広州GNZ48セカンドEP『BOOM!BOOM!BOOM!』予約発売開始

北京BEJ48はすでにニューイヤーEPとして、2ndオリジナルEP『微笑みの向日葵』を発売しているが、広州GNZ48も中国の旧正月に合わせて2ndオリジナルEP『BOOM!BOOM!BOOM!』を発売した。

収録曲のうち『新年好(ハッピー・ニュー・イヤー)』『回家(帰宅)』の2曲はすでに音源が公開されている。(『新年好』はあまり聴く価値がないのでご紹介していない)

こちらがメイン曲『BOOM!BOOM!BOMM!』選抜メンバー。

左から、ルイツ(龍亦瑞 Lóng Yì Ruì ロン・リールェイ あだ名: ルイツ(瑞子) GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 10/02四川省生まれ
)、りんたん(肖文鈴 Xiào Wén Líng シャオ・ウェンリン あだ名: リンたん GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 2001/01/24四川省生まれ
)、チェンチェン(劉倩倩 Liú Qiàn Qiàn リョウ・チェンチェン あだ名: チェンチェン GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1994/11/28福建省生まれ
)、ミッフィー(劉力菲 Liú Lì Fēi リョウ・リーフェイ あだ名: ミッフィー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1995/10/30四川省生まれ
)、Kiko(李沁潔 Lǐ Qìn Jié リー・チンジエ あだ名: KIKO GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/02/12四川省生まれ
)、Kimmy(鄭丹妮 Zhèng Dān Ní チェン・タンニー あだ名: Kimmy GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 2001/01/26広東省生まれ
)、オリビア(唐莉佳 Táng Lì Jiā タン・リーチャー あだ名: オリビア GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/01/18四川省生まれ
)、レイレイ(謝蕾蕾 Xiè Lěi Lěi シエ・レイレイ あだ名: レイレイ GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/12/01江西省生まれ
)、ナオナオ(盧靜 Lú Jìng ルー・チン あだ名: ナオナオ GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1994/11/05福建省生まれ
)、きつね(高源婧 Gāo Yuán Jìng カオ・ユェンチン あだ名: キツネちゃん GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/07/06山東省生まれ
)、soso(張瓊予 Zhāng Qióng Yú チャン・チョンユー あだ名: soso GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/21浙江省生まれ
)、だんご(陳雨琪 Chén Yǔ Qí チェン・ユーチー あだ名: だんご GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 2000/12/16湖南省生まれ
)、アベル(張凱祺 Zhāng Kǎi Qí チャン・カイチー あだ名: アベル(啊belle) GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1998/11/02香港生まれ
)、リーロン(黃黎蓉 Huáng Lí Róng フアン・リーロン あだ名: リーロン GNZ48 Team G
 GNZ48 1期生
 01/23湖南省生まれ
)、ワイワイ(王盈 Wáng Yíng ワン・イン あだ名: YY(ワイワイ) GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 06/15陕西省生まれ
)、シャオユー(張心雨 Zhāng Xīn Yǔ チャン・シンユー あだ名: シャオユー GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 03/24陝西省生まれ
)。

中国2ちゃんねるで拾った、広州GNZ48ファーストEP『あなたの知らない私』と今回の『BOOM!BOOM!BOOM!』選抜メンバー比較表。

「期数」は「5期」がSNH48五期生からの移籍組、「6期」がSNH48六期生からの移籍組、「广1」が広州GNZ48一期生の意味。年齢もバッチリ書いてある。

レイレイ(謝蕾蕾 Xiè Lěi Lěi シエ・レイレイ あだ名: レイレイ GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/12/01江西省生まれ
)は当然ながら、広州GNZ48不動のエース。

今回新たに選抜に入ったメンバーのうち、広州GNZ48一期生の4人、リーロン(黃黎蓉 Huáng Lí Róng フアン・リーロン あだ名: リーロン GNZ48 Team G
 GNZ48 1期生
 01/23湖南省生まれ
)、ルイツ(龍亦瑞 Lóng Yì Ruì ロン・リールェイ あだ名: ルイツ(瑞子) GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 10/02四川省生まれ
)、シャオユー(張心雨 Zhāng Xīn Yǔ チャン・シンユー あだ名: シャオユー GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 03/24陝西省生まれ
)、ワイワイ(王盈 Wáng Yíng ワン・イン あだ名: YY(ワイワイ) GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 06/15陕西省生まれ
)は激しく納得。

逆に選抜から落ちたメンバーで意外だったのは、ペイペイ(林嘉佩 Lín Jiā Pèi リン・チャーペイ あだ名: ペイペイ GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1998/08/16広東省生まれ
)、CK(陳珂 Chén Kē チェン・コー あだ名: CK GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1995/08/09湖南省生まれ
)、ちんゆー(陳欣妤 Chén Xīn Yú チェン・シンユー あだ名: ちんゆー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1999/06/05台湾生まれ
)、もーちん(陳慧婧 Chén Huì Jìng チェン・フェイチン あだ名: もーちん GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1997/01/13浙江省生まれ
)。

ライオン(曾艾佳 Zēng Ai Jiā ツォン・アイチャー あだ名: ライオン GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1995/07/11四川省生まれ
)はチームGキャプテンなので、あえてシングル選抜に入る必要もない。akuma(周倩玉 Zhōu Qiàn Yù チョウ・チェンユー あだ名: akuma GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/04/18四川省生まれ
)はたぶん好き嫌いがはっきり分かれるタイプのメンバーなので仕方ないかも。

Pany(左嘉欣 Zuǒ Jiā Xīn ツオ・チャーシン あだ名: Pany GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/09/01上海生まれ
)はEP収録曲『回家(帰宅)』のミニドキュメンタリーの主役になっているので、今回のEPで果たした役割としては十分。

そういう意味で、選抜から落ちたペイペイ(林嘉佩 Lín Jiā Pèi リン・チャーペイ あだ名: ペイペイ GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1998/08/16広東省生まれ
)、CK(陳珂 Chén Kē チェン・コー あだ名: CK GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1995/08/09湖南省生まれ
)、ちんゆー(陳欣妤 Chén Xīn Yú チェン・シンユー あだ名: ちんゆー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1999/06/05台湾生まれ
)、もーちん(陳慧婧 Chén Huì Jìng チェン・フェイチン あだ名: もーちん GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1997/01/13浙江省生まれ
)は少し意外。

それにしても広州GNZ48って、華南地区のグループなのに、四川省出身が多い気がする。

SNH48日産協賛の中国ツイッター「微博之夜」授賞式で「年度人気グループ賞」受賞

SNH48が2017/01/16(月)、中国ツイッター(新浪微博)が2003年から年に一度開催している、東風日産協賛の「微博之夜」という授賞式で、「ウェイボー(微博)年度人気グループ」賞を受賞した。場所は北京国際会議センター。

授賞式に参加したのは、一期生チームSIIキキ(許佳琪 Xǔ Jiā Qí シュー・チャーチー あだ名: キキ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1995/08/27浙江省生まれ
)、タコちゃん(張語格 Zhāng Yǔ Gé チャン・ユーグー あだ名: タコちゃん SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1996/05/11ハルピン市生まれ
)、二期生チームNIIカチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)、テテちゃん(黃婷婷 Huáng Tíng Tíng フアン・ティンティン あだ名: テテちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/08江蘇省南京市生まれ
)、ユーミー(趙粵 Zhào Yuè チャオ・ユエ あだ名: ユーミー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/04/29湖北省武漢市生まれ
)、ナナちゃん(萬麗娜 Wàn Lì Nà ワン・リナ あだ名: ナナちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1997/10/02江西省九江市生まれ
)の6名。

以前から何度も書いているように、中国のこの手の賞は結果の評価というより、授賞式に出ることでメディア露出を増やすためのもの。

なので、他にどういう受賞者がいるかを見ておいたほうがいい。

こちらが受賞者リスト(1/2)
こちらが受賞者リスト(2/2)

筆者は中国人ではないので全部は分からない(笑)。以下、個人的に知っている名前だけを取り上げる。

たとえば「ホットな人物賞」に「papiちゃん」がいるのは激しく納得。

「突破スポーツチーム賞」に中国女子バレーボールチーム、「突破人気スポーツチーム賞」に中国卓球チームが選らばれているのは、2016年がオリンピック・イヤーだったので妥当なところ。

「影響力企業賞」がやや謎で、OPPOは2016年に中国国内のスマホ史上でシェアを伸ばしているので分かるが、ファーウェイの影響力は以前からだし、スマホブランドのシャオミー(小米)に至っては2016年は人気が落ちた年だったはず。中国版Uberの「ディーディー(滴滴)」は妥当なところ。東風日産も入っているが、協賛企業が自分で自分に授賞してどうする、とツッコミを入れたくなる。

そして「ウェイボー(微博)キング」はTFBOYS、「ウェイボー(微博)クイーン」は范冰冰(ファン・ビンビン)と、何の意外性もない。

「年度男神賞」にショウ・ルオ(羅志祥)がいるのは、たぶん上海東方衛星テレビのリアリティーショーに出演したときの女装キャラでだと思う(笑)。

そしてSNH48は「音楽ランキング」カテゴリーで受賞している。

同カテゴリの「年度卓越成就歌手」はアーメイ(張惠妹)。実力派の彼女はいまさら賞など不要だが。「最も実力のある歌手」のジェーン・チャン(張靚穎)も、今さら受賞するまでもない。

この流れで「音楽ランキング」のいちばん最後に「年度人気グループ」としてSNH48が受賞している。

SNH48が范冰冰クラスの人気を得て「ウェイボー(微博)クイーン」になれるはずがないし、実力派ではないので「卓越」とか「実力のある」とかいう賞をとれるはずもない。

ただ、女性グループとしては、たしかに今の中国の内地でSNH48に代わる存在はいないと思う。そういう意味でSNH48運営会社が女性アイドルグループという「ブルーオーシャン」で先手を取っているのは事実。

(そしてそういう重要なビジネスパートナーとケンカ別れするという、大失敗をやらかしたAKB48運営に、経営の才覚がないのもれっきとした事実)

もちろん、台湾や韓国に広げれば、SNH48に代わるグループ歌手はいくらでもいるけれど。

いずれにせよ、このイベント「微博之夜」の中国ツイッター(新浪微博)公式アカウントのフォロワー数だけでも280万ユーザ。

そこでこのイベントのオンライン生放送が告知され、SNH48の名前が何度もツイートされ、オンライン生放送を見た人がSNH48の6人を見て「何だこれ」と思っただろう。

その露出だけでも、SNH48が「微博之夜」に参加した価値は十分にある。

SNH48一期生デビュー四周年記念公演冒頭4曲公式映像

SNH48チームSIIデビュー四周年記念公演2017/01/12の冒頭四曲の公式映像が公開されていたので、少し遅くなりましたがご紹介。

公式映像なのに音質が悪い。マイクが完全にONで生歌。諸事情あって現地に観に行けない身としては、映像作品としてなら半マイクで全然OKです、という感想。『最終ベルが鳴る』のツーコーラス目のAメロ前半、誰も歌わない部分の意味も不明。

あまりに音質が悪かったので、そこだけなぜか音量が低かったOvertureの音量を上げて、会場の浅水湾文化中心くらいのライブハウス規模のリバーブを掛けた。

それでも北京BEJ48公演の毎週のオンライン生放送よりも音質が悪い。

北京BEJ48のオンライン生放送は、伴奏は元音源どおり各音色がそれぞれの場所に定位したまま、半マイクのボーカルは中央に、客席の歓声は、当初はステレオで左右に分けてミックスされていたけれど、最近は中央よりに定位しており、とってもクリアで聴きやすい。

現場で聴いている分には全く問題ないんだろうことは分かっている。

でもSNH48運営はこういうライブ映像を正式に公開するなら、音はプロフェッショナルに作ってほしい。SNH48一期生チームSIIのパフォーマンスが台無しになっている。

SNH48チームSIIがどれだけ素晴らしいか、48系文化を中国で商業的に成功させた一期生のすごさを、ネット上の不特定多数の人に発見してもらうには、数週間かかってもいいので、手を抜かずに、伴奏を後からミックスして、ちゃんとした音源の映像作品として出してほしい。

記念すべき四周年公演なのに、映像作品としての質の悪さが本当に残念。

SNH48デビュー四周年オリジナル曲『Happy Birthday』MV公開

SNH48デビュー四周年記念オリジナル曲『Happy Birthday』のMVが公開された。

ほとんど更新されていない、YouTubeのSNH48公式チャンネルから。

面白いのはSNH48一期生のデビュー四周年記念曲なのに、一期生が一人も登場しないこと。SNH48の二期生から六期生まで。

メンバーの生誕祭(誕生日記念公演)の誕生祝いコーナーでいつも流れる『Happy Birthday To You』のSNH48アレンジ版の前後にメロディーを付けて、完全な曲にしてみました的なオリジナル曲。

ウィキペディアによるとオリジナルの『Happy Birthyday To You』の知的財産権は消滅しているとのことで、アレンジして楽曲にしても全く問題はない。

4つの場面に登場するメンバー名のおさらい。いずれも左から。

↓二期生チュンチュン(袁雨楨 Yuán Yǔ Zhēn ユェン・ユーチェン あだ名: チュンチュン SNH48 Team SII
 SNH48 2期生
 1998/01/10湖南省常徳市生まれ
)、四期生ランラン(宋昕冉 Sòng Xīn Rǎn ソン・シンラン あだ名: ランラン SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1997/07/08山東省生まれ
)、三期生メンヤン(許楊玉琢 Xǔ Yáng Yù Zhuó シューヤン・ユーチュオ あだ名: メンヤン SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1995/09/25湖南省生まれ

続きを読む…

広州GNZ48オリジナル曲ドキュメンタリーMV『回家 カミング・ホーム』

広州GNZ48運営が、チームNIIIのPany(左嘉欣 Zuǒ Jiā Xīn ツオ・チャーシン あだ名: Pany GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/09/01上海生まれ
)をフィーチャーしたミニドキュメンタリーを作っていたのでご紹介。

広州GNZ48全曲オリジナル 2nd EP『BOOM!BOOM!BOOM!』収録曲『回家(カミング・ホーム)』のMVにもなっている。

以下、動画の内容をナレーション含めて、ざっと要約。

中国の最も最近の人口調査は2011年で公式数値は13億7千万。2016年、非公式の調査では14億を超えると言われる。

中国全土でエンタメ、メディア業界に従事するのは2千万人。そのうちタレントは10万人を超える。

現時点で中国最大の女性アイドルグループの人数は200人余り。

この膨大な分母の上に、ちっぽけな一人の少女。

彼女の名前は左嘉欣 Zuǒ Jiā Xīn ツオ・チャーシン あだ名: Pany GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/09/01上海生まれ
、1996年生まれ、上海人。

続きを読む…