上海SNH48チームNIIの文豪チャーチャー(張雨鑫)がじゅうなな(龔詩淇)にあてた誕生日エッセー

上海SNH48三期生チームNIIチャーチャー(張雨鑫 Zhāng Yǔ Xīn( チャン・ユーシン) あだ名: チャーチャー SNH48 Team NII
 SNH48 3期生
 1994/03/01湖南省生まれ
 
)が、同じチームNIIじゅうなな(龔詩淇 Gōng Shī Qí( ゴン・シーチー) あだ名: じゅうなな SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1998/05/05重慶市生まれ
 
)の誕生日にあてた長文をご紹介。

文豪チャーチャー(張雨鑫 Zhāng Yǔ Xīn( チャン・ユーシン) あだ名: チャーチャー SNH48 Team NII
 SNH48 3期生
 1994/03/01湖南省生まれ
 
)の名文を、筆者の中国語力で日本語試訳するのは、大変失礼だけれど。

无题

SNH48-張雨鑫 Zhāng Yǔ Xīn( チャン・ユーシン) あだ名: チャーチャー SNH48 Team NII
 SNH48 3期生
 1994/03/01湖南省生まれ
 
2017-05-05 23:27:16

​​我亲爱的小十七,写出这句话的时候我真是非常心虚,明明除了年纪,你什么都比我大一些。

親愛なる十七、私がこの文章を書くとき、本当に自信がない。年齢をのぞけば、あなたは何だって私よりも明らかに大人だから。

我现在正在学校考试,一学习的时候我就想起你,可是我不喜欢学习,我学习的时候很少,想你的时候却很多,因为我很喜欢你。

私は今大学の試験で、何か勉強するにつけあなたのことを思い出す。でも私は勉強が好きじゃないから、勉強する時間は少ない。でもあなたのことを思う時間は多い。だってあなたのことが好きだから。

早上在自习室,看到一对短发情侣偷偷摸摸的打啵啵,我以为是两个男生,盯着看了好久,后来才发现是两个女生。

朝自習室で、ショートカットのカップルがこっそりキスしているのを見かけて、てっきり男性だと思ったけれど、じっと見てやっと二人の女性だと気づいた。

中午去餐厅吃饭,有一只脑袋大的小花猫,追着小卖部老板的博美满街跑,餐厅打饭的阿姨说,那只小猫想和博美处对象。

正午食堂に行って食事をしていたら、頭の大きなぶちの猫がいて、購買部のおじさんのポメラニアンが街なかへ散歩に出かけるのを追いかけていった。食堂の厨房にいるおばさんが言うには、あの子猫はポメラニアンと付き合いたいんだって。

晚上去河边溜达,河堤边的柳枝终于抽出了新芽,它迎着风抖落嫩乎的叶瓣,最顶头那片饱满的柳叶特别像你,有最娇嫩却最坚韧的样子。

夜、川辺を散歩しに行って、土手の柳がついに新芽を出していた。柳は風を受けて揺れ、やわらかい葉は大きく揺さぶられていた。頭の上に柳の葉が豊かに茂っている樹は、すごくあなたに似ていた。

いちばんみずみずしくてか弱いけれど、いちばん強くしっかりしているように見えたから。

像这样无关紧要的琐事我还可以跟你说很多,并不是因为无聊,仅仅是想和你一起谈谈天。想利用这些流水账填补你的缺席,抽干你不在的时间,就假装我的小十七刚刚上完公演,要回中心点烧烤了。

こういうたいしたことのない些事を、それでもあなたにたくさん話しているのは、決して退屈だからじゃなくて、ただあなたといっしょにおしゃべりしたいから。この中身のない文章を利用して、あなたがいないことを埋め合わせたいから。

あなたが不在の時間をつかって、私の十七がついさっき公演を終えて、生活センターに戻ってきて焼肉の出前をたのんでいるかのように思いたいから。

我知道这些无趣的事情你肯定会一件件认真听完,然后撇起嘴,笑着骂我恶心。光想想就觉得胸口发烫,明明都是好几个月前的场景了,可是我连你坏笑时尾音打几个颤都记得很清楚。

あなたがこういうつまらないことを、一つひとつ真面目に聞き終えた後、口をへの字に曲げて笑いながら気色悪いって言うだろうことは分かってる。その様子を想像するだけで胸が熱くなる。

明らかにもう数か月も前の情景なのに、あなたが意地の悪い笑い方をするときのへっへっっていう笑い声まではっきりと覚えている。

时间其实是很好的东西,像筛子一样剔出了意志不坚和模棱两可,剩下来的那些顽固,被一剂一剂注入静脉,然后顺着血液流动抵达四肢百骸。

時間はじつはとても良いもので、意志が弱くてどっちつかずのものを、ふるいのようにより分けて、そうした頑強なものだけを残し、一滴一滴静脈に注射しているかのように、ゆっくり血液になじませて体のすみずみにまで運んでくれる。

记得你考试失利的那天我去找你,你呆呆的坐在电脑前一言不发,看见有人来了,马上撑起嘴角,让眉眼灌上假笑。你总是把自己伪装的很无畏,拙劣的坚强让我连认真说句再努力都不忍心。

あなたが受験に失敗したあの日、私があなたの部屋に行ったら、一言も話さずにパソコンの前に呆然と座っていた。でも人が来たのに気づいたら、すぐに無理して唇を開いて、目につくり笑いを注ぎ込んだね。

あなたはいつも自分は何も恐れないふりをしている。その下手くそな意地っ張りを見ていると、もっと頑張りなさいと真面目に話すことさえ忍びない。

这样的你,我不想再看见第二次了,你本应该像森林里尾巴最蓬松的松鼠,扑闪着黝黑的眼睛和过路的客人寒暄,然后抱起干燥的坚果,在每一棵大树之间跳出圆滑的弧线。

そんなあなたは、二度と見たくない。あなたはもともと、森の中で尾っぽがいちばんふさふさしたリスに似ているんだと思う。黒々した瞳をひらめかせて通りすがりの人にあいさつをし、それから乾いたクルミを抱えて、大木の間から弧を描くように飛び出してくる。

我想要保护这样的你。比起受尽苦难后的幡然醒悟,我宁愿你永远是不知愁苦的天真样子,不过上天一定不是这样想的,它赋予了你更重要的使命,不得不施加一些磨难促使你成长。所以你不需要取悦谁,只要让自己满意就好。

私はそんなあなたのことを守りたいと思う。いろいろな苦しみを受けた後、やっと悟るというのではなく、あなたが永遠に苦しみを知らない無邪気な人であってほしいと思う。

でも神様はきっとそうは思っていない。あなたにさらに重要な使命を与えて、困難を与えてあなたを成長させざるを得ないだろう。だからあなたは誰の機嫌をうかがう必要もない。ただ自分で満足できればそれでいい。

认识快三年了,思来想去,我竟然没有为你做过一件像样的事情。这几个月中看到了一些考试重点想发给你,却觉得这些知识点你应该早就吃得很透,害怕会打扰你。想分享一些从失败里站起来的心情,又担心影响你的情绪。甚至连替你许个愿望都不敢,我不是什么信徒,诸天神佛大概不会保佑我。

知り合って早三年、いろいろ思い出すと、あなたに一度もこういうことをしたことがなかった。この数か月で受験のポイントをあなたに送ってあげようと思ったけど、そんな知識はとっくに理解しているだろうと思って、あなたのじゃまをしないようにした。

私が失敗の中から立ち上がったときの気持ちを伝えようとも思ったけれど、あなたの気持ちに影響するんじゃないかと思ってやめた。

あなたに代わって願いを立てようとも思ったけれど、それもやめた。私は何の信徒でもないから、天や神様や仏様は私の願いを聞いてくれないだろうから。

没什么可以为你做的,只能告诉你,我一直都在惦记你。

あなたにしてあげられることは何もないけれど、一つだけ言わせてほしい。私はずっとあなたのことを気にかけているよ。

以上