中国2ちゃんねる的掲示板で秒殺されたスレッドからの拾い物、全メンバーの生まれ年

中国の2ちゃんねる的な掲示板「百度貼吧 バイドゥてぃえば」でたまたま見つけた下図の表。

これを見ながらメンバーデータのXMLファイルの生年月日を更新していたら、いつの間にかスレッドが削除されたので、あわてて画像だけ保存。記念にここに掲載しておきます(汗)。

上海SNH48、北京BEJ48、広州GNZ48の現時点の全メンバーで、最年少は2003年生まれ、最年長は1990年生まれ。

じっくり見ていくと「ええっ!あのメンバーとあのメンバーが同じ年なのか!」とか、「なるほど舞台で堂々としているわけだ」とか、「やっぱりチームのキャプテンは年上が適任なんだなぁ」とか、いろいろ発見がある。

ぱっと見、当たり前だけれど、明らかにSNH48チームSII、チームNIIの色が左に寄っている(つまり平均年齢が高い)。

北京BEJ48チームBも平均年齢が意外に高めだけれど、全体的にお姉さんチームという印象があるので「なるほど」と思ったり。

それに対して、広州GNZ48チームGの平均年齢の低さ。

いろいろ興味深い一覧表。

広州GNZ48の話題:チョウチョウ(王馨悅)退団、カレー(杜雨微)新公演選抜から落選

広州GNZ48チームGのチョウチョウ(王馨悅 Wáng Xīn Yuè ワン・シンユエ GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 1994/07/19雲南省生まれ
)が退団する、というよりすでに退団したらしい。

中国の2ちゃんねる的な掲示板「百度貼吧 バイドゥてぃえば」のGNZ48掲示板では、すでに応援会が明記しているけれど、GNZ48メンバーのツイートでいちばんはっきり分かるのは、akuma(周倩玉 Zhōu Qiàn Yù チョウ・チェンユー あだ名: akuma GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/04/18四川省生まれ
)の2016/09/03 10:24の下図のツイート。

チョウチョウ(王馨悅 Wáng Xīn Yuè ワン・シンユエ GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 1994/07/19雲南省生まれ
)と彼女のツーショットをメインにした写真の中央に、何かのマンガの引用(筆者はマンガを読まないのでわかりません)と「永遠に私といっしょ。拒絶する権利はないよ。」というキャプションが付けられている。

チョウチョウのあだ名「球球(チョウチョウ)」は胸が大きいという意味で、文字どおり胸が大きいことが彼女の特長の一つだったけれど、同時にGNZ48の中でも最も高学歴な才女の一人。

なので今回の彼女の決断は、広州GNZ48にとって、残念だけれど納得がいくものらしい。GNZ48以外の場所でも十分活躍できる才能を持っているという意味で。

例によって卒業公演も何もなく、もう舞台には上がらないらしい。ちなみに上のakuma(周倩玉 Zhōu Qiàn Yù チョウ・チェンユー あだ名: akuma GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/04/18四川省生まれ
)のツイートに添えられていた音楽は、ニコニコ動画出身のシンガー・ソングライター伊東歌詞太郎さんの『さよならだけが人生だ』。

*) 2016/09/04追記:その後、2016/09/03広州駅でファンが王馨悅 Wáng Xīn Yuè ワン・シンユエ GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 1994/07/19雲南省生まれ
を見送っている動画がネットにアップされたので転載しておく。彼女が自己紹介のキャッチフレーズを言って、ファンが答える場面と、最後にハイタッチでお別れする場面。

それから、こちらは退団の話ではないが、SNH48五期生からGNZ48チームGに移籍したカレー(杜雨微 Dù Yǔ Wēi ドゥー・ユーウェイ あだ名: カレー GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/03/17山東省生まれ
)が、GNZ48新公演の選抜メンバーから外れるとのこと。

本人が2016/08/30 20:56の自分の中国ツイッター(新浪微博)のツイートのコメントの中で、しかも添付画像ツイートという凝った方法で告白している。
続きを読む…

SNH48イメージキャラクタ等のお仕事:SNH48はピザハット、GNZ48は中国電信、BEJ48はシャープのスマホ

SNH48グループのイメージキャラクターのお仕事もご紹介。

2016/08/25(木)開催の、中国ピザハットと香港Semk Productsのキャラクター商品「B.Duck」のコラボ企画。2017年中国ピザハットの新商品、北京ローストダックピザの発表会。(結局Duckを食べてしまうんかい!)

参加メンバーはSNH48一期生マオマオ(李宇琪 Lǐ Yǔ Qí リ・ユーチー あだ名: マオマオ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/26陝西省西安市生まれ
)、一期生シャオアイ(陳觀慧 Chén Guān Huì チェン・グァンフェイ あだ名: シャオアイ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/08/28広東省湛江市生まれ
)、一期生マネー(錢蓓婷 Qián Bèi Tíng チェン・ベイティン あだ名: マネー SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1995/05/07上海市生まれ
)、二期生チュンチュン(袁雨楨 Yuán Yǔ Zhēn ユェン・ユーチェン あだ名: チュンチュン SNH48 Team SII
 SNH48 2期生
 1998/01/10湖南省常徳市生まれ
)、三期生コアラ(袁丹妮 Yuán Dān Nī ユェン・タンニー あだ名: コアラ SNH48 Team SII
 SNH48 3期生
 1994/08/07甘粛省天水市生まれ
)。

イベント全体の雰囲気が分かるように、SNH48メンバーが写っていない写真もふくめてB.Duck公式中国ツイッター(新浪微博)アカウントから転載。


続きを読む…

SNH48「営業」のお仕事:2016/08/28広州GNZ48はボクシング、SNH48チームHIIはストリートボール

SNH48グループの可愛らしさとのギャップが激しい(笑)劇場外の「営業」のお仕事をご紹介。

まず先日ご紹介した、2016/08/28(日)ボクシング王挑戦対決のイベントにゲスト出演した広州GNZ48の様子の動画。

曲の間に流れるボクサーの厳しいトレーニング映像と、その直後の『ファースト・ラビット』の落差が激しくてちょっと笑ってしまう。

次はSNH48チームHIIがゲスト出演した同日2016/08/28(日)JUMP10世界ストリートボールグランプリ。ストリートボールというのは、スリー・オン・スリーとか、ああいうバスケットボールの変種みたいなスポーツ。

こちらも、めちゃくちゃイカツい司会のお兄さんとSNH48チームHIIのギャップが激しくて(笑)。
続きを読む…

広州GNZ48初の単独コンサート2016/08/26広州市中山記念堂、『ロマンスかくれんぼ』広東語バージョンも

広州GNZ48初の単独コンサート、2016/08/26広州市中山記念堂で行われたショーケース・コンサート。ファン撮影動画もこれ以上見やすいものが出てきそうにないので、とりあえずご紹介。

現地ファンの掲示板書き込みによると、アリーナ席はほぼほぼ満席。それ以外の座席も合わせると1,500人くらい入っていたのではないか、とのこと。

中山記念堂のキャパは4,700席とのことなので、二階席はガラガラだったということだろう。事前のチケット販売では、中国のチケット転売サイトの最低価格は、正規のチケット価格より低かったので、広州GNZ48はまだまだこれから。でも、まだこれからの未来があるのは素晴らしいこと。

このファン撮影動画に入っている曲は以下のとおり。

『ドリームランド(夢想島)』SNH48オリジナル曲
『鈴懸なんちゃら』
『ロマンスかくれんぼ』デュエット広東語版:ペイペイ(林嘉佩 Lín Jiā Pèi リン・チャーペイ あだ名: ペイペイ GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1998/08/16広東省生まれ
)・馮嘉希 Féng Jiā Xī フォン・チャーシー あだ名: シャオシー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/06/04広東省生まれ
(フォン・チャーシー)
『夢の河』だんご(陳雨琪 Chén Yǔ Qí チェン・ユーチー あだ名: だんご GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 2000/12/16湖南省生まれ
)・オリビア(唐莉佳 Táng Lì Jiā タン・リーチャー あだ名: オリビア GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/01/18四川省生まれ

『私の舞台(我的舞台)』SNH48オリジナル曲。冒頭のソロはレイレイ(謝蕾蕾 Xiè Lěi Lěi シエ・レイレイ あだ名: レイレイ GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/12/01江西省生まれ
))

この中では、広東語版『ロマンスかくれんぼ』が現地ファンにはかなり好評だったらしい。広東語のアクセントに合わせてメロディーが微妙に変えられているのも面白い。

以下、広州GNZ48運営の中国ツイッター(新浪微博)公式アカウントから写真と、アカウントがツイートしている限りのセットリストを転載。

『After Rain』
『GIVE ME FIVE!』
『鈴懸なんちゃら』
『シアターの女神』
『ドリームランド(夢想島)』(SNH48オリジナル曲)


続きを読む…