北京BEJ48ハンハン(張菡筱)ほぼ退団確定、BEJ48ちーま(張夢慧)とSNH48ソクちゃん(汪束)のビミョーなつぶやき

残念ながら北京BEJ48からほぼ退団確定。SNH48五期生でBEJ48に移籍した張菡筱 Zhāng Hàn Xiǎo チャン・ハンシャオ あだ名: ハンハン、蒸餃 BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1996/06/26四川省成都市生まれ
(チャン・ハンシャオ)。

中国ツイッター(新浪微博)で個人アカウントのツイートをすでに開始している。


張菡筱 Zhāng Hàn Xiǎo チャン・ハンシャオ あだ名: ハンハン、蒸餃 BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1996/06/26四川省成都市生まれ
「初めて会ったときの笑顔、みんなが困難なことを一つひとつ片付けるのを助けてくれたこと。あんな一曲だけの時間私に会うために。(2016年)7月31日の握手会のあの日。みんなに会ったとき、炎天下でずっと待って汗を流して、話してくれた一言ひとことと視線。唯一捨てがたくて申し訳なく思うこと。こらえきれず涙を流した。ごめんなさい。本当になんて言ったらいいか。ありがとう。ただありがとう」

同じBEJ48のちーま(張夢慧 Zhāng Mèng Huì チャン・モンフェイ あだ名: ちーま BEJ48 Team B
 SNH48 6期生
 1998/12/03江蘇省生まれ
)は「あなたがどうあっても、実はずっといっしょだよ」とコメントし、ユーワン(青鈺雯 Qīng Yù Wén チン・ユーウェン あだ名: ユーワン BEJ48 Team B
 SNH48 6期生
 1997/01/18四川省南充市生まれ
)は涙うるうるの顔文字でコメントを付けている。(「嗯是切办贷款了啊」の意味は不明)

そして彼女はInstagramのこちらの書込みで、中国ツイッター(新浪微博)のBEJ48メンバーとしての公式アカウントに、ログインできなくなったと書いている。運営がパスワードを変更したと思われる。

彼女も作詞・作曲が出来て、ルックスも悪くなかったので、退団は残念だけれど、新しくふみ出す未来に期待したい。

また、同じBEJ48チームBの劉姝賢 Liú Shū Xián リョウ・シューシェン あだ名: ミルク(小牛奶) BEJ48 Team B
 SNH48 6期生
 2000/04/16山東省棗莊市生まれ
(リョウ・シューシェン)が、中国ツイッター(新浪微博)の公式アカウントのツイートをいったん全削除して、2016/08/11からやり直し、コメント欄にちょっとナゾのメッセージを書き込んでいたり。

その内容は次の通り。


BEJ48チームB 劉姝賢 Liú Shū Xián リョウ・シューシェン あだ名: ミルク(小牛奶) BEJ48 Team B
 SNH48 6期生
 2000/04/16山東省棗莊市生まれ
「もしこれが別の人だったら、本当にどうでもいいけれど、みんなだから、私のことを好きでいてくれて、私も好きなみんなだから、ツイートを削除してみんなを心配させたのは私が悪かった。私もこの事の原因をどう説明すればいいか分からない。こういう状況で、説明できない責任は、私に進歩がなくて努力していないからということになる。ほんとうに無力だよ。私にがっかりした?私もがっかりした」

かなり遠まわしだけれど、何らかの原因で、退団はしなくてもよかったが、運営から何か処分を受けたのではないかと思われる。

SNH48チームX四期生ソクちゃん(汪束 Wāng Shù ワン・シュー あだ名: ソクちゃん SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1997/05/08江蘇省徐州市生まれ
)も、すでに削除されたInstagramで微妙なことをつぶやいている。


flfeilan「私もなぜか分からないけど、入団したときからもう誰かが私を目ざわりだと思っていて、入団初日に、ある人が四期生全員の目の前で、私を立たせて、私の母さんが劇場のカフェの店長に電話をしたと話した。

そして私に質問して、ファンとプライベートで連絡をとったんじゃないか、そうでなきゃどうやって電話番号を知ったんだと。そのせいで私は行動規範を罰として写させられた。

私の母さんは今でもまだSNHとSHNの区別もついてないし、劇場のカフェの店長に電話してどうするの??本当に無能なディスりっぷり。

その後その店長は離職したけど、運営会社はずっと私に良くない印象を持っている。

私自身の性格も大人しくて、人にとり入るような性格じゃないし、営業のお仕事がないのも普通だった。公演のポジションも13で正常。みんなが総選挙に投票してくれたおかげで、今は12に上がった。

子供の頃から今までやりきれない思いをしたことは全然なかったけど、入団してから毎日のようにむしゃくしゃしてる。

誰もが入団したときには夢を持って、SNHのことを一心に考えているけれど、他のメンバーたちがみんなチャンスがあって、自分はチャンスが何もないとき、いつも悔しい思いをした。

入団のために一年間休学して、基本的に16人での営業のお仕事の他には私は何の仕事もなかった。大学受験を決めて実家に帰る前も、真面目に運営会社と話をしたけど、会社は、君はいい子だ、でも会社としては推したいメンバーがいる、って。

私も何の希望も見つけられなかったから、大学受験することに決めた。そういうこと。

これ以上どれだけ努力しても、未来は誰かさんの何かのひとことで決まってしまう。私は自分の運命が他人の手の中にあるのがキライ。」


そして別のInstagramの書込みでは、自分で自分にコメントを付けて、「最後の二十数日も、あと何度公演に出られるか分からない。その後会えるかどうかは運次第だね」と書いている。

そういうわけでSNH48チームX四期生ソクちゃん(汪束 Wāng Shù ワン・シュー あだ名: ソクちゃん SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1997/05/08江蘇省徐州市生まれ
)も、運営会社との間でかなり微妙な立場に置かれているらしい。

まあ170人近くのグループになれば、運営との間ですれ違いが起こるメンバーも出てくるのは仕方ない。もちろん一人も欠けずに活動を続けてほしいのはやまやまだけれど…。