AKSが2016/12/10上海に渡辺麻友を連れて何をしに来るのか大注目!

AKB48メンバーが2016/12/10に上海にやって来て「重大発表」をするらしいというニュース。

メンバーが渡辺麻友、川本紗矢、伊豆田莉奈の3人。AKB48ファンではない筆者にはどう解釈すればいいのか分からないけれど、少なくとも渡辺麻友が来るということは、ただ事ではないことは分かる。

なお中国ツイッター(新浪微博)のAKS公式アカウントは@AKB48-CHINAだが、アカウントのトップページはいまだにアカウント名を取得しておらず、ユーザIDが数字のまま。

一方、こちらのAKB48中国官方網站というアカウントはSNH48運営会社がAKSと提携関係にあったときに作成したアカウント。

こちらAKB48の中国公式サイトも、SNH48運営会社制作のもので、AKSとの決裂以来、更新はストップしている。

ちなみに最近、AKSが中国で申請していた、北京、広州の分隊の商標申請が承認された。北京はBJN48、広州はGZH48。

分隊といっても、すでに上海SNH48とは決裂しているので、北京、広州のどちらかが中国本部ということになるけれど。

こちらの中華人民共和国国歌工商行政管理総局商標局の検索ページで、「申請人名称」に「株式会社AKS」と入力すると出て来る。

↓「BJN48」は2016/11/21登録公告、有効期限は2026/11/20までの10年間。

↓「GZH48」も2016/11/21登録公告、有効期限は2026/11/20までの10年間。

AKSは上海に本部を置かずに、モロに中国の政治の中心である北京で、中国人の運営するBEJ48に対抗できると思っているのだろうか。

そして広東語独特の文化圏のある広州で、GNZ48と、もう一つ、SNH48とほぼ同じキャリアのある女性アイドルグループ「1931」に対抗できると思っているのだろうか。

中国独特の商習慣の中で、AKSはそもそもAKB48に好意的だったSNH48運営会社とさえ決裂したのだ。

そのAKSが、中国政府の統制下におかれた現地のテレビ局やネットなど、各種メディアとうまく提携して、中国当局に目をつけられるヘマをせずに、アイドルグループを運営できると思っているのだろうか。

ライバルは北京、広州だけではない。

上海に拠点のある「Idol School」は元「モーニング娘。」リンリンがプロデュースに参加しており、間もなく専用劇場を持つ。

同じく上海拠点の「心動アイドル補完計画」の「ATF」は、東京でエイベックスの指導を受けてスロースタートを切りつつある。

たぶんAKSとして取れる唯一の方法は、これら既存の中国国内のアイドルグループのどれかと提携することだけだろう。

でもこれは、まさにSNH48運営会社との間で見事にAKSが失敗させたことだ。

AKSがいまだに「SNH48運営会社が一方的に契約違反をした。中国人が悪い!」と、日本基準で考えているのだとしたら、まず中国でのビジネスはムリだろう。

さて、AKSは、渡辺麻友は、2016/12/10に上海にいったい何をしに来るのか、楽しみ~。

SNH48関連動画を気まぐれにご紹介:Green Flash、総選挙TOP3勢ぞろい、宝石ブランド、食べ物コスプレ

SNH48関連動画を気まぐれでご紹介。何かのテーマでまとめようかと思ったけれど、思いつかなかったので。

まずSNH48チームSIIが全曲オリジナル公演『心の旅程』の最後のアンコールで久しぶりに歌った、AKB48『Green Flash』。この曲は上海ではSNH48チームSIIの「持ち歌」的な位置づけになっている。

momo(莫寒 Mò Hán モー・ハン あだ名: momo SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1992/01/07貴州省遵義市生まれ
)のRAPが現地ファンには好評。

つぎに久しぶりにSNH48チームNIIの御三家、SNH48第三回総選挙TOP3がそろった、チームNII全曲オリジナル公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』

御三家、キクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī チュー・チンイー あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
)、カチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)、テテちゃん(黃婷婷 Huáng Tíng Tíng フアン・ティンティン あだ名: テテちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/08江蘇省南京市生まれ
)がそろった公演を、次に見られるのはいつでしょう?というレベルの希少価値。

つぎに珍しく上海SNH48チームNIIと、北京BEJ48チームBが共演したネットバラエティー番組『The Amazing Idol』
続きを読む…

SNH48、北京BEJ48の最近の劇場外のお仕事紹介:投資アイドル、超能力プロポーズ、MEIZU、出前アプリ

SNH48グループの最近の劇場外のお仕事をご紹介。

SNH48チームXII五期生もそろそろ外の仕事が多くなってきたらしい。

陳音 Chén Yīn チェン・イン あだ名: インバオ SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1999/12/05上海市生まれ
(チェン・イン)はなぜか『ウォール街見聞』というスマホアプリのPR映像に登場。

「始めたばかりのときは一度ひどい損失を出しました。それから連続三回値が下がって、ショックでした。重要なことは気持ちがやっぱりぼんやりしてることです。2017年の市場がどうなるかまったく分からないので。驚天動地の変化が起こるかもしれないと思って。『ウォール街見聞』アプリは市場の変化が起こったとき真っ先に読むことができます。正確さが特に高いです。私みたいな投資の初心者には、自分の判断にとっても役立ちます。」

という、すごいセリフを話している。

16歳(もうすぐ17歳)でスマホアプリで情報収集しながら財テクにはげむ、「投資アイドル」SNH48五期生・陳音 Chén Yīn チェン・イン あだ名: インバオ SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1999/12/05上海市生まれ
(チェン・イン)(笑)。

次も五期生のアキちゃん(劉增艶 Liú Zēng Yàn リョウ・ツォンイェン あだ名: あきちゃん SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1996/08/31四川省生まれ
)。こちらは「三点二刻」という、たぶん映像制作会社と思われる企業の短編映像『超能力プロポーズ(?)』に出演。正直、どういう目的の短編映像なのかよく分からない。
続きを読む…

SNH48五期生シャンシャン(姜杉)ツイート再開と、運営会社によるネタ掲示板の閉鎖申請(その後の追記あり)

SNH48関連の週刊文春的ネタをご紹介。

以下、筆者がどれだけ真剣に書いていても、あくまでネタとしてお読み下さい。ベタに受け取らないように(笑)。

SNH48チームXII五期生シャンシャン(姜杉 Jiāng Shān チャン・シャン あだ名: シャンシャン SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1995/10/06河南省生まれ
)が久しぶりに中国ツイッター(新浪微博)でツイートをした。

ファンと私的に連絡をとって旅行に出かけ、キスの場面を撮ったチェキを晒されたことを謝罪したツイート以来だ。

ツイートの内容は「夜のダンスレッスン」というひとこと。SNH48生活センターのダンスレッスン室の写真がそえられている。

SNH48運営会社としては、一期生がファンと私的に連絡をとったときと処分内容に明らかな不公平があっても、それでもシャンシャン(姜杉 Jiāng Shān チャン・シャン あだ名: シャンシャン SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1995/10/06河南省生まれ
)の処分をあくまで「劇場外の仕事の半年間停止」にとどめたい考えなのだろう。

当然シャンシャン(姜杉 Jiāng Shān チャン・シャン あだ名: シャンシャン SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1995/10/06河南省生まれ
)のファンは彼女のツイート再開を大歓迎している。

しかし、他のメンバーのファンは、おそらく納得していないと思われる。

そしてSNH48三期生チームHIIルーシー(王璐 Wáng Lù ワン・ルー あだ名: ルーシー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/05/20河南省生まれ
)が、他のメンバーのファンからの誹謗中傷に耐えきれず、ついに退団したのは、先日お伝えしたとおり。

まさにこのタイミングで、一つの事件が起こっている。

中国2ちゃんねる「百度貼吧 バイドゥてぃえば」の「生個女孩」掲示板について、百度の掲示板運営部門に正式に閉鎖申請が出されたのだ。

「生個女孩」掲示板といえば、今回のシャンシャン(姜杉 Jiāng Shān チャン・シャン あだ名: シャンシャン SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1995/10/06河南省生まれ
)のキスの場面のチェキを含め、いままでSNH48メンバーの契約違反を暴露してきた掲示板の一つである。

日本で言えば週刊文春的な位置づけだけれど、当然週刊文春のような大手出版社発行のマスメディアではなく、一般人の口コミ掲示板だ。

その掲示板の閉鎖申請が、上図のように2016/11/17に出された。申請理由を日本語試訳する。

続きを読む…

北京BEJ48再び中国中央電視台に出演、広州GNZ48は地元イベント、SNH48は『mina』と韓国コスメとタイアップ

SNH48グループの劇場の外でのお仕事をいくつかご紹介。

まず北京BEJ48がまたまた中国中央電視台(CCTV)に出演。前回は『Top Global Chinese Music』という音楽ランキング番組だったが、今回はバラエティー。

しかもチームB、チームE、チームJ全員48名登場というものすごいことになっている。

司会はCCTVでおなじみのサー・ベイニン(撒貝寧)。番組の内容は驚異的な記憶力を持つ警察官が、モザイクのかけられたBEJ48メンバーの写真をたよりに本人を言い当てるというものらしい。(もうネタバレしてるし(笑))

何だか少し前に同じような番組が民間衛星テレビ局であって、SNH48メンバーとNMB48メンバーが共演したような気が…。気になる方はこのブログを「NMB48」で検索して頂くとすぐに記事が見つかる。

またまたSNH48系グループが中国中央電視台で全国に露出するということで、さらにSNH48グループ全体の知名度アップに貢献すること間違いなし。

やっぱり北京BEJ48は明らかに「地の利」がある気がする。

次は広州GNZ48。こちらは地元密着のイベントにどんどん出ていくという方針は変わらず、地道に地元のアイドルグループとして定着させていこうという戦略なのかも。

広東省の地元地上波テレビ曲・南方テレビTVS1主催の、第三回広州タワー・ランナップ大会の第二回トライアルイベントのゲスト。塔本体の高さが454メートルある広州タワーをてっぺんまで走って登るというイベント。東京タワーでも「階段競争」という同じ内容のイベントがありますね。

GNZ48メンバーは2階、33階、67階、頂上の111階のそれぞれに登場とのこと。111階!!(笑)

そしてSNH48第二回ファッション大賞のスポンサーになっていた、韓国化粧品メーカー「ETUDE HOUSE」の中国ツイッター(新浪微博)公式アカウントと、主婦の友社の女性誌『mina』中国語版のツイートに、SNH48メンバーが登場。
続きを読む…