SNH48六期生イーリン(林憶寧)が2015年に日本語能力試験1級に合格していた件

たまにはSNH48六期生の個人ネタを。

SNH48チームX六期生イーリン(林憶寧 Lín Yì Níng リン・イーニン あだ名: イーリン SNH48 Team X
 SNH48 6期生
 1997/07/17上海生まれ
)が、じつは2015/07に日本語能力試験一級を取得していたというお話。

写真の「美女」のところは、彼女の写真(笑)。

この写真をツイートしたイーリン(林憶寧 Lín Yì Níng リン・イーニン あだ名: イーリン SNH48 Team X
 SNH48 6期生
 1997/07/17上海生まれ
)の2016/09/06 18:38の中国ツイッター(新浪微博)のツイート
を以下、日本語試訳しておく。


イーリン(林憶寧 Lín Yì Níng リン・イーニン あだ名: イーリン SNH48 Team X
 SNH48 6期生
 1997/07/17上海生まれ

前に私がN1(訳注:日本語能力試験一級のこと)を勉強したことがあるなんてすごい!って言ってくれた人がいたから、私の日本語学習経験のことを話すね(邪道だけど)w

外国語って実はみんないっしょで、ふだんの積み重ねが重要。だからアニメを見たりゲームをするのがやっぱり役立つってことを自分で疑っちゃダメ(英語の場合のアメリカやイギリスのドラマも同じ理由)……

実は二か国語字幕の日本のドラマがいちばん効果があると思ってる。たくさんボキャブラリーを蓄積できるし、しかも語感とかも養うのに役に立つ!

私ははじめ何もできなかったとき、字幕のない動画をただ見ながら、無理やり理解しようとすることしかできなかった……

それからストーリーと発音にたよって、だんだんと五十音が分かるようになった。その後も無理やり翻訳のないテレビドラマをたくさん聴いて、最初は本当に何にも聞き取れないし、見ても分からなかった。

でも最後には私の読解とヒアリング能力の点数はかなり高くなった……だから、継続こそ勝利だね。何と言ってもきれいなお姉さんを見たり、声を聞いたりするもの損はしないし。

まとめると、日本語をマスターしたい人は、たくさんアニメを見てたくさんゲームをしよう……そう、ふだんからたくさん見てたくさん聴くの!能力試験の前に改めて試験に対策の練習をすれば安心。


こんなに日本のことに興味を持ってくれているメンバーがたくさんいる、SNH48と姉妹グループの北京BEJ48、広州GNZ48。

それでもAKB48の運営は、かならずしも親日一枚岩とは限らない東南アジアに賭けますかね。