SNH48メンバー動画を気まぐれにご紹介:初音ミク『45秒』、『Butter-Fly』ギターとドラム、大人っぽすぎる『夜風の仕業』

SNH48とその姉妹グループ関連動画を気まぐれにご紹介。

SNH48グループのメンバーは、AKSにバッサリ切られた後も、ちゃんと日本のサブカルチャーを愛し続けてくれている。どっちの器が小さいんだか、という感じ。

いつもどおり、いちばん気になる動画は、いちばん最後にご紹介。

まず広州GNZ48チームGのsoso(張瓊予 Zhāng Qióng Yú チャン・チョンユー あだ名: soso GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/21浙江省生まれ
)とレイレイ(謝蕾蕾 Xiè Lěi Lěi シエ・レイレイ あだ名: レイレイ GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/12/01江西省生まれ
)が、初音ミク『45秒』を踊ってみた。

最初に登場するのがsoso(張瓊予 Zhāng Qióng Yú チャン・チョンユー あだ名: soso GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/21浙江省生まれ
)、後からダンスに登場するメガネのメンバーがレイレイ(謝蕾蕾 Xiè Lěi Lěi シエ・レイレイ あだ名: レイレイ GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/12/01江西省生まれ
)。

最後の部分ではsoso(張瓊予 Zhāng Qióng Yú チャン・チョンユー あだ名: soso GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/21浙江省生まれ
)が「触覚からお休み電波を出して」終わり(笑)。

SNH48メンバーの「踊ってみた」動画は、もう定番のツイートネタになっている感がある。それだけ彼女たちがフツーに日本のボカロ曲や、ニコ動に上がっている「踊ってみた」動画をふだんから楽しんでいるということ。

つぎは、偶然に2016/08/23に、SNH48チームNII二期生の愛ちゃん(易嘉愛 Yì Jiā Ài イー・チャーアイ あだ名: あいちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/06/07広東省深セン市生まれ
)がエレキギターで、チームHII三期生ユーちゃん(劉佩鑫 Liú Pèi Xīn リュウ・ペイシン あだ名: ユーちゃん SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/01/11遼寧省生まれ
)がドラムスで、まったく同じ曲、故・和田光司さんの歌う『デジモンアドベンチャー』オープニング曲『Butter-Fly』を演奏していた。

そこで二人が別々にアップしていた動画を、一本に合成したのがこれ。

彼女たちくらいの年齢で、日本のサブカル好きの中国の若者にとっては、『デジモン』は子供のころのなつかしい記憶の一つらしい。和田光司さんは中国語で親しみをこめて「光叔(光おじさん)」と呼ばれている。

もちろん、二人ともお世辞にも「うまい!」とは言えないけれど、いかに『Butter-Fly』という曲を愛しているかが伝わってくる。

それにしても、同じ日に中国ツイッター(新浪微博)に、この二人がまったく同じ曲を、しかも「演奏してみた」動画でアップしたのは、偶然の一致なんだろうか。ちょっと不思議な感じがする。

最後、三本目にご紹介するのは、広州GNZ48に歌姫を発掘したかも、という動画。

広州GNZ48チームG・つき(羅寒月 Luó Hán Yuè ルオ・ハンユエ あだ名: つき GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/04/27重慶市生まれ
)が女性カントリー・シンガー、Carrie Underwood(キャリー・アンダーウッド)の『Look At Me』という曲をカバーしている。

彼女のあだ名「つき」は彼女が自分でつけた日本向けのあだ名。まだあまり注目されていない、広州GNZ48メンバーでも、日本人に分かるあだ名を付けてくれている。それを日本にいる僕らは忘れないようにしないと。

英語の発音がかなりきれいなのも驚くけれど、音程が比較的正確なのにも驚く。

じつは、つき(羅寒月 Luó Hán Yuè ルオ・ハンユエ あだ名: つき GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/04/27重慶市生まれ
)には個人的に、2016/08/13の広州GNZ48星夢劇院での『シアターの女神』公演で、彼女がはじめてソロ曲『夜風の仕業』を歌ったときに、「えっ!?」と思って注目していた。そのときの動画はこちら。

SNH48グループでは、SNH48チームNIIが初めて『シアターの女神』中国語版を上演したときの、二期生キクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī チュー・チンイー あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
)以降、SNH48チームXII、北京BEJ48チームB、広州GNZ48チームGと、いろんなメンバーが『夜風の仕業』を歌っている。

でも、『夜風の仕業』をここまで大人っぽく歌ったのは、つき(羅寒月 Luó Hán Yuè ルオ・ハンユエ あだ名: つき GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/04/27重慶市生まれ
)が初めてのような気がする。

初めてのソロで緊張しているのもあって、歌詞を忘れたり、音もはずしまくっているけれど、ちょっと不自然なくらい「ため」をたっぷりとって、大人っぽい声で。とっても個性的な『夜風の仕業』。

参考までに、彼女が2016/04/27にツイートしていた、新垣結衣『heavenly days』を日本語で歌ってみた動画を、改めてご紹介。

舞台での緊張がやわらいでくれば、彼女はGNZ48チームGの歌姫の一人になるかも。

それにしても、新垣結衣も聴き、もちろん中国のC-POPも聴き、AKB48も聴き、米国カントリー・シンガーのキャリー・アンダーウッドも聴きと、幅広い音楽の趣味もすばらしい。