大やけどで療養中のSNH48チームNII二期生エンジェル(唐安琪)順調に回復で視力矯正手術

大やけどで療養中のSNH48二期生チームNIIエンジェル(唐安琪 Táng Ān Qí タン・アンチー あだ名: エンジェル SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/07湖北省生まれ
)が1週間ぶりのツイート。かなり回復は順調のようで何より!

日本語試訳しておく。


みなさんこんにちは、わたし自分でご飯食べられるし、ふつうに歩いて動けるよ。わたし昨日また手術をした、でも小さな手術だよ—-近視矯正手術。

今の医学は本当にすごく先進的。まず右目の矯正をして、手術はとっても順調、今日病院に行って再検査したら、今日の視力は1.2になってた!!!

今回は、本当にうれしい、すぐに左目の矯正手術の準備もするよ。これからは歌を歌うのも、ダンスをするのももうコンタクトを入れなくていいから、とてもうれしい。

みなさんずっと励ましと応援をくれてありがとうございます。私の手術担当医師の廉井財教授もありがとうございます。私にまったく新しい視力と、新しい視界を下さってありがとうございます。私も努力して頑張ります。


最初の方の一人称が「宝宝」になっているところに、気持ちの余裕を感じる。「宝宝」は赤ちゃんに呼びかけたり、小さな子供が自分自身を呼ぶときにつかう言葉。

日本語で言えば、たとえば佐藤安子という名前なら、自分で自分を「安子ちゃんね」と呼ぶ感じ。

近視矯正手術は、たぶんレーシックに類するものだと思うけれど、コンタクトレンズで移植したまぶたに負担をかけないためだろうか。いずれにせよ、こういう手術をしても副作用や体調が悪くなる心配がまったくないくらい、回復しているということだろう。

*)2016/09/02追記:本人のツイートによれば、ICLのインプラント手術とのこと。小さなレンズを水晶体の前に埋め込むものらしい。詳しくはGoogle検索してみて下さい。