北京BEJ48の3人が米ヴォーグ中国版『VogueMe』2017年6月号に登場

米ファッション誌ヴォーグが中国だけで公刊している1990年以降生まれ世代のための雑誌『VogueMe』2017年6月号に、北京BEJ48の3名が登場。

↓北京BEJ48チームJ ルールー(黃恩茹 Huáng En Rú( フアン・ウンルー) あだ名: ルールー BEJ48 Team J
 BEJ48 1期生
 1997/05/05浙江省生まれ
 

↓北京BEJ48チームE 陳倩楠 Chén Qiàn Nán( チェン・チェンナン) BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1998/03/19天津市塘沽区生まれ
 
(チェン・チェンナン)現地のあだ名は「小巨人(シャオチューレン)」

↓北京BEJ48チームE まゆりん(馬玉靈 Mǎ Yù Líng( マー・ユーリン) あだ名: まゆりん BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1999/10/06四川省簡陽市生まれ
 
)。気品のある美しさ。

↓北京BEJ48チームE まゆりん(馬玉靈 Mǎ Yù Líng( マー・ユーリン) あだ名: まゆりん BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1999/10/06四川省簡陽市生まれ
 

↓北京BEJ48チームJ ルールー(黃恩茹 Huáng En Rú( フアン・ウンルー) あだ名: ルールー BEJ48 Team J
 BEJ48 1期生
 1997/05/05浙江省生まれ
 

SNH48が国営ラジオ局中国人民広播電台CNR「年度全メディア推薦大賞」受賞

2017/06/21、中国国営ラジオCNR(中国人民広播電台)の音楽ランキング『2016 Music Radio 中国TOPランキング』授賞式で、SNH48が「年度全メディア推薦大賞」を授賞したらしい。

以前から書いているように、中国のこの種の賞は実績を評価されたというより、授賞式に出てメディア露出をかせぐことが目的。

ただ、今回は民間放送局ではなく、中国国営のラジオ局の授賞式ということで、重みがある。

SNH48代表で出演したのは、三期生中心のチームHII。

↓やっぱり一人だけ髪の色が違うMiyo(楊惠婷 Yáng Huì Tíng( ヤン・フェイティン) あだ名: ミヨ SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1998/04/08広東省生まれ
 
)がやたらと目立つ。

後列左から、スーキー(王柏碩 Wáng Bǎi Shuò( ワン・バイシュオ) あだ名: スーキー(Sukey) SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1997/12/12山東省済南市生まれ
 
)クマちゃん(李清揚 Lǐ Qīng Yáng( リー・チンヤン) あだ名: クマちゃん SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1997/06/16湖北省生まれ
 
)ニーズ(謝妮 Xiè Nī( シェ・ニー) あだ名: ニーズ SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 2000/02/12上海市生まれ
 
)Miyo(楊惠婷 Yáng Huì Tíng( ヤン・フェイティン) あだ名: ミヨ SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1998/04/08広東省生まれ
 
)ユーちゃん(劉佩鑫 Liú Pèi Xīn( リュウ・ペイシン) あだ名: ユーちゃん SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/01/11遼寧省生まれ
 
)Yoki(袁一琦 Yuán Yī Qí( ユェン・イーチー) あだ名: Yoki SNH48 Team HII
 SNH48 7期生
 2000/03/19四川省生まれ
 
)イーレン(徐伊人 Xú Yī Rén( シュー・イーレン) あだ名: イーレン SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/02/20浙江省生まれ
 

前列左から、カメちゃん(徐晗 Xú Hán( シュー・ハン) あだ名: カメちゃん SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1993/01/15四川省生まれ
 
)ナナコ(張昕 Zhāng Xīn( チャン・シン) あだ名: ナナコ SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1995/10/19広東省生まれ
 
)ウサギ(吳燕文 Wú Yàn Wén( ウー・イェンウェン) あだ名: ウサギ SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1994/10/18河南省生まれ
 
)グーグー(郝婉晴 Hǎo Wǎn Qíng( ハオ・ワンチン) あだ名: グーグー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1993/11/01山東省生まれ
 
)ルナ(林楠 Lín Nán( リン・ナン) あだ名: ルナ SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1994/06/23広東省生まれ
 

このうち、Yoki(袁一琦 Yuán Yī Qí( ユェン・イーチー) あだ名: Yoki SNH48 Team HII
 SNH48 7期生
 2000/03/19四川省生まれ
 
)だけが七期生。他は全員三期生。

SNH48運営会社がメンバーに心理カウンセリングサービス提供を始めたが・・・

上海SNH48運営が、メンバー向けに心理カウンセリングサービスを始めたようだ。

プレッシャーから抑うつ状態や、うつ病になるメンバーが数名出てきて、最近ではチームXIIメンバーの鄒佳佳 Zōu Jiā Jiā( ゾウ・チャーチャー) あだ名: 小猪熊 SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1998/10/28四川省生まれ
 
(ゾウ・チャーチャー)が自傷行為(リストカット)するまで追い詰められ、退団した。

そのためSNH48運営会社が、ネットでカウンセラーの求人広告を出しているのを、現地ファンが目ざとく見つけていたのだが、どうやら運用が始まった模様。

それについて、一期生チームSIIのキキ(許佳琪 Xǔ Jiā Qí( シュー・チャーチー) あだ名: キキ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1995/08/27浙江省生まれ
 
)、二期生チームNIIのナナちゃん(萬麗娜 Wàn Lì Nà( ワン・リナ) あだ名: ナナちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1997/10/02江西省九江市生まれ
 
)が、公式アプリ「Pocket48」のメンバーの部屋で以下のように書いている。

会社が心理カウンセリングカードをくれた。電話で心理カウンセラーの先生に相談できるということ。でも、私がいちばん怖いのは、電話をすることアハハハ

心理カウンセリングするともっと面倒な感じがする。自分が置かれている環境を説明するだけでも、一時間じゃ足りないから

会社が人に優しくなった。

心理保健カードを配った。

でもどうやって使うのか説明がなかった。

とくにナナちゃん(萬麗娜 Wàn Lì Nà( ワン・リナ) あだ名: ナナちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1997/10/02江西省九江市生まれ
 
)のツッコミが笑える、らしい。

「人に優しくなった」と訳した「人性化」は、てっきり英語から来た用語で、もとの英語は「human-based」「humanized」とかだろうと思ったのだが、ネットでいくら調べても中国語のサイトしか出てこない。おそらく中国固有の経営学の概念。

合理主義的な観点だけでなく、従業員の人間的な側面も重視した経営という意味。

キキ(許佳琪 Xǔ Jiā Qí( シュー・チャーチー) あだ名: キキ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1995/08/27浙江省生まれ
 
)やナナちゃん(萬麗娜 Wàn Lì Nà( ワン・リナ) あだ名: ナナちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1997/10/02江西省九江市生まれ
 
)のようなトップクラスのメンバーは、当然、心理カウンセリングなど不要なので、冗談でツッコミを入れるのはいいだろう。

ただ、本当に追い詰められたメンバーに最後の最後のセーフティーネットとして、こういう仕組みは何もないより、ある方が良いに決まっている。

それでも一つ言えるのは、タレントマネジメント契約の懲罰的な違約金、つまり、入団3年以内は500万人民元、3~5年は800万人民元、5年以上は1,000万人民元について、自己都合で退団したメンバーを全員法廷闘争に持ち込むのではなく、示談にすれば、自傷行為まで追い詰められるメンバーは出てこない気がする。

カウンセラーを雇うより、その方がよっぽど効果があると思うんだけれど。そしたら逆に、そこにつけこんで違約金を払わずに逃げていくメンバーが出て来るのかもしれない。

ちなみに上海SNH48三期生チームHIIのドゥードゥー(陳怡馨 Chén Yí Xīn( チェン・イーシン) あだ名: ドゥードゥー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/01/13福建省生まれ
 
)は、うつ病で退団したはずだったが・・・

何とSNH48運営会社設立後初の、退団メンバーが運営会社を訴えるということになっている。

上海市虹口区人民法院、2017/06/16 09:00~、内容は公演契約についての紛糾、原告が陳怡馨 Chén Yí Xīn( チェン・イーシン) あだ名: ドゥードゥー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/01/13福建省生まれ
 
、被告が上海絲芭文化伝媒集団有限公司、つまり運営。

すでに終わっているけれど、結果はどうなったんだろうか。

ちなみに陳怡馨 Chén Yí Xīn( チェン・イーシン) あだ名: ドゥードゥー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/01/13福建省生まれ
 
は在籍時に出演して好評だったネット番組『飯局的誘惑』に、退団後もお声がかかっていたらしいので、タレント活動を続けるために、運営を訴えたのかもしれない。

こういう事があるので、運営会社としては、大事な人気メンバーを本当のメンタルヘルス上の問題で失うことによる損失と、違約金逃れのための偽装による損失と、天秤にかけているのかもしれない。

瀋陽SHY48の地道なPR活動はつづく:夏休みの大学イベント参加

いろいろ問題を抱えながらも、瀋陽SHY48運営は無事、定常運行に入っているようで、引き続き地元の瀋陽市で、地道なPR活動をつづけている。

中国2ちゃんねるの掲示板の現地ファンのコメントを見ると、やはり中国の東北地方にある瀋陽は、上海、広州などの南方の都市と比べるとエンタメ産業の地盤がなく、かなり苦労するだろうとのこと。

2017/06/19(月)~06/26(月)の瀋陽SHY48のイベントスケジュールを公式アカウントがツイートしていた。

下図のうち、劇院の外のお仕事だけピックアップしてみる。時間はすべて現地時間。

なお、中国の大学の新学期は国際標準の9月始まりのため、すでに夏休みに入っている。

2017/06/21 14:00 瀋陽SHY48チームHIII
瀋陽化工大学 キャンパスアイドルミーティング:キャンパスカーニバル

2017/06/22 20:00 瀋陽SHY48チームHIII
東北大学(渾南校区)キャンパスアイドルミーティング:キャンパス卒業シーズン

2017/06/24 16:40 瀋陽SHY48チームSIII
興隆大家庭中街北広場「2017年夏至音楽フェスティバル 瀋陽会場」

2017/06/25 18:00 瀋陽SHY48チームSIII、HIII
瀋陽大学(北校区体育館)第三回遊戯王カードゲーム杯
遼寧大学League Of Legendsゲーム競技大会

(というか、瀋陽で遊戯王のカードゲーム大会なんてやってたのか)

2017/06/25 20:00 瀋陽SHY48チームSIII
東北大学(渾南校区)キャンパスアイドルミーティング:文化芸術祭

2017/06/26 20:00 瀋陽SHY48チームSIII
東北大学(南湖校区)キャンパスアイドルミーティング:文化芸術祭

特定の大学にかたよっているのは、そもそも瀋陽市の大学が少ないからなのか、なかなか営業を受けてくれる大学がないからなのか…。

地道な活動が少しずつでも実を結ぶことを願っている。

瀋陽SHY48はチームSIIIのチーシー(秦璽 Qín Xǐ( チン・シー) あだ名: チーシー SHY48 Team SIII
 SHY48 1期生
 1997/10/09湖南省生まれ
 
)、ぴーぴー(關思雨 Guān Sī Yǔ( グァン・スーユー) あだ名: ぴーぴー SHY48 Team SIII
 SHY48 1期生
 08/29遼寧省本溪生まれ
 
)、双子の姉妹のラーラー(劉娜 Liú Nà( リョウ・ナー) あだ名: ラーラー SHY48 Team SIII
 SHY48 1期生
 1996/11/07遼寧省瀋陽生まれ
 
)チャオチャオ(劉嬌 Liú Jiāo( リョウ・チャオ) あだ名: チャオチャオ SHY48 Team SIII
 SHY48 1期生
 1996/11/07遼寧省瀋陽生まれ
 
)など、おもしろいメンバーがたくさんいるので。

SNH48第四回総選挙、各メンバー応援会の資金集め関連ネタを3つ

SNH48第四回総選挙の投票期間に入り、すでに速報も2017/06/18(日)に発表されたところで、投票関連でいろいろ興味深いニュースが出てきている。

各メンバーの応援会が少しでも自分たちの好きなメンバーの順位を押し上げようと努力していて、メンバーも応援会のサポートに感謝し、はげまされていることは言うまでもない。

日本だろうが中国だろうが、ファンとアイドルの関係が同じなのは言うまでもないことなので、いちいち書かない。

それを分かった上で、興味深いことがあったということを、以下、純粋にネタとしてご紹介。

日本のAKB48メンバーの応援会が投票資金の取りまとめをやっているのかどうか、筆者はAKB48グループのファンではないので知らない。

SNH48グループの各メンバー応援会は中国らしく効率重視で、クラウドファンディングサイトを利用してファンから集金し、組織的に票の購入と投票作業をしている。

以前は中国のショッピングサイト最大手「タオバオ」で、架空の商品を販売することで資金集めをするのがメインだったが、どうやら架空商品はトラブルのもとになるので、「タオバオ」は使いづらくなっているらしい。

そこで、スマホ用のクラウドファンディングアプリで、一週間や一か月など期間を決め、目標金額を設定し、何回にも分けてこまめに資金を集める方法が、いまは主流になっている。

主に使われているアプリは「摩点 微打赏」というアプリで、たとえば最近筆者がファンになった広州GNZチームNIIIキャプテン・ミッフィー(劉力菲 Liú Lì Fēi( リョウ・リーフェイ) あだ名: ミッフィー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1995/10/30四川省生まれ
 
)の6月の定期資金集め第3巡はこんな画面。

月末まで、目標金額は1万人民元(約16万円)設定で、あと12日の今日時点で97人が5,657.23元(約9万円)を入金している。

彼女の応援会の目標金額設定は、全体的に見てやや控えめ。圏内に入ったとしてももともと高い順位を狙えるポジションのメンバーではないので、妥当な線。

(筆者は最近、クイックチャイナでCDを買うより、高額な手数料がかかっても、自分のWeChatアカウントに入金する方が安くすむと分かったので、WeChatのチャージ金額を使って、彼女の応援会の資金集めに協力している)

こういった集金キャンペーンは、応援会が中国の老舗チャットソフト「QQ」の応援会サークル内や、WeChatのサークル内に非公開で呼びかけることもあれば、中国ツイッター(新浪微博)で公に呼びかけることもある。

で、容易に想像できるのは、集めた資金の「持ち逃げ」事件。過去に何度か起こっているらしい。

今回の総選挙では、メンバー自ら資金の持ち逃げ被害についてツイートした。上海SNH48七期生チームXIIシャオチー(徐詩琪 Xú Shī Qí( シュー・シーチー) あだ名: シャオチー SNH48 Team XII
 SNH48 7期生
 1998/12/10浙江省生まれ
 
)だ。
続きを読む…