広州GNZ48チームNIIIが2日連続でチャイナ・テレコム、チャイナ・ユニコムのイベントに出演(笑)

広州GNZ48がかなり節操なく営業のお仕事をしている件(笑)。

↓まずこちらは広東中国電信(チャイナ・テレコム)のスマホゲーム大会。2016/09/24

参加メンバーは広州GNZ48チームNIII、最後のMC部分で左から、ナオナオ(盧静)、オリビア(唐莉佳 Táng Lì Jiā タン・リーチャー あだ名: オリビア GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/01/18四川省生まれ
)、はるか(熊心瑤 Xióng Xīn Yáo ション・シンヤオ あだ名: はるか GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/01/19重慶市生まれ
)、馮嘉希 Féng Jiā Xī フォン・チャーシー あだ名: シャオシー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/06/04広東省生まれ
(フォン・チャーシー)、ちんゆー(陳欣妤 Chén Xīn Yú チェン・シンユー あだ名: ちんゆー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1999/06/05台湾生まれ
)、Pany(左嘉欣 Zuǒ Jiā Xīn ツオ・チャーシン あだ名: Pany GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/09/01上海生まれ
)の6名。

司会の女性が「国民美少女」と紹介している。SNH48が今年の初めに上海メディアグループと提携して、台湾のベテラン歌手・費玉清とバラエティー番組『国民美少女』をやった甲斐がありました。

AKB48姉妹グループという紹介は、AKB48にバッサリ切られた今は使えなくなったし、そもそもAKB48なんて言っても現地のふつうの中国人はわからないので、「大型女性アイドルグループ」につづいて、「国民美少女」という定番の自己紹介フレーズができてよかった。

↓つぎはこちら、広州中国聯通(チャイナ・ユニコム)のイベント。2016/09/25

参加メンバーは同じく広州GNZ48チームNIII。

だいたいお分かりのとおり、上のイベントを主催しているチャイナ・テレコムと、こちらのイベントの主催者チャイナ・ユニコムはライバル会社。正確に言うと、上はチャイナ・テレコムの広東省の子会社、下はチャイナ・ユニコムの広東省の子会社。

ライバル会社のイベントに2日連続で参加してしまうという(笑)。

二番目のイベントに登場する「沃派」というのはチャイナ・ユニコムの若者・学生さん向けのモバイル通信プランのブランド名らしい。

上のチャイナ・テレコムはスマホゲーム大会で、明らかにどちらも広州市の若者・学生向けのイベント。

地元広州には、上海SNH48とほぼ同じキャリアのある「1931」という女性アイドルグループがあるのだが、やはり上海SNH48に本部があり、その姉妹グループの広州GNZ48という方が、何となく「すごい!」感じがあるのかもしれない。