広州GNZ48チームG『シアターの女神』第48回公演、スタッフとファンのサプライズにメンバー号泣

広州GNZ48チームGが『シアターの女神』公演第48回を迎え、スタッフとファンがメンバーにないしょで自己紹介MCのときにサプライズ。

ファンが客席で「48」の人文字を作り、スタッフは、もともと上海SNH48五期生、六期生だったメンバーが上海から広州に移籍してからをふりかえる映像を制作して、舞台で放映。

チームGキャプテンのCK(陳珂 Chén Kē チェン・コー あだ名: CK GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1995/08/09湖南省生まれ
)も感極まって涙を流し、メンバーから「すごいブスになってるよ!」とツッコまれている。

最後、ファンにむかってチームG全員が深々をおじぎをしているところを見て下さい。

ファンにこれだけ深々と頭を下げて感謝する芸能人なんて、中国にはいない。ちゃんとAKB48の精神は彼女たちに受けつがれているし、彼女たちを愛する広州のファンにも受けつがれている。

それを「契約違反」だとか、ビジネスライクにバッサリ切ってしまうAKB48運営は、中国で彼女たちが活動する意味をまったく分かっていない。