北京BEJ48チームE上海巡回公演メンバーインタビュー映像と「魂の歌姫」サンサン(蘇杉杉)の『普通DISCO』

SNH48の中国ツイッター(新浪微博)公式アカウントが、北京BEJ48チームEの上海星夢劇院巡回公演2017/05/06~07から、握手会でのメンバーインタビュー映像を公開していたので、ご紹介。

BGMはBEJ48チームE全曲オリジナル公演『ティアラ・ファンタジー(奇幻加冕礼)』の最後の曲『光芒』。今回の巡回公演はこの公演を上演した。

インタビュー部分の登場順に、メンバー名は以下のとおり。

ライチ(李梓 Lǐ Zǐ( リー・ツー) あだ名: ライチ BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 2000/08/30四川省内江市生まれ
 
)。北京BEJ48チームEのエース。
サンサン(蘇杉杉 Sū Shān Shān( スー・シャンシャン) あだ名: サンサン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1997/03/23湖北省生まれ
 
)。ライチ(李梓 Lǐ Zǐ( リー・ツー) あだ名: ライチ BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 2000/08/30四川省内江市生まれ
 
)との公式カップリング(笑)。
李想 Lǐ Xiǎng( リー・シャン) BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1994/02/05北京生まれ
 
(リー・シャン)。チームEキャプテン。
シャオシュー(劉勝男 Liú Shèng Nán( リョウ・シェンナン) あだ名: シャオシュー BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1997/09/09湖北省生まれ
 
)。チームE副キャプテン。
まゆりん(馬玉靈 Mǎ Yù Líng( マー・ユーリン) あだ名: まゆりん BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1999/10/06四川省簡陽市生まれ
 
)。
まーちゅう(鄭一凡 Zhèng Yī Fán( チャン・イーファン) あだ名: まーちゅう BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 2001/05/09北京生まれ
 
)。
シャオシン(頊凘煬 Xù Sī Yáng( シュー・スーヤン) あだ名: シャオシン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 2000/03/22内モンゴル フフホト生まれ
 
)。巡回公演のオンライン生放送を見ながら上海SNH48チームSIIトマト(呂一 Lǚ Yī( リュー・イー) あだ名: トマト SNH48 Team SII
 SNH48 7期生
 1997/06/27重慶生まれ
 
)が「可愛すぎ!可愛すぎる!」とツイートで叫んでいた(笑)。ちなみにシャオシン(頊凘煬 Xù Sī Yáng( シュー・スーヤン) あだ名: シャオシン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 2000/03/22内モンゴル フフホト生まれ
 
)は2000年生まれ、トマトは1997年生まれ。
陳倩楠 Chén Qiàn Nán( チェン・チェンナン) BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1998/03/19天津市塘沽区生まれ
 
(チェン・チェンナン)。相変わらず男前。
プディング(李媛媛 Lǐ Yuán Yuán( リー・イェンイェン) あだ名: プディング BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1994/07/01福建省生まれ
 
)。相変わらずの赤ちゃん声。
シェリー(羅雪麗 Luó Xuě Lì( ルオ・シュエリー) あだ名: シェリー BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 2000/06/06貴州省貴陽市生まれ
 
)。
シャオペイ(馮思佳 Féng Sī Jiā( フォン・スーチャー) あだ名: ふーこちゃん BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1998/01/03浙江省嘉興市生まれ
 
)。
ビビアン(李娜 Lǐ Nà( リー・ナー) あだ名: ビビアン BEJ48 Team E
 BEJ48 1期生
 05/01山東省生まれ
 
)。彼女は北京BEJ48一期生。
KONA(張笑盈 Zhāng Xiào Yíng( チャン・シャオイン) あだ名: KONA BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1995/08/21四川省達州市生まれ
 
)。
シャオレンレン(陳姣荷 Chén Jiāo Hé( チェン・チャオホー) あだ名: シャオレンレン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1995/04/20北京生まれ
 
)。
ムーイー(楊一帆 Yáng Yī Fān( ヤン・イーファン) あだ名: ムーイー BEJ48 Team E
 BEJ48 1期生
 1997/05/17新疆生まれ
 
)。彼女は北京BEJ48一期生。

北京BEJ48一期生と書いた以外のメンバーは、全員上海SNH48六期生からの移籍組。なので、北京BEJ48に移籍するまでは上海の生活センターで生活し、上海でレッスンしていた。

ただ、上海SNH48星夢劇院の舞台に立つことはなく、先輩たちの公演を客席から見たことがあるだけ。

今回の巡回公演で、SNH48六期生たちは久しぶりに上海の劇場に戻ってきて、しかも自分たちの全曲オリジナル公演『ティアラ・ファンタジー(奇幻加冕礼)』を上演。

北京からファンが大勢劇場に詰めかけていたようだが、さすがにMC(曲の間のおしゃべりのコーナー)では地元北京の劇場よりも反応は薄かったようだ。

2日目のMCで中国ボカロ曲『普通DISCO』のダンスのところではそれなりに盛り上がったらしい。上海の調性室のスタッフが、その場で音源を準備して流して、ライチ(李梓 Lǐ Zǐ( リー・ツー) あだ名: ライチ BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 2000/08/30四川省内江市生まれ
 
)とサンサン(蘇杉杉 Sū Shān Shān( スー・シャンシャン) あだ名: サンサン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1997/03/23湖北省生まれ
 
)がダンス。

最近の中国語のネットスラングで、こういう、あえてあまり上手くない気まずいダンスをすることを「尬舞(ガンウー)」という。

この2人のダンスのポイント(笑)は、サンサン(蘇杉杉 Sū Shān Shān( スー・シャンシャン) あだ名: サンサン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1997/03/23湖北省生まれ
 
)の歌がヘタクソなこと。彼女の歌がヘタクソなのは、北京BEJ48チームEのMCの定番ネタで、どんな話題でもヘタクソな歌を歌い始めて場をぶち壊す、破壊力のある音痴。

(ところで筆者はこの『普通DISCO』をクリス・リー(李宇春)の曲だとばかり思っていたのだが、逆で、クリス・リーがこの曲をカバーしていたとは、中国ボカロもここまで来ましたか、と感慨深い)

広州GNZ48も大学キャンパス突撃企画を開始!瀋陽SHY48のキャンパス突撃は最終回

瀋陽SHY48が遼寧省のいろいろな大学のイベントに参加する、キャンパス突撃企画をやっているが、広州GNZ48も始めるらしい。

上海SNH48以来の「伝統」で、学生さんのファンを発掘するには一定の効果があるのかも。

第一弾は広州GNZ48チームNIII、2017/05/10「広州大学学生サークル文化月間閉幕式」。場所は広州大学。

第二弾は広州GNZ48チームZ、2017/05/13「一人一アニメ協会第11回」サマーフェスティバル。 場所は中山大学南方学院。

第三弾は広州GNZ48チームG、2017/05/14「中山大学維尼斯歌手大会珠海校区決勝」。場所は中山大学珠海校区。

ところで、瀋陽SHY48の方はキャンパス突撃企画の最後の回になるらしい。

この、長~い図が、最終回は2017/05/10 18:20 瀋陽科技学院チアリーディング大会にチームHIIIが出かける告知と、いままでのふりかえり。最終回をあくまで「千秋楽」と言うところがおもしろい。中国語に「千秋楽」という言葉はないので。
続きを読む…

中国中央電視台「五四青年節」特番2017/05/04にSNH48グループ出演、北京BEJ48チームE劇場公演はラストに共青団員の歌で客席爆笑

中国では5月4日は1919年の五四運動を記念した反帝国主義・愛国主義の記念日「五四青年節」ということらしく、おやすみでも何でもないけれど、中国中央電視台は毎年盛大な特別番組を放送。

今年初めて筆者がこの「五四青年節」を知ったのは、去年SNH48が関連特番への出演やイベントをしなかったためと思われます(汗)。

今年、上海SNH48は「四千年に一人の美少女」ことキクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī( チュー・チンイー) あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
 
)を筆頭に、SNH48チームX、北京BEJ48チームJ合同で、何と中国中央電視台の例年の特別番組「五月晩会」に出演。

歌った曲も何とSNH48オリジナル曲『夢想家』。SNH48チームX全曲オリジナル公演『ドリームフラッグ(梦想的旗帜)』の最後から二番目の曲。

中国共産主義青年団宣伝部の特番で、ヘンな二度転調のオリジナル曲を歌わせてもらうとは、胸アツ。

SNH48キクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī( チュー・チンイー) あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
 
)チームX、北京BEJ48:CCTV『2017五月晩会 飛揚青春夢』2017/05/04

韓流クラスタでは、元EXO-Mの鹿晗(ルハン)さんとレイさん(張藝興)が同じ舞台に立ったことで盛り上がり、中国のジャニーズ的な少年アイドル・TFBOYSクラスタでも、メンバーの王源、易烊千璽が出演で盛り上がり、何より。

そしてキクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī( チュー・チンイー) あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
 
)は、ルハンさん、レイさん、TFBOYSメンバーとともに「五四優秀青年」の称号を受け、共青団から「奮発蓬勃、積極向上、当代青年の模範」と評価され、素晴らしく草の生える結果に。

レイさん(張藝興)は『精忠報国(強い忠誠心で国に身を捧げる)』を高らかに歌い上げたようです。

↓キクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī( チュー・チンイー) あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
 
)が身長で「公開処刑」。隣は張雪迎(チャン・シュエイン)という女性俳優さん。

↓左がキクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī( チュー・チンイー) あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
 
)。右端は張子楓(チャン・ツーフォン)という女性俳優さん。

個人的には、関曉彤(グァン・シャオトン:1999/09/17生まれ)クラスの女性俳優さんと、キクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī( チュー・チンイー) あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
 
)が同じ舞台で表彰された点に「SNH48もここまで来たか」的な感慨がありました。

さて、『夢想家』がSNH48チームXの公演曲だし、チームXは劇場外のお仕事が少ないので人数がそろいやすく、わざわざ北京まで出張したのは納得。

では北京BEJ48は、なぜ主力のチームB(SNH48五期生移籍組メイン)でも、その次のチームE(SNH48六期生移籍組)でもなく、チームJ(北京BEJ48一期生)だったのか。

北京BEJ48チームBのメインメンバー5名は、上海に出張してアーケードゲームのための、モーションキャプチャーとアフレコの仕事をしていたため。そして、北京BEJ48チームEはこの日は劇場公演があったため。

中国中央電視台の特番よりも、定例業務を優先させたという点が、北京BEJ48運営会社の素晴らしい点(笑)。

ただ北京BEJ48チームEも、いつも通りの全曲オリジナル公演『ティアラ・ファンタジー(奇幻加冕礼)』ではなく、『閃耀吧 青春(青春よ輝け)』という特別公演で、五四青年節ならではのサプライズ演出。

北京BEJ48チームE『共青団団歌』 2017/05/04五四青年節特別公演より

この曲を特別公演の最後の曲にするという、草が生えまくりの構成。歌い出しから客席に笑いが起こり、メンバーも必死で笑いをこらえています。

そして後半の「また会いましょう!お母さん」という歌詞のところで、メンバー全員が舞台中央のチームEキャプテン・李想 Lǐ Xiǎng( リー・シャン) BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1994/02/05北京生まれ
 
(リー・シャン)にいっせいに手を振るところで、ついに爆笑状態。

これはもしかすると、去年の国慶節の特別公演で、広州GNZ48チームGが『私と私の祖国』を音を外しまくったのと同じく、ネットでバズるかもしれない。(もちろんバズったら運営会社的には思うツボ)

ちなみに、この曲について、現地ファンのコメントによれば、共青団の団歌としては、旧ソ連で作曲されたこの曲を歌うことはあまりないらしい。

中国共青団の正式な団歌は『光栄啊、中国共青団』という、中国で1987年に作詞・作曲された曲とのこと。

北京BEJ48チームEが歌った曲は、旧ソ連の作曲家が舞台劇の挿入歌として1947年に書いた曲を、中国共青団が採用して別の歌詞をつけて歌ったもの。

中国ウィキペディア(百度百科)でも『光栄啊、中国共青団』の方が正式な中国共青団団歌として説明されている。

北京BEJ48チームEが歌ったのは、こちらの『共青団員之歌』

中国共青団の正式な団歌は、こちらの『光栄啊、中国共青団』

せっかくなので中国の動画サイトで拾った『光栄啊、中国共青団』をアップしておいた。

北京BEJ48チームEが歌った『共青団員之歌』の方が、いろんな歌手に歌われているようで、明らかに曲として美しい。

正式に団歌として認定された曲ではなく、慣習として歌い継がれている曲を選んでいる点に、北京BEJ48運営会社の「政治的に適切な」判断があると思われる。

いろいろと香ばしい「五四青年節」のSNH48グループの活動。こういうのがSNH48フォロワーの楽しみの一つです(汗)。

広州GNZ48 3rd EP『たんぽぽの足跡(蒲公英的脚印)』MV詳細解説

今回は広州GNZ48の三枚目の全曲オリジナルEP『I.F (Immortal Flower)』より、選抜メンバーによるメイン曲『たんぽぽの足跡(蒲公英的脚印)』の歌詞とMVをじっくりご紹介。

いつもながら広州GNZ48の映像作品のクオリティの高さに驚く。今回のMVも期待を裏切らない。

申し訳ないけれど、ほぼ過去のドキュメンタリー映像を編集でつないだだけの上海SNH48『お互いの未来(彼此的未来)』のMV、北京BEJ48の三枚目の全曲オリジナルEPタイトル曲『マニフェスト(宣言)』のMVとは比較にならない。

さて、現地ファンも指摘しているが『たんぽぽの足跡』のMVは明らかに日本の坂道系(乃木坂46、欅坂46)のMVを意識している。

たんぽぽがキーワードになっているため、乃木坂46『気づいたら片想い』のMVと類似は顕著だ。

ただし、乃木坂46『気づいたら片想い』は小学生が見ても物語が分かるように、ドキュメンタリー風の具体的な映像なのに対して、広州GNZ48『たんぽぽの足跡』は全編がメタファー(比喩)になっており、理解が難しい。

また乃木坂46『気づいたら片想い』のたんぽぽの綿毛は西野七瀬の生命の具現化だが、広州GNZ48『たんぽぽの足跡』のたんぽぽの綿毛は、人の思いを伝える媒介の具現化と、同じたんぽぽでも意味が全く違っている。

この『たんぽぽの足跡』のMVの物語、解釈は人それぞれ何通りもあると思うが、筆者の解釈を以下、延々と書いてみる。歌詞の日本語訳は記事の最後につけてある。

主役は広州GNZ48チームNIIIキャプテン・ミッフィー(劉力菲 Liú Lì Fēi( リョウ・リーフェイ) あだ名: ミッフィー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1995/10/30四川省生まれ
 
)と、チームGのエース・レイレイ(謝蕾蕾 Xiè Lěi Lěi( シエ・レイレイ) あだ名: レイレイ GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/12/01江西省生まれ
 
)の2人。

広州GNZ48は2nd EPまでレイレイ(謝蕾蕾 Xiè Lěi Lěi( シエ・レイレイ) あだ名: レイレイ GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/12/01江西省生まれ
 
)が選抜メンバーのセンターだったが、今回の3rd EPでは初めてミッフィー(劉力菲 Liú Lì Fēi( リョウ・リーフェイ) あだ名: ミッフィー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1995/10/30四川省生まれ
 
)がセンターを務めている。この事実も物語と少しだけ関係する。

まず、MVの時間軸は衣装が5パターンあることから整理できる。

衣装パターン1:パステルカラーのワンピース。崖の上のダンスシーン。

衣装パターン2:白のワンピースドレス。ミッフィーとレイレイの2人だけ。

衣装パターン3:砂浜のダンスシーン。レイレイは不在。ただしミッフィーの衣装は衣装パターン2と同じで、前髪を上げただけ。

衣装パターン4:衣装パターン3のバリエーション。ビスチェと言うんだろうか、その重ね着が特徴的。

衣装パターン5:ここでネタバレすると面白くないので、最後まで読んで下さい(笑)。

カットバックで時間軸を行ったり来たりするので分かりづらいが、時間軸はこの順番。

以下、一つひとつシーンを説明。

冒頭、波に洗われている方位磁石。進むべき方向は分かるけれど、波の中では飛び立てないということ。

ミッフィーとレイレイの対話のシーン。左がミッフィー(劉力菲 Liú Lì Fēi( リョウ・リーフェイ) あだ名: ミッフィー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1995/10/30四川省生まれ
 
)、右がレイレイ(謝蕾蕾 Xiè Lěi Lěi( シエ・レイレイ) あだ名: レイレイ GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/12/01江西省生まれ
 
)。衣装パターン2。上述のようにミッフィーの衣装はパターン3と同じだが、前髪を下ろしている。

レイレイ:ねえ 海のあっちには何があるの?
ミッフィー:知らないよ
レイレイ:すごく知りたい
私を連れてって
私には時間がないの
続きを読む…