大やけどを負った上海SNH48二期生エンジェル(唐安琪)80日ぶりの肉声、涙まじりにファンへの感謝

2016/03/01(火)夜、上海市内のショッピングモールにあるカフェで、全身に大やけどを負い、現在も集中治療室で治療をうけている、SNH48二期生チームNIIのエンジェル(唐安琪 Táng Ān Qí タン・アンチー あだ名: エンジェル SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/07湖北省生まれ
)。

彼女の肉声が事故後80日にして、はじめて公開された。

あれだけの大やけどを負って、80日間でここまで回復するとは驚くべき生命力。「生きたい!」という彼女の力強い意思と、それを後押しするファンの力なのだろう。

彼女だとわかる声が、きれいにちゃんと出ている。炎を吸い込んでかなりダメージをうけたはずのノドも、予想以上に順調に回復しているようだ。

字幕の内容を日本語試訳しておく。

元のニュース記事はこちら


ずっと私を助けて応援して下さっているみなさんにとても感謝しています。

みんながいてくれるから、あなたのはげましと応援があるから、私はいまとても順調に回復しています。

毎日努力してリハビリと治療をしています。

早く皆さんとお会いできたらと思っています。

みなさんにとても会いたいです。

みなさんのことをとても思っています。

わたしの命と健康のために支援をしてくださったみなさん一人ひとりのことを思っています。

とってもみなさんに会いたいです。

早くみなさんに会いたいです。早くみなさんに(会って)お礼を言いたいです。

この世界で私を助けて下さって、応援して下さった方、一人ひとりに感謝しています。

もしみなさんがいなければ、私は、いまこんなにも順調に回復するなんて思いもしなかったでしょう。


こみ上げてくる思いに涙をこらえながらの言葉。聞いているこちらも胸が苦しくなるけれど、ほんとうにここまで回復して何より。