SNH48以外の2016年現在活動中の中国女性グループを再生リストにまとめてみた

中国国内の女性グループが玉石混交で乱立状態なのを体感していただくために、再生リストを作ってみた。

ビリビリ動画にあった「女性グループ大混戦!2016年中国女性グループ対決」という動画を参考にして、YouTubeにあった高画質・高音質版でまとめ直している。

通りすがりの人がYouTubeでこの再生リストを見て、SNH48グループを軽視してもらうと困るので、念には念を入れて、SNH48、北京BEJ48、広州GNZ48のオリジナル曲を頭に持ってきている。

その他のグループは、原則としてABC順にならべてある。

明らかに韓国企業がプロデュースして中国でデビューさせている女性グループもあるけれど、とりあえずSNH48グループが中国国内でどういう状況に置かれているか、見てみてください(笑)。

作詞・作曲のクレジットをよく見ると、日本人が参加しているグループもいくつか見つかる。

ASTRO 12の総合企画は、エイベックスの中山邦夫氏でぴっくりした。『ASTRO 12』の作曲も日本人のAkira Sunset。『等你归帰来』の作曲は何とDAISHI DANCEで、さらにびっくり。

ATFは東京のエイベックスのスクールでデビュー前にずっとレッスンしていたので、ある意味、エイベックス系。ちなみに、ATFメンバーの張瑜紋はSNH48二期生に合格したが、デビュー前に辞退。SNH48三期生カメちゃん(徐晗 Xú Hán シュー・ハン あだ名: カメちゃん SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1993/01/15四川省生まれ
)の親友。

Idol Schoolは、元モーニング娘。のリンリンがプロデュースに参加している上海のグループ。

専用劇場はなく、まだ劇場は借り物だが、元SNH48スタッフがプロデュース陣の中心メンバー。『卒業歌』は作詞・作曲がリンリン、編曲が前山田健一。ただ、上海SNH48に対抗して、商業主義路線を否定しているので、資金面で専用劇場を持てるかどうか微妙。

1931はご承知のとおり、広州のアイドルグループでAKB48同様、劇場で定期公演を行うスタイル。後発の広州GNZ48にとってはライバル。ちなみに、SNH48三期生チームHIIドゥードゥー(陳怡馨 Chén Yí Xīn チェン・イーシン あだ名: ドゥードゥー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/01/13福建省生まれ
)と1931メンバーの陳怡凡は姉妹。

Lunarはこの再生ストの中ではキャリアが長めでSNH48と同等。SNH48と同様に、最近はAKB48スタイルと、K-POPスタイルの両方を試みているようだ。でも『沙塔斯月光』というバラードは、はっきり言って悪くない。

sunshine+(いつの間にかプラスが付いているが)は、純粋に中国人プロデュースだが、「ネタ」グループとして話題になる。ルックスがアレなわりに、MVのセンスが不思議と悪くないので。

CHINGLISHだけ独特のスタイルで、正体不明(笑)。

以下のグループは韓国系のプロデュース。

AOSはSOUL SISTER監修とある。

COSMIC GIRLSは韓国語Verもあるので、K-POPグループ。

IP-Familyは作詞・作曲のクレジットが韓国人。

蜜蜂少女隊も作詞・作曲のクレジットが韓国人。

MISSMASSはひと目見れば韓国人プロデュースと分かる。

UME BANDはプロデュースが韓国人かは分からないが、明らかにK-POPスタイル。

以上、ざっと見てみると、AKB48系のように、専用劇場で定期公演をやっていて、握手会でメンバーとファンの距離が近くて、ファンがメンバーの成長に参加している感覚を持てる、というタイプのグループは、あまり多くない。

運営会社の資本規模や、中国国内での姉妹グループ展開の規模、成長スピードでは、今のところSNH48グループがトップであることは間違いなさそう。