SNH48、北京BEJ48、広州GNZ48中秋節特別公演の特別プログラムまとめ

SNH48、北京BEJ48、広州GNZ48の中秋節特別公演の特別曲を動画でまとめ。

SNH48と姉妹グループが、ここまでファンのために、がっつりと工夫をこらした特別プログラムを組んでくれるのは素晴らしいことだと、個人的には思う。

というのは、すべて星夢劇院で起こっていることだから。原点としての劇場公演を、SNH48と姉妹グループがいかに大切にしているかが、現れているから。

まず北京BEJ48。こちらの中秋節特別公演のポイントは、中国式漫才「相声」とコントコーナーだった。

筆者は中国語の聴き取り能力が弱いので、この「相声」とコントはほとんど聴きとれず、面白さが分からないのが、とっても残念。でも観客のファンは大ウケしているのが分かる。


もう一つ北京BEJ48の中秋節特別公演のポイントは「重大発表」。これは直前の記事で書いたとおりだが、動画もご紹介しておく。

上の動画で、オープニング曲がSNH48チームSIIオリジナル曲『心の旅程』になっているところに、やっぱりSNH48チームSIIオリジナル公演『心の旅程』の楽曲のクオリティの高さが垣間見える。

上の「重大発表」動画の中で、いちばんの「萌えポイント」は、最後、SNH48チームXからBEJ48チームBに移籍した「先輩」のきのこ(閆明筠 Yán Míng Jūn イェン・ミンチュン あだ名: きのこ BEJ48 Team B
 SNH48 4期生
 1998/02/11河南省生まれ
)に、チームBの「後輩」キャプテンいーしゃん(段藝璇 Duàn Yì Xuán ドァン・イーシェン あだ名: いーしゃん BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1995/08/19湖南省生まれ
)が歓迎メッセージを話すところの、身長差(笑)。

きのこ(閆明筠 Yán Míng Jūn イェン・ミンチュン あだ名: きのこ BEJ48 Team B
 SNH48 4期生
 1998/02/11河南省生まれ
)の背の高さが際立っている。

北京BEJ48の中秋節特別公演の特別曲は以下のとおり。

↓『おしべとめしべと夜の蝶々』チームB 孫姍 Sūn Shān スン・シャン あだ名: シャンバオ BEJ48 Team B
 SNH48 6期生
 1999/02/11浙江省寧波市生まれ
(スン・シャン)、パオツ(胡曉慧 Hú Xiǎo Huì フー・シャオフェイ あだ名: パオツ BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1998/07/26河南省生まれ

↓『但願人長久』チームB、チームE

↓『今度こそエクスタシー』チームB。北京BEJ48チームBの落ち着いた制服でのパフォーマンス。

次に広州GNZ48の中秋節特別公演では、やはり漢服を着ての特別パフォーマンス。

中秋節の定番なのか知らなけれど、北京BEJ48と同じテレサ・テン『但願人長久』フェイ・ウォン版と、『Lay down』。

この漢服版『Lay down』という選曲は良かった。曲の内容と衣装のギャップ萌えという意味で、まさにファンが見たかった曲なので。

それにしてもこのバックトラックの『但願人長久』が、フェイ・ウォン(王菲)のテレサ・テン(鄧麗君)へのトリビュートアルバムに収録されているカバー・バージョンで、オリジナルがテレサ・テンだということを知っている、BEJ48、GNZ48ファンがどれくらいの割合いるんだろうか。フェイ・ウォン(王菲)でさえ彼らの年齢からすると、おじさん、おばさんの時代になるので…。

最後にSNH48はチームSII・チームHII合同公演、チームNII・チームX合同公演の2回に分かれていたので、特別曲の見どころがたくさんあった。

まずその前に、当日2016/09/15に星夢劇院カフェで行われた、星夢劇院三周年イベントの映像から。公式オンライン生放送なのに、音割れがすごくて見るに耐えないけれど、SNH48運営会社社長の王子傑氏が、男性ファンに顔にケーキのクリームを塗られる部分が見どころ(笑)。

ここからはSNH48各チーム混成の漢服パフォーマンス。

たぶんほとんどの日本人が、中国独特の衣装と言えばチャイナドレス(旗袍)と思っているけれど、あのセクシーなチャイナドレスは二十世紀の産物。伝統衣装という意味では漢服が正統。

張碧晨『年輪』のカバー

『嵐の夜には』

『初恋よ こんにちは』

『夜風の仕業』

『おしべとめしべと夜の蝶々』

『ハート型ウイルス』

『となりのバナナ』

初音ミク『極楽浄土』踊ってみた。中国語版のボーカルはカチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)自身が録音したもの。

ここからは純粋に筆者の私見による追記。SNH48チームNII中秋節反省編。

↓『天下無双』ユーミー(趙粵 Zhào Yuè チャオ・ユエ あだ名: ユーミー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/04/29湖北省武漢市生まれ
)、エディン(陳佳瑩 Chén Jiā Yíng チェン・チャーイン あだ名: エディン SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1993/07/12上海市生まれ

この特別曲、ユーミー(趙粵 Zhào Yuè チャオ・ユエ あだ名: ユーミー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/04/29湖北省武漢市生まれ
)が完璧な古典舞踊を見せているのに、なぜエディン(陳佳瑩 Chén Jiā Yíng チェン・チャーイン あだ名: エディン SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1993/07/12上海市生まれ
)が一人で笑い出すのか全く分からない。チームNIIのゆるさが人気の一つなのは分かるんだけれど、これはどうなんだろう。

↓『愛しさのアクセル』ななし(馮薪朵 Féng Xīn Duǒ フォン・シントゥオ あだ名: ななし SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/01/24遼寧省大連市生まれ
)、テテちゃん(黃婷婷 Huáng Tíng Tíng フアン・ティンティン あだ名: テテちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/08江蘇省南京市生まれ

この特別曲は、SNH48チームNIIキャプテン・ななしと副キャプテン・テテちゃんが剣術で一騎打ちという企画。ところがテテちゃん(黃婷婷 Huáng Tíng Tíng フアン・ティンティン あだ名: テテちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/08江蘇省南京市生まれ
)が歌の入りを間違えた上に、サビの歌詞が抜けている。

初めて歌う曲ではないし、運営推しで全国放送の複数の番組に出演する活躍をしているし、二期生だし、副キャプテンなので、事前に決まっている劇場の出し物くらいはまともに出来て当然のポジション。

特別曲2曲でこういう明らかなボロを出してしまうところが、筆者が個人的にどうしてもSNH48チームNIIを好きになれない理由。カチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)やユーミー(趙粵 Zhào Yuè チャオ・ユエ あだ名: ユーミー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/04/29湖北省武漢市生まれ
)、ナナちゃん(萬麗娜 Wàn Lì Nà ワン・リナ あだ名: ナナちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1997/10/02江西省九江市生まれ
)など、ピンでは素晴らしいメンバーがいるんだけれど、全体で見ると脚を引っ張っているメンバーがいる。