SNH48一期生の歌姫CC(徐晨辰)が精密検査で心筋炎の診断、しばらく入院で治療に専念

SNH48メンバーの病気の記事ばかり書いていると、なんだかSNH48メンバーの疾病率が異常に高い感じがするけれど、決してそんなことはないので、誤解のないようお願いします(汗)。

SNH48一期生チームSIIの「歌姫」で、R&Bを歌わせたら、今でもSNH48グループの中でトップのCC(徐晨辰 Xú Chén Chén( シュー・チェンチェン) あだ名: CC SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1990/06/20江蘇省南京市生まれ
)。

ずっと体調不良で公演をお休みしているが、新しい病気が見つかったらしい。しかもかなり重症の。


CC(徐晨辰 Xú Chén Chén( シュー・チェンチェン) あだ名: CC SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1990/06/20江蘇省南京市生まれ
「親愛なるみなさん、今日事前にみなさんに準備しておいたツイートはできなくなった…今日点滴を打った後、精密検査をうけることに決めた。そしたら大C(徐晨辰 Xú Chén Chén( シュー・チェンチェン) あだ名: CC SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1990/06/20江蘇省南京市生まれ
の現地でのあだ名)は扁桃腺炎だけじゃなくて、心筋炎もあることがわかった。入院してずっと経過観察する必要があるって。お医者さんによれば、しばらくはベッドと車いすだけで生活するようにって…病状がかなり重いことが急に分かった。しばらくしたらいろんな医療器具を付けるので、スマホを見ることもできなくなる…病気が長引いてるから新しい写真もないし、病院のベッドでいろんな医療器具をツイートしてみんなを心配させたくないし。回復するようにがんばる」

心筋炎は文字どおり心臓の筋肉の炎症で、Wikipediaによると、特徴的な症状がないだけに、発見が難しいらしい。最悪の場合、生命にかかわることもあるらしいので、とにかくしっかりと治療をうけて、時間をかけて治して欲しい。