この曲の演出で観客をびっくりさせた部分。

この日はエイプリルフール特別公演なので、冒頭でメンバーが客席に背を向けて歌っている(笑)。

この曲も編曲がとても美しい。冒頭のサビの後半のアコースティックギターのストロークが聴こえてくる部分は、ちょっと感動する。

観客がきっちり掛け声(MIX)を打てる、十分な長さのイントロ。その後も楽器の数が少ないAメロで、やはり観客が声援を送りやすい編曲。Bメロは典型的な「パーンパパン」リズム。

その後に現れる実際のサビは、イントロと違って明確なバックビート乗りで、メロディーの譜割りも意図的に変えられている。

次の間奏はワンコーラス目からツーコーラス目へのつなぎとしては、長過ぎるくらいの長さで、やはり観客が心ゆくまで声援を送れる編曲になっている。ツーコーラス目の後のアウトロも、十分な長さ。

転調や凝ったメロディーは無いけれど、やはり、こういう舞台上と客席のインタラクション(互動)が、48系グループの劇場公演の基本だと感じさせる。
続きを読む…