SNH48チームNII上海東方メディアの自動車情報番組『男轅北轍』に出演

最近SNH48のメディア展開が早すぎて追いついていけないのだが、チームNIIが2014/12上旬に、自動車情報専門チャンネル「SiTV(MAX極速自動車チャンネル)」の『男轅北轍』という番組に第4回、第5回放送分の2回連続で出演していたようだ。

下に番組の動画を貼っておく。

ちなみにこの自動車情報専門チャンネルは、SNH48がいつもお世話になっている上海東方メディアグループ(SMG)傘下のテレビ局・上海広播電視台(RTS)のチャンネルの一つ。

RTSでいちばん大きなテレビ局は、先日SNH48が年越し番組で5秒しか映らなかったので、現地ファンがカンカンに怒っていた上海東方衛星テレビ。

その他、SNH48がデビュー当時レギュラー出演していたアニメ情報番組『炫動漫』を放送している炫動カートゥーンチャンネルなどのチャンネルもある。SNH48メンバーがたまにゲスト出演するFMラジオ「動感101」もRTC配下。

ところで、番組タイトルの「男轅北轍 nán yuán běi zhé」は、「南轅北轍 nán yuán běi zhé」という四文字熟語のダジャレ。轅(つまり車のフロント)は南に、轍(車のバック)は北に進もうとすることから、行動と目的がバラバラという意味らしい。

「南」と「男」が同じ発音なので「男轅北轍」と言いかえてタイトルにし、ひな壇の女性陣の意見と、司会者の男性二人の、自動車についてのいろんな意見の食い違いを、トークで楽しむといった感じの番組。

SNH48チームNIIメンバーはひな壇の女性「MAXガール」という役回りで出演している。

第4回ではトークだけでなく、ちゃんと『恋するフォーチュンクッキー』を歌っている。


第5回は最後になぜかシャオスー(林思意 Lín Sī Yì リン・スーイー あだ名: シャオスー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/04/05浙江省温州市生まれ
)が司会者席に座っているが、さすが北京電影学院出身だけあって、こういうテレビ番組でもまったく緊張せず、場慣れしている。

こういう地味なローカル番組にも出ていたということで、忘れないうちにご紹介した。