SNH48以外の2016年現在活動中の中国女性グループを再生リストにまとめてみた

中国国内の女性グループが玉石混交で乱立状態なのを体感していただくために、再生リストを作ってみた。

ビリビリ動画にあった「女性グループ大混戦!2016年中国女性グループ対決」という動画を参考にして、YouTubeにあった高画質・高音質版でまとめ直している。

通りすがりの人がYouTubeでこの再生リストを見て、SNH48グループを軽視してもらうと困るので、念には念を入れて、SNH48、北京BEJ48、広州GNZ48のオリジナル曲を頭に持ってきている。

その他のグループは、原則としてABC順にならべてある。

明らかに韓国企業がプロデュースして中国でデビューさせている女性グループもあるけれど、とりあえずSNH48グループが中国国内でどういう状況に置かれているか、見てみてください(笑)。

作詞・作曲のクレジットをよく見ると、日本人が参加しているグループもいくつか見つかる。

ASTRO 12の総合企画は、エイベックスの中山邦夫氏でぴっくりした。『ASTRO 12』の作曲も日本人のAkira Sunset。『等你归帰来』の作曲は何とDAISHI DANCEで、さらにびっくり。

ATFは東京のエイベックスのスクールでデビュー前にずっとレッスンしていたので、ある意味、エイベックス系。ちなみに、ATFメンバーの張瑜紋はSNH48二期生に合格したが、デビュー前に辞退。SNH48三期生カメちゃん(徐晗 Xú Hán シュー・ハン あだ名: カメちゃん SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1993/01/15四川省生まれ
)の親友。

Idol Schoolは、元モーニング娘。のリンリンがプロデュースに参加している上海のグループ。

専用劇場はなく、まだ劇場は借り物だが、元SNH48スタッフがプロデュース陣の中心メンバー。『卒業歌』は作詞・作曲がリンリン、編曲が前山田健一。ただ、上海SNH48に対抗して、商業主義路線を否定しているので、資金面で専用劇場を持てるかどうか微妙。

1931はご承知のとおり、広州のアイドルグループでAKB48同様、劇場で定期公演を行うスタイル。後発の広州GNZ48にとってはライバル。ちなみに、SNH48三期生チームHIIドゥードゥー(陳怡馨 Chén Yí Xīn チェン・イーシン あだ名: ドゥードゥー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/01/13福建省生まれ
)と1931メンバーの陳怡凡は姉妹。

Lunarはこの再生ストの中ではキャリアが長めでSNH48と同等。SNH48と同様に、最近はAKB48スタイルと、K-POPスタイルの両方を試みているようだ。でも『沙塔斯月光』というバラードは、はっきり言って悪くない。

sunshine+(いつの間にかプラスが付いているが)は、純粋に中国人プロデュースだが、「ネタ」グループとして話題になる。ルックスがアレなわりに、MVのセンスが不思議と悪くないので。

CHINGLISHだけ独特のスタイルで、正体不明(笑)。

以下のグループは韓国系のプロデュース。

AOSはSOUL SISTER監修とある。

COSMIC GIRLSは韓国語Verもあるので、K-POPグループ。

IP-Familyは作詞・作曲のクレジットが韓国人。

蜜蜂少女隊も作詞・作曲のクレジットが韓国人。

MISSMASSはひと目見れば韓国人プロデュースと分かる。

UME BANDはプロデュースが韓国人かは分からないが、明らかにK-POPスタイル。

以上、ざっと見てみると、AKB48系のように、専用劇場で定期公演をやっていて、握手会でメンバーとファンの距離が近くて、ファンがメンバーの成長に参加している感覚を持てる、というタイプのグループは、あまり多くない。

運営会社の資本規模や、中国国内での姉妹グループ展開の規模、成長スピードでは、今のところSNH48グループがトップであることは間違いなさそう。

SNH48、北京BEJ48、広州GNZ48、中秋節連休中の公演の見どころ:マミマミホン!、広東語版ロマンスかくれんぼ、緑光

SNH48姉妹グループの、中秋節特別公演以降の連休(2016/09/15~17)中の公演から、おもしろかったアンコール曲や特別曲をご紹介。

まずSNH48チームXII『シアターの女神』2016/09/16公演から、最後のアンコール曲で、SNH48チームXIIオリジナル曲『マミマミホン!』

SNH48初の全曲オリジナルEP『源動力』収録曲。

なんだ、北京BEJ48初のオリジナル曲『元気覚醒』と似たような「洗脳曲」じゃないか、と思ったら大間違いで、最後のサビのリフレインに別メロディーが付いている、実はメロディー主体の曲。アレンジも手抜きがない。

オリジナル音源はこちら。ヘッドホンで『元気覚醒』とのアレンジの違いを味わって下さい(笑)。

次は広州GNZ48チームG男装公演2016/09/17から、広東語に感動さえおぼえてしまう『ロマンスかくれんぼ』。

女性役が馮嘉希 Féng Jiā Xī フォン・チャーシー あだ名: シャオシー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/06/04広東省生まれ
(フォン・チャーシー)、男装が林嘉佩 Lín Jiā Pèi リン・チャーペイ あだ名: ペイペイ GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1998/08/16広東省生まれ
(リン・チャーペイ)
続きを読む…

SNH48、北京BEJ48、広州GNZ48中秋節特別公演の特別プログラムまとめ

SNH48、北京BEJ48、広州GNZ48の中秋節特別公演の特別曲を動画でまとめ。

SNH48と姉妹グループが、ここまでファンのために、がっつりと工夫をこらした特別プログラムを組んでくれるのは素晴らしいことだと、個人的には思う。

というのは、すべて星夢劇院で起こっていることだから。原点としての劇場公演を、SNH48と姉妹グループがいかに大切にしているかが、現れているから。

まず北京BEJ48。こちらの中秋節特別公演のポイントは、中国式漫才「相声」とコントコーナーだった。

筆者は中国語の聴き取り能力が弱いので、この「相声」とコントはほとんど聴きとれず、面白さが分からないのが、とっても残念。でも観客のファンは大ウケしているのが分かる。

続きを読む…

SNH48チームSII・NIIが広州・南京の受験生向けイベントに参加:ローラン(羅蘭)は欠席、代役は愛ちゃん(易嘉愛)

SNH48の劇場外でのお仕事。来年大学入試を控えた高校生を激励する、的なイベント。主催は15年前からインターネットで語学中心のEラーニングサイト「沪江」を運営している沪江(フーチャン)。

↓2016/09/19(月)は南京で開催。SNH48チームSIIメンバーが参加。

左からルオルオ(徐子軒 Xú Zǐ Xuān シュー・ツーシェン あだ名: ルオルオ SNH48 Team SII
 SNH48 2期生
 1998/03/30遼寧省瀋陽市生まれ
)、シャオアイ(陳觀慧 Chén Guān Huì チェン・グァンフェイ あだ名: シャオアイ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/08/28広東省湛江市生まれ
)、マネー(錢蓓婷 Qián Bèi Tíng チェン・ベイティン あだ名: マネー SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1995/05/07上海市生まれ
)、momo(莫寒 Mò Hán モー・ハン あだ名: momo SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1992/01/07貴州省遵義市生まれ
)、レンレン(吳哲晗 Wú Zhé Hán ウ・チューハン あだ名: レンレン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1995/08/26浙江省嘉興市生まれ
)、チュンチュン(袁雨楨 Yuán Yǔ Zhēn ユェン・ユーチェン あだ名: チュンチュン SNH48 Team SII
 SNH48 2期生
 1998/01/10湖南省常徳市生まれ
)、CC(徐晨辰 Xú Chén Chén シュー・チェンチェン あだ名: CC SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1990/06/20江蘇省南京市生まれ
)、マオマオ(李宇琪 Lǐ Yǔ Qí リ・ユーチー あだ名: マオマオ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/26陝西省西安市生まれ

↓2016/09/21(水)は広州で開催。SNH48チームNIIメンバーが参加。

左から、ローラン(羅蘭 Luó Lán ルオ・ラン あだ名: ローラン SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1991/09/16陝西省宝鶏市生まれ
)がまず写っているが、先日ご紹介したとおり彼女は退団するようなので、欠席。代わりに愛ちゃん(易嘉愛 Yì Jiā Ài イー・チャーアイ あだ名: あいちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/06/07広東省深セン市生まれ
)、リサ(陸婷 Lù Tíng ルー・ティン あだ名: リサ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/12/18上海市生まれ
)、ルーリー(曾艷芬 Zēng Yàn Fēn ツォン・イェンフェン あだ名: ルーリー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1991/01/30広東省韶関市生まれ
)、ななし(馮薪朵 Féng Xīn Duǒ フォン・シントゥオ あだ名: ななし SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/01/24遼寧省大連市生まれ
)、シャオシャオ(何曉玉 Hé Xiǎo Yù ホー・シャオユー あだ名: シャオシャオ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/10/31湖北省生まれ
)、ナナちゃん(萬麗娜 Wàn Lì Nà ワン・リナ あだ名: ナナちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1997/10/02江西省九江市生まれ
)、じゅうなな(龔詩淇 Gōng Shī Qí ゴン・シーチー あだ名: じゅうなな SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1998/05/05重慶市生まれ
)、スイスイ(周怡 Zhōu Yí チョウ・イー SNH48 Team NII
 SNH48 5期生
 1993/06/13浙江省生まれ

他にどんなゲストがいるのだろうと調べてみると、南京、広州ともミルクコーヒー(牛奶咖啡組合)が参加。

その他はEラーニングの「名物講師」が登場するという、いかにも受験生向けのイベント。SNH48が参加するイベントとしては最適な感じ。

北京BEJ48が中国中央テレビ『Top Global Chinese Music』2016/09/10放送分に出演

SNH48姉妹グループ北京BEJ48が初のオリジナル曲『元気覚醒』を引っさげて、中国中央テレビの音楽チャンネル『全球中文音楽榜上榜 Top Global Chinese Music』2016/09/10放送分に出演。

出演メンバーは以下の6名。全員、北京BEJ48チームB。

いーしゃん(段藝璇 Duàn Yì Xuán ドァン・イーシェン あだ名: いーしゃん BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1995/08/19湖南省生まれ
)、ツォンツォン(牛聰聰 Niú Cōng Cōng ニョウ・ツォンツォン あだ名: ツォンツォン BEJ48 Team B
 SNH48 6期生
 1996/04/02北京生まれ
)、シャンバオ(孫姍 Sūn Shān スン・シャン あだ名: シャンバオ BEJ48 Team B
 SNH48 6期生
 1999/02/11浙江省寧波市生まれ
)、MIMI(陳美君 Chén Měi Jūn チェン・メイチュン あだ名: MIMI BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1997/01/15広東省生まれ
)、パオツ(胡曉慧 Hú Xiǎo Huì フー・シャオフェイ あだ名: パオツ BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1998/07/26河南省生まれ
)、ウェン・イェン(文妍 Wén Yán ウェン・イェン BEJ48 Team B
 SNH48 6期生
 2000/12/28重慶市生まれ

↓こちらがBEJ48出演部分のカット。

一曲目はアンジェラ・チャン(張韶涵)『隐形的翅膀(隠れた翼)』を歌って、二曲目に持ち歌の『元気覚醒』を歌わせてもらっている。

そして『元気覚醒』のパフォーマンスの後には、審査員の先生方からのダメ出し(笑)。筆者の中国語力では全ては聞き取れないが、いろいろと厳しいけれど、もっともと言えばもっともなことを言われている。

その論評にいちいち「先生ありがとうございます」と答えるBEJ48メンバーたちには、「お疲れさま」と言いたい感じ。やっぱり中国中央テレビに出演するのは、いろいろと気をつかうだろうなぁと。

でも、原則英語は中国語に翻訳しなければいけない中国中央テレビの司会者に、BEJ「スーシバー(48の中国語読み)」ではなく、「フォーティーエイト」と、ちゃんと英語読みしてもらえるようになったのもちょっとした進歩。

北京を拠点とする姉妹グループBEJ48ができたおかげで、今後も中国中央テレビへの出演のチャンスは増えるかもしれないのは良いこと。

ところで、この『全球中文音楽榜上榜 Top Global Chinese Music』には、台湾版も存在し、こちらはYouTubeの公式チャンネルで見られる。

中国中央テレビ版との違いを味わっていただくために、台湾版の同日2016/09/10放送分を貼っておく。
続きを読む…