SNH48第四回総選挙始動式の冠スポンサー「LIVE直播」運営会社の正体

昨日2017/06/02(金)、SNH48第四回総選挙の始動式が上海壹秀秀場で開催された。

気になったのは、この始動式の冠スポンサー「LIVE直播」ってどこの会社?ということだ。

中国にはネット生放送サイトが無数にあり、比較的まともなものから、セクシーなお姉さんしか出てこないサイトまで玉石混交の状態。

「LIVE直播」という名前からして「LIVE」と「直播」が同じ意味だし、あやしい、と思ったのだが、調べてみると全然違った。

「LIVE直播」の運営会社は「巴士在線 Bus Online」という2003設立の会社で、北京、上海、江西省南昌の3か所に本部がある。

もっとも重要なのは、この会社がなぜ「バス・オンライン」という名前なのかという点。

この会社は2007年から、中国中央電視台の移動体メディア(移動伝媒)部門の事業を、中国で独占的に請け負っているのだ。

つまりバス、地下鉄、航空機、列車、ホテル、レストランなど、公共の場所にある液晶テレビに、中国中央電視台制作の番組をモバイル通信網で配信しているのが、この「バス・オンライン」という会社。それで「バス」という名前がついている。

今回のSNH48第四回総選挙の始動式は、事実上、中国中央電視台(CCTV)の移動体メディア部門が冠スポンサーだったことになる。

中国で全国的な知名度が出てくると、先日の五四青年節で共産主義青年団中央から表彰を受けた件にしても、CCTV含め、政府とのかかわりが重要になるということらしい。

とりあえず、得体の知れないネット生放送サイトじゃなくて良かった(汗)。