SNH48運営会社がメンバーに心理カウンセリングサービス提供を始めたが・・・

上海SNH48運営が、メンバー向けに心理カウンセリングサービスを始めたようだ。

プレッシャーから抑うつ状態や、うつ病になるメンバーが数名出てきて、最近ではチームXIIメンバーの鄒佳佳 Zōu Jiā Jiā( ゾウ・チャーチャー) あだ名: 小猪熊 SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1998/10/28四川省生まれ
 
(ゾウ・チャーチャー)が自傷行為(リストカット)するまで追い詰められ、退団した。

そのためSNH48運営会社が、ネットでカウンセラーの求人広告を出しているのを、現地ファンが目ざとく見つけていたのだが、どうやら運用が始まった模様。

それについて、一期生チームSIIのキキ(許佳琪 Xǔ Jiā Qí( シュー・チャーチー) あだ名: キキ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1995/08/27浙江省生まれ
 
)、二期生チームNIIのナナちゃん(萬麗娜 Wàn Lì Nà( ワン・リナ) あだ名: ナナちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1997/10/02江西省九江市生まれ
 
)が、公式アプリ「Pocket48」のメンバーの部屋で以下のように書いている。

会社が心理カウンセリングカードをくれた。電話で心理カウンセラーの先生に相談できるということ。でも、私がいちばん怖いのは、電話をすることアハハハ

心理カウンセリングするともっと面倒な感じがする。自分が置かれている環境を説明するだけでも、一時間じゃ足りないから

会社が人に優しくなった。

心理保健カードを配った。

でもどうやって使うのか説明がなかった。

とくにナナちゃん(萬麗娜 Wàn Lì Nà( ワン・リナ) あだ名: ナナちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1997/10/02江西省九江市生まれ
 
)のツッコミが笑える、らしい。

「人に優しくなった」と訳した「人性化」は、てっきり英語から来た用語で、もとの英語は「human-based」「humanized」とかだろうと思ったのだが、ネットでいくら調べても中国語のサイトしか出てこない。おそらく中国固有の経営学の概念。

合理主義的な観点だけでなく、従業員の人間的な側面も重視した経営という意味。

キキ(許佳琪 Xǔ Jiā Qí( シュー・チャーチー) あだ名: キキ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1995/08/27浙江省生まれ
 
)やナナちゃん(萬麗娜 Wàn Lì Nà( ワン・リナ) あだ名: ナナちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1997/10/02江西省九江市生まれ
 
)のようなトップクラスのメンバーは、当然、心理カウンセリングなど不要なので、冗談でツッコミを入れるのはいいだろう。

ただ、本当に追い詰められたメンバーに最後の最後のセーフティーネットとして、こういう仕組みは何もないより、ある方が良いに決まっている。

それでも一つ言えるのは、タレントマネジメント契約の懲罰的な違約金、つまり、入団3年以内は500万人民元、3~5年は800万人民元、5年以上は1,000万人民元について、自己都合で退団したメンバーを全員法廷闘争に持ち込むのではなく、示談にすれば、自傷行為まで追い詰められるメンバーは出てこない気がする。

カウンセラーを雇うより、その方がよっぽど効果があると思うんだけれど。そしたら逆に、そこにつけこんで違約金を払わずに逃げていくメンバーが出て来るのかもしれない。

ちなみに上海SNH48三期生チームHIIのドゥードゥー(陳怡馨 Chén Yí Xīn( チェン・イーシン) あだ名: ドゥードゥー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/01/13福建省生まれ
 
)は、うつ病で退団したはずだったが・・・

何とSNH48運営会社設立後初の、退団メンバーが運営会社を訴えるということになっている。

上海市虹口区人民法院、2017/06/16 09:00~、内容は公演契約についての紛糾、原告が陳怡馨 Chén Yí Xīn( チェン・イーシン) あだ名: ドゥードゥー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/01/13福建省生まれ
 
、被告が上海絲芭文化伝媒集団有限公司、つまり運営。

すでに終わっているけれど、結果はどうなったんだろうか。

ちなみに陳怡馨 Chén Yí Xīn( チェン・イーシン) あだ名: ドゥードゥー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/01/13福建省生まれ
 
は在籍時に出演して好評だったネット番組『飯局的誘惑』に、退団後もお声がかかっていたらしいので、タレント活動を続けるために、運営を訴えたのかもしれない。

こういう事があるので、運営会社としては、大事な人気メンバーを本当のメンタルヘルス上の問題で失うことによる損失と、違約金逃れのための偽装による損失と、天秤にかけているのかもしれない。