SNH48チームHIIが2015/10/23に参加するマレーシア「亜洲之夜授賞盛典」の正体に激しく納得(汗)

2015/10/23(金)SNH48チームHIIがマレーシア・クアラルンプールに飛んで参加するイベント「亜洲之夜頒獎盛典」が何なのか、やっと分かった。

ヒントはチームHII三期生メンヤン(許楊玉琢 Xǔ Yáng Yù Zhuó シューヤン・ユーチュオ あだ名: メンヤン SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1995/09/25湖南省生まれ
)がInstagramに2015/10/11にアップしていたこちらの動画

彼女が英語で「Web TV Asia Awardsにご招待いただき光栄です」と話している。

そこで「Web TV Asia Awards 2015」をキーワードにウェブ検索すると下記のページが見つかった。

「10月MBIイベント」(mface.tv)

まずこのページに貼られている「Web TV Asia Awards 2015」のポスター画像の内容を見てみる。

日時:2015/10/23(金) 18:00~(現地時間)
場所:Sunway Pyramid Convention Center(クアラルンプール)

会場はクアラルンプールのサンウェイ・リゾート・シティーにあるホテルの中の会議場らしい。

この賞の「概要」には、「WebTVAsiaは2013年にProdigee Media社がYouTubeの公式マルチチャンネルネットワークとして設立したもので、最も求められているアジアのビデオコンテンツを制作、管理、販売、収益化しています」とある。

ここで、ハッ!となる。

Prodigee Media社と言えば、YouTubeにSNH48運営会社が権利を持っているMVなどをアップロードしたときに、権利者としてクレジット表記される会社名だ。

YouTubeにあるWebTVMedia公式チャンネルはこちら(いきなり音が出ます)

そして下がWeb TV Asia Awards 2015の公式予告動画(オフィシャル・トレーラー)



こちらのトレーラーでは開始時間が20:00になっており、YouTubeで生中継されると告知されている。たぶん当日2015/10/23(金)に、WebTVAsiaのこのチャンネルのトップページにLive映像へのリンクがはられるのだろう。

またWebTVAwards公式フェイスブックはこちら

このチャンネルの右側「WebTVAsia」のファミリー・チャンネルの一覧を見てみると、なるほどSNH48運営会社のYouTube公式チャンネル「SNH48 China」がある。また、中国大陸で爆発的人気のジャニーズっぽい少年3人組、TFBOYSのYouTube公式チャンネルとも提携関係にあるらしい。

「すべて見る」というリンクから見てみると、中国関連では他にも中国の動画サイト最大手「優酷」公式チャンネル、アニメサイト「有妖気」公式チャンネル、中国語版のレイジコミック「暴走漫画」公式チャンネル、一見まじめそうで全くためにならない教養チャンネル「邏輯思維」、中国のインターネット企業最大手「騰訊」アニメ公式チャンネルなどがある。

中国関連以外でタイの「JapanX TV Official」という日本紹介チャンネルには、どうやらタイのインターネット最大手Trueと吉本興業のタイ現地法人、テレビ朝日が共同制作した番組がアップされている。

韓国関連ではT-ARAの公式チャンネルがあるのが少し気になる。T-ARAが知らない間に中国大陸の大ヒット曲『小蘋果(りんごちゃん)』韓国語バージョン、しかもサビだけ北京語という、とんでもない歌を歌わされているのは韓国政府の政策のせいか?

↓T-ARAバージョン『小蘋果 Little Apple』公式MVはこちら。

それはどうでもいいとして、WebTVAsia賞2015のスローガンは「アジアを祝おう(celebrate Asia)」。30以上の賞が与えられるとのこと。

WebTVAsia賞2015は何と今年初めて開催される授賞式で、「アジアでもっとも求められているコンテンツが主要なデジタルプラットフォームで爆発的な成長をとげていることを祝い、トップ・クリエイターたちの優秀な業績を認めようという賞。

当日のゲスト=受賞者のうち筆者が知っているのは、SNH48とレディービアードしかいない。

レディービアードは「レディーベイビー(レディービアード+金子理江+黒宮れいのユニット)」名義で出演するらしい。しかも「日本代表」として唯一の参加者だ。レディービアードが日本代表という時点でこのWebTVAsiaに何となく

ところでレディービアードは、2015/11に上海で開催されるコスプレ・パフォーマンス大会にもSNH48と同じ舞台にゲスト出演する。レディービアード、まさに八面六臂の活躍ぶり。

それにしても、WebTVAsiaが本気のイベントなら、中国代表としてSNH48の他にTFBOYSも呼ぶべきだが、たぶんそんなお金はないんだろう。

さて、ここからがタネ明かし。

この記事の最初に、「Web TV Asia Awards 2015」をキーワードにウェブ検索すると下記のページが見つかった、と書いた。

10月MBIイベント (mface.tv)

この日本語ブログの記事を見ると、「10月もMBIはイベント盛りだくさんです!」とあり、今年初めて開催される「WebTVAsia Awards 2015」なる授賞式の主催者が「MBI」なる団体であることが分かる。

そこでMBIをネットで検索してみると、2009年7月にマレーシアに設立された持株会社だとある。

「MBIグループについて」

MBIグループの現在の主力事業は「全世界規模のソーシャルネットワーキングサービス mface」で、「投資型MLM(マルチレベルマーケティング)の手法により急成長しています」とはっきり書いてある。

「mface(エムフェイス)とは?」

WebTVAsia Awards 2015という今年初めて開催され、受賞者にミュージシャンだけでなく台湾のお笑いグループ「TGOP 這群人」も含まれている、あまり意味のはっきりしないイベントで、かつ観客が「招待者のみ」となっている理由がよく分かる。

イベントの主催者がマルチレベルマーケティング会社だからだ。

そういえば2015/06/28(日)には、SNH48チームNIIが中国・広州で、同じくマルチレベルマーケティングの販売方式らしいCVRという化粧品会社主催のイベントに参加したんだった。

その詳細についての記事は、このブログを「CVR」で検索して頂ければと思う。

チームNIIは広州だったけれど、チームHIIは海外のマレーシアまで飛べるだけ恵まれていると言える。せっかくお金を出してもらうんだから、クアラルンプールの街もしっかり楽しんできてほしいものだ。