北京BEJ48第三弾全曲オリジナルEP『マニフェスト(宣言)』追加3曲音源公開

北京BEJ48第三弾EPのメイン曲『マニフェスト(宣言)』以外の3曲の音源が公開されたので、ご紹介。

どれも典型的なJ-POPアイドル曲。現地ファンなら安心して聴けるタイプの楽曲。

01.マニフェスト(宣言) 北京BEJ48選抜メンバー

メイン曲はMVとMVメイキングとも、このブログではご紹介済み。

02.陽光協奏曲 北京BEJ48 Team B

この「陽光協奏曲」はイントロだけ聴くと一瞬『ポニーテールとシュシュ』か?と思う。BメロからCメロのサビへの転調のコード進行も、少し似ているが、テンポは遅めで8ビートなので雰囲気は全く違う。

それにしてもアウトロの手抜き具合が、曲全体を台無しにしていてもったいない。Dメロこそないけれど、サビの最後のリフレインがちゃんと半音上がるところまで、かなりきっちり作られているのに。

03.愛のキャッシュカード(愛情儲蓄卡) 北京BEJ48 Team E

ストリングスとティンパニの編曲が面白い曲。サビのフックも一度聴いたら忘れない洗脳系で、よく出来ている。サビへの転調もあるし、間奏の引用も曲の雰囲気にあっているし、Dメロまで書かれているし、カップリング曲としてはかなりレベルが高め。

ただ、この曲もアウトロが手抜き。どうしてなんだろう。

04.リトル・ラッキースター(小幸運星) 北京BEJ48 Team J

サビ始まりの「ウフフッ」、Bメロに経過転調があり、サビで転調。サビにCメロとDメロの2つもメロディーがあって、後半のDメロが曲の冒頭のメロディー。うっかり聴き流しそうになるけれど、メロディーがぜいたくな曲。

アウトロはこの曲がいちばんまともかも。

いずれにせよ、かなり安心して聴ける水準のアイドル曲がそろっていて、上海SNH48姉妹グループは、北京BEJ48も広州GNZ48も、外から買ってきた曲を選ぶスタッフのセンスが光っている。

SNH48出演の第24回東方風雲ランキング授賞式の模様を上海メディアグループ公式YouTubeチャンネルでどうぞ

SNH48の第24回東方風雲ランキングでのパフォーマンスの様子が、上海メディアグループのYouTube公式チャンネルで公開されていたのでご紹介。

会場はSNH48が第三回総選挙を行った、上海メルセデス・ベンツ・アリーナ。

SNH48 TeamSII『プリンセス・クローク』、派生ユニット「7 SENSES」の『Girl Crush』

SNH48二期生チームNII「四千年に一人の美少女」ことキクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī チュー・チンイー あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
 画像集

ちなみにこの音楽イベントはドイツの自動車メーカーボルクヴァルト提供。聞いたことのないメーカーだと思ったら、2015年に中国の自動車メーカーが支援して2015年に復活したらしい。

SNH48グループの小ネタ:SNH48が3賞受賞、7 SENSES EP曲名リーク、メンバーのフィギュア数量限定発売、広州GNZ48新公演歌詞パクリ疑惑でついに公式声明

SNH48グループの小ネタをまとめてご紹介。情報源はいつもの中国2ちゃんねる(百度貼吧)の某掲示板。

第24回東方風雲ランキングで3つの賞を受賞

まずSNH48が上海FMラジオ局「動感101」主催の第24回東方風雲ランキング音楽フェスティバルで、3つの賞を獲得したという話題。

以前から書いているように、中国のこの種の賞は実績が認められて受賞するのではなく、メディア露出を上げるために受賞するもの。

しかも今回の動感101は上海東方メディアグループ(SMG)傘下のラジオ局で、上海東方衛星テレビも同じSMG傘下。地元でデビュー当時からお付き合いのある媒体なので、とくに取り上げることもないか、という感じ。

SNH48が受賞したのは以下の賞

「最優秀流行コラボレーション賞」SNH48とJJ Lin(林俊傑)の『プリンセス・クローク』
「飛躍グループ賞」SNH48全体
「飛躍歌手賞」SNH48二期生 キクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī チュー・チンイー あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
 画像集

SNH48運営会社的に、この授賞式にSNH48が出席した最大の目的は、たぶん「7 SENSES」のお披露目。

受賞者全員のリストはこちら。おなじみの名前ばかりで面白くも何ともないが、あえて言えば新人賞に「ATF」が入っている点に注目。

この「ATF」というのは、SNH48と同じく日本スタイルの女性アイドルグループで、「心動アイドル補完計画」という会社が運営している。2016/03/26デビュー、今年2017年に中国の主要な大都市でオーディションを行い、二期生を募集するらしい。

元SNH48一期生ドンちゃん(董芷依 Dǒng Zhǐ Yī ドン・チーイー あだ名: ドンちゃん(退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
 画像集
)が中国ツイッター(新浪微博)で、ATFメンバーとツーショット券もないのに(笑)、集合写真をツイートしていた。

↓さて、このうちドンちゃん(董芷依 Dǒng Zhǐ Yī ドン・チーイー あだ名: ドンちゃん(退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
 画像集
)はどれでしょう。

正解は、右下。もともとSNH48一期生の総監督的な役割だったドンちゃん(董芷依 Dǒng Zhǐ Yī ドン・チーイー あだ名: ドンちゃん(退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
 画像集
)が退団して、かなり時間がたつけれど、まだまだ全然アイドルでいけると思う(笑)。

SNH48 派生ユニット「7 SENSES」1st EP収録曲目リーク情報

『Girl Crush』

『第七感』
センターなし。future bassスタイル。

『Beside You(在你身辺)』
Bちゃん(孔肖吟 Kǒng Xiào Yín コン・シャオイン あだ名: Bちゃん SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1992/04/11遼寧省瀋陽市生まれ
 画像集
)がセンター。R&B。

『覚醒』
タコちゃん(張語格 Zhāng Yǔ Gé チャン・ユーグー あだ名: タコちゃん SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1996/05/11ハルピン市生まれ
 画像集
)がセンター。hip hopとdub stepの融合。

『Moon Light(月光)』
Akira(趙粵 Zhào Yuè チャオ・ユエ あだ名: Akira SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/04/29湖北省武漢市生まれ
 画像集
)がセンター。エレクトロポップ。

『Heart Beat(心跳)』
ダートウ(陳琳 Chén Lín チェン・リン あだ名: ダートウ(大頭) SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1998/07/24上海生まれ
 画像集
)がセンター。

SNH48一期生チームSIIキャプテン・ダイモン(戴萌 Dài Méng ダイ・モン あだ名: ダイモン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/08上海市生まれ
 画像集
)情報

ダイモン(戴萌 Dài Méng ダイ・モン あだ名: ダイモン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/08上海市生まれ
 画像集
)がオンライン生放送で、「7 SENSES」は2015年から企画がすでに始まっていたことを話していたらしい。

それからもう一つ、SNH48チームSIIは今年2017/04~05ごろに新しい全曲オリジナル公演を始めるとのこと。

SNH48第三回総選挙TOP 3限定フィギュア数量限定発売

SNH48第三回総選挙TOP 3の二期生キクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī チュー・チンイー あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
 画像集
)、二期生カチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
 画像集
)、二期生テテちゃん(黃婷婷 Huáng Tíng Tíng フアン・ティンティン あだ名: テテちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/08江蘇省南京市生まれ
 画像集
)のフィギュアが数量限定で発売されるらしい。

カチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
 画像集
)がInstagramでネタバレしていた完成品はこちら。

広州GNZ48チームNIII新オリジナル公演の歌詞パクり疑惑で正式文書

広州GNZ48チームNIIIの新全曲オリジナル公演『第一人称』の中の『為了你(あなたのために)』という曲の歌詞が、中国の同人ミュージシャンの作品の歌詞と酷似しており、明らかにパクりだろうという疑惑について、GNZ48運営が2017/03/30に正式な文書を発表した。

「最近GNZ48の楽曲”為了你”の歌詞盗作疑惑案件に対して、皆さんの過度な推測や誤解を避けるため、弊社はここに以下の公告をいたします。

1、楽曲”為了你”は弊社の委託先業者の創作作品であり、弊社と委託先業者の契約で明確に楽曲の創作委託を合意しています。

2、法律遵守、規則遵守の経営が、弊社は一貫して堅持している基本原則です。会社設立から今まで、弊社は終始合法的な経路で楽曲作品の版権を獲得しており、音楽創作の精神および創作者一人ひとりの懸命な創作活動と努力を尊重しています。

3、最近楽曲”為了你”に対してネット上で歌詞の盗作疑惑が発表されている具体的な状況に関して、弊社はすでに関係する調査を始めています。証拠の収集作業、ならびに法的手段によって弊社の合法的な権益を保持いたします。

弊社は幅広いファンの皆さまが今までずっとGNZ48を応援し励まして下さっていることに感謝いたします。ファンの皆さまは客観的に今回のネット案件を取り扱って頂き、他人にミスリードされないようお願いいたします。

楽曲の歌詞の権利の問題に関して、弊社は積極的に調査を展開し、法的手段を通じて権利の侵害あるいは違約責任追及の権利を追及することを保留いたします。

要するに、やっぱり盗作の疑いがあるので、委託先の責任を問うための証拠を集めて、損害賠償請求するかもしれません、ということのようだ。

以上、SNH48グループの小ネタをまとめてご紹介しました。

北京BEJ48第三弾オリジナルEPメイン曲『マニフェスト(宣言)』MVとメイキング

北京BEJ48第三弾EPのメイン曲『マニフェスト(宣言)』のオフィシャルMVと、メイキングが公開されているのでご紹介。

北京BEJ48チームB、チームE、チームJそれぞれから選抜メンバーが選ばれている。

まず公式MVはこちら。

制服衣装は、最近のSNH48グループでは、一人ひとりデザインが違っているのがすっかり当たり前になった。昔のSNH48はそうじゃなかったので、慣れって怖い(笑)。

メイキングはこちら。

以下、公式MVの画面ショットで今回の選抜メンバーをおさらい。なぜかサンサン(蘇杉杉 Sū Shān Shān スー・シャンシャン あだ名: サンサン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1997/03/23湖北省生まれ
 画像集
)だけバレーボールのカットで使えるものがなかったので、制服のカットで。

↓チームE 陳倩楠 Chén Qiàn Nán チェン・チェンナン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1998/03/19天津市塘沽区生まれ
 画像集
(チェン・チェンナン)現地のあだ名は「小巨人 little giant」

続きを読む…

SNH48の新派生ユニット 1stシングル『Girl Crush』音源公開、HIP HOPとDUB STEPの融合!?

SNH48の新派生ユニット「7 SENSES」のファースト・シングル『Girl Crush』音源が公開された。

7 SENSES 『Girl Crush』

SNH48運営のキャッチフレーズによれば「7 SENSES」は「SNH48国際化小分隊」とのこと。

「いままでの音楽スタイルを大胆に突破し、HIP HOPとDouble Stepの曲風を融合させ、アメリカのストリート感をそのままに表現し」たらしい。韓国じゃなくてアメリカだったようだ。

個人的な感想は、音が清潔すぎる。

グーグルで調べたところ、DUB STEP(運営のツイートでは double step とあるが正しくは当然 dub stepだろう)のあのブンブンというベースは「ワブルベース wobble bass」というらしい。

この曲、ベースラインがそもそもサビの部分くらいしかはっきり聴こえてこないし、そのベースの「ワブり具合」も、曲の最後の30秒を除いて、控えめすぎて物足りない。

それ以上に不満なのは、ボーカルの音色が清潔すぎること。HIP HOPやDUB STEPでボーカルをこんなにクリアに美しく聴かせていいんだろうか。

サビの「This is the girl crush」というRAPの部分さえ全く歪んでない。ここはメロディーに乗っていないんだから、思いっきり歪ませても構わないのでは。

ボーカルがこれだけ美しいということは、結果的にアメリカのストリート・ミュージックじゃなくて韓流だという気がする。

この曲でDUB STEPとして聴くに耐えるのは、02分44秒のブレイクからの30秒だけだろう。

またHIP HOPとしては曲の冒頭から気になる。最初の「Yo!」が2小節目の3拍目、次の「Ah!」も2小節目の3拍目。こういうきれいにそろいすぎたリズムも、あまりHIP HOPっぽくない。

そしてサビの「BOOOM!!」がこの曲で最も重要なフックだと思うのだが、インパクトが弱すぎる。ここは公演のOverture級の男性コーラスを入れるべきではないのか。

以上、ティザー映像はいろんな意味でインパクトがあったのだが、その期待が大きく裏切られて意外に大人しすぎる楽曲でした。